パピローマウイルス

パピローマウイルスは、特定のタイプの組織に対するそれらの親和性に従って、DNA含有に属し、発癌性の程度でそれらの間で分離する広範なウイルス群である。 このタイプのウイルスは600種以上が知られています。

感染プロセスの結果、株に依存して、ヒトパピローマウイルスは、コンジローマ、疣贅、および他の皮膚変化によって表される対応する臨床症状の形成の機序を引き起こす可能性がある。 最も有名な伝達手段は性的であると考えられています。

治療に使用されるパピローマウイルス由来の調製物は、抗ウイルス性免疫調節剤群に属する。 今日では、パピローマウイルスに対する接種が医学に導入されているため、感染した人の体内で腫瘍学的病理の形成のリスクが大幅に低減される。

パピローマウイルスの原因

主な理由は、DNAを含むことを指し、皮膚および粘膜の細胞の上皮に高い指向性を有する、考えられる種類のウイルスの直接感染である。 DNA分子はリング状に配置され、2本の螺旋状に撚られた鎖によって表される。 ビリオンの平均サイズは55ナノメートル以下である。 ウイルスの一部として、保護シェルはありませんが、これは人や周囲の物体、空気中、水中に永久的に残ることを防ぐものではありません。

ヒトパピローマウイルスは、組織特異性を有し、その結果、特定のタイプの組織のみに影響を及ぼすことができる。

このウイルスの最も重要な特徴の1つは、腫瘍原性のようなその性質である。 ウイルスの低発癌性変異体、高凝固性および中イオノゲン性のバージョンがある。 これらの3つの部門はすべて、微生物が罹患細胞に変異を起こして癌の発症を引き起こす能力に基づいています。

すべての腫瘍原型は、デジタル値によって区別される。 感染中に腫瘍病変の形成の可能性が低いウイルスは、42,43,44,6および11および73型である。がん発症に関して最も危険なのは18および16型である。 原則として、これらのタイプの微生物は、子宮頸部の 腺癌および扁平上皮癌のような疾患の発症において主要な役割を果たす。 18型に感染した場合には腺がんが最も多く形成され、16型に診断された場合には扁平上皮がんが形成されることが確認されている。 可能であればアトピー性腫瘍学の平均リスクを有するグループもある:タイプ51および52,56および58,59,66および68、ならびに39および45,35および33および31.感染した場合、ある種の好ましいこの状態のためにも、がんの発生が考えられます。

感染のメカニズムは確立された性的経路、家庭的方法に限られている。 また、産道を通過する際の胎児疾患の可能性が高い。 子宮内感染の可能性、ならびに空中伝播経路は排除されない。

感染の過程における重要な段階は、パピローマウイルスと粘膜、皮膚との密接な接触の存在である。 病気のリスクは、皮膚または粘液の微小外傷または損傷に存在する場合に増加する。

ほとんどの場合、パピローマウイルスは伝統的な性的接触、肛門または口腔接触の際に伝染する。 粘膜に目に見える変化や症状の発現が必ずしも存在しないことを覚えておくことは重要です。 感染症は何年もの間、身体の中で長続きすることができます。それは、感染症自体を全く示さずに、つまり感染者は単にそのキャリアになることができます。

公共の娯楽施設、例えばスイミングプール、バス、特定の家庭用品を使用している場合、病気の危険性が高い。

婦人科検査中の感染の可能性を否定しないでください。しかし、これは、非滅菌器具を使用する場合、および非使い捨て手袋の場合にのみ可能です。

小児のパピローマウイルスは、しばしば、それ自体が感じられる免疫力の弱体化とともに、それ自体を長い間明らかにすることができない。 この偶発事象を打破するには、出産または家庭の伝染のいずれかで、子宮内感染が特徴です。

感染した生物体におけるパピローマウイルスの存在の病因は、ウイルスの浸透、すなわち生殖器官の細胞である会陰部への血液の浸透に減少する。 細胞への浸透過程の後、DNAに対する積極的な影響が始まり、それはそれには珍しい分裂および拡大のメカニズムを引き起こす。

パピローマウイルスの症状と徴候

すべての臨床プロセスの中心には、皮膚の表層のみで複製する能力のようなヒトパピローマウイルスのそのような特徴がある 。 しかし、感染そのものでは、皮膚の最も深い層にも影響を及ぼし、細胞の増殖プロセスが強化され、最終的には増殖の形成につながります。

原則として、パピローマウイルスは症状のない人の体に非常に長い間存在する可能性があります。 これに基づいて、通常、インキュベーション期間は15日間から数年間続くことができると考えられている。 感染症の臨床症状の徴候を引き起こすために、免疫系を弱める可能性があります。 同時にいくつかのタイプの乳頭腫ウイルスを感染させることも可能である。

受領したデータによれば、パピローマウイルス感染後1年以内に自己治癒が起こる。 これが起こらなければ、慢性経過が診断され、頻繁に再発する可能性があり、悪性腫瘍に至る突然変異の変化のリスクが徐々に増加する。

高等発癌性を有するパピローマウイルスによる感染の変異体の場合、疾患の経過は4段階:

パピローマウイルス自体が臨床的に現れない潜伏期の段階であり、実験室診断の方法によってのみ感染を確立することが可能である。

2.第2段階では、形成の形で疾患の症状が判定される。

3.第3段階の中心には、罹患細胞の完全な再構成があり、これはコイロサイトーシスと呼ばれる。

第4段階の開始時に、腫瘍病変の最終形成を伴う侵襲細胞における突然変異プロセスが診断される。

パピローマウイルスによる人体の敗北を指摘する主な徴候のうち、疣贅、疣贅の形成を区別することが慣習的である。

小児のパピローマウイルスは 、しばしば手の上に位置する体色の丘疹である下ぼり疣贅の形成によって明らかになる。 通常、彼らはグループによって形成され、成長しやすく、暗くなりがちです。

平らな疣贅が形成されると、そのグループの位置と局在は、顔だけでなく首にも共通しています。

足底の疣贅の裏にあり、歩行時にしばしば痛みを引き起こす角膜層の増殖を表す。

また、このウイルスは気管、喉頭、気管支に乳頭腫の発症を伴い、声帯のho声につながり、発声困難になります。 しばしば、この局在化を有する小児のパピローマウイルスは、正常な呼吸の過程を侵害することさえあり得る。

紅斑型表皮異形成症のような診断は、鱗片で覆われた色素沈着した斑点の形態の平坦型要素の形成を特徴とする。 これらの斑点は、胸部、背部、しばしば顔および首、ならびに四肢にしばしば形成される。

パピローマウイルスの発症の特徴的な症状は、性器疣贅の形成である。 彼らは、カリフラワーの花序のような一種の芽生えを表しています。 原則として、生殖器領域に形成されます。 生殖器疣贅は、しばしば口の隅で診断することができます。

女性の性器疣贅のローカライゼーションの好きな場所は、大きな、小さな陰唇、前庭、および肛門の近くの領域です。 男性では、これらの要素は、主に包皮の領域の亀頭陰茎の領域に局在化しています。

パピローマウイルス感染の別の臨床徴候は、肛門性器領域の領域に多数の丘疹が形成されることである。 このタイプの疾患は、 ボーエン病または腸管膿疱症と呼ばれる。

女性のパピローマウイルス

この種の感染症は潜在的に潜在的に秘密裏に存在します。 女性は何年も病気の存在を推測することができず、以下のような誘発要因の結果として現れることがあります。

1.一定のストレス、精神的感情ストレス、物理的な過労による体の疲労。

2.ウィルス感染に起因して起こり得る人体の免疫を低下させること、既存の慢性疾患の悪化; 3。

女性の操作上の性質の様々な介入、例えば、螺旋状の流産、中絶;

4.妊娠の発症。

さらに、上記因子のすべてがヒトパピローマウイルスの再発を引き起こす可能性がある。

このような安全かつ広く知られている広範な臨床症状に加えて、ヒトパピローマウイルスは、子宮頸部白血病、子宮頸部腺癌、子宮頸部上皮内腫瘍、および他の顕著な症状の発症を促進することができる。 ほとんどの場合、上記の疾患のほとんどは、 閉経の開始時に現れます。

ほとんどの場合、女性は生殖器疣贅の形で性器病変と診断されます。 時々彼らは印象的なサイズに達することができ、膣への入り口を閉じ、股間全体を占有することができます。 これらの形成の痛みを伴う感覚はないが、二次的細菌感染の付着の場合にはそれが可能になる。 女性は分泌物の出血、かゆみを訴える。

潜在的な流れの中心には、一体型の生殖器官の細胞におけるパピローマウイルスの可能性がある。 ウイルス粒子の活性化に寄与する因子が発生すると、複製プロセスが開始され、感染細胞は幾分特徴のない形状および構造を獲得する。 彼らは空に見えるので、コイロチトフと呼ばれています。

しかし、ウイルスの局在化のための好きな場所の1つとして、外来検査を受けている女性に臨床症状の存在を確認することはしばしば不可能であり、その症状は女性の子宮頸管である。 パピローマウイルスによる敗血症の徴候の有無は、腹腔内のみで検出することが可能である。

妊娠を計画する際には、パピローマウイルス感染の予備試験を女性が受けることが常に推奨されます。 未来の子供の健康への脅威は、胎児が出産を通過するときに呼吸乳頭腫を引き起こすことができるタイプ6および11のみである。 また、これらのウイルス感染や子宮内感染の可能性も否定されません。

男性のパピローマウイルス

男性では、パピローマウイルスは漏出し、隠れて、対応する症状を伴います。 潜伏期は1ヶ月から数年であり、感染の瞬間を確立するプロセスを複雑にします。

男性におけるパピローマウイルスの臨床症状の出現の誘発因子は、

- 免疫を低下させる可能性のある病因の細菌性またはウイルス性の疾患を転移させる。

- 持続的な疲労とストレス;

- 任意の局在の既存の慢性病変の悪化;

- 過度のアルコール乱用、喫煙。

- 性交によって感染する可能性のある様々な感染症との同時感染。

病気の発症で男性が作ることができる苦情は以下の通りです:

- 排尿時の感覚の灼熱感。

- 性交中の痛みの形の不快感;

- 豊富な排出の出現。

- 生殖器官の粘膜または皮膚の変化の存在。

生殖器疣贅の形態の臨床症状の男性の位置は、以下の:亀頭陰茎、陰嚢、尿道の外部開口部の領域、包皮。 肛門性器領域は男性においても影響を受ける可能性があり、様々な親密な嗜好を示している可能性がある。

また、男性はしばしば顆粒腫だけでなく、足、手のひら、首、顔に位置する疣贅も発症する。

女性よりも頻繁に、男性は、肛門領域の多数の発疹によって明らかにされるボーエン病のような病状を診断することができる。

しばしば、男性において、病変は、喉頭の特定の伸長によって検出され、これは再発性乳頭腫症と呼ばれる。 しばしば、呼吸器系の仕事の異常や気管支痙攣の発症の異常が現れ、気道全体の広がりによって複雑になることがあります。

進行中の研究の過程で、男性におけるパピローマウイルスの原因物質が、 陰茎癌および膀胱癌のような危険な疾患の出現を誘発し得ることが確立された。 しかし、これは、高凝固剤型のウイルスに感染する場合、およびこれに好ましい一連の要因が存在する場合にのみ可能です。

男性では、問題の病理の発達は、特にこの病気が生殖器疣贅の形成によって明らかにされた場合、かなり不快な化粧的欠点である。 コンジロマタはしばしば外傷を負って出血を起こす。 これはすべて生殖器領域の様々な炎症プロセスの加入およびさらなる発達に寄与し、これはしばしば不妊症、インポテンスに至る生殖機能の侵害につながる。

男性の治療におけるパピローマウイルスの準備は、女性の治療と全く同じように規定されている。 違いは、薬の規定された形でのみです。

パピローマウイルスの種類

現在、パピローマウイルスは非常によく研究されており、診断および治療のプロセスを促進する。 そのうち100種以上が存在し、その中には性器疣贅のみの形成を引き起こす微生物が存在します。 また、パピローマウイルスワクチンの予防のために、悪性腫瘍の形成を引き起こす可能性のあるウイルスの種類が同定されている。 男性と女性にとって全く無害で、人体に形成さえしない種も知られています。

すべての研究されたタイプの乳頭腫ウイルスは、対応する数字によって示される:

- パピローマウイルス1型、2型、3型は、成人の体および足底疣贅の子供の体内での形成を促進するが、これは何らかの形でコーンに似ており自己還元可能である。

- 平らな疣贅は、感染の際に人体に形成され、そのようなタイプの乳頭腫ウイルスは28,10,49;

- 27型パピローマウイルスの感染により、疣贅が形成される。

- 31,35,33,18,16,11,6および13のような型に感染すると、生殖器疣贅および人体上の乳頭腫が形成される。

最も危険なタイプは67,68,70,69,30,40,52および58,39および55,57および59,42および43である。

体内のパピローマウイルスの存在を決定する重要な要因は、様々な腫瘍学的疾患のリスクである。 しかし、これらのタイプのパピローマウイルスに感染した場合に癌を発症するリスクは100%ではないため、検出された場合、パニックにはならない。

44,43,42および6および11は、発癌性のリスクの低いパピローマウイルスのタイプに属しており、細胞内で突然変異を引き起こす可能性があることを意味する。

完全に安全なタイプは、1〜3および5であり、これは皮膚の異なる変化を引き起こすことができるが、癌細胞の形成を誘発することはできない。

70,45,39,68,58および56,16,33および35,18および31などの感染が検出された場合、それらは細胞内で発癌性の突然変異を引き起こし、最終的には癌に至る可能性があるため、警戒する必要があります。 このような状況では、徹底的な検査を伴う腫瘍医との相談は必須です。 最も危険なのは18種類、また16種類です。 それらは、腫瘍学を有する患者から最も多く分離される。

さらに、皮膚疣贅、扁平で尖った顆頭腫に生じる変化の種類に応じて、乳頭腫ウイルスを分離することが一般的である。 疣贅は外殖生発芽であり、靴底に最もよく見られる。 扁平疣贅は最も危険であり、腫瘍性変性を引き起こす可能性がある。 尖ったコンジロームは、長い外殖の形で体色が形成されています。 しばしば、それらは大きなサイズに成長し、皮膚および粘膜の広い領域を占める。

パピローマウイルスの診断と解析

パピローマウイルスは十分に研究されており、その診断、人体における検出、および正しい治療の任命に肯定的な効果を有する。 ウイルスの定義は様々な医療専門家によって行われることに留意すべきである。 しかし、感染のタイムリーな検出、特に発癌性のウイルスの検出のために、人口間の予防調査を実施することが重要です。

健康診断を受けることを推奨されている人と、少なくとも年に一度適切な検査を受ける人のリストがあります:

- 病因および病因に関係なく、子宮頸部から病理学を定義した雌およびコース。

- 年齢に関係なく親密に活動している女性と男性。

- 女性のみならず、妊娠計画の場合は男性のための予備検査を行うことが推奨される。

- 身体に感染していて性的に感染している場合や、 HIV感染を診断する場合には、パピローマウイルスの検査を受けることが重要です。

- 口腔および生殖器領域における任意の外生または形成の存在。

パピローマウイルスの診断は複合体に属していないことが注目されるべきであり、しばしばウイルスがかなり誤って検出される。

このウイルスの研究と同時に、肝炎、梅毒、HIV感染の可能性のある人を調べる必要があります。

パピローマウイルスの診断を段階的に検討する:

最初に、患者は医師によって検査され、不調症は利用可能な苦情の形態で収集される。 形成された扁平上皮形成の検査中に検出すると、パピローマウイルスを明瞭に診断することは不可能である。 女性の外性器や男性の陰茎の配置に関しては、鏡で女性を注意深く調べることが重要であり、男性は尿道検査を受けた検査を勧めています。

2.細胞学的研究の実施は、パピローマウイルスの診断の第2段階である。 しかし、材料摂取の方法、その調製および解釈のプロセスがこの方法において重要な役割を果たすことに留意すべきである。 この研究ではしばしば、発癌リスクの低いウイルスを同定することが可能であり、これは様々な異形成につながる可能性がある。

3.コルポスコピー検査方法は多少深いが、100%信頼できるものではない。 白斑症の粗い兆候がある場合にのみ、パピローマウイルスの疑いのある病原体を置くことができます。 また、この技術を実施する医療従事者の経験、ならびに解釈は非常に重要である。 変換の区域、句読点の検出は驚くべきことです。

4.次の方法は生検であり、病気の診断において高い信頼性があると考えられている。 それは、研究のための病理学的焦点から組織を採取することに基づいている。

組織が組織学的検査に曝されると、ウイルスによる感染の存在の変異体を同定することが可能である。 組織の組織学は、いわゆるコイロサイト細胞の検出に基づいている。 Koilocytesは大きな核、好塩基球を含み、外側は軽いリムで覆われているため、これらの細胞は空に見える。

パピローマウイルスの感染の可能性を判定するための最も正確な分析は、ポリメラーゼ連鎖反応またはPCRである。 これは、推定上の患者の血液中のウイルスDNAの直接的な決定に基づいている。 また、血液だけでなく、尿および唾液を研究中の生物学的材料として使用することができる。 バリアントや過診断は除外されないことに留意する必要があります。

7.世界の大部分の国では、ウイルスの種類を特定するために非常に正確かつ特異的な特別なスクリーニング検査またはDigene検査が使用されています。 しかしながら、この方法を細胞学的研究と組み合わせることが重要である。

パピローマウイルスの治療

この疾患の病因の根拠はウイルスの感染であるため、その治療に使用されるパピローマウイルス由来の薬物は、抗ウイルスおよび免疫調節に関連している。

この種のウイルスの運搬のみが検出され、検査および検査中に臨床症状が明らかにされない場合、特別な治療は実施されない。 この例外は、免疫を高め、疾患発現の発症を予防することができる免疫学的薬剤にのみ関係する。

生殖器疣贅の場合、しばしば以下の治療方法に頼ります:

- 局所麻酔下での外科的除去は、病変の広い領域に対してのみ使用される。

- フォーメーションの破壊につながるレーザーの使用。 傷跡形成は排除されない。

- 非接触除去に基づく放射線手術法の使用。

- 電気凝固は、生殖器疣贅の切除のやや痛みを伴う方法です。

- 低温麻酔は液体窒素の使用に基づいており、比較的まれに発症する再燃を特徴とする。

- 化学凝固の中心には、教育に正確に適用するために重要なあらゆる種類の特殊なソリューションがあります。 この方法の欠点は、その持続時間である。

免疫賦活の過程を開始するには、数日前に除去手順を行うことをお勧めします。

この病気の治療に最も一般的に処方される抗ウイルス薬には、Viferon、Genferonなどが含まれます。

予想は通常有利です。 再発は除外されず、頻繁に記録される。 しかしながら、人体からウイルスが消失した場合は、何の処置もなしに知られている。

病気の予防における最初の場所の1つは、パピローマウイルスに対する接種である。 パピローマウイルスに対して使用されるワクチンは生存していないので、耐容性は良好である。 パピローマウイルスに対するワクチンは、16および18,11および6のようなタイプから導入されている。なぜなら、これらのタイプのウイルスは、腫瘍学の発展の点で最も危険であると考えられるからである。

しかし、パピローマウイルスに対するワクチンは治療を提供することはできません、それは病気の発症を予防する方法に過ぎません。

第1移植片と第2移植片との間の移植は、60日以内、第2期と第3〜4月との間を通過するべきである。 妊娠中にこのワクチンを投与することは推奨されません。 ワクチン接種の全過程は、1年間の時間があることが重要です。 性行為の発症前に、慢性疾患の悪化がない場合(または急性の場合)に処方することも推奨されます。 勧告に従って、9〜17歳、極端な場合には最大26年間でワクチンを投与することが最善である。

? パピローマウイルス - どの医師が助けるでしょうか? このウイルスの種類のウイルスが疑われる場合は、感染症専門医のような医師に相談してください。