痛風の治療と予防

подагра 痛風は、体内の代謝障害の結果として発症する非常に重篤な慢性関節疾患であり、血液中の尿酸含量の増加および軟骨、関節、腱、骨および他の組織内の尿酸(尿酸塩)の沈着を特徴とする。 痛風は、遺伝性憲法上の病気に起因しており、 いくつかの世代では、いくつかの世代では非常に一般的です。
痛風は高齢者で最も一般的な関節疾患の1つです。 男性では、痛風は40歳後に、女性では60年後に発症する。 家族のうちのいずれかの祖先(両親、祖父母または祖母など)がこの疾患に苦しんでいた人々の痛風の可能性が最も高い。 : хроническую подагру и острый подагрический артрит 痛風は、慢性痛風および急性痛風性関節炎に分類される

症状

- 痛風の影響を受けた痛風が腫れ、周囲の肌が熱くなり赤くなります。 このすべてにはかなり強い痛みが伴います。
- 最も目に見えない理由がなければ、罹患した関節に急性の痛みがある。 関節の動きが最小限であっても、非常に鋭い痛みを伴う感覚があります。
- 発作性の急性の痛風の痛みが起こる(最も頻繁に夜間)。
- 場合によっては、温度が上昇し、寒さが発生する。 朝は痛みが鎮静化し、翌晩までに彼らは再び活力を取り戻します。 ほとんどの発作は数日間続きます。 攻撃の間隔は数日から1年の範囲で設定できます。 この疾患の進行過程において、発作はより痛みを伴い、より頻繁になり、それらの間の間隔は著しく減少する。
- 時間とともに、罹患した関節が変形し、指が目に見えるように曲がり、いわゆる痛風の錐が現れる。
: физическое перенапряжение, употребление алкоголя, прием мочегонных лекарственных препаратов, травмы и операции, употребление в пищу продуктов, содержащих пурины (мозги, сердце, почки, печень, рыбные и мясные бульоны, мясо цыплят и молодых животных) 発作の出現を誘発するには、身体の過剰なひずみ、アルコールの摂取、利尿薬、トラウマおよび手術の摂取、プリン(脳、心臓、腎臓、肝臓、魚肉および肉汁、鶏肉および若い動物)を含む食品の摂取、

出現の原因

痛風の発症の主な要因は遺伝ですが、栄養失調(肉や肉の過度の消費)、アルコール乱用、座りがちな生活様式、体系的な過食

治療

痛風性関節炎では、抗炎症性の非ステロイド剤(ジクロフェナク、ナプロキセン、インドメタシンなど)が主に使用されます。 これらの資金は、関節の急性炎症をなくすために処方されています(コースは7日間から15日間)。
より強力な抗炎症性グルココルチコイド(プレドニゾロン)は、顕著な炎症で処方される。 в одном-двух суставах – глюкокортикоиды приходится вводить непосредственно в пораженный сустав (ДАННУЮ ПРОЦЕДУРУ МОЖЕТ ПРОВОДИТЬ ТОЛЬКО КВАЛИФИЦИРОВАННЫЙ ВРАЧ – РЕВМАТОЛОГ!) для эффективного прекращения приступа. 1つまたは2つの関節の急性の痛風性関節炎の場合、グルココルチコイドを罹患した関節に直接注射しなければならない(この処置は、専門医 - リウマチ専門医のみが行うことができる)。 多数の関節の敗北の場合、グルココルチコイドは錠剤で処方される(コースは7日間から10日間)。
攻撃の際には、罹患した関節は完全な休息を必要とする。 組織に包まれた従来の氷は、患部に1日数回3〜5分間適用すると痛みを効果的に緩和するのに役立ちます

予防

- プリンの消費量を減らす必要がある(ソーセージ、肉、臓物、魚の量が少ない)
- アルコールの使用を排除します(尿酸の体内からの離脱、特に甘いワイン、フック、リキュールの禁止)
- 体重を取り除く(関節を痛める)
- 週に少なくとも3回はスポーツに行く(ただし高速タイプは避ける - テニス、バドミントンなど)