スラッシュ治療と病気

現代の女性のほとんどは、数日でカンジダ症(突発性疾患)を治すことができ、医師の診察を受けていないと宣伝された薬のTV画面に豊富に存在するため、非常に無害な病気であると考えています。 ツルシはおそらく実際には非常に危険な病気ではありませんが、その治療が決して上記のように扱われるべきではないという条件でのみです。
毎年、膣カンジダ症の女性の発生頻度は世界中で増加しており、現時点では専門家によれば、それは生殖器下部のすべての感染症の約40%である。
ツグミの病原体はカンジダ(Candida)のキノコであり、今では150種以上に上る。 多くの研究によれば、この疾患の主要な原因物質(症例の約95%)はカンジダ・アルビカンス(Candida albicans)であり、これは科学者が粉塵サンプルの7%および空気サンプルの50%を満たしていた。 これらの真菌は、環境だけでなく、完全に健康な人の粘膜および皮膚外皮にも生息することができる。 キャンディダ・アルビカンス(Candida albicans)の特定の好都合な因子の影響下で、この病気を引き起こす

スラッシュの原因

не микроорганизмы-паразиты и не различные заразные бактерии вызывают молочницу.数多くの性病とは異なり非微生物 - 寄生虫と異なる感染性細菌ではなく、突発を引き起こす。 すべての責任は、出生以来私たちの体に生息する酵母様真菌です。 ほとんどの場合、カンジダ菌は人体と平和的に共存しますが、ストレス、病気、過労の結果として過冷したり弱めたりする必要があります。 ホルモン剤、抗生物質、膣のダメージを乱用し始めます。無害な菌類はすぐに侵略者になります。 , трихомониаз , хламидиоз и гарднереллез – поэтому ни в коем случае не стоит ставить себе диагноз самостоятельно, основываясь только на уже знакомых ощущениях.また、 マイコプラズマ トリコモナス症クラミジア 、およびガーデニルレズなどの病気の結果として突刺が発生する可能性があることも知っておくべきです。したがって、すでに身近な感覚だけに基づいて自分で診断するべきではありません。 認定された婦人科医は、この病気の全体像を正確に評価し、質と効果的な治療を処方することができます

ツルシュの症状と症状

ほとんどの女性はカンジダ症の膣の形態を知っています。 и в промежности.非常に最初の症状は、通常、膣および会陰部において急速に増大する鋭い痒みである 。 その後、膣の粘膜に特徴的な白っぽいコーティングが現れ、灰色がかった色の「凝固した」排出物が現れる。
統計データによると、尿生殖器系のカンジダ症は、男性よりも女性で10倍多く見られる。 .しかし、病気の女性と性的接触をした後、男性の40%も性器カンジダ症を発症する。 現在、3つの形式の性器カンジダ症が分類されている。候補 - 完全な愁訴がなく、患者の病気がはっきりと分かる。 急性泌尿生殖器カンジダ症は、腫れ、かゆみ、発赤、皮膚上の発疹、および膣および外陰部の粘膜という顕著な画像を伴う疾患である。 慢性(再発性)泌尿生殖器カンジダ症 - 中等度または反対の豊富な凝固した排出、刺激、かゆみ、外部生殖器官の燃焼、不快な臭い

スラッシュ処理

大部分の女性は、むしろ軽々しく発疹を指します。その結果、近年、カンジダ症の再発性慢性形態に苦しむ患者の数が劇的に増加しています。
ツラシの治療は、段階的に行うべきであり、真菌そのものを取り除くだけでなく、罹患しやすい病気の治療だけでなく、素因の除去も必須である。 完全に治すために、また再感染を防ぐために、免許を受けた抗真菌薬を局所的に投与する必要があります。 セックスパートナーの並行治療も必要です。
治療期間および薬物の投与量は、細菌学的培養および種々の分析の結果に基づいて、各患者について厳密に個々に医師によって選択される。 ツグミの治療中に、砂糖、炭水化物、牛乳、酵母パンの摂取量を制限し、ビタミン、ミネラル、タンパク質の食物摂取量を増やすことを目的とした食事を厳守する必要があります。

結論として、私は3日間でのツグミの治療をメディアに広告することは不可能であると付け加えたい。 かなり効果的な既知の「ピマフシン」の注釈では、推奨される治療コースは少なくとも7日間であると言われていますが、この時間が10倍、さらに多くの日数に増加し、その後患者に一次感染があると示されています。