早産


преждевременные роды фото 早産は、最終月経の最初の日から数えて、妊娠22週目から開始して37週までの期間から開始されます。

22週目および27週目までの女性の妊娠の自発的終了は別のカテゴリーに分類され、早産には適用されない。

新生児の分類は、出生時の体重に依存する。

最大2500グラムの体重で生まれた子供は、出生体重が減少した胎児とみなされます。 1500グラムまでの重量は、体重が非常に少ない果物です。 1000グラムまでの質量で、体重が極めて低い果物です。 この区分は新生児群の異なる予測と関連している。

極低体重で生まれた新生児では、中枢神経系の持続的な違反、様々な神経学的障害、ならびに呼吸器、泌尿生殖器、消化器系の機能不全の障害が最も頻繁にある。 明確な視覚および聴覚の障害。

すべての出生からの早産の頻度は10%までで、妊娠の点で異なります。 и по 28 неделю беременности – это до 7% от всех случаев преждевременного появления на свет, а на сроке с 29 по 34 неделю беременности – это до 40 % от всех случаев преждевременного рождения, а во время 34 недели и по 37 неделю беременности – это до 53 % от всех случаев преждевременного появления на свет. 妊娠22週および妊娠 28週では、早産のすべての症例の7%までであり、妊娠 29 から34週の期間では早産のすべての症例の40%までであり、34週およびそれ以降妊娠37週 - 早産のすべての症例の53%までです。

早産の原因

早産の原因は、早期羊水の漏出にある。 パーセンテージで言えば、これはすべての時期尚早配達の38%です。 次の理由は、すべての早産の30%から、胎児の子宮内感染だけでなく、周産期の罹患率の高い発生率である。 病原体の感染病因および先天的病理の先天性遺伝は、妊娠の終結につながる。 生殖器の状況や感染症、ホルモン障害、止血系の妊婦への違反、肥満女性の脂質代謝を悪化させます。 , артериа́льная гиперте́нзия (гипертония), анемия, заболевания сердца, болезнь Альцгеймера , перенесенная вирусная инфекция, истмико – цервикальная недостаточность, имеющиеся ранее у женщины в анамнезе преждевременные роды, различные пороки развития матки, миомы, многоплодная беременность, многоводие, макросомия при сахар 妊娠の望ましくない結果の脅威の他の原因は、 甲状腺機能亢進症 、高血圧(高血圧)、貧血、心臓病、 アルツハイマー病 、ウイルス感染、イーストミコなどの病気だけでなく、社会経済的、職業的災害、薬物中毒および喫煙虐待 - 子宮頸部不全、以前は女性の早産の病歴、子宮の様々な奇形、子宮筋腫、多発性妊娠、多汗症、巨人症、砂糖 オム糖尿病、妊娠中の手術、子宮や怪我の傷跡、腹腔内の出血、食中毒、急性虫垂炎。

早期分娩の分類は確立されていないが、以下の間隔が区別される:

これは22〜27週です

28 - 33週

妊娠34〜37週

: 早産の仕組みは次のとおりです。

- 社会的適応

- 人為的に誘発された原因

- 医療上の徴候

医学的兆候によると、期間に関係なく、妊娠の実際の終了は、妊娠だけでなく、出産が女性の健康に害を及ぼし、彼女の人生への脅威となり、胎児発達の異常が明らかになった場合。 これらの適応症は、適切なプロファイルの医師と共に、主治医である産科医 - 婦人科医によって個人的に確立される。 このために、女性は医療委員会が検討する声明を書いています。

妊娠中の女性が親権を剥奪されたとの裁判所判決がある場合、社会的証言は22週間で妊娠の終了に影響を及ぼし、女性が自由を奪われ、この妊娠がレイプの結果であった場合、夫の第一および第二のグループの障害、ならびに妊娠中に死亡した。

: 早産の段階

- 早産の脅威

- 早産開始

早産

早産の徴候

症状は普通の出生と少し異なります。 この女性は、排尿が急速になり、視覚的には、胎児の提示部分の低い位置が生殖器官から視覚的に目立ち、一定の排出になる。 割り当てが豊富である場合、妊婦では腹部の容積が減少し、VDMが減少する(子宮の底の高さ)

早産症状

これは、主に、子宮の緊張が高まり、下腹部および腰部の痛みを増加させることである。 女性は膣に吐き気を吐き、悪心があります。 絨毛膜炎の病気があるとき、絨毛膜および羊膜の胎児膜が炎症を起こすと、体は寒さおよび体温の上昇に反応する

早産

治療には、超音波が投与される妊娠22週目の病理学部門での即時入院が含まれる。 その目的は、妊娠期間および胎児の質量の正確な定義だけでなく、研究にもなります。 これは、産科活動の正しい展開の採用に必要です。 超音波は、子宮頸管自体の変化のダイナミクスを発見することを可能にし、これは膣分泌物を減少させ、女性の感染リスクを低下させる。 PPRSでは、彼らはAH指数(羊水)の超音波評価を行い、妊娠延長の是非を決定する。 現在のところ、PRPOでは、女性が持つ時間が短いほど好ましい結果が得られることが多い。 したがって、待っている態度を守ってください。 子宮が肥厚していることが判明した場合は、胎盤の剥離を排除するために超音波検査を行う必要があります。 長期にわたる脅威の場合、CTG(cardiotocography)を行う必要があり、胎盤と胎児の血流を調べるために、胎児の状態を評価し、ドップラーメトリーを行うことができます。

薬物治療には、対症療法および鎮静療法と同様に、タクロリック療法(子宮の収縮の抑制のために薬物のトコリシスが行われる)が含まれる。

早産の脅威の兆候が解消された後、女性は病理学の部門に留まり、更なる治療を受けます。 絨毛膜炎の徴候がある場合、女性は産科病院の産科病棟に入院する。

患者は、安静、感情的、性的および肉体的な休息を示す。 理学療法には、マグネシウム電気泳動、鍼灸、電気痛覚過敏またはエレクトロスリープ

早産の予防

肺胞の界面活性剤の成熟を可能にするグルココルチコイドによって、25ヵ月間34週間の脅威を有する全ての女性が予防されている。 34週間後、RDS(呼吸窮迫症候群)の予防は行われない。 早産を避ける方法と避ける方法 女性は感情的な休息、睡眠、肯定的な感情を推奨し、脅威の症状の場合は直ちに救急車を呼ぶ

早産の管理

産科医 - 婦人科医は早産児の誕生の時期に先立って新生児学者にアドバイスし、その間にインキュベーターを準備し、酸素を供給し、下着を暖め、蘇生のための医療機器および医薬品の入手可能性をチェックする。 新生児学者は子供の出生時に出席しなければならず、新生児に蘇生援助を提供しなければならない。

正常な分娩の過程で、適切な鎮痛が行われる - 硬膜外鎮痛。 最初の労働時間の主な任務は、急速な電流の回避であり、したがって未熟児の怪我の予防である。 急速な流れの場合には、静注薬を静脈内に滴下する。 トキソリシスは3時間まで持続し、子宮頸が9cmまで開かれたときに取り消されます。これは出生の約40分前です。

労働活動が弱い場合は、それを刺激する。 最も効果的な方法は、オキシトシンの使用と塩化ナトリウムの溶液とを組み合わせたものである。 第2期の軽度の労働では、オキシトシンを導入し続ける。 Kristeller法の適用 - 母親の子宮から手で子どもを押し出すことは禁忌であり、産科用鉗子の使用は34週間から許容される。 配送自体はきちんとして慎重でなければなりません。

硬膜外鎮痛の存在下でさえも、生殖器神経の遮断を提供する腹腔内麻酔は必須である。 硬膜外麻酔の時に、麻酔薬を脊髄の硬膜内に注入し、陰部麻酔をノボカイン溶液またはリドカイン溶液で投与する。 そして、会陰部 - 穿孔切開(直腸への直腸切開)または切開創(直腸の側で切開)の解剖の問題は、妊娠週に応じて医師によって決定される。 より短い期間で、会陰切開が推奨される。

子供の骨盤の骨盤の提示の場合は、帝王切開を行うことをお勧めしますが、女性が拒否した場合は、生殖を生殖麻酔と穿孔術で自然に行うことができます。 出生後、赤ちゃんを降ろすことや、過血液量の低下のために子宮の水準を下げることは勧められません。 パン粉を取るための温かいおむつを準備する。 臍帯の脈動を止めた後、彼らは分離を行い、その前に彼らは気道の粘液からの放出に従事している。 しかし、私はそれにもかかわらず、世界で最も控えめな子供の姿は胎児そのものにあることに気付きたい。

このトピックの他の記事:

4. Роды ребенка 1. 女性の妊娠 4. 出産

5. Послеродовая депрессия 2. 妊娠のすべての週 5. 産後うつ病

6. Послеродовой период у женщин 3. 子宮外妊娠 6. 女性の産後期