低い心拍数

низкий пульс фото 低パルスは、病理学的変化の結果として、または変化に対する「生理学的応答」の形で完全な幸福の背景に対してほとんどの人に現れる共通の状態である その人がいる環境のパラメータ。

心臓病学者協会の最近の勧告を考えると、「低パルス」という用語の使用は、心筋収縮率が毎分55拍未満に低下した場合にのみ意味をなさない。 脈拍を低下させるエピソードは、血圧の低下と組み合わされるが、この症候群の経過の他の変種が存在し得る。

心臓の活動を含む身体のすべての過程が減速し、脈の生理的な減速を説明するいくつかの生理的状態(深い睡眠)があります。

低心拍数の原因

低脈拍発達の誘発者の役割において、様々な病因機構が人に作用することができる。 外部環境の病因因子の中で、低温または長期にわたる栄養失調の状態での患者の長期滞在のための低パルスの発生を誘発することが可能である。

人体の血圧および脈拍数の調節が神経および内分泌系の同じ構造によって行われるので、低パルスで現れる心臓血管プロフィールの疾患に関しては、 動脈高血圧が注目されるべきである。 正常より下のパルスは、原則として、低血圧で発症するが、場合によっては、身体が後退して反応することがある。

身体全体への長期の低酸素障害は、心臓活動の規則性および活性に非常に悪影響を及ぼし、低酸素患者は心拍数が低く、投薬が困難であり、酸素療法の即時適用が必要である。

上記の低パルス発症のメカニズムはすべて、生理学的および代償性のカテゴリーに属し、したがって、脈拍の矯正は薬物の使用を必要としない。 例えば虚血性損傷を伴う心筋の病理学的変化が非常に低いパルスを発生させると、心血管合併症の発症を予防するために即座の医学的介入が必要となる。

心臓収縮の規則性が神経支配系の様々な構造によって調節されるという事実に関連して、その中の病理学的変化もまた低パルスの発生を誘発し得る。 このカテゴリーの患者の治療は、脈拍を正常化する薬物の使用に限定されるべきではなく、低脈拍の根本原因を排除するための方法によって補完されるべきである。

低心拍数の症状

非常に頻繁に、この状態が患者の計画された検査の間に誤って記録されたとき、彼らの練習中の心臓専門医は低パルスの無症候性の潜在的な流れに直面する。 このような状態は、「人の健康の状態を脅かす」と分類することはできません。したがって、動的な観察だけが必要です。

病的な低パルスは、発作または長期のめまい、びまん性頭痛、失神状態、脳の構造に対する低酸素損傷である病原性の症状によって現れる。 さらに、低心拍数の非特異的発現には、 運動不能な衰弱、進行性呼吸器障害、 心筋梗塞 、神経障害が含まれる。 これらの症状の鋭く進歩的な経過は、特定の抗不整脈治療の使用を必要とする心臓活動のリズムの違反を示す。

重度の程度の違いで起こり得る低脈拍の一般的な合併症には、 心不全 、意識障害および突然の心停止が含まれる。

毎分40ビート未満の低パルスは、病理学的に変化した心臓の重要な活動の発達の兆候としかみなされない。 この状態は、心臓における重度の疼痛症候群、血圧の急激な変動、多量の発汗、重度の顕著な衰弱および意識喪失の形態の広範囲の臨床症状に現れる。

このような顕著な明るい臨床像は、人体のすべての臓器および構造に対する血液供給の欠如および低酸素損傷によって引き起こされる。 心理学者は、 心臓発作または心筋梗塞の発症を知らせる「遮断」という用語を使用し、心臓病院の人の即時入院を必要とする。 毎分30ビートの脈拍数で、すぐに蘇生を開始する必要があります。

非常に一般的な現象は、妊娠の低パルスであり、その過程は非常に異なり、女性の心臓血管系の初期状態に依存する。 ほとんどの妊婦は、脈拍のわずかな減少に耐え、 めまい 、吐き気、眠気についてのみ不平を言う。 このような状態は、胎児の正常な発達に対する脅威ではないので、低パルスの投薬を処方することは不合理である。

妊婦の脈拍の低下に伴い、急激な空気不足、全身倦怠感、意識喪失の感覚がある状況では、治療医は重篤な心血管病態を排除するために慎重であり、さらなる研究方法を処方すべきである。

下肢と上肢の筋力低下の患者における外観は、低パルスと組み合わせて、人の甲状腺機能亢進症の存在を示している。 さらに、このカテゴリーの患者にとって、神経興奮性、不眠症、食欲不振、振戦のない進行性の体重減少の出現がある。 また、一般的な衰弱および低脈拍は、中毒症候群によって誘発され得る。

すべての人が24時間以内に心拍数を変動させることができます。 最低の脈拍は、一般的に深夜の睡眠中と同様に午前中に記録されます。 さらに、脈拍数は、人の身体活動の状態によって影響される。 したがって、人は水平姿勢と穏やかな状態にあるが、彼は生理学的な脈動を遅らせる。 これらの事実を考慮すると、脈拍数の変化の登録と動的監視は、患者が横たわっている間、その日の同じ時刻に実行されるべきである。 少なくとも1分間、パルスの登録を修正してください。

頭痛、重度の衰弱、呼吸困難、めまいの形の朝の低心拍数の臨床症状の出現は、低緊張型を流れる患者の神経循環失調症の存在を示す。

常圧で低パルス

変化していない血圧インジケータのバックグラウンドに対する患者の低パルスの発生は、一般に、主治医からの懸念を引き起こさない。特に、自分の健康状態の変化に気づかない場合。 このカテゴリーの患者は、最も頻繁には、変化のない血圧指示器を用いて心拍数のわずかな変化を許容するプロスポーツ選手で構成されている。

弱い、めまい、吐き気、呼吸困難の形で詳細な臨床症状の発現を伴った60ストローク以下の脈拍を有する患者は、知的および自閉症の機能を低下させ、この状態の根本原因およびさらなる矯正を同定するために追加の検査が必要である。

変化していない血圧の背景に低パルスを引き起こす原因は何ですか? 主な原因は、心筋の不可逆的な有機変化(心臓奇形、動脈性高血圧、 心筋炎 、虚血性傷害)によって引き起こされる心臓の伝導系の活動の妨害によって主な役割を果たす心臓活動のリズムの障害の一種である徐脈である。 加えて、副交感神経系構造の活性化は、例えば環境が低温に曝された場合に起こる低パルスの誘発因子としての役割を果たすことができる。

低心拍数の開発のための薬物治療は、ベータブロッカー、キニジン、強心配糖体などの薬物によって媒介されるため、心拍数を低下させる傾向のある患者は、これらの薬物療法を慎重に使用すべきである。

たとえ短期間に血行力学的変化を起こす可能性があり、すべての状況において合併症の危険性が増加し、不整脈崩壊の形態になるため、専門医の医師は変化のない動脈圧迫の背景に対して起こっても、低心拍数のすべてのエピソードを警戒しなければならない。残念なことに、しばしば致命的な結果に終わる。

高圧下での低パルス

低脈拍の発生は、絶対的に健康な人、および例えば動脈性高血圧症のような心臓病変に長時間苦しんでいる患者の両方で起こり得る。 病因の治療の基礎である抗高血圧薬は、ほとんどの場合心拍数の抑制効果を有し、それによって患者の状態が悪化するため、無力化のエピソードを患っている高血圧患者は治療が困難であると分類される。 したがって、主治医の主な仕事は、動脈性高血圧と同時に苦しんでいる患者のために、低パルスの薬を適切に選択することである。

動脈圧、甲状腺疾患、神経循環ジストニア、洞結節の衰弱を伴う心臓病、ならびに心筋遮断作用の増加した指標の背景に対する低パルス発症の病因機構に関しては、

動脈性高血圧に罹患している患者の脈拍を低下させる攻撃の開発の挑発者の役割では、過度の心理的感情負荷である環境の急激な温度低下の身体への影響を考慮する必要がある。 この場合、低パルスは、一時的な一時的経過によって特徴付けられ、患者の健康状態から重大な障害を引き起こさない。

動脈性高血圧の存在下で低脈拍を有する患者を検査する場合、心電図検査、ホルターモニタリング、速度測定、心エコー検査、ホルモン状態インジケーターの決定などの方法を優先するべきである。

患者が高血圧の危機の背景にある低心拍数の徴候を有する場合には、緊急処置を施して医療を提供することが好都合である。 まず第一に、患者は平らな水平面に置き、襟の領域に水の圧縮を適用する必要があります。 ほとんどの降圧薬は患者の健康を悪化させる可能性があるので、心臓病専門医が患者を検査する前に薬を服用しないでください。

治療目的で、心臓病専門医は、アンジオテンシン受容体遮断薬、ACE阻害薬、アルファ - アドレナリン遮断薬および利尿薬を用いて降圧療法を修正する必要がある。 高血圧値で生じる脈拍の減少の場合、カフェイン含有食品の物理的運動および消費の形態での心筋収縮の刺激の「代替」方法の使用は禁忌である。

低圧下でのパルス

低血圧と低血圧との組み合わせは、50ビート/分未満の心筋収縮速度の急激なまたは漸進的な低下を意味する。 この状況における主治医の主な仕事は、そのような状態の発症の根本的な原因のその後の明確化と共に緊急投薬矯正を提供することである。 血圧および圧力の形で血行動態パラメータの急激な低下が生じる理由は、薬物中毒または高濃度、長期間の絶食、外傷または他のタイプのショックの有毒物質への暴露のいずれかの緊急条件であり得る。 パルスだけでなく動脈圧の中でも、長くて穏やかに顕著な減少が生じる理由の中で、心臓プロフィールの病変が最も頻繁に現れる。

このような血行力学的障害の結果は、眩暈、疲労の増大、漸進的衰弱の攻撃の形で現れる、人体の全ての臓器および系への低酸素損傷の発生である。 脳は低酸素状態に苦しんでいるので、患者は低脈拍および血圧の発作中に短期間の意識喪失を経験することがあります。

不眠症を伴う座りがちな生活習慣を遂げている人々の間では、動脈圧の一定の安定した減少および動脈圧の指標が危機的な特徴ではない。 さらに、身体の異常性ホルモン障害は、低パルスの発生および血圧の低下を伴うことがあり、これは甲状腺の病気、副腎の病理において最もよく観察される。 そのような状況では、低パルスを排除する有効な唯一の方法は、患者のホルモン状態を正常化することである。

低心拍数の治療

病理学的に実証された治療の基礎は、病理学的に変化した脈拍が生じた場合に低心拍数の発症の根本原因を排除することを目的とした薬物および非薬理学的プロファイルの尺度である。 低パルスの矯正の必要性に関しては、生理学的な障害が発生した場合には、専門家の意見が異なっている。 ほとんどの心臓学者は、脈拍の生理的減少は矯正を必要としないと信じているが、脈の減少によっても示される心臓血管疾患を排除するために人の状態を観察し、心臓のプロファイルの予防的検査を行うだけで十分である。

心拍数の低い患者の治療の主な目標は、この状態の病因論的原因を平準化すること、心収縮率の標準化および心臓プロファイルの合併症の予防である。 心臓病学者のみが医療矯正法を用いる必要性と便宜性を評価し、使用される医薬品製剤が適切な効果を示さない状況では、心筋収縮の数を正常値に増加させることを目的とするペースメーカーの移植を行うことが推奨される。 パルスを増加させるための病因機構は、ペースメーカーからの人工的なパルス生成によって実現される。 低心拍数を標準化するためにペースメーカを縫うことは、患者が十分に耐えられるものであり、使用することが実質的に禁忌でない低侵襲外科的介入の一種である。

ヒトにおける低パルスの発生が事実上純粋に生理学的である状況では、カフェイン化された製品または飲料の使用が適用されるべきパルス補正の非薬理学的方法が適用されるべきである。 しかし、カフェインはその自然な形でパルスだけでなく、血圧の指標にも刺激効果があるので、動脈性高血圧症に注意して使用する必要があります。 カフェイン含有製品とハーブチンキーEleutherococcusを15滴の用量で併用すると、穏やかに鼓動を緩やかに低下させることができます。 非常に低い脈拍がある状況では、患者は投薬矯正のみを使用することが推奨される。

低心拍数の治療において選択される薬物は以下の通りである:単回投与量が20mgである錠剤形態のAlupent、1mlの皮下アトロピン。 これらの薬剤の使用に対する患者の禁忌の場合、臭化イプラトロピウムまたは塩酸エフェドリンは、経口的に好ましいであろう。

? 低パルス - どの医師に連絡すればよいですか? 脈が少ない場合は、医師、心臓専門医、神経科医に相談してください。