パピローマウイルス感染

パピローマウイルス感染は、男性および女性の両方に影響を及ぼす比較的最近の感染病理形態であり、進行が遅い傾向のある多型臨床症状を特徴とする。

ウイルス学者および感染症の世界社会の努力により、多数のタイプの乳頭腫ウイルス感染が同定されており、それぞれが検査室の同定が必要であり、特定の病態形態の発症を引き起こす。 生殖年齢の女性集団の日常的な予防的婦人科検査を受けている婦人科医は、構造および組織における悪性病変形態の変化を引き起こす傾向のある発癌リスクの増加した乳頭腫ウイルス感染の検出に特に注意を払う。 そのような変化の誘発者は、最も頻繁にタイプ16のパピローマウイルス感染である。

ヒトパピローマウイルス感染のようなそのような特定のウイルス病理は、生殖器官の粘膜における主要な病態形態変化の発達と共に、集団の女性の半分に支配的に影響する傾向がある。 最新のウイルス学的研究によれば、女性における16型乳頭腫ウイルスの感染は、女性の健康の婦人科学的領域に影響を及ぼす全ての感染性病変の中でも一流の位置を占めている。

生殖年齢に達したすべての女性についてパピローマウイルス感染の分析が示され、この特定の病原体による女性の70%の敗北を統計的データが示す。 注目すべき事実は、ヒトパピローマウイルス感染が、50%の症例において顕著な臨床症状を示したことである。

種々の病因論的型の乳頭腫ウイルス感染は、臨床症状において著しく異なる可能性があるが、それらの各々の病態学的根拠は、ウイルス粒子の一次的局在部位に生じる乳頭腫である。 パピローマウイルス感染の主な臨床症状としての乳頭腫は良性新生物であり、悪性腫瘍は極めてまれではなく、進行の遅い成長によって異なる。

ほとんどの場合、パピローマウイルス感染症に罹患している患者は、皮膚科医の動的監督下にある。 パピローマウイルス感染の別の形態は性器であり、これは、精神的特徴の専門家の多くである。 性器乳頭腫ウイルス感染の顕著な特徴は、臨床症状の積極的進行性経過および明らかな病態形態変化の悪性化傾向である。 パピローマウイルス感染の既知のウイルス型のうち、3分の1は、この病理の生殖器の臨床形態の発達を誘発するウイルスである。

パピローマウイルス感染の原因

1984年、ドイツの科学者Harald zur Hausenがパピローマウイルスの最初の代表を同定した1984年に、ウイルス学者の世界共同体に、別個の病理学的単位としてのパピローマウイルス感染が初めて示された。 この重要な科学的発見の30年後、彼はノーベル賞を受賞し、科学的研究は予防接種の効果的な方法を開発するための基礎となりました。 現時点では、専門家は、動物種を含む多数のパピローマウイルス感染の代表者ならびに人体にのみ影響を与える種類の多数のものを同定している。 幸運なことに、パピローマウイルス感染を引き起こすウイルスのほとんどの種類は良好な臨床経過を有するが、「発癌リスクの上昇」というパピローマウイルス感染の別のカテゴリーがある。

腫瘍学の発展に関する最大の危険は、短期間にこれらの病原体が女性の子宮頸癌の発症を引き起こし、また男性半分の男性の肛門直腸癌を引き起こすため、16型および18型のパピローマウイルス感染である。 婦人科医は、子宮頸部の粘膜の上皮細胞における癌性変化の検出と、女性の18型乳頭腫ウイルス感染の能動的再現のプロセスとの関係を指摘した。 発癌リスクの増加したパピローマウイルス感染のカテゴリーにも、タイプ6および11の代表があり、その臨床症状は性器疣贅の形成である。

ウイルスDNAの構造の特異性および相違点を考慮すると、乳頭腫ウイルス感染症の原因物質もクラスに分類される。 生殖器官の粘膜の病変が検出されると、専門家はアルファ・パピローマウイルス感染を最もよく同定し、これは発癌リスクの高いウイルスによって最もよく表される。 また、世界保健機関(WHO)のウイルス学者は、地理学(ヨーロッパ、アフリカ、アジア系アメリカ)によるパピローマウイルス感染の分裂を利用している。

病気の人からパピローマウイルス感染症の主要伝達型の問題を考えると、疫学者はこのタイプの感染が性交を通じて伝達されることに同意しますが、個人衛生による感染の可能性も否定されません。

パピローマウイルス感染の症状と徴候

事実上、すべての病因論的なタイプの乳頭腫ウイルス感染は、病原体の長期インキュベーション期間によって特徴付けられ、平均して3ヶ月であり、その期間はヒト免疫系の有効性に直接依存する。 他のウイルス病理と同様に、潜伏期におけるパピローマウイルス感染は、全く臨床症状を示さない。 特定の病理学的な臨床症状の出現は、主にパピローマウイルス感染のタイプに依存する。 パピローマウイルス感染の最も一般的な臨床形態は、尖った、平らな、および転倒性のコンジローマである。

性器疣贅は、パピローマウイルス感染の主要な病態学的基準として、単一または複数のいずれかであり得、異なるサイズ、主に淡いピンクおよび短い茎を有する伸長成長である。 パピローマウイルス感染の臨床症状であるいくつかの性器疣贅は 、液体の放出によって潰瘍化することがあります。 パピローマウイルス感染を伴う生殖器疣贅は、皮膚の大腿部および鼠径部への移行に伴う生殖器間隙全体を占めるかなりの大きさに達することがある。 生殖器疣贅が肛門周囲領域および乳頭腫ウイルス感染を伴う会陰部に広がることは、この病気の積極的な経過の臨床上の徴候および基準である。 尖ったコンジロームの潰瘍形成は、生殖管からの剥離の結果として発生し、これは灼熱感およびかゆみを伴う。 パピローマウイルス感染による生殖器疣贅の特異性は、痛みを伴わない成長であり、これが感染した人を専門家に遅く治療する理由です。 子宮頸管粘膜のパピローマウイルス感染が傷ついた場合、長期間臨床症状はない。

小児科医は子供の乳頭腫ウイルス感染症を診断することが多く、主な病理学的過程は喉頭の粘膜に発症する。 喉頭の呼吸器乳頭腫症は、胎児への原因物質の伝達が妊娠中または服用時に起こるため、先天性の感染病理を指す。 先天性パピローマウイルス感染の発症のProvocateurは6型または11型の病原体である。 臨床的に、この病理は、呼吸困難、嚥下行為の侵害、声のho声、および子供の出産直後に現れる一定した咳で示される。 特に、睡眠中の子供の状態は悪化する。この時点では、筋肉の緊張が緩和され、喉頭内腔が狭くなるからである。 負の要因は、乳頭腫の広範な雷の成長傾向であり、タイムリーな矯正がなされていなければ、仮死につながる。

女性におけるパピローマウイルス感染

女性の集団間のこの病状はかなり一般的であり、泌尿生殖器疾患の全体的な構造において主要な位置を占める。 このような女性の感染率が高いのは、主に性行為によるウイルスの伝染によるものであり、最近では様々な医療行為の際の女性の感染症例がより頻繁になっている。 女性におけるパピローマウイルス感染の原因物質のインキュベーション期間は、幅広い時間範囲にわたって変化し、1年に達することがあるので、ほとんどの状況でウイルスが伝染した接触者を特定することは不可能である。

女性の人口の中でパピローマウイルス感染に感染する主ないわゆる高リスクカテゴリーは、最大性的活動が注目される若い年齢であり、パートナーを変える傾向もあるため、若い女の子によって表される。 女性のパピローマウイルス感染の主要な病態形態は、泌尿生殖路の粘膜に局在しており、生殖器疣贅のような特異な新生物の出現が見られる。 さらに、生殖器疣贅は、胴体の他の領域に局在化することができるが、それらの全てに共通の病態形態(短い脚、白っぽい色、小さなサイズ)がある。

女性におけるパピローマウイルス感染の進展のための変更可能な素因には、免疫系の働きの低下、頻繁な低体温、ウイルス病理学の統合(ヘルペスウイルス感染)、および様々な侵襲的技術(子宮内避妊薬、医療中絶および他の手術上の利点)の使用が含まれる。

女性におけるパピローマウイルス感染の発症の素因となるのは、妊娠期間であり、これは免疫系のストレスプロセスの一種である。 しかし、妊婦のパピローマウイルス感染症への感染は、赤ちゃんの身体に有害な影響を及ぼすことはありませんが、出産時に新生児が直接感染すると、重度の先天性疾患である喉頭乳頭腫の発症を引き起こすことに注意してください。 パピローマウイルス感染の治療に使用される薬剤のほとんどは、妊娠の形で禁忌であり、一般的な医学療法に含まれている場合には考慮しなければならない。

男性におけるパピローマウイルス感染

女性とパピローマウイルス感染の違いは、この病気の潜在的な潜在的な臨床経過であり、診断の早期確認を困難にし、感染した人は性的パートナーに対して疫学的脅威をもたらす。 能動的な複製およびウイルスの蔓延の段階で既に発達している乳頭腫ウイルス感染の特徴的な臨床症状は、生殖器および会陰部および肛門直腸領域の両方に局在する単一または複数の生殖器疣贅の出現である。

男性におけるパピローマウイルス感染の視覚的兆候は、体色および柔らかい一貫性の新生物の上記領域における検出であり、触診およびサイズの縮小には全く無痛である。 生殖器疣贅の表面に潰瘍の部位があると、感染した男性は患部のかゆみ、軽度の痛みまたは灼熱感を心配し始めます。 パピローマウイルス感染による男性性器疣贅の発症の非常にまれな局在化は、排尿の症状として排尿を遅らせるための診療所を伴う尿道管腔である。

パピローマウイルス感染症の男性の感染の病因は、女性の病因と実質的には異なり、性交中の生殖器官の粘膜の微弱損傷による病原体の浸透にある。 パピローマウイルス感染の比較的良好な臨床経過にもかかわらず、これらのウイルスのいくつかの代表者は男性において肛門直腸癌の発症を誘発する可能性があり、これは腫瘍学の回復の予後に関して極めて不利である。

生殖器疣贅の根絶の形での男性における乳頭腫ウイルス感染の治療は、化学溶液の適用または凍結療法を用いて行われる。 最近、パピローマウイルス感染の再発を避けることができるラジオナイフの使用によるレーザー療法および切除は、生殖器性生殖器疣贅の除去において優れた有効性によって区別される。

男性のパピローマウイルス感染を治療する外科的方法は、必ずしも抗ウイルス薬のカバーおよび免疫補正薬の下で使用されなければならない。

パピローマウイルス感染の診断

状況によっては、経験豊富な医師にとってパピローマウイルス感染の病状識別マーカーの検出は困難ではない。 まず第一に、専門医は、パピローマウイルス感染の特徴ではない広いコンジローマを有する皮膚の新しい成長と粘膜とを区別する必要がある。 二次性梅毒の臨床マーカーである幅広いコンジローマの区別は、幅広い塩基の存在と密接な一貫性の存在である。 臨床検査の困難がある場合、医師は梅毒の原因物質の検出のためのさらなる分析のために胎児先天性フェンスに頼る。

パピローマウイルス感染の臨床症状が扁平性または内膜性顆粒腫である状況では、追加の診断法を使用しない臨床診断の確立は不可能である。 この状況におけるパピローマウイルス感染の実験室試験は、患者の生物学的分泌物中の病原体の特異的DNAの検出にある。 パピローマウイルス感染のための追加の器具技術は、酢酸溶液で処理した後に検出される豊富な毛細管ネットワークの存在下で白っぽい色の不規則な形状の生殖器疣贅を検出することを可能にするコルポスコピーである。

パピローマウイルス感染の主要な臨床マーカーである生殖器疣贅の小さなサイズでは、早期臨床診断は困難である。 同定されたコルポスコピックな特徴は、異形成および頸部上皮内腫瘍のそれらと類似しているので、まず、これらの2つの病理学的過程を排除することが必要である。

十分なレベルの証拠を有するパピローマウイルス感染の診断のためのさらなる方法は、このタイプの感染特性の型の変化に対する影響を受けた皮膚または粘膜の生検の細胞学的および組織学的検査である。 高発癌リスクのパピローマウイルス感染の早期同定を行うことは、この状況では人の健康と生命を守ることが可能であるため、あらゆる医療プロファイルの専門家の最優先課題である。

パピローマウイルス感染の治療

パピローマウイルス感染のための薬物療法は、薬理学者によって開発された広範囲の抗ウイルス薬にもかかわらず、それらの大部分がこの病状の病原体と戦うのに有効でないため、困難な状況である。 したがって、ウイルス学者および婦人科医は、パピローマウイルス感染の発症の臨床症状および病因機構を停止させる可能性のあるすべての医療措置を使用すること以外に選択肢がない。

患者に関連して利用可能な視覚的徴候がある場合、パピローマウイルス感染の非薬物療法が用いられ、乳頭腫および腺腫の外科的除去が用いられる。 それぞれの特定の状況において、様々な種類の操作補助剤、ならびに生殖器疣贅のレーザー治療(その選択は、明らかにされた変化の局在、病理学的プロセスの蔓延および患者の身体の個々の特徴によって予め決定される)が用いられる。

実際には、ウイルス学者を練習している患者の10%において、パピローマウイルス感染の自己治癒の事実が登録されており、同時に感染症の自己解消を予期してこの病状の治療を控えることは推奨されていない。 パピローマウイルス感染症の外科的および他のタイプの治療の使用に対する耐え難い兆候は、病理学的過程の程度の増加、生殖器疣贅の性質の変化およびそれらの潰瘍形成の形で疾患の病態形態徴候における積極的な変化である。 パピローマウイルス感染の臨床マーカーである生殖器疣贅の除去のための外科的介入は、腫瘍増殖プロセスを排除するために切除された外科的生物学的材料のさらなる組織学的検査を伴わなければならない。

生殖器疣贅の粘膜および皮膚外面上の浅い場所の場合、局所麻酔下での外科手術による病理学的新生物の手術的切除が用いられる。 更なる治療は、5日間続く手術用創傷への圧迫無菌包帯の頻繁な変更である。 パピローマウイルス感染の手術治療は100%有効ではなく、新しい生殖器疣贅の形成に伴う病理学的過程の再発を経験する患者もいることを考慮する必要があります。 18型パピローマウイルス感染症の病態形態要素の根本的除去のための別の選択肢は、低侵襲外科技術に関連し、比較的最近適用される、精液凝固および凍結手術である。

パピローマウイルス感染の予防

パピローマウイルス感染の最も一般的な、そして時には唯一の可能な伝達方法が性交中に接触するという事実を考慮すると、感染様式を完全に排除すること、すなわち親密な命を奪うことによってのみ、この病状による感染から身を守ることが可能である。 また、専門家は、性的パートナーが単一の存在下でパピローマウイルス感染の原因物質による感染リスクを有意に低下させることを指摘した。 すべての成人は、性交渉相手が変わるたびに、膵臓感染の発症リスクの上昇による感染の潜在的危険性を伴うことを知るべきである。

感染の性的方法がパピローマウイルス感染の伝達において唯一可能ではなく、疫学者が接触式家庭モードの伝達を可能にするという事実を考慮すると、障壁保護方法の使用は感染から完全に保護することができない。 パピローマウイルス感染に対する予防措置を適用することの難しさは、このタイプの病原体が潜伏期間が長く、感受性生物におけるその存在を検出することが非常に困難であるという事実にある。 同時に、この段階でさえ、ヒト免疫系の十分な機能でさえも、体内からパピローマウイルス感染の病原体を排除することはできない。

このような状況を避けるためには、人体の粘膜の表層にHPVが感染する可能性を防ぎ、疾患の初期段階で病原体を阻害する非特異的プロファイルの免疫装置の作業を強化する必要があります。 このために、生殖年齢の人々は、摂食行動を修正し、悪い習慣を排除し、個人衛生の基本規則を遵守し、皮膚と粘膜の酸 - 塩基バランスを支持するという問題に十分な注意を払う必要がある。

ヒトパピローマウイルス感染の発症を予防する上で良好な結果を得ることを可能にする最も有効な予防方法は、ワクチン接種である。 現時点では、3種類のワクチンがあり、それぞれが1種類の乳頭腫ウイルス感染に対してのみ抗ウイルス効果を有する。 18型パピローマウイルス感染がヒトの健康にとって最大の潜在的な危険性であるという事実を考えると、最初に思春期前に子供に導入されるこのタイプのワクチンを使用する必要があります。

? パピローマウイルス感染 - どの医師が助ける ? 病気の発症または疑いがある場合は、直ちに婦人科医、腫瘍専門医などの医師にアドバイスを求める必要があります。