気管支炎の予防と治療


人間の呼吸器系では、おそらく気管支が最も重要な場所の1つを占めています。 毎日彼らは約15,000リットルの空気を自ら通過させます。 すべての気道と同様に、内部の気管支には粘膜があり、その機能は空気を湿らせ、小さな異物が肺に浸透するのを防ぎます。
気管支の粘膜であり、身体の防御が、空気中で捕獲された微生物によって引き起こされる炎症、または炎症の病巣(歯、鼻咽頭、副鼻腔)から生じる炎症と戦う場所である。 多くの場合、気管支の炎症は、ニコチン、花、アンモニア、塩素または硫黄誘導体の臭いからのアレルギー反応の結果として発生する。
大部分の他の疾患と同様に、気管支炎は急性型と慢性型の両方で起こりうる

症状

у больного наблюдается общее недомогание, появляется низкий грудной кашель, резко повышается температура (нередко до 39*). 急性気管支炎では、患者は全身倦怠感、低い胸部咳、温度の急激な上昇(しばしば39 *まで)を有する。 病気の最初の段階では、咳はしばしば乾燥し、スタッカートですが、徐々にぬれます。 急性気管支炎の経過は、合併症に負担をかけることなく、通常2〜3週間かかり、完全な回復をもって終了します。
является наблюдающийся в течении нескольких месяцев подряд на протяжении порядка двух лет хронический кашель. 慢性気管支炎の主な症状は、約2年間連続して数ヶ月にわたって観察された慢性咳嗽である。 咳そのものはぬれており、膿の痰が出て、朝は一番強い。 慢性気管支炎は大部分が成人に影響を与え、あらゆる種類の刺激性因子(タバコの煙、ほこりなど)の気管支への長時間の曝露の結果として、または急性気管支炎の数多くのエピソードの後に​​現れる。
長期的な経過とともに、適切な治療が行われなければ、慢性気管支炎は慢性閉塞性肺疾患

治療

больному приписывается усиленное питание, постельный или полупостельный режим, теплое обильное питье (настой липового цвета, настой малины, чай с медом или с малиновым вареньем), щелочные минеральные воды (обязательно подогретые). 急性気管支炎では、患者はダイエット、ベッドまたはハーフベッドレジーム、暖かい豊富な飲み物(石灰色の注入、ラズベリー注入、ハチミツまたはラズベリージャム付きのお茶)、アルカリ性ミネラルウォーター(必然的に加熱される)の増加に起因する。 急性気管支炎の経過中、喫煙は完全に放棄されるべきである。 患者がいる部屋は常に換気されている必要がありますが、その場所は必ず暖かくなければなりません。
気管支炎の最初の症状を抱えるほとんどの人が抗生物質を服用し始めます。 実際には、病気が血液中の炎症性変化を伴わず、かつ膿性痰がない場合、これらの薬剤は強力な副作用を有するため、使用を控える方がよい:免疫を低下させ、正常な腸内細菌叢を抑制する。 まず、パラセタモール、アスピリン、去痰薬(ハーブグラス、バナナの葉、ローズマリーの苗、母と義母の葉、象の根、アニスの果実)を試してみてください。
乾性咳の最も有効な薬物:
*テルピン水和物* - 1日に3回1-2錠を服用してください。
* Mukaltin * - 1-2錠(食事の前に常に)を1日3〜4回服用します。 通常の治療過程は約7〜10日です。
*ブロムヘキシン* - 2錠を1日3回服用します。 治療の経過は2〜3週間です。 皮膚発疹やかゆみの形で(時々発生する)アレルギー反応がある場合、薬を服用することを中止する必要があります。
* Pertussin * - 1日3回、大さじ1杯をとる。
これらの薬が救済をもたらさない場合は、咳反射(コデイン、ツププレックス、コードプテリン、リベックシン)を抑制するファンドが処方されています。
急性アレルギー性気管支炎の治療では、抗ヒスタミン薬(タベイル、ジアゾリン、サプラスチンなど)が用いられる。

должно быть комплексным, подобранным индивидуально для каждого конкретного пациента и что самое главное – непрерывным. 慢性気管支炎の治療は 、包括的で、個々の患者ごとに個別に選択され、最も重要なのは連続的でなければならない。 まず第一に、気管支炎の治療は、気管支の開存性を改善し、最適な免疫背景を回復させ、気管支に発生した炎症を排除することを目的とするべきである。 残念なことに、抗生物質は慢性気管支炎の治療に不可欠なツールです。 それらは、厳密に規定されたコースによって、そして痰から採取された微生物叢の感受性に関する分析結果の後にのみ規定される。 抗生物質と並行して、患者はまた、気管支拡張薬、去痰薬および粘液溶解薬

予防

まず、急性気管支炎を避けるためには、可能であれば喉から喉を保護する必要がありますが、ウォーキング時に過熱した場合、体が汗をかいてカタラーム病につながる可能性があるため、暖かく服を着る必要はありません。 また、気管支炎予防の同様に重要な要素は、特殊な方法によって行われる足と鼻咽頭の硬化である。