心拍数障害

нарушение сердечного ритма фото 心臓リズムの違反は、心臓活動の頻繁な病理であり、心筋の収縮機能の正常なリズムおよび系統的な性質からの逸脱からなる。

心臓は人体の重要な器官であるため、心臓活動のリズムのわずかな違反さえも、すべての構造の機能に悪影響を及ぼします。

心臓不整脈の中心は、心筋および心臓のいわゆる「伝導システム」の両方に位置するため、心臓におけるあらゆる種類の不均衡は、興奮性障害または伝導性障害のいずれかに起因する可能性がある。

心臓のリズム障害の原因

この病理は、病理学的ポリゴン群に属し、すなわち、独立してまたは集合して1つまたは別のリズム障害を引き起こす多くの矯正されたおよび元に戻すことのできない要因があるため、任意の年齢で心拍数および伝導の違反が観察される。

不規則性と心臓活動の規則性の矯正不可能な挑発者は次のとおりです:

- 心筋に生理学的栄養障害を引き起こし、電気インパルスの生成および伝達過程に有害な影響を及ぼす高齢患者の年齢;

- 心臓血管系の構造の先天性形態の様々な先天性奇形と同様に、リズム障害の出現のための負担された遺伝性;

インスリン依存型の真性糖尿病であり、これは心筋の機能不全の発症の契機であり、この病態そのものは不整脈の主な原因ではなく、その過程を悪化させる。

心臓律動障害の様々な形態の発症過程は、修正された病因論的因子によって影響され、その除去は、心臓不整脈の成功した治療のための主な保証である。

これらの要因の中で最も多く発生します:

- 心筋に必要な栄養素を供給する大血管の血管壁の著しい変化と同様に、心筋および弁膜装置の構造の変化を伴う、心臓のあらゆる種類の有機病変;

- ホルモン系の器官の病気、特に、甲状腺の病理の合併症を伴った甲状腺機能低下症および甲状腺機能亢進症 ;

- 体内の代謝プロセスを妨げ、電解質の不均衡(利尿薬、抗けいれん薬)を引き起こす薬物の特定の群の長期間の制御されない摂取。

- 持続性高血圧 、抗高血圧薬(不整脈の発生のメカニズムは、肥大狭窄性心筋症により引き起こされ、太くされた心筋に沿って電気パルスが通過するのに障害を引き起こす。

- 90%の症例において、心筋の栄養を担う冠状動脈のアテローム性動脈硬化症の発症を誘発する患者の過体重;

- 心筋の働きは、体内の重要な微小要素の内容に直接依存するため、電解質シフトが顕著になる病状。

- 症例の50% アルコール性発生の心筋症は 、心房細動の徴候の発症を誘発する。

- 向精神薬の体系的使用は、心臓リズムの重大な急性障害を引き起こし、最終的には致死的結果に終わる。

心臓リズム障害の症状

心筋のリズムのあらゆる種類の障害は、心臓の収縮が減速するか加速するかに応じて、臨床症状に応じて2つの大きな群に分けることができる。 従って、心筋の収縮の減速を伴う不整脈のタイプについては、循環障害の症状が特徴的であり、頻脈性不整脈シリーズのリズム障害は、心不全の感情に関する患者の愁訴を伴う。 しかしながら、不整脈ユニットの各々は、それ自身の特定の症状を有し、その存在により心臓外乱の何らかの形態を疑うことができる。

心筋の病理学的変化を伴わない絶対的に健康な人でさえ、異常な状態(ストレス、過剰な身体活動、高い周囲温度)にあるとき、薬物を必要とせず、後に続くいわゆる「生理的」な頻脈性不整脈があるそれを引き起こした要因の除去。 この不整脈は、心筋への総体的な有機的損傷を伴わず、持続的な健康上の問題を引き起こさない。

心臓の有機病変の背景に対して起こる頻脈性不整脈の形態は、皮膚の顕著な蒼白および湿気にもかかわらず、急速な心拍の感覚、胴体の上半部および特に頭部における熱感の形の明るい臨床症状複合体の出現を伴う。 重度の頻脈性不整脈の発症を支援する症状は、短期間の失神から覚醒状態への意識の様々な程度の障害である。 心臓のこのような形態の破壊は、心電図による緊急診断だけでなく、抗不整脈薬の体系的摂取を必要とする。

頻脈性不整脈の反対は、心拍リズムの減少した頻度である症状の複合体である - 徐脈性不整脈。 以前のグループと同様に、心臓病学に悩まされていない人(プロスポーツ選手、高齢者)では、不整脈の徐脈性不整脈が観察され、不快感や顕著な健康障害を引き起こさない。 短周期型の心臓遮断は短期間でも永続的でもあり、重度の衰弱、 めまい 、短期間の意識消失、痙攣症候群の形で現れ、重篤な症例でさえも致命的な結果を生じる。

心臓活動のリズムの外乱のタイプの出現および臨床症状の性質にとって珍しいことは、 期外収縮である 。 興味深い事実は、健常者の心臓でさえ、心収縮の総数に関連して収縮期収縮の約4%を生成するということである。 この頻度は、心臓の正常な寿命に著しい影響を及ぼすことはできず、ヒトの健康状態の変化を伴わない。 心拍数の増加を伴う群外随伴収縮の出現は、「心臓の衰退」の感覚の形で特徴的な症状を引き起こし、強い心臓パルス、呼吸困難、典型的な心筋梗塞、およびこの病状の一定の形態で患者は特徴的な狭心症症状複合体を発症する。 この形式の心臓不整脈は、しばしば致命的な結果をもたらす心室細動に変換されることが多い。

子供たちの暖かいリズムの侵害

心臓活動のリズムの乱れが他の疾患の背景に対してより頻繁に生じる成人集団とは異なり、不整脈は健常者の心臓血管系および先天的形態のリズム障害の小児において同等に診断される。

小児科および心臓病学の世界統計によると、心臓病理学の全体的構造における異なる年齢層の小児のリズム障害のエピソードの割合は少なくとも27%である。 思春期の時代の子供は、心臓活動のリズムの乱れがより起こりやすい。この時期に、体液および細胞レベルでのすべての身体構造の活性の顕著な変化があるからである。

この心臓外乱の原因を特定する際には、精神矯正の適切な方法が不整脈の完全な平準化を伴っていることが多いため、心理的感情状態に注意を払う必要があります。

子供の年齢層の患者の不整脈の特徴は、心電図検査の予防的経過においてのみ潜在的経過および診断である。 大人と違って、不整脈の子供には、心臓の崩壊や心臓の症状についての苦情はありません。 この間、精神栄養症候群(過敏性亢進、睡眠障害、気分障害、短期意識障害)の症状が現れます。

非持続性心臓異常を伴い、有機起源ではない不整脈は、自己回帰する傾向がある。 心臓のリズム活動のより顕著な違反は、患者の健康に重大な負担を与え、中枢血行動態の持続的な違反を引き起こす。 不整脈の子供の人生の予後は、タイムリーな医療矯正の条件に有利です。

心臓リズム障害の治療

任意の形態の不整脈の治療の基本原則は、摂食行動の補正、仕事および休息の体制、ならびに治療の保守的方法を用いた適切な病因論的に正当化された治療の実施および重度の疾患 - 外科的介入の場合である。

心不整脈の病因学的治療の手段には、以下のような薬物群が含まれる:

- 甲状腺疾患の甲状腺中毒症のベータ - アドレナリン遮断薬(1日量2.5mgの非チケット);

- 神経循環起源の頻脈性不整脈のための鎮静薬(セダセンフォルテ1カプセルを1日3回);

- 心臓グリコシド、頻脈性不整脈を伴う慢性心不全に使用される(ジゴキシン0.75mg)。

特定の抗不整脈薬は、適切な治療用量の選択に続いて、1つ以上の抗不整脈薬を維持用量で系統的に投与することに関して慎重なアプローチを必要とする。 薬局の急速な発展の時代には、抗不整脈薬の新しい製剤の開発と特定の薬物のアナログの膨大な数の生産のために作成されるので、心臓病の仕事は、不整脈の種類と3つのクラスのいずれかに属する薬の任命を決定することです。

ファーストクラスの製剤は、プロ - 不整脈特性(Etmozin、Propafenone)が顕著であり、その適用範囲は、不応症の不応形である。

第2のクラスの調製物は患者の耐容性のために最も節約され、心臓不整脈(アテノロール、ビソプロロール)のほとんどあらゆる形態で使用される。

第3類の抗不整脈薬は、心室細動(Amiodarone)を止めるために使用される。

個々の抗不整脈治療レジメンを選択してタイムリーに治療を行うと、心臓リズム障害の発症を完全に緩和し、合併症を予防することから、この疾患の好ましい結果が観察される。

抗不整脈薬のすべての群の特異性は、1つの不整脈群に対してのみ効果があるが、他の種類の不整脈の出現を誘発する可能性があるため、個々の抗不整脈治療レジメンの選択は、心電図の指標。

心臓の不規則な有機病理によって引き起こされる不整脈がある場合、または不整脈が治療に関して安定している場合、心不整脈の矯正のための外科的処置はめったに使用されない。 心室性不整脈を治療するために使用される最小侵襲的外科的介入は、ペースメーカーの設置であり、その原理は、天然ペースメーカーの機能を提供することである。