ARVIの予防

профилактика ОРВИ фото ARVIの予防とは、健康な人と呼吸器ウイルスとの接触を避け、免疫装置の機能を高めることを目的とした一連の措置です。 感染者は、ウイルス、古典的かつ標的とされた予防から保護することを目的とする全ての措置を区別する。

急性呼吸器ウイルス感染の古典的予防は、完全な幸福と病気の兆候がないことを背景に、免疫調節および抗ウイルス作用の準備の過程を意味する。 投薬を受けるのに最適な時期は、ARVIの発生率を高めることです。

目指す予防はまた、免疫刺激性および抗ウイルス作用の投薬を服用することを意味するが、既にARVIの徴候を有する人がいるときに。 SSRVの目撃の主な目的は、臨床症状の持続時間と強度を低下させるとともに、合併症のリスクを最小限に抑えることです。

小児におけるARVIの予防

残念なことに、ARVIの多生理学に起因する、任意のウイルス性疾患から子供を保護する普遍的な手段は存在しない。 しかし、この病気を発症するリスクを減らすことができる多くの活動があります。 これらの結果は、子供の体内へのウイルスの予防の使用、および感染に抵抗することを可能にする免疫装置を強化する方法によって達成することができる。

子供の年齢にSARSを発症するリスクには明確な依存があります。 したがって、新生児におけるARVIの予防は、母親がARIを有していなければ、母乳中に含まれる保護抗体の進入によって保証される。 現在のところ、母親のORVI疾患は、そのような状態では、子供が迅速な回復の機会が増えるため、母乳育児の中断の指標ではありません。

人工授乳中の新生児の間では、すでに早期からARVI疾患の予防が行われるべきであるという別の状況が観察される。

小児科医は、小児の体の個々の抵抗力を高めることを目的とした、ウイルスの発生源との接触を防止することを意味する、エキスパートにおける急性呼吸器感染症の予防手段と治療法に分けられる。

ARVIでは、主に感染源が唯一の病人であるため、健康な子供と接触しているARVI患者が多いほど、その病気を発症するリスクは高くなります。 家庭に加えて、子供との密接な接触は、幼稚園、学校、都市交通で観察することができるため、罹患率の増加の間、子供は多数の人々とのコミュニケーションから守られるべきです。

さらに、急性呼吸器ウイルス感染症の発生時には、ポリクリニック内の小児科医を予防目的で訪問し、家に医者を招待する緊急の必要がある場合は、非常に望ましくない。

ARVIの発症を誘発するウイルスには、アデノウィルスとエンテロウイルスが含まれ、これは空中伝染に加えて水を介して伝染する可能性があるため、アウトブレイク中に子供はプールを訪れるべきではない。

ARVIの予防のための障壁メカニズムも存在し、その使用はウィルスと「ゲートウェイ感染」との間の障壁を生み出すことに基づいている。 この障壁法は、まずガーゼ包帯を着用し、適切に適用されている場合。 例えば、ARVIを患っている人は、健康な成人と接触してマスクを着用するべきであり、その逆もありません。 また、2時間の使用後にその有効性が急激に低下するため、マスクを交換する必要があります。その後、ウイルス粒子の濃度が高くなります。 消毒の手順としては、マスクを洗ったり、アイロンをかけたりすることを検討することができますが、使い捨てのカウンターパーツを使用する方が効果的です。

ウイルス粒子は長期間にわたり、生命活動だけでなく、乾燥した暑い気候での感染能力を維持することができ、それに関連して、ARIの予防のために少なくとも5回は子供の部屋を換気するべきである。

効果的かつ同時に、小児におけるARVIを予防する安全な方法には、空気の消毒を促進すると同時に、子供の精神感情の領域に正規化効果をもたらす精油の使用が含まれる。

小児におけるARVIの非特異的予防として、処方予防の成分の1つとして、摂食行動の正常化、作業および休養体制の遵守、硬化、スポーツへの誘引が適用される。 ビタミン療法には特に注意が必要です。

小児の摂食行動の正常化は、食事のバランスと食物のさらなるビタミン化との遵守を意味する。 急性呼吸器ウイルス感染のアウトブレイク中の子供の毎日の食事摂取量には、免疫系の器官に関連する腸の活動を正常化させるのに十分な数の乳製品が含まれている必要があります。 dysbiosisが子供の免疫系の機能不全を引き起こすという事実は誰もが知っています。

さらに、SARSウイルスの影響に対する子供の生物の耐性の増加は、すべての硬化の規則が観察されれば、手順の硬化によって促進される。

硬化の黄金のルールは、その年の時間にかかわらず、その達成の規則性です。 クエンチング手技の量と期間は、子供の年齢に直接依存しますが、上限は20分です。 硬化手順として、空気と日光浴、拭きと注ぎを使用することができます。 空気浴の適用の開始は、このタイプの硬化手順が最も簡単なので、出生後の最初の日から行われるべきである。 新鮮な空気の肯定的な影響の中には、増強された免疫力、改善された食欲および代謝過程の刺激に注目すべきである。

成人におけるARVIの予防

現在、世界中の人口の都市化があり、毎日多くの人が毎日接触しているため、ウイルス100%からの保護はほとんど不可能です。 しかし、各人がウイルス粒子の運搬者であることを覚えておく必要があります。

呼吸器系のウイルスが収縮する可能性を減らすことが可能であり、このために感染症の推奨事項に従うだけで十分です。 したがって、ARVI罹患の発生時には、すべての健康な人が他の人との接触を最小限に抑える必要があります。

急性呼吸器ウイルス感染症のウイルスは、空中だけでなく接触や家庭からも伝染するため、病気の予防には衛生状態が重要です。例えば、手の清潔度を監視し、さらに防腐剤で治療する必要があります。

人が手を頻繁に洗う機会を持たない状況では、ウイルス粒子が手で30分間活動し続け、目、鼻、口は潜在的な「ウイルス浸透のゲートウェイ」なので、手と顔の接触は制限されるべきです。

成人における急性呼吸器感染症の予防のための措置としては、多数の人がいる部屋での温度体制の遵守や高湿度の確保があります。 そのような状態では、急性呼吸器ウイルス感染のウイルスの重要な活性が著しく低下する。

個々の保護手段は、粘膜の湿潤を促進する塩溶液の使用によって口腔および鼻腔を頻繁にすすぎ、それによってウイルス粒子の活性を最小限に抑えることが考慮されるべきである。

体の防御を高める最も自然な方法は、フルナイトスリープ、バランスのとれた食事、十分な身体活動、ストレスの多い状況の回避からなる健康的なライフスタイルのルールを守ることです。

居住区を清潔に保ち、高湿度を維持するための規則を遵守するとともに、十分な量の液体が粘膜の水分の増加に寄与するので、飲酒の方式を増やす必要がある。

非特異的予防としてのARVIの発生中、専門家はC群とB群のビタミンを主に使用したビタミン療法を推奨する。

自然免疫防御者にはニンニク、クランベリー、シトラスなどの食物が含まれていなければならず、その使用はARIに対する身体の抵抗に寄与する。

特定の医薬品の摂取によってSARSに対する身体の抵抗力の増大も促進されるが、大人のARVI予防としての使用は医師の監督下でのみ許可される。

ARIによる予防接種はめったに使用されず、この予防措置はインフルエンザに対してより多く使用されています。 最近、植物ベースの免疫賦活剤の無制御摂取のケースが増加しており、それらの安全性のために、しばしば慢性疾患の悪化を引き起こす自らの免疫装置の低下を引き起こす。

ウイルスが胎児の発育に悪影響を及ぼすことがある重要な時期があるので、妊娠中のARVIの予防に特に注意を払うべきである。 胎児妊娠中のすべての女性は、免疫プロセスの生理学的減速を経験するので、ARVIにおけるウイルス粒子との接触が最小限であっても、本格的な臨床症状の発症を引き起こす可能性がある。

もちろん、妊娠のどの時期においても、ARIの病気になるのは好ましくありませんが、最初の妊娠は最も危険です。 ARVIウイルスによるこの期間の女性の感染は、胎児発育異常の発症および死に至ることがあります。 予防措置として、非特異的予防措置を用いるべきであるが、薬物予防の使用は子供の発症に悪影響を及ぼすことがある。

ARVIの予防のための準備

急性呼吸器感染を予防するための現代的な薬剤は、身体の防御を改善するために、また病原性呼吸器ウイルスの浸透を妨げる種類の障壁を作り出すために使用されています。

現在、薬理学者およびウイルス学者の共同努力は、ARVIのすべての病因学的形態における予防手段として使用できる普遍的な医薬品の開発に注がれている。

製薬会社の最新の開発はAlgiremであり、その有効成分はRemantadineの重合体である。 Algiremはポリマー製剤であるため、その薬理学的効果はRemantadineのものとは異なります。 組成物中に含まれる低分子修飾アルギン酸ナトリウムのために、薬物の吸着および解毒特性が増強され、それによって抗毒素活性が増大する。 アルビレムをARVIで予防目的で使用するには、例えば、血漿中の循環時間が長くなるため、レマンタジンと比較してはるかに低い用量で投与する必要があります。 このため、患者に対するアルギレムの耐性は非常に良好であり、副作用のリスクは最小限である。

急性呼吸器ウイルス感染の予防のための錠剤は、発症前に開始され、患者が既にその病気の症状を有する状況では、この薬剤の使用は臨床症状の持続期間を有意に短縮する。

アルギレムの予防目的への適用は、任意の病因論的形態のARIを発症するリスクを最小限に抑えることができ、有害反応がないことにより、小児科でもそれを使用することが可能になる。 予防的使用のコースはシロップの形で経口的に30mg /日で15日間である。

小児科の練習では、アナフェロンはARVI予防薬として広く使用されています。 この薬剤を予防目的で使用することにより、急性呼吸器ウイルス感染症の症状発現の強度およびその期間が短縮され、合併症の予防とみなすことができる。 細胞性免疫の刺激において明らかにされる、アナフェロンの免疫調節特性は、ウイルス粒子の本体の精製に寄与する。

加えて、ヒトにおいてアナフェロンを摂取する場合、リンパ球細胞の機能活性の増加があり、インターフェロンの産生を増強する能力において発現する。 年齢の異なる多数の子供を対象としたランダム化試験を実施する際に、副作用は記録されておらず、この薬は子供にとって安全である。 アナフェロンの予防有効性は、特に幼い頃の小児では70-80%である。 乳児における急性呼吸器ウイルス感染症の投薬予防は、通常、ミルクに溶解した1日1回、スキーム1の錠剤に従ってアナフェロンを用いて行われる。

アルビドールは、感染後の合併症の発症を予防するとともに、慢性疾患の悪化の頻度を減らし、免疫学的パラメータを正常化するために使用される。 この薬剤は、コロナウイルス感染に対する顕著な抗ウイルス効果を有し、ARVIのこの病因論的形態の予防として使用することを可能にする。 予防的摂取の経過は、0.2gの1日量で2週間である。

免疫は、非特異的な免疫賦活物質に関連する多くの生物学的に活性な物質を含む、植物起源の調製物を指す。 イムノオールの主な有効成分は、チコリエン酸、アルキルアミド、および親水性多糖類である。 免疫の刺激のメカニズムは、有糸分裂指数の増加した指標、ならびに食細胞単球の増加を伴う骨髄細胞の造血の活性化にある。

Immunalが開発された2003年に、薬理学者と感染症専門家が予防活動のための大規模な無作為化研究を行った。 結果は、ARVIのウイルスに対するImmunalの薬理学的予防効力が70%であったため、感染症の遂行を満足させた。 複雑な形態の急性呼吸器ウイルス感染の頻度は30%減少する。

正確な用量および投与計画(1ヶ月間に1日3回、20滴)が続く限り、異なる年齢カテゴリーの免疫寛容は良好である。

ARVIの予防目的のために使用される別のハーブ調製物は、精油の組み合わせに基づくCarmolisである。 Carmolisの基本的な特性には、消毒剤、ウイルス阻害剤、および身体に対する修復的な免疫補正作用が含まれる。

急性呼吸器ウイルス感染のアウトブレイクの場合のCarmolisの予防効果の指標は60%以上であり、薬剤の長期投与後にこの指標の増加が認められる。 さらに、Carmolisを0.5 mlの予防用量で服用すると、複雑な形態の急性呼吸器ウイルス感染を発症するリスクを半分に抑えることができます。

リパーゼは、組換えインターフェロンのリポソーム製剤であり、使用が容易であり、循環血液中にインターフェロンの長期存在をもたらし、内在性インターフェロンの産生を増加させるため、急性呼吸器ウイルス感染症の予防剤として広く使用されている。

レアフェロン-EUを1ヶ月間、1週間に2回500,000単位で投与すると、SARSの頻度が2.2倍に低下するという顕著な予防効果がある。 この薬は、顕著な予防作用とともに、急性呼吸器感染症の予防のために推奨することを可能にする患者によってよく耐容される。

抗ウイルス活性を有する全ての薬物の中でも、ほとんどが化学合成された薬物であり、それらの欠点、それらの高い毒性、および有害反応の発生がある。 これに関して、薬理学者の努力はすべて、これらの副作用のない顕著な抗ウイルス活性を有する免疫誘導剤の探索を目指している。 そのような薬物の使用によるARVIの予防は、患者によって十分に許容されるであろう。

急性呼吸器ウイルス感染症の発生中、最も一般的に使用されるのは免疫賦活物質、例えばeleutherococcus、echinacea、algae、およびneedleです。 現在、最新のバランスの取れたハーブ製剤PhytoGoRが開発され、その組成はフィトスポラです。 PhytoGoRaの肯定的な影響には、代謝過程の改善、体内からの放射性核種の排泄だけでなく、その一般的な強化および強壮作用を特徴付けることが必要である。 急性呼吸器ウイルス感染のウイルスに関しては、PhytoGorは直接的な殺ウイルス効果を有する。 PhytoGoRaを長期間服用すると、病気発症リスクが4倍低下します。 また、フィトーゴアを摂取することによる予防効果は長期間保存されています。