微小毛細血管腫症

微小毛嚢腫症は、女性の小陰唇上、すなわち内面および正中線上に位置する、主に肌色の対称的な皮膚病変の組み合わせである。 もっとまれに、彼らは大陰唇に診断することができます。

女性における微小腺がん腫症は一般的ではなく、医師の診療におけるその発生は、症例の約4〜5%である。 大部分の研究ならびに様々な臨床事例の詳細な研究に基づいて、これらの発疹は本質的に病理学的ではなく、むしろ個々のキャラクターの解剖学的変化に属することが判明した。 この解剖学的状態の発達を確立する場合、外陰部の微小血管腫症が最も頻繁に診断される。 様々な医薬品の使用、膣の微小血管腫症、および女性の生殖器系の他の部分に基づく特定の病原性治療は必要ではない。

微小乳頭腫とは何ですか?

マイクロディフィラマトーシスは、淡いピンク色または肌色の小さな形成物であり、丘疹に似ている。 原則として、これらの要素は、両側で対称的に、例えば、陰唇の腹腔鏡下症候群のように、線状に並んで配列される。 彼らの触診が決定されたときには、軟質の一貫性と無痛性のtestovataya。 彼らは、陰唇の微小野の分野でより頻繁に、また外陰部の微小血管腫症の総称で統一されている正中線にも位置しています。

これらの解剖学的変化は、主に思春期に発達することが立証されている。 しかし、この問題について多くの研究を行ったにもかかわらず、これらの発疹要素の形成の理由を立証することはできなかった。 ほとんどの科学者は、確立されたデータによれば、思春期には、ほとんどの場合これらの結節が形成され始めるので、必然的に若い女の子の生物に発生するホルモン系の変化の開発において、可能な役割に傾いている。 また、彼らの発達に影響を及ぼす可能性のある要因には、タイトな下着を着用して外性器を機械的に刺激することが含まれます。 しかしながら、膣の微小乳頭腫症のような状態を記述するためには、これは帰結するのが難しいため、女性の生殖器系の様々な慢性炎症性病変の存在のような別の要因が提起される。

パピローマウイルス感染症のような重篤な疾患に似た名前があるにもかかわらず、進行中の多数の実験室試験の過程で十分な数の臨床症例の研究と同様に、これら2つの病状の間に関連がないことが判明した。 現在まで、いくつかの科学者はこれらの州間の関係を見つけることを試みている。

女性における微小乳頭腫症の多数の組織学的研究を実施する過程で、これらの要素とパピローマウイルス感染との関係を示す徴候はなかった。 すなわち、ヒトパピローマウイルスまたはHPVに特徴的なサイクロスシソーゼのような現象は確認されていない。

女性の生殖器系の他の解剖学的領域と同様に陰唇の微小乳頭腫症は、彼女の健康に有害ではなく、保護されていない正常な解剖学的構造の変種を指し、保護された性別と同様に、伝達されない。 この状態の経過を観察した結果、これらの丘疹の合併症の発症は確認されていない。 いくつかの報告によると、自己回帰症例およびマイクロキャピライトウィルスの発疹の治療法がない場合の減少が確認されている。 しかし、一部の女性にとって、これらの要素は心理的不快感をある程度引き起こしますが、現実には身体的苦痛や痛みをもたらさないため、形成された要素を取り除くためのすべての可能な方法の使用は、禁止されたものや望ましくないものには適用されません。

マイクロパストマトーマ症の症状と徴候

微小乳頭腫症は、原則として、若い生物のホルモン変化の形でその形成の可能性のある原因を示す、思春期に最も頻繁に現れる。 このプロセスは、丘疹または小結節の形態の要素、ピンク色の小さなサイズの外観、柔らかい感触を特徴とする。 多くの場合、大陰唇には外陰部で診断され、大陰唇にはやや少ない頻度で診断されます。 診断を示すとき、発疹の要素の特定の場所、例えば陰唇の微小乳頭腫症を特定することが可能である。 結節は、両方の陰唇に対称的に配置され、その配置においてある直線性を辿ることができ、しばしば行内にあるかのように局在化を示すことに留意すべきである。

得られた要素を触診すると、痛みの形態の反応は検出されず、かゆみ、刺激、またはサイズの増加の可能性のある任意の不快感は診断されない。 痒み、灼熱感、痛みなどの症状がある場合や、マイクロディフィラーマ症の臨床像があるにもかかわらず、この解剖学的状態が存在しても様々なタイプの感染が起こる可能性があるため、必ず医師に相談する必要があります。

女性の微小乳頭腫症と、かなり一般的なヒトパピローマウイルス感染症の原因となる生殖器疣贅の発生を区別できることは非常に重要です。 生殖器疣贅の場合、女性の生殖器領域で不規則な配列が特徴です。 カラーでは、それらは微小乳頭腫症の要素に非常によく似ており、サイズがより大きい解剖学的に発生する小結節とは対照的に、粘稠度はやや高密度であり、しばしば特異な群または外殖を形成する。 医師がすぐに患者を直接診察して検出できる重要な差別的な兆候は、生殖器疣贅の存在の場合に、それらの著しい茶色が現れる酢酸で検査を実施することである。 発達した結節が - これはちょうど微小相容腫症である場合、酢酸による試験は常に陰性である。 しかし、この方法は付随的または追加的なものですが、診断時に決めることはありません。

また、 梅毒のような性病に感染した場合にも、上記の要素の形成を特徴とする顆粒腫が発症することがあります。 このような状況では、重要な段階は、血液の血清学的検査に対する患者の紹介であろう。

上記に基づいて、我々は、この状態を最も完全に特徴付けている、以下の微小管路腫症の徴候を区別することができる:

- ホルモン補充期間、すなわち思春期に若い女児に最も頻繁に発症する。

- この状態では、女性の性的な臓器だけが罹患し、原則として外陰部の微小血管腫症を診断し、膣領域の結節の発症をやや少なくする。

- ピンク色の発疹はサイズが非常に小さく、お互いに対称的に配置され、女性の陰唇の内側でより頻繁に見られる。

- 触診では、完全に無痛であり、やや高密度であり、燃焼やかゆみは伴わない。

「時間の経過とともに、彼らは大きさが増えず、潰瘍もなく、合併症を引き起こさない、つまり、女性の健康に関して絶対に安全である、つまりいくつかの点では女性が医師からしか学ばない、検査中に婦人科医。

- 開発された要素がセックスによって伝達されるという事実は登録されていません。すなわち、保護されていない性交の場合に危険ではなく、パートナーに伝達できないということです。

微動の治療

確立されたデータによれば、検出された微小パスロトーシスに対する治療はないが、この状態は、通常、ホルモンの変化の可能性の結果として生ずる特異な解剖学的特徴、または生殖器系の慢性炎症性疾患の長期存在の場合に起因する。

しかし、このプロセスを確立する過程の女性は、心理的不快感を経験することが非常に多い。 この場合、このユニークな美容上の欠陥は、電気凝固、レーザー療法または低温硬化によって排除されることが推奨される。 低温造影の適用中、形成された結節は液体窒素の作用によって破壊され、電気焼灼は電流で結節を焼灼するプロセスを使用する。 しかし、とりわけ、レーザーの作用によるこれらの元素の除去が一般的である。 この技術は痛みの影響をもたらさず、損傷した組織の急速な回復に寄与する。 しかし、患者に、与えられた状態で上記の技術の実施が必要ではないことを警告することは常に価値があり、望む場合にのみ使用することが可能である。

内部で採取された薬剤は、これらの結節に影響を及ぼさない。 また、膣座薬または錠剤のようなあらゆる種類の局所製剤によって影響されることは決してない。

ごくまれではあるが、何らかの作用を有する薬剤を使用せずに、かつ上記の除去方法を使用せずに、発疹の発達した要素の自己還元の事例が依然として存在する。

しかし、どのような治療法に着手する前にも、慎重に検査し、それがヒトパピローマウイルスや梅毒のような深刻な過程ではなく、それが微小パスロトーシスであることを確認する必要があります。 上記の病理とは異なり、微小乳頭腫症は女性の健康に脅威をもたらさず、誤診断された診断の場合、処方された治療は不十分で不必要なものとなる。

重要な段階の完全な鑑別診断を行うには、婦人科の椅子にいる女性を、必要なすべての生物学的材料の顕微鏡検査にかけることで直接検査することです。 体のウイルス性損傷による生殖器疣贅の存在下で細胞学的検査を行う場合、そのような典型的なコイロサイトーシスの症状が明らかになるであろう。 この現象は、ヒトパピローマウイルスに感染した場合の特異的細胞損傷である。 多くの場合、病理学的細胞はより深層にある組織に位置することができるので、1つの細胞学的研究のみを行うだけでは不十分である。 また、酢酸で試験を実施し、陰性反応を得る場合、ウイルス病変はないと仮定することができるのは、特殊ポリメラーゼ連鎖反応技術およびコルポスコピーのみを用いて確認または不合格とすることができるからである。 必要であれば、疑わしい診断を完全に確認するために、特別な組織検査のために女性を送ることができます。

女性において微量脈管症の存在を検出し、推定する場合、PCRのような研究を行うことが絶対に必要である。 これは、広く知られている診断方法であり、それに基づいて確定診断を行い、適切な治療を処方することが可能である。

したがって、女性が生殖器領域に何らかの発疹を発見した場合は、その原因を調べるために医師に相談したり、あらゆる性的接触から診断期間を守る必要があります。

微小血管腫の発症を予防するための具体的な方法はない。なぜなら、ほとんどの場合、その発症の性質はホルモンの変化に基づいているからである。 しかし、あなたの健康を注意深く監視し、生殖器官の炎症プロセスを適時に治療し、個人的な親密な衛生状態を観察し、特に女の子を教育することが重要であることは、余計なことではありません。 また、マイクロアポトーシスの発症の可能性のある因子の1つとして、機械的なもの、すなわち恐らくは密着した合成下着の着用が考えられる。 これはまた記憶されるべきであり、そのような危険ではないがまだ特徴付けられた美容上の欠陥、解剖学的状態の発生のための挑発的な条件を作り出さないようにするべきである。