好中球減少症

нейтропения фото 好中球減少症は、血液の総細胞組成中の好中球顆粒球のレベルが1500 /μL未満のレベルに低下している。 患者の状態の重症度および感染性および細菌起源の重篤な合併症のリスクは、 好中球減少症の重症度の

効果的な治療を選択するためには、他の造血の正常細胞指数の下で好中球減少の事実を確立するだけでなく、患者の健康のためのこの危険状態の発生の病因論的メカニズムを確実に確立することが必要である。

重度の好中球減少症の発生率は、人口15万人あたり1回のエピソードである。 好中球減少による死亡率のレベルは、様々な重症度の10〜60%の範囲内である。

末梢血中の好中性顆粒球のレベルが500 /μlを超えない重症敗血症の重症型は極めてまれであるが、無顆粒球症患者の管理において、患者自身の内因性細菌叢に起因する炎症性疾患の極めて高いリスクを覚えておくべきである。

好中球減少の原因

好中球減少症の発症機序を理解するためには、正常な造血の生理的過程とこれらの重要な血液細胞の増殖を考慮する必要がある。 好中球顆粒球の全寿命は15日を要し、主要造血器官の増殖、末梢血流の自由な循環、および必要であれば臓器および組織の生理学的破壊の3つの段階に分けられる。

好中性顆粒球の重要な活動のこれらの期間の各々の違反は、特定の形態の好中球減少症の発症の誘発者になり得る。 したがって、骨髄の構造における顆粒球の増殖および分化の違反は、先天性欠損および様々な自己免疫疾患、異なる局在の腫瘍病理の両方の結果として生じ得る。

好中球のより大きいパーセンテージは、循環血液の流れにおいて自由な状態ではなく、血管壁への接着性壁(いわゆる好中球顆粒球の限界画分)に起因するため、偽性好中球減少症の発生のための条件が作り出される。 この状態は、循環血液中の好中球の減少によって特徴付けられるが、多数の好中球好中球のために好中球顆粒球の全体レベルは変化しないままである。

多数の好中球の単離された破壊は、抗白血球抗体に曝された場合にのみ生じる。

好中球減少症は、ポリエストロジック症候群のカテゴリーに属しているため、他の病気の合併症や原発病の両方として作用する可能性があります。 好中球減少症候群を伴う先天性疾患は、循環好中球減少症、先天性免疫不全症、遺伝的に条件付けされた無顆粒球症 、蓄積性疾患(酸血症、糖原病)、骨髄硬化症、表現型異常(骨軟骨軟骨異形成、先天性角化症

好中球減少症候群を伴う後天性疾患には、自己免疫疾患( 小児の良性貧血 、全身性エリテマトーデス 、ベジラ肉芽腫症)、骨髄病理( 再生不良性貧血 、髄腔内の局在化転移、電離放射線への長期暴露)、感染症(細菌性全身性敗血症、HIVおよびAIDS、 サイトメガロウイルス病変、様々な局在の結核 )。

独立した好中球減少群は、特定の群の薬物(水銀利尿薬、非ステロイド性抗炎症薬、抗うつ薬、抗甲状腺薬および抗ヒスタミン薬)の毒性作用によって引き起こされる、いわゆる「剤形」である。

好中球減少症の症状

好中球減少症候群の典型的な臨床症状は、末梢血中の好中球顆粒球数の顕著な減少を伴って発生し、低形成性貧血と同様の症状によって現れる。

好中球減少症の第1の特徴的な症状は、口腔内の局在( 扁桃炎 、口内炎および歯肉炎 )、胸腔(胸膜膿瘍および膿胸の傾向のある肺炎)、皮膚(皮下膿瘍、爪骨および筋間痰)、軟部組織(局所的な形態の凝固した副鼻腔炎)。

壊死性潰瘍形成プロセスが小腸に影響を及ぼす状況では、壊死性腸疾患の診療所が発生し、腹腔内に急性の痛みが現れ、摂食とは無関係の悪心および嘔吐ならびに患者の便秘傾向を伴う腸の萎縮がない。 壊死性腸疾患の危険性は、患者の生活(腸の穿孔および腹膜炎)を脅かす合併症を発症する傾向にある。

抗痙攣薬、スルファニルアミド、高感度鎮痛薬および長期鎮痛薬の長期使用を引き起こす重度の好中球減少の発症により、シャープなデビューおよび致死率の高い明るい臨床症状複合体が形成される。 この形態の好中球減少症は、抗白血球抗体とそれ自身の好中球顆粒球との反応によって引き起こされる免疫性無顆粒球症を指し、急性発熱、頭痛、大きな関節における痛みの痛みおよび重度の衰弱において顕在化する。 種々の器官および組織において、炎症性成分(口腔、食道、膣および腸)を伴う潰瘍化は、全身性敗血症の発生まで現れる。 急性期の期間は3-4日であり、症例の30%において致死的結果が生じる。

従って、頻繁な感染症を有する患者、特に重度の形態で起こる患者では、特に放射線療法または細胞傷害治療を受けている患者において好中球減少症が疑われるべきである。

好中球減少症の初期発症時には、口腔、皮膚、肛門、中枢血管のカテーテル挿入および静脈穿刺の義務検査ならびに腹部の触診を伴う患者の客観的検査に特に注意を払う必要がある。

「好中球減少症」の確実な診断を確立するための特徴的な臨床症状に加えて、検査室の変化を特定することは非常に重要である。

発熱性の患者の検査では、顆粒球計数による一般的な血球数だけでなく、必要に応じて病原菌の存在と菌類の攻撃のための二重血液培養を含む検査にも注意を払うべきである。 術後の患者では、排水卒業生からの内容物の播種を調べる必要があり、便の弛緩の存在下で、糞便がクロストリジウム感染のために試験されることが推奨される。

好中球減少症の診断において非常に重要なのは、骨髄の造血機能の研究であり、造血の1つまたは別の胚の阻害を評価するだけでなく、その発生の原因を決定することも可能である。

小児における好中球減少症

小児期の好中球減少症は骨髄における甲状腺機能低下症の症状として現れ、異なる年齢では好中球減少症候群の基準が異なる。 したがって、乳児における好中球減少症は、1000 /μL未満の末梢血の血液中の好中球顆粒球の定量的な含有量で生じる。 高齢では、好中球減少症の主な徴候は、1500 /μl未満の好中球の定量的含有量の減少である。

最大1年までの年齢では、好中球減少症はしばしば急性または慢性である(臨床像は数カ月以内に発現する)。 原発性好中球減少症候群は、免疫好中球減少症、慢性良性好中球減少症および遺伝的に決定された形態の3つの主な形態によって表される。

好中球減少症候群が不十分に発現された場合、すなわち末梢血中の好中性顆粒球の数が僅かに減少する場合、無症候性の経過が最もよく指摘される。 場合によっては、急性呼吸器系ウイルス性疾患の再発が頻発し、経過の延長や細菌性合併症の発症が起こる傾向があります。 原則として、好中球減少データは特定の治療を必要とせず、標準的な抗ウイルス薬および抗菌薬による治療に適している。

中程度の重症度の小児好中球減少症は、感染性毒性ショックの兆候が現れるまでは、再発性の敗血症性敗血症性疾患を特徴とする。

小児期の重度の好中球減少症には、常に重度の中毒症候群、激しいタイプの発熱、胸部、口腔および腹腔の局在による重度の膿性の破壊的合併症が伴う。 不適切な治療の条件の下では、この状態は、一般的な敗血症の徴候の発達により迅速に複雑化し、しばしば致命的な結果をもたらす。

診断を確立するとき、必須基準は次のとおりです。

- この病理における負担された遺伝の事実の決定。

- 子供に存在する臨床症状の評価、徹底的な主要目的検査;

- すべてのタイプの血球の必須計数による血球の毎週の評価(循環好中球減少症の場合、少なくとも2回、週2回、2ヶ月間評価される);

- 中等度好中球減少症の判定では、骨髄造影を行うことが望ましい。

- ウイルス関連好中球減少の場合、抗顆粒球抗体の力価を増加させるために血清血液検査が必要である;

- 化膿性壊死病巣の存在下で、好中球減少症を引き起こす特定の菌叢を決定するために、血液の細菌培養を実施すべきである。

小児期には、二次的な好中球減少症のみならず、独自のフロー特性および一般的特徴を有する初代遺伝性好中球減少症が観察され得る。

すべての遺伝性好中球減少症の一般的な基準は、負担する遺伝の事実、子供の生後1ヶ月間の臨床的および実験的発現のデビュー、分子生物学的診断法によって明らかにされる。

重篤な遺伝性好中球減少症には、欠損遺伝子の常染色体劣性形質伝達を特徴とするコスマン症候群が含まれるが、散発性罹患もまた起こり得る。 この病理学では、新生児期の間に、子供は細菌および感染症のエピソードが頻発し、再発する傾向がある。

コスマン症候群では、血液中の好中球顆粒球数が著しく減少し、顆粒球増加症(1リットルで300個未満の好中球)が発生する。 コスマン症候群の小児は、急性骨髄芽球性白血病および骨髄芽球症候群のリスクがある。 コルストマン症候群の病気は、コロニー刺激因子(1日量6mcg / kg体重でのフィルグラスチム皮下)の使用による生涯特異的療法の任用の根拠である。 コロニー刺激療法の効果がない場合、病的な子供には同種異系の骨髄移植が推奨される。

髄腔からの好中球顆粒球の放出の小さな活性の侵害を伴う遺伝性好中球減少症の別の形態は、いわゆる「ミエロカエカ」である。 このタイプの好中球減少症は、関連する変化によって引き起こされ、骨髄中の顆粒球の加速されたアポトーシスおよび顕著な走化性において現れる。 生後1年の間に、子供は重度の好酸球増加および末梢血中の単球レベルの上昇に関連する相対的な好中球減少症を有する。 細菌感染が付着すると、顕著な好中球性白血球増加症が観察され、急速に白血球減少に変換される。

小児期に観察される珍しい遺伝性好中球減少症候群は、循環性好中球減少症であり、これは排他的に劣性遺伝である。 この好中球減少症候群の他の形態の好中球減少症との主な相違は、危機の存在を伴う断続的な流れである。 この好中球減少症は、次の危機(平均3〜8日)および明確な間欠性期(2〜3ヶ月)のデビューのための明確な時間枠を有するため、「循環」と呼ばれる。 危機が始まって以来、子供は、好中性顆粒球の数が急激に減少し、同時性の単球増加症および好酸球増加症、様々な部位の感染の病巣が化膿性の内容物で現れるという形で、明るい臨床検査および臨床検査の徴候を示す。 好中球減少症の終了後、子供の一般的な健康状態および白血球の血液製剤のパラメーターが正常化される。

サイクリック好中球減少症の治療への主要なアプローチは、危機の予期される開始の2日前にコロニー刺激因子を選ぶことである。 特定の治療の持続時間は、末梢血における顆粒球数の正規化の速度に依存する。

熱性好中球減少症

発熱性の好中球減少症または「好中球減少症」は、末梢血中の好中球顆粒球の著しい減少の場合に発症する急性の重度の状態である。

熱性好中球減少症候群の典型的な症状は、発熱性ショックの兆候が発現するまで発熱熱、重度の寒さ、発汗の増加、心拍数の上昇、および動脈収縮期圧の急激な低下である。

ヒトの体内では、免疫応答の形成および炎症反応の形成を担う好中球性白血球の著しい減少があり、しばしば患者は感染の主な焦点を診断できないという事実に関連している。 そして、顕著な免疫抑制の状態で、疾患の長期経過を伴ってのみ、異なる局在の化膿敗血症病巣が現れる。

熱性好中球減少症は、悪性腫瘍に用いられる大量の細胞傷害性および放射線療法を繰り返し受けている患者において最もよく観察され、薬物の毒性作用に応答して過多反応とみなされる。

熱性好中球減少症に罹患している患者には、健康な人が長期の健康障害を引き起こさない重篤な感染症の経過がある。 発熱の急激な抑制に関連して、熱性好中球減少症の患者には、主要焦点から全ての組織および器官への感染の急速な広がりがあり、それによって全身性敗血症を引き起こす。

熱性好中球減少症における感染の主な病原体は、嫌気性微生物、クロストリジウムおよび病原性グラム陽性球菌、ならびにヘルペスおよびサイトメガロウイルスによる再感染である。

顕著な中毒症候群と組み合わせて好中性顆粒球のレベルの低下の事実を判定した後、適切かつ適切な治療レジメンを選択するために、様々なグループの抗菌薬に対する感受性を決定するために血液および体液を摂取することが必須である。

熱性好中球減少症の抗菌治療は、陽性菌とグラム陰性菌の両方に作用する抗菌剤の併用に基づく併用療法レジメに付すべきである(Augmentin 375mg 1日2回経口、Medaxone 1g 1日1回筋内投与、Gentamicin in 2.4mg / kgの静脈内投与)。 これらの抗菌剤は、病原性微生物とそれ自身の有用な腸内微生物叢に悪影響を及ぼし、真菌感染の原因となるため、抗真菌薬(フルコナゾールを400mgの静脈内または経口で毎日投与)を使用することが義務付けられている。

抗生物質の経験的治療の有効性は、通常、最初の2日間に評価され、臨床的および実験的指標の正の動力学がない場合、大量の抗真菌治療が処方されるべきである(アムホテリシンBを0.25mg / kg静脈内点滴する)

患者の状態を緩和し、起こり得る合併症を予防するための厳密な適応に従って使用される非特異的対症療法は、顆粒球の一括輸血および静脈内注入による高免疫血漿の注入を含む。

良性好中球減少症

慢性良性好中球減少症は、小児期に専ら観察される血液の病理であり、2年以下の期間であり、特異的療法の使用を必要としない。

小児における好中球減少を確認する血液検査における変化の登録は、様々なプロファイル(血液学者、アレルギー学者 - 免疫学者、新生児学者、小児科医)の医師による臨床モニタリングの正当性である。 この血液の病理は、重度の健康障害および子供の精神運動発達を引き起こさない。

小児期に良性好中球減少症の発生の特定の病因論的因子はなく、白血球像の変化の兆候の出現は、通常、造血組織の成熟が不十分なために血液系の不完全性と関連している。

好中球顆粒球の定量的含量の減少に加えて、血液中に他の変化は見られない。 良性好中球減少症は、重度の経過ではなく、ほぼ100%の症例において良好な予後を有する。

良性好中球減少症の治療法から、幼児の細菌感染およびウイルス感染に使用される通常のレジメンと異なる用量の医療用抗菌および抗ウイルス療法のみが使用される。

好中球減少症の治療

適切な治療法の選択は、患者の状態の重症度だけでなく、疑わしい合併症の有無、および生物の個々の特徴にも依存する。 患者の治療法を決定するにあたっては、その経過を24時間監視することが推奨されるため、重度の好中球減少症は血液学的プロファイルの病院環境でのみ治療されるべきである。

感染性疾患の疑いがある状況では、好中球減少を伴わない同じ病状を有する場合よりも高用量で抗菌薬による即効性病理発生治療を開始する必要がある。 適切な抗菌薬を選択する際には、感染症の最も一般的な病原体の抗菌薬の感受性と潜在的な毒性を考慮する必要があります。

ほとんどの場合、抗菌剤は中心静脈アクセスを介して静脈内注入の方法によって投与されるが、黄色ブドウ球菌によって誘発される菌血症の確認は、患者は静脈カテーテルの除去の指示である。

好中球減少症の形態、感染症の原因物質および好中球減少症の重篤度に応じて、抗生物質療法の期間は異なる可能性がある。 抗菌治療の有効性に関する一般的に受け入れられている基準は、最初の72時間以内の患者の状態の改善であり、陽性動力学の欠如は、抗生物質の変更または以前に使用された抗菌薬の用量の増加の正当性である。

癌患者における免疫抑制療法の使用後に観察される一過性形態の好中球減少症は、抗菌実験的治療も必要であり、持続期間は好中球顆粒球数が500 /μlを超えるまでである。

抗菌療法による患者の状態の正のダイナミクスの欠如は、耐性微生物による感染、2種以上の細菌による重感染、抗生物質の血清および組織レベルの不十分、または制限された限局性(膿瘍)の感染性焦点によって引き起こされ得る。

抗生物質療法に関連して、好中球減少を伴う長期の発熱患者は、抗真菌治療レジメン(アムホテリシン静脈内点滴0.25mg / kg /日)の投与を推奨した。 予防目的での抗真菌薬の使用は不合理であり、好中球減少症の治療において正当化されない。 トリメトプリム - スルファメトキサゾールは副作用(腸や口腔の粘膜のカンジダ症、抗菌剤への微生物の耐性の誘発、骨髄抑制効果)。

最近、コロニー刺激因子を用いた重度の好中球減少症の治療が広がっており、特に熱性型の好中球減少症候群が広まっている。 また、これらの薬物の適用領域は、最近骨髄移植を受けた患者における感染性合併症の予防である。 この状況で選択される薬物は、血液中の好中球顆粒球数の正常化の前に使用された有効性が証明されたコロニー刺激因子である(フィルグラスチム5mg / 1日当たり体重1kg、モルグリモスチン5μg/ kg皮下)。

好中球減少症の複雑な治療においても、好中球の増殖および成熟を改善するプロセスには影響を及ぼさないが、その分布および崩壊のプロセスに影響を与える症候性薬物の使用がある。 このグループの薬物には、グルココルチコイドホルモン(ヒドロコルチゾンを1日量250mgで投与)、代謝過程を体内で改善する薬剤(Pentoxylを1日600mg経口で、ロイコゲン0.02g 3 /日、メチルウラシル2g /日)、および葉酸を1mg /体重1kgの1日用量の計算で評価した。

脾臓における好中球顆粒球の破壊の増加による好中球減少症に対する手術療法から、脾摘出が示される。 この手術の産物に対する絶対禁忌は、重度の好中球減少症候群および全身性感染症である。