脊髄炎

полиомиелит фото 脊髄炎は急性の感染病理であり、その主要な病態形態は脊髄の前角に局在している。 ポリオの最大発生率は、年齢で観察される 感染症は成人で急性脊髄炎を発症する可能性を排除するものではありません。

子供たちのポリオのような病理学における最初の言及は、紀元前4世紀にさかのぼります。 E.、その期間に科学者はまだ病気の発症の病因を知らなかった。 1840年、ドイツの整形外科の医師ジェイコブ・ハイネ(Jacob Heine)は、最初に麻疹の臨床症状を記述しました。 スウェーデンの医師メダンは、1887年にのみ、ポリオの感染性と疫学的普及の傾向を疑った。 同じ年に、ポリオの最初の流行が登録されました。

1908年、実験室条件下で、科学者Landsteinerは、健康なサルに、脊髄炎で死亡した患者の脊髄エマルジョンを導入することによって、脊髄炎発症の病因の実験的複製を初めて実施した。 細菌学的検査の結果は陰性であり、この病気のウイルス原因物質が濾過ウイルスに起因すると認められた。 麻疹ウイルスのような病理学の研究における最も進歩的な実験は、1949-1951年にAnders and Robinsによって出版された研究であり、その本質は、ヒト胚および胎盤線維芽細胞の助けを借りて、猿生物の外でウイルスを引き起こす灰白髄の培養であった。 大規模なポリオ流行の予防を目的とした予防措置のさらなる進展に伴い、この科学的研究の成果が基盤として利用され、麻疹ウイルスに対するワクチンが作成され、診断検査の質が向上しました。

ポリオにおける感染源は、急性の臨床症状を患っている患者であり、生物学的液体(胃腸内の内容物、鼻咽頭粘液、呼吸器系)。

ポリオのウイルス原因物質の伝達は、様々な方法で行われ、その中で最も一般的なものは、空中および糞 - 口腔伝達機構である。 感染者は、夏期〜秋期にはより顕著な、ポリオウイルスの機械的な代理店であるハエの数を増やすという問題に特に注意を払う。 大量ワクチン接種の有効な予防方法が開発されるまでは、小児における急性脊髄炎などの感染病理が世界的に広まっていたが、米国では最も高い発生率が観察された。

1949年から1956年の間に、不活化されたポリオの流行が広がった。 1960年には効果的な大量ワクチン接種により急性脊髄炎を「根絶」に成功したため、この間に最後に流行したポリオの流行が記録されました。 現時点では、伝染性疾患は散発的なポリオ発生の単一の症例であり、臨床経過はほとんどの場合軽度であり、運動障害は短期間の性質を有する。 ウイルスの蔓延の脅威を考慮して、あらゆる年齢の麻疹にワクチン接種することが可能です。 「ワクチン関連ポリオ麻疹」と呼ばれる病気の別の形態があり、その発症は、ポリオワクチンに対するワクチンの使用時のウイルスの病原性の人体における活性化によるものである。

ポリオの原因と原因

すべての感染症の取り組みは、ポリオ病の病因を研究するために行われ、多数の実験室試験の結果、急性脊髄炎(Brunnhildウイルス、LansingウイルスおよびLeonウイルス)の発症を誘発する3種類のウイルス誘発物質の同定が行われた。

ポリオの原因物質は、比較的小さなメトリックパラメータ(平均直径17-27ミクロン)を有し、エンテロウイルスのカテゴリーに属する。 ポリオのウイルス原因物質の特徴は、環境因子の作用に対する耐性の増加であり、これに関連して、原因物質は、特に食物、水およびヒトの糞便において、病原性を長時間維持することができる。

ポリオの病原体は、低温、長時間の凍結および乾燥の条件下で、長期間にわたり生命活動の徴候を保持することができ、同時に、温度反応の増加に対して極度の感受性を示す。 従って、温度が55℃を超えると、ウイルスの不活性化は8分以内に起こる。 クロラミン、漂白剤またはホルマリンの溶液、過マンガン酸カリウムおよび過酸化水素にさらされたときに、最短時間で麻疹ウイルスの完全な破壊が観察される。

ポリオのウイルス原因物質の主成分は核タンパク質である。 従って、ポリオウイルスの完全な精製では、リボ核酸の含量は20%であるが、この基質は、人体に関してウイルスの高い病原性を引き起こす。

人体へのポリオウイルスの侵入は、口腔咽頭または鼻咽頭を通って起こるが、病原体は、腸のリンパ系の構造ならびにリンパ咽頭咽頭の輪に複製される。 ポリオにおけるウイルス血症の持続時間は平均7日であり、その間に全組織および内臓の病変形態の変化が現れ、ウイルスの広がりが広がっている。 中枢神経系および末梢神経系の構造において、脊髄炎ウイルスの浸透は、血液経路だけでなく、神経周囲空間を通っても起こる。 ポリオの最も顕著な病理学的変化は、内臓器官が素早く死ぬので、神経系の構造に生じる。

脊髄炎の主要な病態形態変化は、脳幹のニューロンならびに脊髄の前角に局在する。 ニューロンへのポリオウイルスの直接導入により、麻痺性血管拡張、浮腫、脳内に局在する小集合多発性出血、および膜内で重篤な血行動態障害が生じる。 病態形態解析では、基質が好中球およびグリア細胞である顕著な血管周囲細胞浸潤を検出することが可能である。 ポリオにおける神経学的障害の病因の基礎は、細胞内タンパク質産生の不均衡によるニューロンの破壊的変化である。

脊髄炎における神経障害のデビューは、運動ニューロンの細胞質におけるNisslの色素親和性物質の破壊によって誘発され、特殊色素で神経組織を染色する方法によって検出することができる。 その後、核の破壊が観察され、これはニューロンにおける修復過程の侵害を伴う。 神経要素の破壊後、腐敗生成物が残っており、マクロファージによって利用され、それによって一般的な血流に落ちる。 神経組織欠損の組織化は、増殖反応である星状膠細胞の増殖にあり、グリア瘢痕の形成には約3ヶ月を要する。

内臓の病態形態の変化は浮腫、出血の特定、出血、小巣壊死によるものであり、急性感染症は中枢神経系の構造に局在する主要な病態形態として一般的な感染病理と考えられている。

ポリオの症状と徴候

感染症を遂行する特定の臨床症状の蔓延に応じて、ポリオをいくつかの臨床形態に分けることが一般的である。

ポリオの疫学的伝染の危険性に関する最も危険な臨床形態は無症候性である。 このコースの変種は、患者の健康に何らかの外乱の出現を伴わず、同時に、感染源として作用してウイルスを長期間環境に広げることができます。

ポリオの不完全な形態では、呼吸器疾患の発症、消化管の病変の症状および神経学的症状の完全な欠如により明らかにされる、疾患の短期臨床像の発達。 上記の症状の発症に関連して、ポリオの不完全な形態は「内臓」とも呼ばれる。

ウイルスが脳および脊髄ならびに神経根を包むと、臨床的症状は漿液性髄膜炎または髄膜外炎と類似している、いわゆる非麻痺(髄膜)の臨床徴候を発症する。 ポリオの臨床的症例はどの年齢でも出現する可能性があるが、小児科では最大発生率が観察される。

ポリオ髄膜漿液性髄膜炎のデビューは、常に鋭敏であり、2つの塊の性質の急激な顕熱反応から始まります。 初期のペース麻痺期は3日間であり、患者は拡散性、鼻水、咳、喉の充血、および一部の患者では便秘および下痢の形態の胃腸障害のわずかな頭痛が心配される。 無月経の期間も3日であり、その後、激しい髄膜徴候の出現を伴う発熱の繰り返し発生が注目される。

髄膜炎の場合、髄膜炎は他の起源の髄膜炎で観察される重度の頭痛や嘔吐の出現を特徴としない。 退行期には、患者は進行性の衰弱、眠気を心配している。 髄膜の徴候の重篤さにもかかわらず、この臨床的形態のポリオ髄膜炎は非常に有利であり、神経学的欠損を発症することなく患者の完全な回復で終わる。

ポリオの麻痺形態の特徴的な古典的変異体の発症は、症例の2〜3%でしか観察されないが、この変種は患者の健康への負の影響に関して最も重い。 麻痺の形態の麻痺は、神経科医と感染症の専門家によってコースのいくつかの変種に分類され、この部門の基礎は病理形態学的原理によって決定される。

麻痺の形態の麻痺状態のウイルスの潜伏期間は12日以内であり、中程度に発現された非特異的中毒徴候が、亜熱帯発熱、上気道のカタル、および軽度の下痢症の発症を引き起こす可能性がある。 麻痺状態の脊髄炎における神経学的障害の発達は段階的に起こる。

麻痺の予備段階は、体温が急激に上昇し、体温が急激に上昇するという特徴があります。 中枢神経系の構造への病原体の浸透の瞬間に、繰り返される発熱反応が認められ、呼吸器官の部分および経路および消化管の部分にカタラーム変化が現れる。 この段階での脊髄炎の発症時の神経症状は最小限であり、皮膚の過敏症、一般的な多汗症 、根刺激の徴候、眠気、気分の落ち込みによって現れる。 ポリオの準備段階の期間は3日を超えない。

将来的には、麻痺の発症により体温が上昇し、夜間や早朝に観察されることが最も多い。 多発性麻痺の発症は、特に脊髄の形態をとる、脊髄炎の特徴である。

球状フォームの麻疹は、ウイルスが咽頭、軟口蓋および喉頭の筋肉フレームに感染したときに発生し、嚥下障害、失調症および構内障害の侵害によって現れる。 このポリオ変異体は、最も深刻であり、しばしば血行動態および呼吸器疾患の急速な発達のために致死的に終了する。

ポリオに罹患した患者の外観、顔面の筋肉の麻痺は、顔面神経の核の衰え、橋の形態の発達とともに現れる。

麻痺は主に末梢型に発症するため、麻痺、失禁および萎縮の発生が伴い、麻痺後7日以内にその出現が観察される。

麻痺段階の平均持続時間は10日であり、その後回復期が始まり、これは非対称である麻痺した筋肉の運動活動の再生によって特徴付けられる。 運動機能の回復率は、脊髄および脳の運動ニューロンにおける有機障害の重篤度に直接依存するため、回復期間は数年に達する可能性がある。 回復過程は最初の5ヶ月間に最も顕著であるが、すべての状況が麻痺の完全な軽減を達成できるとは限らないことに留意すべきである。

ポリオの回復期の完了後、個々の筋肉の様々な麻痺および麻痺によって特徴付けられる疾患の残存段階の発症、ならびに変形の発症、骨の拘縮。 ポリオ撲滅による骨組織の病理学的変化は、顕著な骨粗鬆症の変化を示す。 さらに、疾患の残存段階において、患者は、 チアノーゼによって示される自律神経系の顕著な機能不全、皮膚温度の低下および発汗の増加を発症する。

ポリオの診断

残念なことに、流行経路以外の麻痺のない形態のポリオの検証は不可能である。 髄膜炎の髄膜形態の臨床経過は、まず漿液性髄膜炎、特に結核の他の病因の変種と区別されなければならない。 この状況における信頼できる診断は、リンパ球および多形核細胞症の出現である、タンパク質含量のレベルの増加である脳脊髄液の検査分析を行う場合にのみ確立される。 ポリオ髄膜炎の最も信頼性の高い検査室の指標は、CSFの糖含量の変化がないことであり、 結核はこの指標の著しい低下を特徴とする。

詳細な臨床症状の段階における麻痺の形態の麻痺は、確認に困難を生じない。 したがって、脊髄炎の主要な病状判定基準には、急性発熱、弛緩性麻痺の急速な発達、ならびにその非対称性が含まれ、上肢および下肢の近位部の主な病変が含まれる。

脊髄炎における筋痛と知覚過敏との間の主な違いは、その拡散性であり、例えば、急性リウマチ発作および骨髄炎では 、局所筋痛が発生する。

急性脊髄炎が高齢の小児集団に初めて出現する状況では、麻痺の発達とともに遠位四肢の全ての感受性の障害の出現に典型的であるギラン・バレー多発性筋炎の鑑別診断を行う必要がある。 この臨床マーカーは急性脊髄炎では認められない。 さらに、ギラン・バレー多発性筋炎の特徴的な特徴は、脊髄炎では観察されないCSF中のタンパク質含量の上昇を検出することである。

残留性脊髄炎に罹患している患者との一次接触時には、末梢神経系の運動ニューロンの損傷を特徴とする筋障害などの病態を排除すべきである。 この状況での診断における基本的な瞬間は、思いがけないデータの慎重な収集であり、また、心筋梗塞を特徴付ける感受性障害の完全な欠如である。

脊髄炎に罹患した患者の脳脊髄液の研究では、色または透明障害はないが、混合型、 リンパ球増加および好中球増加症(タンパク質含量の中程度の増加)によって腹腔内感染症を検出することができる。 また、脊髄穿刺の実施において、CSFの流出は、ポリオの特徴的な検査室の兆候に起因する圧力の下で生じることも注目に値する。

ポリオの治療

ポリオの治療の1つまたは別の方法の選択は、疾患発症の段階だけでなく、その臨床形態にも直接依存する。 軽度の臨床症状であっても、患者は、麻痺の発症を防ぐために、義務的な厳しい寝床拘束の感染プロファイルを有する病院で治療されるべきである。 さらに、寝床は、肢の拘縮および変形の可能性を防ぐことを目的とした整形外科の勧告に従うことと組み合わせるべきである。

感染症の病理と同様に、脊髄炎には、患者の体重1kgあたり5mlのガンマグロブリンを筋肉内注射することによって矯正する必要があります。

さらに、MAハザノフ(MA Khazanov)の技術は、20日間の溶血療法を意味し、広く使用されていました。 したがって、父または母親は5〜30mlの容量の静脈血サンプルを採取し、その後、同じ体積の子供に筋肉内注射を施す。 神経周囲空間の浮腫を阻止する目的で、ポリオの複雑な治療には脱水療法の適切な計画が必ず含まれなければならない。

ポリオのためのビタミン療法は、疾患の初日から実施すべきであり、0.25ml、アスコルビン酸の5%溶液、非経口的に2mlのシアンコバラミンを200mcgの用量で0.25%の用量の0.25%塩化チアミン溶液の非経口投与を意味する。 バルアル形態のポリオの発症の徴候が患者に存在することは、心臓病薬、呼吸器麻痺薬、および場合によっては人工呼吸器の任命の基礎となる。

麻痺状態の麻痺状態の回復期には、筋・内伝導刺激用の作用を有する抗コリンエステラーゼ剤を薬物治療に補充する必要がある(Dibazol、1ml筋肉内、0.05%プロゼリン溶液1ml皮下、Nivalin 15mg経口的に)。 ポリオの細菌性合併症の徴候がある場合、広範囲の作用を有する抗菌薬を使用すべきである。

パラダイムが完全に安定し、患者の全体的な健康状態が改善されれば、麻痺前期の直後に、ポリオの生理学的プロフィールの手順を患者に与えるべきである。 この状況で最も普及しているのは、脊髄の患部の横方向のジアテルミー、パラフィン適用、UHFです。 回復期には、治療マッサージ、理学療法練習、影響を受けた筋肉の電気刺激に特別の注意を払う必要があり、その作用は筋肉の不可逆的変化の発症を防ぐことを目的としている。

麻痺状態の麻痺の回復期間が終了した後、患者は、Evpatoria、Odessa、Anapa、Sakの領域で療養所とスパトリートメントの通路が示されます。 この期間に、患者には泥、硫酸、海水浴の使用が示される。 ポリオの残存期間は終末であり、保守的および手術的矯正方法の両方を用いて整形外科開業医によって患者の生涯にわたる動的観察を実施することを意味する。

ポリオに対するワクチン

ポリオの具体的な効果的な予防の基礎は、不活化ワクチンの使用であり、その活動は主にその病気の発症を予防することを目的としています。

統計によると、1916年に米国で6,000人の麻疹の死亡が報告され、残りの病気の合併症は2万7000人であった。 1950年代には、急性脊髄炎の最大発生率が認められ、1955年までワクチンは開発されなかった。 ワクチン接種の有効性は、1960年に目立つようになり、その年には3000件しか登録されなかった。 1979年に急性脊髄炎の発生率が急激に減少した。

過去20年にわたり、世界の人々の間で急性脊髄症の記録例はなく、同時に、この危険な感染症の流行の可能性は、感染症によって排除されていません。 これらのデータを考慮すると、世界中のさまざまな国でポリオワクチン接種がまだ使用されています。

ポリオワクチンの投与に好ましい場所は、上肢または下肢の筋肉量である。 感染者には、ポリオワクチンと他のタイプのワクチンを組み合わせる可能性がある。

好ましくは幼児期にポリオに対する予防接種を受ける。 ワクチンの最初の投与量は、生後3カ月の時点で小児に投与し、その後1ヶ月後にもう1回投与するべきである。 ポリオワクチンの3回目の投与は、6ヵ月から1ヵ月半までの間に児童に投与され、最後の服用量は、児童の6歳までに入力する必要があります。

成人集団の場合、ポリオに対する強制ワクチン接種は適用されない。 同時に、ワクチンを投与する必要がある感染症施設の観光客、研究室のアシスタント、医療スタッフなど、ポリオウイルスに感染する可能性のあるリスクが増加しています。

成人カテゴリーのワクチン接種の実施も段階的に実施される。 初回投与はいつでも実施することができ、初回投与後1カ月以内に反復ワクチン接種を繰り返すべきであり、ポリオワクチンの最終導入は1年後に行うべきである。

現在、ポリオに対する2種類のポリオワクチンしか存在しません。 筋肉内注射には「不活性化麻薬炎」が使用され、経口投与用にはポリオワクチンが使用されます。 ポリオに対するこれらのワクチンの効果は、患者の身体における適切な特異的免疫応答の形成である。 ポリオ撲滅のための経口ワクチンを指定する際には、それだけで致死的な病気の急性期の発症を誘発する可能性があることを常に覚えておく必要があります。 そのような状況では、患者は「ワクチン関連灰白炎」と診断される。 ワクチンを注射するためにポリオワクチンを使用することがより好ましく、いかなる場合でもこの病気の発症を引き起こす可能性がある。 ポリオのワクチン接種を受けていない子供は、他の人に脅威を与えます。なぜなら、それはウイルスキャリアとして働くことができ、それによって感染の広がりに貢献するからです。

ポリオ予防接種の使用に関する絶対禁忌には、抗生物質ネオマイシン、ストレプトマイシンまたはポリミキシンBの投与に対する顕著なアレルギー反応の登録が含まれる。

ポリオ後の結果と合併症

各患者における様々な神経機能不全の回復期間は、広範囲の時間にわたって変化し得る。 当初、罹患していない筋肉繊維に活動的な運動機能を回復させ、その後に他の筋肉群に広げる。 運動ニューロンの完全な死によって引き起こされた筋肉の深い敗北により、運動の回復はまったく起こらないことがある。 ほとんどの場合、ポリオに罹患した患者の運動機能の完全回復は、1.5年後にのみ観察されるが、場合によっては回復期間に数十年かかることもある。

複雑なポリオの場合、永続的な麻痺や麻痺が発生します。麻痺は何年も経っても回復しない傾向があり、生涯にわたる残存現象が形成されます。 麻痺の臨床形態のポリオの場合、回復期間は中毒症状および疼痛症候群の軽減から始まる。 麻痺状態の麻痺は、有害な経過および運動機能の回復の遅延を特徴とする。 長い間、患者は筋緊張の低下、失禁、および萎縮を有する。 筋繊維の緊張と栄養の回復が非対称かつ不均一に起こるという事実を考慮して、湾曲、変形および拘縮の形成のための条件が作り出される。 さらに、患肢の骨成長が遅くなり、跛行の発症を引き起こす。

関節の拘縮は、慣習的な転位、胸部および腰椎の麻痺性の湾曲、足の変形、内反足を発症する傾向と同様に、それらの運動量の制限の形で現れる。

髄膜炎の致命的結果は、主に重度の血行力学的および呼吸器系疾患の発症を中心に非常にまれです。

ポリオの予防

ポリオ予防の有効性は、衛生的および衛生的対策と積極的な予防接種の組み合わせを使用することによってのみ達成できます。 ポリオのすべての症例は、臨床症状が流れやすい条件であっても、伝染病の伝播が起こりやすい感染症の登録簿に必ず登録する必要があります。 人々の間でのウイルスの拡散が非常に早く起こり、病原体が人体に関連して病原性を長期間保存することができるので、ポリオの散発的な流行が流行を引き起こす可能性があることに留意すべきである。

衛生的で衛生的な措置の目的は、ポリオの可能性を防ぐことであり、40日間の隔離措置を遵守して、専門の感染部門の病人の入院を即時に行うことである。 定期的に消毒する必要がある個別の食器、衣類、個人用アイテムを患者に提供する必要があります。 子どもが小児麻痺で病気になった人と緊密に接触していた状況では、20日間、子供の施設や組織団体への訪問を制限する必要があります。

異なる年齢層の人々に対する特定の能動免疫化は、不活性化ワクチンが使用された1953年にのみ適用され始めた。 その後、Sabinはそのような予防接種の効果がないことを証明し、ポリオウイルスの人工的に弱体化した株から作られたポリオ感染の予防のための生ワクチンの使用を提案した。

経口投与のための生存ポリオワクチンは、その使用の容易さおよび特定のポリオ髄炎免疫応答の発症の有効性のために広く使用されている。 ワクチン接種は3回実施される。 ポリオワクチン接種を受けていない子供は、一生を通して持続するマイナスの結果を示す重度の感染症に罹患する危険性があります。

? ポリオ - 医者は助けますか? ポリオの発症が疑われる場合や疑われる場合は、感染症専門医である神経科医などの医師にすぐに相談してください。