小児食欲不振

детская анорексия 小児期の食欲不振は、赤ちゃんの健康を懸念している両親のための本当の燃焼問題です。 現在、小児原発性食欲不振の問題は、小児科では十分な注意が払われている。 若い母親は子供の医療機関でアドバイスを受け、子供の食欲不振の発症を避けるのに役立ちます。 最近、子供の食欲は素晴らしく、どのように赤ちゃんが食べることを拒否することができたかのように見えるでしょう。 そして、突然の病気、夏の熱や胃腸障害、そしてもちろん、両親の能力を欠いて子供の摂食を整理することに責任がありません。 親は彼らの子供が自分の好きな料理にもう満足していないという事実にショックを受けていますが、すでに嫌われている料理を強く続けています。 そして、何が起こっているのかの理由を理解してみてください

小児の食欲不振の原因

- 赤ちゃんの配達の様式を遵守していない(基本的な本能の発達 - 一定の時間間隔の後に飢えが起こる)

- 禁止されたお菓子と無差別な使用(チョコレート、お菓子、甘い発泡飲料)の子供たちの食事への導入 -

- 栄養の多様性の欠如と同じ種類のメニュー

- 餌のための大部分

- 異なる病因の子供による転移した病気

- 気候条件の急激な変化

小児食欲不振症治療

その理由を知り、医学的相談と摂食様式の正確な遵守により食欲不振の治療を開始します。 食欲不振の状態から脱出するための手段は、いくつかの段階で実施される:

- 年齢別に子供を摂食させるが、1年後の子供のための覚せい剤食製品(新鮮な塩漬けの野菜、ニンニク、新鮮な塩漬けニンジン)、脂肪、炭水化物(お菓子、お菓子)

- 食欲が回復した後、私たちは子供の食べ物の部分の量を増やし、タンパク質をその割合で残し、私たちが使用する脂肪の量を年齢の半分

- 通常の初期栄養に戻り、脂肪の制限がある

乳児原発性食欲不振症の状態から抜け出すための対策を講じるには、子供の生物の消化器官の複雑な作業を考慮する必要があります。 午前中には子供に脂肪やタンパク質食品を、2番目の炭水化物には乳製品を与えることをお勧めします。 時間の経過とともに、子供は習慣的な食生活を続ける。 私は、過活動派のゲームとその食事への突然の中断について、親の間違った意見に注意したい。 基本的な食事の後、そのような娯楽を計画する。 精神的疲労や身体的疲労の期間には、赤ちゃんの残りの後に食事を延期することもお勧めします。 このような摂食の瞬間が重要であり、食物の濃度も重要である。 気を散らすことは許されません。 このために、子供は食べなければならない料理を提供されています。 新しい料理は、少しずつ食事に導入されます。 注目を集めるために美しい料理でのデザインと提出を重視しています。 我々は大きな料理を提供するときにプレートを使用する。 これは、赤ちゃんの目を欺くためです。 子供は食べ物の大きさに比べて食べ物が少ないと思うでしょう。 赤ちゃんが食べることを拒否した場合、私たちは静かに次の授乳期間を待っています。 病気の子供に完全に食べさせる必要はありません。 私たちのケースでは、飢えの休止は良いことをするでしょう。 子供が病気で嘔吐している場合は、彼を叱ってはならず、次の授乳までゲームに気を散らしてください。 必要であれば、子供に水を飲ませる。 可能であれば、赤ちゃんにいくつかの料理を提供しますが、食事をレストランに持たないでください。 テーブルでの赤ちゃんの滞在時間を30分に制限します。 常に公差を示し、あなたの忍耐が結果をもたらすでしょう。

薬から、アスコルビン酸と虫のチンキを使用してください。 思春期の原発性食欲不振症の治療は、食欲不振の結果について話している、生命の例を挙げて、この疾患の危険性についての説明的性質を有する。 子供が食べることを断ると、精神神経学者に相談する必要があります。 急激な体重の減少で、病気の子供の強制入院が唯一の方法です。

このトピックの他の記事:

2. Психическая анорексия 1. 食欲不振 2. 精神食欲不振