妊娠中の風邪

простуда при беременности фото 妊娠中の寒さは、広範かつ様々な症状を伴う急性呼吸器疾患である。 この病気の原因物質は、正常な会話中であっても、くしゃみや咳で健康な人に既に病気の状態から感染しているさまざまなウイルスです。 多くの場合、病気には体全体または体全体の低体温が先行しますが、妊婦の一般的な風邪の感染性が実証されている場合、寒さの影響は科学的紛争の対象です。

病原性ウイルスが体内に侵入した瞬間から、感染の最初の兆候が現れるまでに3〜5日かかります。 妊娠中の寒さの初期症状は徐々に進行するが、雷が始まるような形態があり、そのような場合には最初の苦情は体温が高く、寒さである。

すべての病気の中で、 妊娠自体は危険因子ではありませんが、妊娠中の一般的な寒さです。妊娠していない女性の中でも、発生率はほぼ同じレベルです。 妊娠期間は妊婦の風邪の頻度に有意な影響を与えず、感染の危険性は増加しない。 母親の身体が出生のために準備している妊娠の最後の3〜4週間だけ、保護障壁を増やすことは多少異なります。 この期間中、妊娠中の寒さは少なくなります。

子供を待つことは、暖かい季節と寒い季節の両方を刺激する長い期間であるため、将来の母親はなく、季節的な病気の発生に備えています。 これはあらかじめ心配する理由ではなく、母親と将来の赤ちゃんを守る正しい方法を取ることはずっと便利です。

妊娠中の寒さの原因

妊娠中の風邪はウイルスに起因しており、その中には200種類以上の品種があります。 最も一般的なものは、ピコルナウイルス科由来のRNA含有ウイルスである。 この病気はインフルエンザや単純ヘルペスウイルス、アデノウイルスなどによって引き起こされることが多く、他の菌株はあまり一般的ではありません。 ウイルスの種類と株をウイルス検査室に入れることができますが、その結果は有用ではありません。 まず、研究の終わりまでに、病気の症状はほぼ消滅する。 第二に、ウイルスのほぼすべての品種は、同様の症状を引き起こす、約2週間の倦怠感の持続時間、治療法も大きく異なるわけではありません。 妊娠中の複雑な風邪の場合にのみ、ウイルス学的研究が推奨されることは容易に推測できます。

さらに、病原体のタイプは病気の発症において重要であるだけでなく、 全ての病原性微生物が保護バリアを貫通するわけではないので、この態様における重要な役割は、感染性物質との接触時における女性の一般的な状態に与えられる。 スピーチは、最初は免疫に関するものであり、ただ生理的なうつ状態にあります。このように、自然は生まれつきの生活を気遣い、母親の生物が果物を引き裂かないようにします。

病原性病原体が体内に入るほど、妊娠中に寒さを引き起こしやすくなり、治療がより困難になるため、感染源との接触の頻度も重要です。 将来の母親の気分さえも重要です。 最小の笑顔が少なくとも1つの胚を殺すとは何も言わない。

妊娠中の寒さの症状と徴候

妊娠中の寒さは、妊娠以外の病気の症状とあまり変わりません。 鼻水、一般的な衰弱、喉の痛み、鼻の詰まり、鼻水、くしゃみ、発熱。 ウィルス効果が喉頭や気管に広がると、咳や胸の痛みが症状に加わります。 しばしば、肩帯の筋肉に痛み、涙があります。

これは子供の妊娠中のみであり、これらの症状はすべて免疫抑制の背景 - 免疫の生理的弱化およびホルモンの背景が著しく変化するため - 妊娠中の寒さの症状と徴候にはまだ相違があります。 まず、これは鼻のぬくもりに関係します。なぜなら、鼻の通路の粘膜がホルモンプロゲステロンの上昇したレベルに反応するからです。 この背景に炎症反応が重なると、実際には口が呼吸するが、「息を吐くことはない」という状態が顕著になり、非常に不快で望ましくない症状である。

体温の上昇にも違いがあります。 温度応答は、インターフェロンの産生によるウイルスの侵入に対する身体の反応であるが、38.5℃の妊婦では、インターフェロンの合成が止まる。 免疫の有意な阻害により、インターフェロン欠損は37℃の温度でさえも起こり得る - ウイルス侵入に対する完全な応答は存在しない。

身体の保護機能が弱まると、妊娠中の唇の寒さは、妊娠していない女性では起こりにくくなります。 この症状は危険な症状には当てはまりませんが、たくさんの不愉快な感覚があります。また、未来の母親のために治癒が長期化して表面的な傷跡を残すことがあります。

妊娠中の風邪の治療

将来の母親はほとんど望ましくないので、治療の点で妊娠の冷え込みにはある種の困難があり、多くの場合、効果的な錠剤の調製を行うことは禁忌である。 もしそうなら、可能な限り合成薬を避けながら、十分に試験された効果的な「家庭」法から始めることが必要です。

ほとんどの場合、この病気は一般的な倦怠感で始まります。体の不自然さを無視して欺くべきではありません。 誰かが作業チームで病気にかかっていれば、家族は不調で、季節性の呼吸器感染症に関する情報があります - これはあなたの気持ちを慎重に聞く機会です。 妊娠中の寒さの結果は、原疾患よりも治療がはるかに困難であることを覚えておくことが重要です。

病気の原因となるウイルスは、口腔や鼻腔の内膜を通って体内に入り、感染の門を守ることから始める必要があります。 そして、誰もすすぎ洗いより優れたものを発明した人は誰もいません。すすぎソリューションの構成はそれほど重要ではなく、その適用の規則性も重要ではありません。 女性が妊娠前に喉の痛みや鼻水を塩水やハーブティーでうまく治療した場合、妊娠中に有益になります。 鼻腔は茶とソーダのスープをきれいにきれいにします:茶の葉(茶さじ1杯)に沸騰した水を注ぎ、15分間ゆっくりと火にかけ、ひずみを加え、小匙のベーキングソーダを加えます。 冷却後、各鼻孔にブイヨンの全ピペットを注ぎ、すぐに吹き飛ばす。 茶葉に含まれるタンニンは収斂効果があるので、鼻からの排出を大幅に減少させます。 通常、毎日2〜3回の洗濯で十分です。 AquamarisとSalinの既製の塩溶液を使用できます。 痙攣の効果は、浮腫性鼻腔の血管だけでなく、胎盤にも及ぶため、血管収縮薬を使用しないでください。

鼻詰まりでは、鼻孔の基部のマッサージによって良好な効果がもたらされ、肌の荒れを引き起こさないように、手を使わずに指先で作られています。 同じ目的のために、鼻とウィスキーの橋の中に優しく擦られたバーム「ツヴェドドチカ」が使用されます。

覚えている間、睡眠と休息を観察することは非常に重要です。妊娠中の寒さは、あなたの足に運べる状態ではありません! 多くの場合、長期の睡眠は、すでに明らかになった初期症状の消失につながり、回復を著しく促進する可能性があります。

しかし、病気が進行する場合、次の問題は温度です。 覚えておくことは重要です。水銀柱が38.5℃を超えるまで、温度を下げるべきではありません。 このマークの前に、それはそれを減らすために重要な保護機能を果たします - これは、感染との戦いで体に干渉します。 それは、酢の擦り(テーブルの酢は水で2倍に希釈する必要があります)を作るために、発汗茶のガラスを飲むことで十分です。 それはラズベリージャムとライムの注入について覚えておくべき時間です、彼らは故意に長い間人気を失うことはありません。 手足が高温で肌寒い場合は、足にヒーターパッドを置き、温かい風呂に手を置くと、毛細血管を拡張し、血流を加速させ、結果として身体からの熱の放出を改善することができます。

妊娠中の風邪薬は、慎重に使用しなければなりません。理想的には、妊娠していない方が望ましいです。 39℃に温度を上げることは医師に相談する機会であり、さらに独立した治療は妊婦や胎児にとって危険です。 女性が何らかの理由で医学的助けを求めることができない場合は、解熱薬からパラセタモールを選ぶべきです。

すべての医薬品の治療を避けるためには、妊娠時に寒いために受け入れる薬が必要であり、他の徴候があります。 喉の長期の痛みや乾燥は、付属の二次的細菌感染の兆候である可能性があります。ここではFaryngoseptがアプローチします。

強い咳では、天然成分に基づいて作られた薬用形態を使用することができます:甘草の根、Mukaltin。 しかしここでも、人々の治療方法に優先順位を付けるべきです。 良い効果は吸入によってもたらされ、最も一般的なものは吸入、蜂蜜(ハチミツと水は1:5の比で、溶液は適度に暑い、対の鼻孔で吸入すべきである)とセージ(沸騰水1カップあたり2スプーンの葉15分)である。 吸入するには、ユーカリの葉、松の針、ジャガイモのブイヨンを使用するか、母親や祖母に自分自身で証明されている他の成分を使用することができます。 内部では、最も美味しい薬を使用することができます - 暖かいミルクと蜂蜜と小さなバター。

妊娠中の唇の寒さは投薬を必要としない。 医師はアシクロビルのような抗ウイルス効果のある軟膏を処方することができますが、これは長期の治癒しない創傷に使用されるか、またはサイズを大きくする場合には簡単なケースでは剤形を控える方が良いです。

それは妊娠中にビタミンによって虐待されるべきではなく、胎児の感作を引き起こす可能性があります。 体を生物学的に活性な物質で飽和させ、新鮮なジュース(ニンジン、りんご、柑橘類など)を作ることが最も簡単な方法です。

妊娠中の風邪予防

感染症と同様に、妊娠中の寒さは、特定の行動や規則に従うことで防ぐことができます。 彼らは誰にでも知られていますが、実際には必要以上に頻繁に使用されていません。 この点に関して、真実の真理に重点を置くことは、何度も繰り返される必要があります。あらゆる疾患は、治療よりも予防​​が容易です。

将来の母親が健康を保つことは非常に重要です。これは多大な労力を必要としません。 少なくとも、それらは疾患の治療よりも正確に小さい。 妊娠中の寒さの結果は、より多くの努力と時間を必要とするでしょう - これは簡単でアクセスしやすい推奨に従うことの言い訳ではありませんか?

将来の母親は、子供を抱えることの全期間中、人々のグループとの接触を制限するべきです。これは、あなたが公共の場所を訪問することを控えるべきです。 この勧告は、季節性呼吸器感染症の発生時に特に重要になります。

他の人々との広範な接触から身を守る方法がない場合は、ガーゼドレッシングや薬局で購入した標準マスクを着用することは理にかなっています。 家に帰ると、あなたの鼻を洗い流し、あなたの喉をすすぐことが適切です。これらの単純な行動は、異なる人々から得られたウイルスの1つまたは複数の品種を取り除くのに役立ちます。

妊娠している女性は、新鮮な空気の中で長時間有用です。 長い歩行の前に、鼻の粘膜は、オキソリン軟膏で潤滑されることができ、この予防方法は、他の薬剤の使用が厳密に制限されている妊娠の初期段階でさえ許容される。

タイムリーなワクチン接種が証明され、女性の相談に常に言及されています。

生物学的に活性な物質で体の豊かさを忘れてはいけません。このビタミンのお茶は、新鮮なジュースを飲んでください。

あなたは天気のために服を着て、低体温を避けるべきですが、同時に定期的に避難所を換気してください。

これらの簡単なヒントの遵守は、妊娠中の母親が子供の期待を通して健康で活力を保つのに役立ちます。