風邪の予防

профилактика простуды фото 一般的な風邪の予防は、一般の人々の間で風邪の発生を減らすことを目的とした対策の複雑さです。 医療機関への年間訴求の30%以上は、 健康のための経済的費用の全体的なシェアのかなりの重さ。 患者に提供する問題は少なく、生活水準や短期間の無能力状態を著しく悪化させます。 特に有害な風邪は、高齢者、子供、妊娠中の女性を引き起こす可能性があります。 このカテゴリーの人では、免疫の特異性のために、合併症の発症の可能性が最も高く、まれに死に至ることがあります。

子供の風邪予防

子供のころの風邪予防は特別な場所です。 多くの親はこの問題に繰り返し直面しており、長期間子供を治療するよりも風邪を予防する方がずっと簡単であることを理解しています。

子供の風邪を予防するすべての方法は、特定のものと非特定のものに分かれています。 第1のカテゴリーには、秋期(10月〜11月)の年次ワクチン接種が含まれます。 大量免疫予防は発生率を有意に低下させる。 生ワクチンは身体の弱い感染を引き起こし、身体の免疫防御の要素を引き起こします。 子供の予防接種には特別なスキームがあります。 3〜14歳の小児に、25〜30日間の間隔で2回鼻腔内にワクチンの特殊な乳児変異体を接種する。 7歳以上の子供および成人は同じ方法で予防接種されますが、1回のみ接種されます。 薬はウイルスに対して弱い体反応を起こす。 ワクチン接種された部分は、カタラーレス症状を示すことがあります。 予防接種後3日以内に少数の小児では37.5度までの温度上昇が可能で、通常の予防反応の選択肢となります。 この免疫は一過性であり、毎年再ワクチン接種が必要です。

子供の風邪の非特異的な予防には、次の基本的な方法に帰することができます:免疫系を正常化する薬剤、すなわち風邪予防薬、感染症に対する身体の抵抗力を高める手続き、いわゆる抗ウィルスの原因物質に影響を及ぼす薬剤の使用。 乳児にとっては、免疫グロブリンが母乳に伝達されるので、自然摂食は非常に重要です。母乳に感染すると、自分自身の免疫力を発揮するまで胎児の脆弱な生物を保護する物質です。

子供の年齢のために、身体を整えること、合理的な栄養、紫外線照射およびビタミン療法のコースに役立つでしょう。 植物起源の風邪の予防のための準備だけでなく、ホメオパシーの救済手段は、様々な手段の選択において最も好ましい。 寒さを防ぐための錠剤は、通常、小さい寸法を持ち、味が気持ち良く、吸収されることがあります。多くの薬は、滴の形でアナログを持っています。これは、幼児にとってはるかに便利です。

大人の風邪予防

成人人口における一般的な寒さの防止は、特定のグループの人々に対してその特異性を有する。 これらは妊婦、老年期の人々、慢性疾患のある人、 インフルエンザに罹患する可能性の高い人(医療関係者、軍人、教師、教育者など)です。

子供の発達病理の脅威に関連して、妊娠中の風邪の予防は非常に重要であり、最初の妊娠は、この場合、男性の基本的な臓器および系が形成されているので、最も危険です。 妊娠中の女性は、風邪を予防する特定の手段を使用することはできません。 免疫力が弱い、またはワクチン接種に対する体の過敏反応の危険性がある人には、使い捨てシリンジを使用して肩の外面に一度非経口で注射した不活化ワクチンを使用することが推奨されます。 他のすべてのカテゴリーの人々は、鼻腔内に1回投与される生ワクチンを使用することもできる。 誰も例外なく、風邪の予防のための一般的な健康対策を、硬化、食事療法およびビタミン療法の遵守の形で推奨しています。

妊婦の風邪予防の手段を選ぶときは、ホメオパシーの準備をしなければならない。 自然起源の製品であっても有害である可能性があります。 残りのカテゴリーの個体は、ウイルスの遺伝物質または罹患細胞に直接作用する抗ウイルス薬を直接使用することができる。 風邪を予防するための一般的な方法には、流行中の防護措置が含まれます:個人的な保護マスクの着用、頻繁な手洗い、人々のコミュニケーションを減らすための制限措置、病院訪問患者のための隔離施設への入場、 病気の人がいるアパートでは、頻繁にウェットクリーニングをお勧めします。

風邪を予防するための手段

風邪の予防には、免疫系を強化する薬剤や手順、インフルエンザウイルスやARVIに有害な抗ウイルス薬の2つの主な種類の活動を特定することができます。 流行中の通常の季節予防や風邪の緊急事態を強調することもできます。

生物の保護機能を高める手段および方法には、以下のものがある:

- 体育と癒し - 毎日の朝の練習、少なくとも週に2回の体操、30-40分持続。 毎日新鮮な空気の中を少なくとも30分間歩きます。 1日あたり。 暖かい水と冷たい水を交互に入れて、 大浴場。

- 紫外線照射。 この方法にはいくつかの選択肢があります:北半球の居住者への冬季の日常暴露、1〜2ヶ月続く秋と冬の二重暴露コース。

- ビタミン化。 ビタミンを豊富に含む食品の使用、ビタミン剤の使用量、1ヶ月の年齢コースによる。 現在、製薬業界は、組成および価格が異なる巨大なビタミン製剤を提供している。 ビタミンだけでなく、造血や免疫細胞の形成に有益な微量元素も含む医薬品が好ましい。

- 身体を強化するだけでなく、トーンアップをもたらし、活力を与える自然起源の薬。 Eleutherococcusの抽出物は1日1回40〜60滴で3〜4週間摂取します。 2〜3週間、食事の前に1日1回、20〜40滴のアルアルニアのチンキを滴下​​する。 Prodigiozan - 細菌のリポ多糖類は、腸内を適用する、それは手順ごとに0.5 mlに3歳から小児で使用することが可能です。 このコースは、4-5日間隔で3回薬物を投与することからなる。 コースは3-4ヶ月後に繰り返されます。

抗ウイルス薬は、流行中の風邪の緊急予防として使用することが推奨されています。 予防内および外焦点を隔離する。 第1のケースでは、このような風邪の予防は、感染した人と直接接触することによって行われる。 このような予防の期間は、2日間(接触していない場合)から7日間(患者との一定の接触)で変化する。 第2のケースでは、風邪の予防は、慢性疾患、高齢者、およびしばしば病気の人々の事前マークされたグループで行われます。 また、このタイプは感染の危険性の高い人(医療従事者、旅客輸送、軍隊の労働者など)、特に妊娠中の風邪の予防に示されています。

すべての非常に多くの抗ウイルス薬は、条件付きで3つのグループに分けることができます:

- ノイラミニダーゼ阻害剤。 寒さの予防のためのこれらの薬物は、体内のウイルスの増殖をブロックする。 このカテゴリーには、ザナマビルとオセルタミビル(商品名リレンザ、タミフル)があります。

- M-2阻害剤は、細胞内の特定のチャネルの遮断と関連し、ウイルスがそれらの中に侵入するのを防止する。 これらには、RemantadineおよびMidantan(活性物質リマンタジンおよびアマンタジン)が含まれる。

- インターフェロンとその誘導物質。 そのような医薬品は、感染症と戦うだけでなく、体全体を強化するという観点からも役立ちます。

すべての薬と同様に、抗ウイルス薬にはいくつかの禁忌と副作用があります。そのため、特に子供、妊婦、重病患者のために冷たい予防のために薬を慎重に摂取すべきではありません。

風邪を予防するために、以下の薬剤が使用される:

"レマンタディン" 最も手頃で効果的な予防手段を指します。 流行中に7年間から1日2〜3回、1日に20日まで使用されます。 それは人生の最初の年から適用されます。

- アルビドール。 抗インフルエンザウイルスA型およびB型インフルエンザウイルスに最も効果的です。抗ウイルス効果に加えて、それ自身のインターフェロン産生を増加させ、身体の保護特性を刺激します。 3〜4日おきに1錠を約3週間投与する。 3歳から子供に使用可能。

- オキソリン軟膏。 これは、通りに出かける前に、または感染したとの連絡があり、すべての年齢に適した15分前に鼻腔内投与される。

- Kagocel。 これは、内因性インターフェロンの合成の誘導因子である。 3年間から適用されます。 カタル性疾患を予防するために、2日間2錠を5日間服用することをお勧めします。 薬物の持続時間は、流行の持続時間に依存する。

- Cytovir-3。 複雑な方法で体に作用する薬。 それ自身の保護細胞の形成を刺激するBendazolに加えて、それはアスコルビン酸を含む。 薬には、カプセル、シロップ、パウダーの3種類があります。 大人の風邪を予防するために使用されるカプセルは、子供から年までシロップを使用しています。

- Amiksin。 この薬はまた、免疫にプラスの効果を及ぼし、ウイルスと戦う。 これは、生涯と成人の7年目の子供たちの使用のために示されています。 最小限の副作用がありますが、それにもかかわらず、妊娠中および授乳中の女性には禁忌です。

- インガビリン。 強い免疫刺激剤。 これは、インフルエンザ、パラインフルエンザ、アデノウイルス感染などのいくつかのウイルスグループとすぐに戦います。 18歳未満の子供には厳格に禁忌です。 妊娠中の女性や授乳中の女性にはお勧めできません。

- タミフル。 耐性とウイルスの苦労を増やす効果的な治療法。 生後1年の子供、妊娠中および授乳中の子供に健康を注意深く監視することを許可する。 副作用の1つが精神病うつ病であるため、この薬物は長期間使用できません。

- アナフェロン。 これはホメオパシー療法であり、幅広い用途があります。 すべての人のグループで使用できます。 子供の場合、「子供」と記された特別な形態の薬物があります。 再吸収のために錠剤を味わうことは楽しいことであり、錠剤を1日1〜3ヶ月間服用する必要があります。

- オシロコシナム。 それはまた、ホメオパシーの治療法であり、出生時からの使用が認可されています。 それを妊娠中に使用する。 これは流行の全期間にわたって1日1回使用されます。

- Aflubin。 早い時期からの使用に適した天然由来の製品。 錠剤や滴の形で生産されています。 予防コースは3週間までです。

- エルゴフェロン。 ホメオパシーの準備、再吸収のための錠剤の形態の形態を有する。 これは、成人および半年の子供、1ヶ月に1錠を1ヶ月から6ヶ月間使用するのに使用されます。

記事から分かるように、風邪を予防する手段と方法は巨大である。 これらのヒントに基づいて、病気を回避するリスクはずっと高くなります。