僧帽弁不全

митральная недостаточность фото 僧帽弁不全は、心収縮期の左房静脈弁の弁の不完全な脱出または閉鎖を特徴とする心筋梗塞のタイプの1つである。 逆流血流は、すべての心室収縮とともに生じる。 最も一般的なタイプの心機能障害は、 僧帽弁不全症のみである。 この疾患は、心臓の欠陥を有する人々の50%に見られる。 一般に、僧帽弁不全は、僧帽弁狭窄症(右房室狭窄症の狭窄)と同時に検出される。 また、唯一の疾患 - 僧帽弁不全症の患者もいます。

臨床像は、病態生理学的な慢性および急性の僧帽弁不全において顕著に異なる。 血行力学的障害の中心は僧帽弁逆流である。 慢性的な僧帽弁不全の形態は、術後の初期段階で現れる。

僧帽弁不全の原因

発達の速度に応じた僧帽弁不全は、慢性および急性の形態に分けられる。

発症後数時間または数分以内に僧帽弁不全の急性形態が形成される:

- 心筋膜の炎症(内部)、胸部損傷などにより腱索(心筋と乳頭とを連結する鎖 - 心筋の内部筋、弁フラップが移動するため)が破裂する。

- (心筋梗塞を伴う)線維輪の急性拡張 - 心筋の壁の内側に位置する密な環。 バルブが取り付けられています。

- 心筋梗塞を引き起こす乳頭筋の病変(心筋への血流の停止、組織の死)に起因する。

- 感染性心内膜炎を引き起こす僧帽弁の弁の破裂;

- 僧帽弁の狭窄を伴う弁の外科的分離。

慢性的な僧帽弁不全症候群は、以下の理由により、数年または数ヶ月にわたって発症する:

- 炎症性疾患。 例えば、リウマチまたは免疫系の様々な障害( 強皮症紅斑性狼瘡 )。

- 衰弱性疾患(特定の器官の先天性障害):僧帽弁の粘液腫性変性(僧帽弁弁が肥厚またはその密度が低下する)、 マルファン症候群 (遺伝性の結合組織病)

- 伝染病(感染性心内膜炎 - 心臓の内殻に炎症を起こす)、構造変化(移植された人工弁の破損構造または乳頭筋および腱索の破裂);

- 僧帽弁の構造の先天的な特徴(形状変化、裂け目など)。

発症時から直ちに、僧帽弁不全は後天的形態と先天的形態に分けられる。

妊婦の感染症、放射線または放射線などの生物に悪影響を及ぼした結果、先天性形態の僧帽弁不全が発症する。 成人の腫瘍性および感染性疾患、外傷に悪影響を及ぼす場合、後天性僧帽弁不全が生じる。

形成による疾病は、

- 有機体(心室からの心房への血液の逆流は、二尖弁が損傷し、心室収縮の間に左房室の心室を完全に覆わないことに起因する)。

- 相対的または機能的な僧帽弁不全。 小尖弁が変化せず、左心室から左心房への反対方向の左心房が血液を受ける場合、これは、

- 繊維状リングの拡張および拡大した左心室を伴う。

- 乳頭筋のトーンが変化する(内部の心筋、弁フラップの動きを確実にする)。

- コードが長くなったり、裂けたりする。

先天性の病気の人はかなり一般的です。 症例の14%において、単離形態の僧帽弁不全は、リウマチ性心筋疾患によって引き起こされる。 梗塞後心筋硬化症の患者の10%において虚血性僧帽弁機能不全が検出される。 また、結合組織のいくつかの全身的欠損のために、僧帽弁不全が発症する( Ehlers-Danlos症候群またはMarfan症候群)。

相対的な僧帽弁不全は、心室(左)および拡大した繊維リングの拡張の間に弁に損傷がない場合でも形成される。 心筋炎冠状動脈性心疾患大動脈心疾患および高血圧においても同様の変化が見られる。

僧帽弁不全のよりまれな原因は、肥大性心筋症および心筋壁の石灰化である。 弁のパラシュート変形、僧帽弁の分割、および開窓により、先天性形態の僧帽弁不全が発症する。

僧帽弁不全の症状

補償期間は数年間続くことがあり、臨床的に明らかではないかもしれません。 副補充の期間は、主観的症状:喀血、咳、狭心症、 頻脈 、疲労、息切れなどによって示される。 小さな循環循環で静脈鬱血が増えた場合、 心臓喘息発作が起こることがあります(通常、睡眠中の夜間)。 患者はまた、安静時に呼吸困難の出現について不平を言うでしょう。

当初、咳は乾燥しており、その後、肺の血管の血液停滞の重症度の増加の場合には、痰が少量の血液で現れる。 また、血管が血管に停滞すると、呼吸困難が現れる。

右心室機能不全は、痙攣、末梢浮腫、肝臓の腫脹、頚部の腫れ、腹水によって臨床的に現れる。 肺動脈の圧迫の場合には、オーツナー症候群(無声音)または声の쉰声が発生する。 心房細動は 、僧帽弁不全の症例の50%を超える患者において検出される。

僧帽弁不全の以下の徴候も観察される:身体内の血液分布の中断により、作業能力が低下し、一般的な衰弱が現れる。

貧血が進行すると、僧帽弁不全の徴候は、急速な心拍、心筋の退縮感または不規則な心拍、ならびに胸の左側部分のクーデターからなる。

病気の進行に伴い、薄いタイプの蒼白があります。 唇のアクロシア症およびチアノーゼの出現を排除するものではない。 血圧と脈拍は変化しません。

僧帽弁不全の患者は、心臓の可能性が長時間にわたってうまく補償されるため、不快感を経験しないので、専門家には向いていない。 この病気には左心室が徐々に増加し、より多くの血液を送り込むように強制されます。 その結果、長い時間が経過した後、患者は、特に彼の側に横たわって動悸を感じ始めるでしょう。

左心房は徐々に増加し、余分な血液が心室から取り出され、その結果、収縮が速すぎて心房細動により作業性が中断される。 異常な心臓のリズムのために、心筋の圧送機能が妨げられる。 アトリウムを縮小する代わりに、彼らは震えます。 血流の乱れは、原則として血餅の形成につながります。 下肢の浮腫の発生は排除されない。

しかし、すべての徴候が他の心臓欠陥の存在下でも特徴的であるため、上記の症状のすべてが診断に大きな役割を果たしません。

僧帽弁不全の程度

僧帽弁不全は3度に分けられる。

♦伝染性心筋炎、 梅毒結核 、リウマチ、 アテローム性動脈硬化症などの長期間に起こる過程が存在し、有機性疾患を指す場合には、1次僧帽弁不全症が形成される。 梗塞、心筋梗塞、動脈性高血圧(心臓の欠陥の組合せ)は機能不全を引き起こし、繊維状のリングが広がるという事実につながる。

X線検査では、肺高血圧症と小円内の過剰な血液溜まりを判定することができます。 そして、心臓内の研究(脳室造影)は、再発する血液のレベルおよび心室の充填量を決定する。

心室からの左心房への血液(病理学的)の排出は、容積の過負荷につながり、その結果、血液循環の小さな円の逆行圧が上昇する。 将来、肺高血圧の発症は除外されない。 第1度の僧帽弁不全はほとんど診断されない。

第1段階の僧帽弁不全の症状は、心臓の上部の収縮期騒音の存在、第4肋間腔の病理現象がよく聞こえる、頸動脈で急激に脈波が上昇し、心臓Iが弱くなり、第2声が肺動脈上で強くなり、IIIトーンの出現が排除されない。 心臓の頂点には、触診時に収縮期の振せんがあり、左に先端の衝動が移動する感覚がある。 また、体重、肝臓、浮腫が現れ、後の段階で隣接する器官が圧迫される。

軽度の身体活動、肺の停滞、呼吸困難および喀血が残っても消失しても、1次程度の僧帽弁不全は臨床的に疲労の増加によって明らかになる。 弁のフラップ、腱およびそれらの壁のたるみの肥厚はまた、第1度の僧帽弁不全の特徴である。

♦第2度の僧帽弁不全は、受動的形態の静脈性肺高血圧の発生を特徴とする。 この程度は、血液循環障害のいくつかの症状によって臨床的に現れる。喀血、心臓喘息の発作、咳、安静時の動悸、息切れが増加する。

診断検査では、収縮期雑音の上部にある左の部分に2cmの心臓の拡大した境界線と、右の0.5cmの心臓の拡大した境界が示されます。 修正された心房構成要素は、心電図の間に検出することができる。

♦3度の僧帽弁不全は、右心室肥大の発症を特徴とする。 この程度は、肝臓の増加、浮腫の発生、静脈圧の上昇によって臨床的に現れる。

検査中、心収縮雑音はより強く、心筋の境界は著しく拡大することが明らかにされる。 心電図検査により、左心室肥大の徴候および僧帽弁の歯の存在を同定することが可能になる。

僧帽弁不全の予後は、疾患の動態、弁の欠陥の程度、および逆流の程度を完全に左右する。 表現された僧帽弁不全は、急速に重度の循環障害につながる可能性があります。

慢性心不全が合併すれば、予後は明らかに好ましくない。 重度の僧帽弁不全は、致命的な結果をもたらす可能性がある。 中等度の僧帽弁不全は、心臓病専門医による定期的なモニタリングにより、長期間機能を維持することを可能にする。

僧帽弁不全の治療

個々の治療のために患者を選択する前に、その病気の原因を見つけることが必要です。 完全な回復のためには、僧帽弁不全の発症に寄与する基礎疾患を排除することが必要である。 中等度の僧帽弁不全の場合、特別な治療は必要ありません。

心拍数を低下させるために、不整脈および心房細動を処方された薬剤にする。 中等度の僧帽弁不全は、まず感情的および肉体的ストレスを制限することを必要とする。 悪い習慣(アルコール使用、タバコ依存)の場合、それらを拒否し、健康的な生活様式を導く必要があります。

患者が僧帽弁不全の急性型を有する場合、利尿薬および末梢血管拡張薬が処方される。 血行力学を安定させるために、専門医は大動脈内バルーンカウンターパルセーションを行う。

患者が副甲状腺機能不全の段階にある場合、利尿薬、強心配糖体、血管拡張薬、β-アドレナリン遮断薬、ACE阻害薬が処方される。 心房細動が発症する場合、間接的な抗凝固剤が処方される。 僧帽弁不全が感染性である場合、患者には抗菌療法が処方される:マグネシウム、ビタミン複合体(B1、B2、PP)を含む医薬品。 原則として、第1度の僧帽弁不全を伴う逆流は進行せず、別の疾患の遵守の場合に合併症が生じる。

薬物療法の主な目的は、心拍出量を増加させ、肺高血圧症の発生率を低下させることです。 心筋グリコシド(Strophantine、Celanide、Digoxin)は、心房細動および僧帽弁不全および左心室機能不全の長期経過の場合の収縮期を強化し、心拍数を低下させることを目的としている。 心拍数が僧帽弁不全で変化しなければ、ジギタリスの準備は禁忌である。

利尿薬(スピロノラクトン、フロセミド、ヒドロクロロチアジド)は、再起動を減らし、鬱血や肺高血圧を軽減することを目指しています。

末梢血管拡張薬(ジルチアゼム、ニフェジピン、ニトロプルシドナトリウム)は、大動脈への放出に対する抵抗を低減することを目的とし、僧帽弁の機能が向上し、心拍出量が増加し、左心室のサイズおよび逆流が減少する。

僧帽弁不全の保守的治療は、血栓塞栓合併症の予防および心拍数の制御を目的としている。 そして、患者の表現された形態と苦情があれば、心臓外科的介入が行われる。 弁の石灰化がなく、弁装置が可動性を保持している場合、弁保持介入が行われる(僧帽弁のプラスチック、弁形成術)。 血栓症および感染性心内膜炎を発症する危険性が低いという事実にもかかわらず、弁閉鎖性介入には僧帽弁不全の再発が伴うことがある。

弁の回復を目的とした外科的介入は、左心室の不可逆的変化の発生の前に短時間で実施されるべきである。 心臓弁の軽度の変化を有する患者には、外科的治療が適応される。 心肺蘇生術は、バルブの交換、リングの狭小化、バルブおよびリングのプラスチックの加工を行う。

外科的介入のための適応症は:循環不全を伴う大きくて小さな円を通って流れる傷の重度の形態; この場合、致命的な結果は数日または数時間であり得るため、乳頭筋の機能不全または腱索の分離による僧帽弁不全の急性発症が挙げられる。

外科的介入のための禁忌は、血管床の血液循環の小さな循環における不可逆的変化、10歳未満の小児における急速な疾患進行の脅威のないこと、および患者によってよく耐容されるリウマチ起源の中程度または弱い逆流症である。

外科的介入のタイプ:

♦整形手術は、左房室の開口部を通って正常な血流が得られ、僧帽弁を保持します。 そのような介入の適応症は、2度および3度の僧帽弁不全症であり、弁に顕著な変化がない場合にも起こる。 外科的介入は、以下のタイプに分類されます。

- 輪状弁形成術(バルブプラスチック)。 僧帽弁葉の基部には、合成布で覆われた金属ベースからなる支持リングが縫い付けられている。

- コード(心筋に取り付けられた腱の筋肉、弁の動きを提供する)を短くする。

- 僧帽弁の側面で、後ろの細長い部分を取り除く。

副弁構造と弁の大まかな変化の場合の人工僧帽弁、および既に実施されているプラ​​スチック弁操作の非効率。 義足は2種類あります:

- 動物(大動脈)の大きな血管から作られた生物学的なもの。 このようなプロテーゼは、 妊娠を計画している女性、および子供のために示されている。

- 特別な金属製医療用合金製の機械式バルブ。 異なるタイプの僧帽弁不全患者に適応される。

弁のわずかな変化の場合、以下の外科的介入が可能である:

- 個々のバルブを交換する。

- 小冊子のプラスチックを運ぶ。

- バルブリングを狭める。

- バルブリングのプラスチックを運びます。

外科治療の実施は、以下の合併症の発症を排除するものではない:血栓塞栓症、感染性心内膜炎、 房室封鎖 、人工血栓症、バイオプロテーゼの石灰化、傍大動脈瘻。