片頭痛の神経痛 - 症状、治療

мигренозная невралгия 片頭痛(ヒスタミン・セファルギア、群発頭痛、毛様体神経痛)は、眼窩前部に位置し、鼻漏、眼瞼下垂、萎縮および涙腺を伴う片頭痛である。 統計によると、約80% 頭痛発作の患者は1〜2ヶ月間観察され、その後寛解期間は5〜10ヶ月間持続する。 男性は女性よりも病気が多い。

現代医学におけるこの病気の原因はまだ分かっていない

症状

プロドーマル症状が完全にない。 頚部、耳および顎に照射される可能性のある片側性の痛みが生じ、完全に突然消える。 , гиперсаливация, ринорея, инъекция сосудов, интенсивное слезотечение.痛みを伴う感覚には、 結膜炎 、過放飼、鼻漏、血管注射、強烈な涙液が伴う。 患者は上半身の血流を感じる。 顔は充血または淡色になる。 практически всегда достигают крайних степеней: больные кричат, мечутся. 頭痛はほとんどいつも極度に達し、患者は叫び、急ぐ。 攻撃は1日に数回、5分から2時間に及ぶ。 一連の「束」痛みは、数日から数ヶ月に及ぶ。 痛みを伴うシリーズは、完全な幸福の長い間隔と交互に現れます。 偏頭痛神経痛は、片頭痛とは異なり、1日に数回繰り返され、また突発的に起こり、終了する。 三叉神経の付随する神経痛を伴う痛みの危機の持続時間は2分を超えず、攻撃自体が冷却、話、食事を引き起こす。

片頭痛の神経痛は側頭動脈炎、三叉神経痛、ライダー症候群および片頭痛で区別されるべきである

治療

重度の片頭痛の攻撃に対抗するために、グルココルチコイド製剤(プレドニゾロン20-30mg /日)および炭酸リチウム(600-700mg /日)が使用される。 抗うつ薬(アミトリプチリン同族体)とα-アドレナリン遮断薬(アナプリリン)の組み合わせが最も効果的であることが判明した。 最大の効果は、併用療法で達成されます:薬物療法+催眠療法と自動訓練のコースを取る。

このトピックの他の記事:

2. Микроцефалия проявления и лечение 1. ミエロパシー 2。 顕在化および治療の小頭症