ポリオに対するワクチン接種

фото прививки от полиомиелита ポリオからのワクチン接種は、集団の様々な部分の間で病気が広がるのを防ぐ最も効果的な方法の1つであり、 ポリオが生涯重い負 人間の健康への影響に及ぼす影響。

ポリオコントロールの有効な方法としてのワクチン接種の開発の創始者は、1947年以来、ピッツバーグ大学のウイルス学研究室を率いてきたアメリカの医師および微生物学者のジョナスサルクです。 彼の科学的研究のほとんどは、ポリオに対するワクチンの開発に専念している。 1952年にのみ、以前はサルの腎実質の培養上で栽培された3種類のポリオウイルスを合成することに成功した。 ワクチン開発の主な難点は、ウイルスを完全に殺すのではなく、予防接種した人がその病気に対して免疫を発症し、症状がないように不活性化する必要があるということでした。 このように、1953年にポリオに対する最初のワクチン接種が行われ、アメリカ連合医学雑誌に科学論文が掲載された。

ポリオに対するワクチンの大量配布は、1954年4月にのみ受け入れられました。アメリカのどこからでも学校に通院することができました。 当時、多くの子どもたちがポリオワクチンへの否定的反応を起こしました。これは、この病気の臨床的徴候の出現にあります。 この事実と最初に報告された死亡例の出現は、両親がポリオ予防接種を正式に拒否し始めた理由です。 この期間中のポリオに対するワクチン接種後の合併症は、ウイルスの不完全な不活性化によるものであった。 その年後半、多くの研究所では、専門家がワクチンの改良を行い、その後、他の国で適用された米国でポリオ予防接種の強制スケジュールが確立されました。

2年後、アメリカの微生物学者、アルバート・セイビン(Albert Sabin)は、ポリオに対するワクチン接種に使用された生存経口ワクチンを開発しました。 この免疫方法のレビューは、最初は感染症と免疫された子供の両親から陰性であった。 1963年の生存経口ワクチンのみが、ポリオに対するワクチン接種スケジュールに正式に含まれていました。

ポリオの接種をするかどうか

現在のところ、 ポリオ撲滅は希少な感染病理に属すると認識されていますが、世界中の伝染病は満場一致であり、十分な予防がなされていないため、流行過程の発達により急速に広がる傾向があります。 2015年には、多くの両親がポリオに対する予防接種を正式に拒否しているという事実のために、ヨーロッパ諸国の地域でいくつかの症例が報告されています。 このような状況では、病気は60日まで続く弛緩性麻痺の形で進行した。 予防接種を拒否するすべての両親は、ポリオ予防接種後の合併症が5%の症例でしか発生せず、致命的な結果が出現するまで、その病気そのものの結果は非常に深刻なものであることを考慮する必要があります。 そのような高いパーセンテージの死亡率は、球柱形態の疾患の支配的な広がりによるものである。 もちろん、ポリクローン病患者では、生涯にわたる持続的な免疫機構が発達し、この疾患の発症が繰り返される可能性を防ぐことができます。

この病理学のために、感染症の専門家が今日までの薬物治療の効果的なスキームを開発していないという事実を考慮すると、重大な結果を防ぐ唯一の方法は、ポリオに対するワクチン接種です。 原則として、ポリオワクチン接種を受けた小児の親からのレビューは陽性である。

専門家の最新の勧告によれば、子供は段階的にポリオ予防接種を受けなければならない(2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月、1年半、6年、14年)。 このようなポリオワクチン接種が観察されれば、幼い頃から安定した早期生存免疫系が形成され、いかなる場合でもその病気の臨床像が発達することはない。

ポリオに対するワクチン接種の措置

現在、子供の予防接種に積極的に使用されている様々なタイプのワクチンは、各ワクチンの専門家によって考慮されなければならない特定の免疫応答の形成に根本的な違いがあります。 したがって、経口脊髄炎ワクチンはピンク色の液体であり、不快な苦味を有する。

ポリオに対するこのワクチンの投与の唯一の可能な方法は、経口の形で滴剤である。 若年層の子供は、咽頭のリンパ組織のためにワクチンを掘り起こす必要があり、高齢の子供にワクチンを接種するときは、白癬の扁桃の表面にワクチンの有効成分を取り入れる必要があります。 人体のこれらの部分では、続いて一次免疫反応が形成される。 生ワクチンが咽頭粘膜にではなく舌の表面に落ちる状況では、過剰な唾液分泌によって子供が誘発され、その結果、活性物質が胃の腔で飲み込まれて破壊される。 この場合、予防接種の有効性はごくわずかです。

経口生ワクチンでワクチン接種を行うには、特別な使い捨てのプラスチックドロッパーまたは針を使わない使い捨てシリンジを使用する必要があります。 ワクチン接種に使用される用量は、製剤中の活性物質の濃度に基づいて計算され、2〜4滴である。 ワクチン接種後、子供は消化液の影響下で体内でワクチンが破壊されるのを避けるために飲むことは絶対にしないでください。

数日後にワクチン接種された子供の一部は、経口生ワクチンを用いてポリオに対するワクチン接種後に亜熱帯気温を経験するかもしれない。 幼児は、医学的矯正を必要としない、最大2日間の便の増加の形でポリオワクチンに対する反応を発症する可能性がある。 上記の症状は、複雑なワクチン接種を指すものではありません。

摂取後、経口生ポリオワクチンは、免疫されている人の腸の内腔に長時間にわたって活性を維持する。 この期間には、腸の粘膜だけでなく、子供の血液中にも抗体の能動的な合成が存在する。 ポリオの疫学的に安全でない領域では、ポリオ免疫の分泌段階を積極的に刺激して感染を防ぐため、出生直後にワクチンを投与する。 さらに、実験室では、ポリオワクチンがインターフェロン産生に及ぼす刺激効果が証明され、これは他の呼吸器感染症による子どものさらなる保護の発展に寄与する。

ポリオに対するワクチン接種のもう一つの選択肢は、液体として入手可能な不活性化ポリオワクチンの使用であり、これはそれぞれ0.5mlを含む特別なシリンジに包装されている。 半年毎に、このワクチンは、臀部または肩の投影において筋肉内に子供に投与され、これは子供の摂食行動にさらなる制限を必要としない。

一部の小児にワクチンを導入すると、局所的な反応(局所的腫脹および充血)の発生が伴う。 予防接種を受けた小児のわずか4%が、数日間ポリオ予防接種を受けた後、熱を経験します。

不活性化されたポリオワクチンの導入後、子供は腸粘膜における免疫の分泌段階の徴候なしに循環血液中に抗体を発生させ、これは否定できない欠点である。 同時に、不活性化ワクチンの使用によるワクチン接種は、いかなる状況においても、免疫不全の小児に適用することを可能にするワクチン関連灰白炎を産生することはできない。

ポリオに対する予防接種の禁忌

ポリオワクチンの実施に対する禁忌の定義に関する感染症専門家の公式な進展がある。 したがって、子供は、感染病理だけでなく体性の病気の急性経過の兆候の存在下で、予防接種を絶対に反対している。 このような状況では、完全な寛解期間を待ってから予防接種に進む必要があります。

子供におけるアレルギー反応の存在は、活性化アレルギー反応の発生のためのプロボーカーとして作用することができないので、不活性化された抗ポリオワクチンの使用によるワクチン接種の制限ではない。 しかし、この状況では、生ワクチンを使用してワクチン接種を実施することは絶対に反対である。

免疫系の構造に影響を及ぼし、重度の形態で起こる疾患は、ポリオに対するワクチン接種の禁忌である。 同時に、寛解期の腫瘍学的疾患ではない重度の免疫不全形態は、不活性化されたポリオワクチンの使用に対する禁忌ではありません。 子どもの両親には、ワクチン接種のタイミング、ならびに可能性のある胚後抗原反応が知らされなければならない。 ワクチンの直接投与前の各小児は、予防接種のための医学的禁忌の存在について、小児科医によって完全に検査されるべきである。 さらに、ポリオワクチン接種後、この期間中に重度のワクチン接種後反応を起こすリスクがあるため、小児科医の両親と一緒に小児科医の治療を受ける必要があります。

ポリオに対するワクチン接種の結果

ポリオワクチン接種の場合、すべての医療従事者と親は、いかなるワクチンも重大な結果を招くことのない身体反応の発達を誘発する可能性があることを認識しなければなりません。 生ワクチンの導入には、子供の体からの型特異的反応の発生が伴うが、不活化ワクチンの使用後のすべての胚後反応は同じである。 ヒトの健康に重大な障害をもたらす重篤な術後ワクチン接種の状況では、「合併後合併症」という用語を用いるべきである。

ポリオに対するワクチン接種後の局所反応は、不活化ワクチンの使用により発生し、その導入部位に直接局在する。 最初の日にポリオに対するワクチン接種後の非特異的局所反応の出現が観察され、限られた充血および軟部組織の腫脹、局所痛みが発生する。 これらの局所反応の持続時間は数日間の平均であり、いかなる薬物の使用も必要としない。 ポリオワクチン接種後の小児が、8cm以上の充血および5cm以上の軟組織の腫脹の形で顕著な局所反応の発症を認めた場合、その後のワクチン接種は行われない。

ポリオに対するワクチン接種の一般的な反応は、健康だけでなく、子供の行動にも変化が現れ、その中で短い亜熱帯状態が最もよく現れる。 不活性化ポリオワクチンの導入後、数時間後に一般的な反応の進行が観察され、期間は最長2日間である。 発熱がより顕著で激しい状況では、子供は夜の睡眠障害、筋肉痛の訴えをすることができます。

弱い一般的なワクチン接種後の反応は、中毒の発症を伴わない子どもの亜熱帯気温の出現にあるが、強い反応は、より顕著な温度上昇および中毒症状の出現である。 麻疹ワクチン接種後の麻薬服用後の一般的な反応の使用は、著しい中毒症候群のみで起こり、症候性薬物の使用であるべきである。

先天性免疫不全を有する乳児のワクチン関連脊髄炎のようなポリオワクチン接種のこのような合併症の発生率は、同年齢の免疫適格子供のそれよりもはるかに高い。 この事実を考慮して、感染症と免疫学者は、不活化ワクチンを用いて、脊髄炎から3〜4ヶ月のワクチン接種を行うべきであるという共同決定を下した。

子供の免疫系が破壊されている場合、弱毒化したリビングウィルスが体内に導入された後でなければ、小児におけるワクチン関連ポリオの発生は不可能になります。 子どもが免疫不全の徴候を持たない状況では、ポリオに対する予防接種は、自分の健康状態の変化を引き起こさない。

さらに、ワクチン接種合併症の変種であるワクチン関連脊髄炎の発症は、体内に導入されたウイルスの自発的突然変異とその後の病原性の獲得によって可能になる。 生存経口ワクチンの使用によるポリオに対する予防接種後、免疫系の機能不全に苦しんでいる人は2ヶ月間危険であることを忘れないでください。

ワクチン接種後4〜30日目にこの病気の最初の臨床症状の出現が見られる状況で、「ワクチン関連腸性脊髄炎」の確実な診断を確立することが可能である。 ほとんどの場合、弛緩性麻痺の出現は感情障害を伴わない。 ワクチン関連脊髄炎を有する患者の検査室検査では、ウイルスのワクチン株を検出することができる。 重度の症例では、この合併症は長年にわたり持続し、筋緊張の回復は完全には起こらない。

乳児におけるワクチン関連ポリオの特徴は無症状の経過であり、腸感染症に罹患する傾向がある。 この病理学の致命的結果は5%以下であり、その発症は呼吸筋の麻痺によって引き起こされる。

ポリオワクチン接種後の人の健康状態の変化を検出することは、必ずしもワクチン接種後の合併症とみなされるべきではない。 予防接種後の合併症や否定的な反応の発症を避けるためには、予防接種後の早期に予防接種を受けた者を動的に監視することを含む、すべてのポリオワクチン実施規則を遵守する必要があります。 生ワクチンを使用する場合、ワクチン接種後の子供は、アレルギー性の食物を食べるように制限する必要があります。 例えば、学校や幼稚園への入学後、新組織の子供集団への訪問のような、子供のいわゆる適応期間では、ポリオ予防接種をしてはならない。この時期には、微生物フローラとウイルスとの大量交換が行われている。体の状況

免疫学者は、春から夏にかけて小児の髄膜炎に対して大量の予防接種を行うことは、予防接種後の合併症の発症を伴うことは少ないという事実を証明している。 冬期には、生ワクチンを用いたポリオに対するワクチン接種は、この期間に免疫装置の正常な機能を破壊する様々な感染病変の発生率が高いため、非常に望ましくない。 最近の科学的研究は、ポリオ予防接種の好ましい時期が早朝であることを証明しており、これは子供の身体の毎日の生物学的リズムの特徴に基づいている。

ポリオワクチン接種を含む様々なワクチン接種の個々のカレンダーは、歴史の歴史を持つ子供のためにのみ開発されています。 公式の予防接種スケジュールは、州レベルの専門家によって作成され、予防接種の成果に関する新しいデータに基づいて絶えず見直されています。 さらに、ワクチン接種後の合併症の予防の予防として、厳密な用量登録とワクチン接種のスケジュールを念頭に置いたワクチン接種条件を慎重に遵守することが検討されるべきである。