ミエロパシー

миелопатия 骨髄性白血病は、脊髄のジストロフィー性の非炎症性病変であり、主として脊髄外で起こる病理学的過程から生じる。 記録された症例の大多数では、脊髄脊髄が罹患しており、脊椎症(脊椎動物性頸部脊髄症)または骨軟骨症により促進される

原因

骨髄の原因には、脊柱管の先天性狭窄、 , цирроз печени, краниовертебральную аномалию, недостаточность витаминов Е и В, ревматоидный артрит. 骨粗鬆症 、肝硬変、頭蓋骨異常、ビタミンEおよびBの不足、慢性関節リウマチなどが挙げられる。 また、この疾患は、放射線または化学療法の結果として、脊髄が腫瘍によって圧迫され、脊髄損傷および硬膜外麻酔の結果として発症し得る

症状

ほとんどの場合、この疾患は徐々に発症する。 患者は、頸椎の動きや痛みの制限に注意した。 深い感受性の侵害と脚の痙攣の麻痺は、手の末梢麻痺と結びつく。 レミットの症状があるかもしれません(頚部が曲がったり曲がったりすると、手足に照射されて脊柱を通る電流が流れています)。 多くの場合、ミエロパシーと子宮頸部根神経障害との組み合わせがある。 骨盤臓器の機能が妨げられることは稀です。

この病気の診断では、最も有益なのは骨髄造影とMRIです。 , артериовенозными мальформациями спинного мозга, спинальной формой рассеянного склероза, спастической параплегией Штрюмпеля, фуникулярным миелозом サルコイドーシス 、脊髄の動静脈奇形、多発性硬化症の脊髄形態、ストリーパックの痙攣性対麻痺、針状骨髄性脊髄症などの分化診断を行う必要がある

治療

治療は症候性であり、骨髄疾患の病因に依存する。 脊髄の圧迫の徴候が椎間板形成性脊髄症に見られる場合には、圧迫性椎弓切除術が行われる。

完全な回復の予後は通常不利であるが、外科的介入後(頸椎椎間板性骨髄症の場合)に有意な改善および安定化が存在する可能性がある。

このトピックの他の記事:

2. Миелит лечение 1. 小頭症の発現および治療 2. 脊髄炎治療