ムコ多糖症

мукополисахаридоз фото ムコ多糖症は、遺伝的に決定された病理の複合体であり、ムコ多糖類の不完全な破壊および蓄積からなる、発達の統一された病原性機構を有する。 臨床画像 ムコ多糖症は、過剰量のグルコサミノグリカンが蓄積する構造の病変に依存して形成される。 子供の中で最も一般的なムコ多糖症は科学的に証明されており、病理学的遺伝子の遺伝による伝達の事実である。

この病理学は非常にまれであるが、研究者の注目は、ムコ多糖症による死亡率が非常に高いため、治療に効果的な方法を見つけることに焦点を当てている。

ムコ多糖症の原因

ムコ多糖症のすべての形態およびタイプは、常染色体劣性遺伝型によって伝播される遺伝病変のカテゴリーに属する。 突然変異遺伝子は、グルコサミノグリカンの代謝変換に直接関与するリソソームα-アルニダーゼ遺伝子の構造の変化である。

リソソームアルファ - イルニダーゼの突然変異による損傷のために、デルマタン硫酸の内部イソソーム分解および肝臓および脾実質、軟骨組織および骨膜、神経組織および血管壁における過度の蓄積が破壊される。

脳の軟質殻の浮腫の進行の結果、くも膜下腔の部分的な閉塞が発生し、これが水頭症の進行に寄与する。 子供の精神遅滞の徴候の原因は、ニューロンにおけるガングリオシドの過剰な蓄積である。

ムコ多糖の発現された代謝障害に加えて、高アミノ糖尿病の形で現れるタンパク質の代謝障害の徴候がある。

ムコ多糖症の症状

ムコ多糖症に罹患している全ての患者は、拡大した舌および大きな頭部を伴う醜い顔の特徴の発生の形で特徴的な特徴的な表現型の徴候を有する。 あらゆるタイプのムコ多糖症の患者は、物理学的発達の遅延、すなわち、パスポートの骨年齢の差異、顕著な脊柱側弯症の発生および大きな関節の拘縮を傷つける兆候を示す。

神経系および/または筋骨格系の主要な病変にもかかわらず、ムコ多糖症のいくつかのタイプは内部損傷を示す。

ムコ多糖症の特徴的な特有の症状は、脳の皮質構造におけるニューロンの破壊であり、その結果、様々な程度の強度の知的能力の障害の徴候が生じる。 この病気の進行過程では、ムコ多糖症の症例のほぼ100%において視神経が損傷し、視覚機能の顕著な障害を伴って片眼/角膜の角膜が損傷する。

ムコ多糖症の種類

♦この病態の最も深刻な形態は、子供の神経学的状態の深刻な違反と事実上すべての重要な臓器および系の複雑な敗北を伴うムコ多糖症1型である。

この病気のデビューは胸部の期間中に起こり、大脳の頭蓋骨の形状と大きさ、胸椎の脊柱側弯症変形、および小関節の拘縮に深刻な障害を伴う。 このカテゴリーの患者には、鼠径ヘルニアの徴候の出現とともに、腱の筋肉の鼠径部リングの肝臓サイズおよび衰弱が先天的に増加する。

病気の初期段階では、この病理がまれに分類されるという事実のために、「ムコ多糖症」の診断はめったに確立されない。 しかしながら、子供の身体的および精神的発達障害の進行が外部症状と組み合わせて、ムコ多糖症1型を示差的診断範囲に入れることを可能にする。

1型ムコ多糖症に罹患した小児の神経学的状態は、高血圧 - 水頭症候群複合体の徴候、すなわち頭蓋骨の大脳部分の大きさの増大、側頭領域における拡大した静脈網の出現および栄養障害の発生という形で特徴的な特徴を有する。 側方投影において頭蓋骨のX線撮影を行う場合、トルコ鞍のサジタルサイズのいくらかの増加は注目に値し、腰椎穿刺は脳脊髄圧の上昇を決定することを可能にする。 1型ムコ多糖症の患者における神経学的障害の病因は、頭蓋骨の投影における骨組織の構造の変化および脳組織の結合組織成分の親水性の増加に基づく。

ムコ多糖症1型の内部器官の敗北は、遠隔期に起こり、弁膜症、眼の角膜の不透明性の形成である。 この病理が脳構造の重大な違反を伴うという事実に関連して、それは10年間の境界を越えない持続時間の子供の生活にとって好ましくないと分類される。 このタイプのムコ多糖症に罹患している小児の尿の実験室クロマトグラフィー研究は、1日当たり300mgの閾値を超える高グルコサミンレベルの測定を伴う。

♦ムコ多糖症2型は、以前のものと同様の臨床症状を示しますが、その特徴は、生後1年目の男性の主な敗北です。 この病理の表現型の発現は、1型ムコ多糖症と比較してそれほど顕著ではないが、成長の遅延、高血圧および鼻の扁平、頸椎の短縮および舌の大きな寸法など、この疾患の遺伝的起源を強調する。

2型ムコ多糖症の主な特徴は、脊柱側弯症の発症の形で脊椎の静的変形の徴候が完全にないことである。 大脳皮質の知的および自閉症の機能に違反することはほとんどないが、ほとんどの場合、子供は感覚運動障害の徴候を発症する。 眼の損傷は、角膜の表層の視神経および両側の鈍さの小さな停滞した変化にのみある。

2型ムコ多糖症は、腹部タイプの肥満多毛症およびアクロシア症の発生の形態の内分泌および栄養栄養学的変化の発現を特徴とする。 ムコ多糖症2型に罹患している子供は、細菌性肺炎を合併した呼吸器ウイルス性疾患の発症の危険性に分類される。 この状況においてムコ多糖症の診断を確立するための診断基準は、ヘパラン硫酸またはデルマタン硫酸の尿中のクロマトグラフパラメータの増加である。

♦Sanifilippo症候群、または3型ムコ多糖症は、男性および女性の両方の子供に同等に影響し、特定の表現型の出現を伴います。 3型ムコ多糖症に罹患した小児は、拡大した前頭葉、鼻の平坦な橋、大きな舌および太い唇、および密接に位置する軌道の形で頭蓋骨の脳および顔面部分の発達に異常を有する。 骨関節装置の敗北は、脊柱よりも小さい関節に影響を及ぼし、手足の指節間および中足趾節関節の先天性拘縮の発達に現れる。 また、この先天性症候群は、内臓の衰えを特徴としないが、子供の神経学的状態は非常に苦しんでいる。

幼い頃から、子供は過敏感や情緒不安定、記憶障害、知的活動の漸進的阻害を増やす傾向があります。 診断は、原則として、実験室および器械検査技術(X線形状測定、ヘパラン硫酸の高レベルを特徴とする酸ムコ多糖類のクロマトグラフィー測定)の関与により、疾患の後期に確立される。

♦タイプ4のムコ多糖症、またはマルキオ症候群は、この病状が肉眼的な神経学的欠陥を伴わず、子どもの骨関節系の発達に大きな影響を及ぼすため、以前の形態とは異なる。 マルキオ症候群の小児では、大きな管状骨および扁平骨の発生に著しい異常があり、機能の顕著な機能障害を伴う関節変形もある。 4型ムコ多糖症に罹患している小児の尿の検査研究では、デルマタン硫酸含量の上昇が検出される。

♦シェーネシェイまたはムコ多糖症タイプ5は、第1のタイプと同様の臨床的および実験的症状を有するが、この病状では、寛解期間が完全になく、より攻撃的な経過がある。 これに関して、シェイエ症候群は、ムコ多糖症による乳児死亡の構造における主要な位置を占めている。 この症候群の主な違いは、心臓および大血管の弁装置の肉眼的奇形の形成を伴う心血管系の主な敗北である。

♦ムコ多糖症6型と診断された子供は、この病気が脳の知的および自閉症の機能を害さず、片面性または両面性の角膜のある不透明化症のみに現れるため、この病気に長時間罹患することがあります。 ムコ多糖症の疑いのある患者の検査アルゴリズムに含まれる尿のクロマトグラフィー検査は、ヘパラン硫酸が存在しない場合のデルマタン硫酸の上昇レベルを決定することを可能にする。

ムコ多糖症の治療

ムコ多糖症を有する小児の治療における重要性は、病気の経過の各変種が適切な治療方法の適用に対する個々のアプローチを必要とするため、この病状の臨床的および実験的タイプの定義による早期診断を有する。 あるタイプのムコ多糖症に罹患している患者を処置および治療するための戦術を決定する際に、小児科新生児学者、整形外科医、整形外科医、神経外科医、眼科医および耳鼻咽喉科医を含む専門家グループが参加する。

原則として、ムコ多糖症の治療は、疾患の特定の徴候を排除することにある。すなわち、対症療法が用いられる。 現時点で病理学的に立証された唯一の治療法は、ホルモン療法と考えられ、臨床症状を止めるだけでなく、病気の臨床症状を評価することも可能です。 線維芽細胞によるグルコサミノグリカンの合成活性を有意に低下させる最適な組み合わせは、サイレオイジンとプレドニゾロンの併用である(1日の投与量は、子供の体重1kg当たり少なくとも1mgで2ヶ月間である)。

また、メチオニンを含む線維芽細胞の機能を改善する薬剤を、0.75mgの経口投与で処方することが推奨される。

ムコ多糖症1型は、禁忌がなければ、骨髄移植の絶対的適応であり、この方法は患者の年齢で2年まで有効である。 小児における既存の余分な神経障害は、Aldurasimによる補充療法の使用の根拠であり、週1回の静脈内点滴注入の方法により体重1kg当たり100単位の投与量である。 しかし、この薬物は、活性物質が血液脳関門に浸透することができないので、2型ムコ多糖症の治療には使用されない。