急性呼吸器疾患の予防

профилактика орз фото 急性呼吸器感染症の予防は、病気の発症を予防するだけでなく、ARI診療所の症状の強度を低下させることを目的とした、組織的、疫学的、衛生的 - 衛生的および医療的手段の組み合わせである。 小児および成人の両方でARIを予防するための医療措置は、インフルエンザおよび他のタイプのワクチンに対する日常的な予防接種を意味する。 不活性化抗ウイルスワクチンは、注射器またはシリンジ法を用いた皮下投与用である。 ワクチン予防の高い有効性は、インフルエンザウイルスに起因するARIに関してのみ観察され、この疾患の他の病因論的変異体が広がる場合、ワクチンの使用は適切な陽性結果を与えない。

急性呼吸器感染の効果的な予防に関して、感染症は最大限の防御が化学予防剤の受容であるという点で全会一致である。 原則として、急性呼吸器疾患および治療の予防のための薬物は異ならない。 様々な年齢カテゴリーにおける急性呼吸器感染症の非特異的な薬物の予防には、インターフェロン誘発物質の鼻腔内摂取経路の指定が含まれ、一般的に、衛生基準の遵守と健康的な生活習慣の促進は、あらゆる種類のARIと効果的に戦うことができる。

小児における急性呼吸器感染症の予防

病気の予防的メンテナンス様々な年齢の子どもの間での「ОРЗ」は、解説と処分のプロフィールの実現を実現しています。

いわゆる「ばく露防止」とは何を意味し、どのような目的のために実施されていますか? 小児におけるARIの曝露予防は、健康な子供とウイルス性または細菌性の感染源との接触を防ぐことを目的とした一連の薬物を意味する。

このような制限手段は、流行中の子供との口頭による接触を制限し、混雑した敷地や都市交通を避け、屋外を歩く時間を最大限にし、急性呼吸器疾患に罹患した人々によるマスクを身に付けて保護し、個人衛生。

ARIのケースが登録されている場合、最後のエピソードの登録から7日間の隔離、消毒剤を用いた一般的なウェットクリーニング、ARI患者の隔離または入院、サーモメトリーを含めて、患者と密接に接触する。

急性呼吸器感染の予防のための手段には、特異的および非特異的手段の両方を用いて、免疫装置の性能を改善するための様々な方法が含まれる。

ARIの予防の具体的な手段は、80%を超える有効性を有する小児におけるARIに対する個々の防御の提供であるワクチン接種のみを意味する。 急性呼吸器疾患を予防する主な手段としてのワクチン接種の使用は、ARI診療所の症状を有意に弱め、合併症の発症を最小限に抑えることができる。

就学前の子供は、インフルエンザウイルスに起因するARIに対する強制予防接種の対象となります。 さらに、ARIに対して予防接種を受けた小児は、「しばしば病気」と分類される。

製薬の機会が急速に発達しているにもかかわらず、 小児におけるARIの予防においては、正常化の形での非特異的予防措置の使用、小児の摂食行動のバランス、硬化、ビタミン化が非常に重要である。

硬化とは、伝染性物質の副作用に対する身体の抵抗力を改善することができる自然環境要因の系統的な効果を意味する。 子供の年齢は、正しく行われていれば、硬化手順の適用開始に最も有利です。

まず第一に、クエンチングセッションは、体系的かつ規則的でなければならず、子供の年齢と彼の個人的な特性を考慮に入れて、環境要因の刺激的な影響を徐々に増やすべきである。 言うまでもなく、硬化手順は子供に肯定的な感情をもたらすだけである。

子供が感染性の急性疾患に罹患している状況では、最初の投与レジメンから開始して30日以内に硬化手順を適用することができる。 硬化の手順の中で、空気の浴槽、ウォーターワイプ、ドゥーチュール、そして涼しい場所での素足の歩行が最も効果的です。 子供の体の冷たい温度に対する適切な反応を形成するためには、対照的な性質の硬化が行われなければならない。 硬化手順を実施するための最初の領域は、下肢の足底面であり、その後、それらは体幹の残りの部分に通過する。 急冷工程の最適時間は20分である。

小児におけるARIの医学的予防は、慎重に行わなければならない。なぜなら、免疫矯正および免疫調節薬の選択は、臨床的および免疫学的指標の存在下でのみ行われるべきであるからである。 免疫学的プロフィールの予備分析をしていない小児における急性呼吸器疾患の予防に利用できる唯一の薬物群は、エキナセアチンキ、アロエエキス、エリューテロコッカスなどの植物適応物質である。

子供の身体が正常に機能するためには、子供のARIを予防するための義務的な要素であるビタミン療法が使用されます。 もちろん、摂食行動の合理化で子供の生物をビタミン化することは可能ですが、子供の間でARIの季節的な発生率が上昇する時期には、ビタミン複合体を健康な子供にも経口摂取のために任命することが推奨されます。

小児におけるARIの頻繁な発症は、体内で自己合成することができないビタミンCリザーブの減少の発達を誘発する。 ビタミンCは酸化的リン酸化の過程に関与しているので、強力な抗酸化物質と見なすことができ、重金属を体内から取り除くのに役立ちます。 ARIを患う小児のためのビタミンCの予防的摂取のための許容される投薬量は、1日当たり2.5mgである。 急性呼吸器疾患患者と接触した小児におけるビタミンCの経口摂取の有効性は平均23%である。

子供の急性呼吸器疾患の予防は、子供の世話のための医学的および衛生的要件の遵守の場合にのみ有効である。 まず、看護師や小児科医を訪問したり、ポリクリンや他の医療機関を訪れるたびに、親との説明会を行うべきである。 子どもの教育機関では、高齢者との急性呼吸器感染症の予防対策についての会話が行われています。

新生児におけるARIの防止は、原則として、この期間の子供は、子宮内発育の期間中に母親から受領した受動的な免疫の形態によって特徴づけられるので、理にかなっていない。 乳児におけるARIの予防は、人工授乳の場合にのみ行われ、母乳育児は病気の予防においてそれ自体予防的である。

成人におけるARIの予防

成人のARIにおける予防手段の最も効果的なシステムは、健康的な生活様式、日々の合理的な体制、人間の食習慣の正常化、様々な強化プログラムの適用によって促進されるヒト免疫系の正常な機能の形成を確実にすることである。

まず第一に、成人におけるARIを予防する措置は、人の病因論的形態のARIに罹患した患者との接触を最小化または完全に制限し、衛生的および衛生的価値の適切な測定を行い、多数の人々がいる輸送の使用を減らすことにある。 最近の科学的研究は、成人におけるARIの高い発生率は喫煙に依存し、能動的であるだけでなく受動喫煙であるという事実を証明している。

成人におけるARIの発症に対する個体の感受性の発達における最大の価値はヒト免疫装置の状態であるため、一般的な強化予防手段の複合体に加えて、免疫調節薬の選定が用いられるべきである。 医薬品の役割において、免疫調節作用は、病原体ARIに対する生物の耐性を増大させるために、組換えインターフェロンの調製物の季節的な使用が最も頻繁に使用される。 免疫反応の活性化のおかげで、呼吸器の構造の完全な保護を提供する粘膜の再生が起こる。 成人におけるARIにおける予防の役割において、ImmunalおよびImmunormのような植物適応物質も使用される。

この時期に女性はしばしば免疫を弱め、病原体ORZによる感染の可能性を有意に増加させるので、妊娠中のARIの予防に特別な注意が払われるべきである。 この点で、胎児の発育に安全なインフルエンザ不活化ワクチンに対するワクチンの予防を行う必要があります。 妊娠の第1期では、ワクチン接種は非常に望ましくない。

また、妊娠中のARIの予防のための安全な手段は、Viperonの組成物を含有するOksolin軟膏または軟膏による鼻腔粘膜の潤滑である。 微生物およびウイルスからの粘膜の機械的洗浄のために、カレンデュラのチンキを含む溶液で口腔をすすぐことは余分ではない。 妊娠中のARIの延期されたエピソードは合併症を引き起こす可能性があるため、女性は予防的超音波を呈する。

急性呼吸器疾患の予防のための準備

もちろん、急性呼吸器疾患の予防のためのすべての非特異的措置には生命の権利がありますが、化学予防の手段のみがこの病理の発達を予防し、臨床像の経過を弱める効果が実証されています。

ARIにおける予防目的のために使用される現代医薬品の作用原理は、身体の保護能力を高め、この病状の浸透病原体に対する障壁を作り出すことである。

いくつかの抗ウイルス薬は薬用目的でのみ使用されていますが、このグループの薬剤のほとんどは治療のためだけでなく、急性呼吸器疾患の予防のためにも使用されています。 急性呼吸器疾患の予防のための錠剤は、原則として、適用されず、ほとんどの感染症は、鼻腔内の非経口形態の薬物を処方することを好む。

ARIに対する薬物予防措置は、抗ウィルス薬を服用し、様々なワクチンを接種する体系的な方法によって実施されている。 状況に応じて異なる薬のグループが適用されます。 したがって、最初の流行前期には、一連の衛生衛生対策とともに、免疫調整剤、アダプトゲン、マルチビタミンなどの非特異的な個体の抵抗性を高める医薬品を使用する必要があります。

流行であるARIの発生率が最大に上昇する期間には、直接の抗ウイルス作用およびウイルス複製を阻害する薬剤が好ましいはずである。

ウイルスが気道の粘膜に入った後最初の48時間以内に起こる急性呼吸器疾患の発症を示す既存の臨床症状の場合、抗ウィルス化学療法剤およびインターフェロン誘発剤の形で強力な治療を意図した薬物を使用する必要があり、 。

急性呼吸器疾患の予防の有効性が証明されているこの薬剤は、主に、抗ウイルス効果の広範囲にわたる抗ウイルス効果と免疫刺激および抗炎症効果とを組み合わせた多機能薬剤であるCycloferonであり、そのため、高齢者の免疫不全患者人、随伴性の慢性的な体性病変および異なる年齢の子供を有する患者。 無作為化試験のデータによれば、サイクロフェロンの予防効能は60%以上であり、患者の薬物耐性が良好であり、投与中に重大な副作用がないことを考慮すると、優れた結果である。

特にインフルエンザウイルスに起因する急性呼吸器疾患の予防のためには、複雑な形態の疾患を発症する危険性が高い人々、および患者と緊密に接触している人々のために最もよく示されるワクチン接種を行うことが望ましい。 ARI(非経口不活化ワクチンおよび鼻腔内ワクチン接種スプレー)を予防するために、世界中で2種類のワクチンが使用されています。 両方のタイプのワクチンを調製するために使用されるウイルスは、ニワトリ胚に予め培養される。

ワクチンの鼻腔内形態は、異なる年齢のカテゴリーの人の免疫化を目的としており、免疫不全の人々の予防接種のために絶対に禁忌である。 予防接種にはいくつかの特殊性と限界があります。 したがって、高齢者におけるワクチンの予防的有効性は、若い健康な人々の予防接種と比較して有意に低い。

1つのタイプのワクチンの使用は、ARIの1つの病因論的変異体の発症を予防することができ、他の形態の疾患との関連において完全に無効であり得る。 ワクチンを使用する効果は3ヶ月以内に持続し、ワクチンの使用後3週間目にのみ保護抗体が形成される。 ARIに対するワクチンの導入後、2週間以内に、慢性感染症の悪化の可能性があることに留意すべきである。

予防接種の前に、健康な人は、ARVワクチンの導入の禁忌である発疹、熱について検査されるべきである。 ワクチン接種はアレルギー誘発挑発者であるため、ワクチンの導入は医師の監督と減感作薬の存在下で行うべきである。 ARIに対するワクチン接種を実施するための絶対禁忌は、ヒトの急性期に感染性疾患が存在すること、 妊娠および体重が測定されたアレルギー性奇形である。

ワクチン接種後、またはワクチンの非経口投与の直後に、注射部位での痛み、発赤、鼻水、咳、全身倦怠感、筋肉痛、頭痛、吐き気、およびアレルギー反応の形の一般的な影響の局所反応が発生することがある。