僧帽弁不全

недостаточность митрального клапана фото 僧帽弁不全は、心室心筋の収縮期収縮の間に左心室の空洞内の動脈血の逆流の発生であり、これは僧帽弁の弁構造の閉鎖障害を背景に生じる。

僧帽弁の形態の単離欠損の割合 可能性のある全ての心臓欠陥の中の弁が少なくとも2%を占める。 患者においては、より多くの場合、狭窄と不全の組み合わせの形で僧帽弁の敗血症が併発する。

不十分な僧帽弁の原因

心臓の僧帽弁の機能不全は、同じ局在化の狭窄とは対照的に、多分に病理学的な病理であり、その各々が個々にこの欠陥の発症を開始することができるにもかかわらず、

リウマチ熱、心内膜炎症性疾患、弁の粘液腫性変性および弁突出部における顕著な石灰化、アテローム性動脈硬化症における虚血性心筋損傷、結合組織病理などの心臓および心外膜疾患において、弁装置の一次的損傷の結果として生じる僧帽弁の有機不全は観察され得る。遺伝性( マルファン病 )、コネクターの全身性自己免疫病変 ( 強皮症皮膚筋炎 )、外傷性心臓損傷。

僧帽弁の有機不全と僧帽弁の機能変化との間の基本的な相違は、左室腔の顕著な拡張を伴った重度の心筋損傷の背景に対する発症である。 左心室の膨張変化は弁輪の拡張と乳頭筋の側方への変位を引き起こし、これに対して僧帽弁フラップの機能障害が起こり、有機的損傷が完全になくなる。

狭窄型の肥大型心筋症には、僧帽弁不全の徴候の発生も伴い、発症の病因機構は、弁の前部が拡大左心室の流出路に入る左心室の超動的収縮にある。

僧帽弁不全症状

僧帽弁の機能不全は、臨床症状が徐々に増加するゆっくりした流れを特徴とする。 心臓病の診療では、別個のカテゴリーの患者が割り当てられ、臨床的な徴候はなく、弁膜装置の変化は器械的研究技術の間に明らかになる。

僧帽弁不全に罹患した患者が最も頻繁に行う初期の愁訴は、肺実質における静脈うっ血の結果である呼吸困難の増加、心臓の微小体積の減少による作業能力の低下および急速な疲労によるものである。 弁装置の弁の損傷の程度に応じて、心臓起源の呼吸障害は、軽度または重度であり、 肺水腫の徴候の発症までである

僧帽弁不全は、経験豊富な心臓学者が主目的研究の時期に既に診断した特定の変化の全範囲を有する。 僧帽弁不全の患者の皮膚カバーは、四肢および顔の遠位部分の投影において青みがかった色合いを獲得する。 一般的に、脈拍の触診では変化を検出することはできませんが、場合によっては正の静脈パルスの徴候があります。 心臓の鈍さの境界の顕著な拡大、ならびに先端の衝動の変位および強化は、左心室の拡張の重度の形態でのみ観察される。 肺高血圧症の徴候を有する患者を検査する場合、胸骨の左輪郭に沿った第4肋間腔の投影における病理学的脈動が決定される。

僧帽弁不全の最も特徴的な徴候は、左側の腋窩領域を伴う心臓の頂点の投影における汎弾道騒音の存在である。 僧帽弁不全に特有の特有の症状は、体幹が左側の水平位置に移動する際の雑音の増幅である。 騒音の発現の程度は、逆流の重篤度ではなく、左心室心筋の収縮性に依存する。 騒音が強くなければ、僧帽弁閉鎖の完全閉鎖に起因する第1の声調の弱化を区別することができる。 重度の逆流により、予後不良の症状が現れます - 第3のトーンの出現。 肺動脈の投影における第2のトーンアクセントを聞くことは、肺高血圧の徴候の発症を証明する。

不十分な僧帽弁の程度

僧帽弁不全の分割は、中央の心筋力学障害の程度を決定するために、また外科的介入を用いることの妥当性を決定するために使用される。

僧帽弁不全の最初の(1)度は、代償段階として特徴付けられる。すなわち、血流の逆流が非常に少なく、心臓力学的障害を伴わない。 病気の代償段階で患者に利用可能な唯一の臨床症状は、心臓の頂点の投影における収縮期雑音の出現であり得る。 この状況では、患者は、逆流の存在を判定するための心エコー検査が示される。 この段階での僧帽弁不全は、外科的治療法の使用を必要としない。

左心室壁の代償性肥大の兆候は、血行力学的障害を補うために現れる。第2段階の僧帽弁不全または副補充の段階は、心室の収縮期収縮の間の逆流の量の増加を伴う。 この病気の段階では、過半数の患者が過度の身体活動を伴う呼吸困難の増加に注意し、聴診の後に心臓の頂点の投影における中程度の明瞭な収縮期雑音が続く。 X線は、左心臓の境界の拡張、およびそれらの過剰な脈動を決定することができる。 この段階では、左利き曲線の形成および左心臓の過負荷の兆候の出現の形でECG登録が反映される。 心エコー検査の証拠は、僧帽弁フラップの投影における適度な逆流の存在である。 副補正の段階は、外科的矯正技術の適用の根拠ではない。

第3(3)度の僧帽弁不全は、左心室の腔内への血液の有意な逆流によって引き起こされる重度の左心室代償不全の出現を特徴とする。 非代償性心不全の発症を示す臨床症状は、身体活動が最小限の進行性呼吸困難、および心臓の頂点の投影における前胸壁の脈動の視覚化である。 心臓の頂点の投影における重篤な収縮期雑音を聞くことは困難ではなく、患者を検査する手段的な追加の方法は、僧帽弁のむき出しの弁を通して左心室心筋肥大および顕著な逆流の存在を判定することができる。 この段階で僧帽弁不全を治療する有効な唯一の方法は外科手術である。

第4(4)度の僧帽弁不全は、右心室不全の徴候の追加を伴い、「ジストロフィー」と呼ばれる。 顕著な視覚的症状は、頸静脈の著しい脈動および先端インパルスの変位ならびにその増強である。 このカテゴリーの患者における僧帽弁の不全は、血行力学的障害だけでなく、心臓活動のリズムの不全によっても伴われる。 Radiographyを使用すると、心臓のすべての部分を増加させることによって縦隔の影の顕著な拡大を視覚化することができ、小循環系の停滞の兆候が現れる。 この病気の段階では、腎臓および肝臓における機能的変化の心臓外症状が存在する。 外科的矯正法は広く使用されており、ほとんどの場合、好ましい結果が得られる。

第5(5)度の僧帽弁不全は終末であり、心血管障害の第3段階の特徴である臨床症状複合体全体の患者における発現を特徴とする。 患者の状態の重症度は外科的介入を可能にせず、僧帽弁不全の予後はこの段階では極めて不利である。 病気の末期段階では、しばしば、病気の致命的な転帰を引き起こし得る合併症が観察される:発作性心房細動、感染性心内膜炎および異なる較正の血管の全身性血栓塞栓症。

僧帽弁不全治療

僧帽弁の投影における逆流の重症度は、大動脈内腔の収縮期圧の大きさによって影響を受けるので、血管拡張薬の使用は病原的に正当化される。 この状況で選択される薬物は、収縮期圧を120mmHgのレベルに保つことを可能にする投与量のACE阻害剤である。 (Berliprilを最初の1日量2.5mgで投与し、続いて薬物を治療用量および薬物の連続摂取量に滴定する)。 最近の無作為化研究では、無症候性の僧帽弁不全の経過においても血管拡張薬を使用する必要があることが証明されており、

すでに僧帽弁不全の2/3の程度で左心臓の腔に拡張の変化がある場合、血栓塞栓性合併症(Aspecardを1日1回100mg経口投与)に対する警告として、生涯抗凝固剤を使用することをお勧めします。

患者が不整脈の心電図的徴候を有する状況では、アドレナリン遮断薬の使用が推奨される(メトプロロールは、平均1日量100mgの経口で)。

僧帽弁不全を矯正するための外科的方法の絶対使用は、以下の状況で実証される:

- 逆流のレベルは心拍出量の約40%です。

- 感染性の心内膜炎の積極的な経過の中で大規模な抗生物質療法の使用による肯定的な結果の欠如は、基礎疾患の経過を複雑にする。

- 不可逆的である、弁装置における顕著な硬化性変化;

収縮機能不全の徴候を伴う左心室の著しい拡張拡張;

- 血管血栓塞栓症の単一または複数の発症。

現在、心臓の心臓外科の枝は、できるだけ弁装置の構造を保存することを可能にする最新の再建手術手技の使用を可能にする。 弁フラップに著しい硬化性変化があり、外科的脱石灰化を行うことができない状況では、合成および胸膜内の材料の両方を使用するプロテーゼ技術が使用される。 弁構造の剛性を排除するために、大部分の場合、逆流の徴候を完全に排除する弁形成技法が使用される。