偽結核

псевдотуберкулез фото 偽結核は、重度の中毒症候群、特定の発疹および重度の発熱を伴う、人獣共通のプロファイルのかなり一般的な感染病理である。 感染症分野の様々な専門家の科学的研究を踏まえて、この病気「偽結核」はしばしば、ペストキュアロシス、極東性紅斑熱、腸外尿管炎および急性腸間膜リンパ節炎と呼ばれる。 異なる形態の偽結核は、人体の特定の器官の損傷によって区別される。

病気「偽結核」は、感染のキャリアの存在下でのみヒトにおいて発生し、その役割は最も頻繁に野生であり、家畜ではないことが最も多い。 偽結核症の感染拡大の主な原因は、マウスのげっ歯類であり、これは病原体に感染した糞便を放出し、それにより人々の間の病気の臨床像の発展に寄与する。 病原体の偽結核は、長期間にわたり、低温で人生の兆候を保持することができます。

偽結核患者の感染の可能性を考慮した最近の科学的研究では、ある状況において、動物のキャリアの関与なしに土壌の汚染による疾患「偽結核」が発症するとの結論が得られた。 さらに、偽結核の原因物質は、様々な培地(空気、水、植物および動物由来の食品)から放出される。

水生環境における偽結核の原因物質の寿命は平均6ヶ月であるが、土壌ではこの感染性物質は1年以上生存可能である。 現時点で知られている偽結核の伝染方法の主なものは、食物で汚染された食物を食べることである。 この病変はまれに流行を引き起こすが、最も頻繁に散発的である。

この疾患「偽結核」は、新生児の場合を除いて、異なる年齢層に等しく発生することがよくあります。 偽結核の発生率は乳児では食生活の特異性から観察され、汚染された食物を受ける可能性が排除されている。

いずれの形態の偽結核の発生も年間を通して可能であるが、感染症は早期の春季に発病率が上昇しており、これは野菜および果物の食物を前もって熱処理なしで摂取することによるものである。 小児における偽結核の年間発生率は、小児期の人口の1,000人あたり20人である。

偽結核の原因と原因

偽結核の特定の原因物質は、長鎖の形態であり、胞子になりにくく、カプセル化されたグラム陰性桿菌であるエルシニア偽結核症である。 所与の微生物状態にとって破壊的なのは、長時間の乾燥と直接紫外線への曝露である。 60℃以上の発熱に曝されると疑似結核の原因物質が30分以内に抑制され、汚染された水が10秒間沸騰すると病原体の100%が死亡する。 また、病原菌の偽結核症に対して悲惨なのは、Lysol、Suloma、クロラミンの2%溶液の溶液の形態の消毒剤への短時間の暴露でさえある。

微生物が成長するだけでなく積極的に増殖するYersinia pseudotuberculosisの最も好都合な条件は、生育因子(冷蔵庫、野菜貯蔵所、倉庫)が最も頻繁に観察される場所を決定する1〜4℃の低い周囲温度である。 偽結核の原因物質の抗原組成を考慮すると、Yersinia pseudotuberculosisの8つの血清型が単離されるが、第1および第3の血清型はヒトに関して最も高い病原性を有する。 偽結核を有するヒトにおける重度中毒症候群の発症は、病原体が内毒素および外毒素の両方を産生する能力に起因する。

偽結核の発症の病因は、汚染された食物または水とともにエルシニア偽結核がヒトの口腔に入ることから始まる。 胃腸管の上部は変わらずに通過し、小腸に入ると、微生物は腸壁粘膜の表面細胞および細胞間腔に導入され、それにより疾患の腸内臨床相の発達を誘発する。

感染のさらなる広がりは、腸間膜のリンパ節への病原体の侵入に寄与し、局所炎症過程(局所的偽結核感染の段階)の発症を引き起こす。 原因物質が内毒素および外毒素を産生し始めると、大循環への大量入院および中毒症候群の一般化が起こる。 疾患のこの病理発生段階では、感染した人は特定の明るい臨床症状を発症する。

血流では、病原体の一部が細網内皮系の器官に入り込み、肝臓および脾実質(pseudotuberculous parenchymal phase)に影響を及ぼし、これらの器官のサイズの増大だけでなく正常機能の侵害を引き起こす。 偽結核の再発は、病理学的過程の繰り返し一般化の場合に起こる。 偽結核の病因における最終的なリンクは、免疫の細胞応答を活性化し、回復期の期間によって臨床的に明らかにされる防御抗体を産生することによって、病原体の持続的な固定および排除の形成である。

偽結核の病因発生における重要性は、再感染に伴う人体の感作である。 致死的結果の形での偽結核の結果は、腸、脾臓および肝臓のリンパ系装置に影響を及ぼす急性全身性感染性網状症の発症である。 この状況における致命的な結果は、出血性浮腫、気管支周囲炎および血管内疾患の発症の結果として生じる。

小腸の病態形態の変化は永続的性質であり、主に終末部で観察され、びらん性潰瘍性回腸炎、 リンパ管炎および急性虫垂炎の兆候がある。

偽結核の症状と徴候

偽結核症の潜伏期間の平均期間は10日間であり、特に疾患の初期段階における臨床症状は非常に異なる可能性がある。 偽結核症における臨床症状のデビューは、原則として急性であり、中毒症候の高熱および軽度化の増加で現れ、患者の状態を著しく悪化させる。 この期間におけるヒト偽結核患者の最も頻繁な愁訴は、筋肉および頭部における疼痛症候群、仕事能力の低下および衰弱の進行である。 咽喉における咳、鼻の鬱血および汗の感覚の徴候は、呼吸器感染症の診療所をシミュレートするいわゆる「カタラーム症状」の三つ組を構成する。

偽結核症を伴う中毒症候群の強度の増加は、食物摂取、腹痛症候群、 めまいに関連しない、悪心および嘔吐の出現を伴う。 一部の患者は、1日2〜3回の頻度の緩い便の出現に注目した。

偽結核に罹患している患者を客観的に検査することにより、顔面および頸部の前面の皮膚のかゆみおよび充血、強膜血管の注射、 結膜炎に注意が向けられる。 口と喉を調べるときには、 "唇にヘルペス爆発"、扁桃腺の粘膜の充血、その腫れ​​、象牙質の存在があります。 偽結核患者の舌表面は原則として灰色がかった白色の被膜で覆われており、数日間持続するが、消失後は舌の著しい充血と乳頭の肥大がある。

偽結核症の臨床症状の高さにある患者の一部は、この段階で検査診断を使わなくても確実に診断を確認する「手袋の症状」、「フード症状」および「靴下症状」などの特定の外傷の発症によって特徴付けられる。 偽結核の外傷は同時に発生し、発疹の要素は紅斑熱のものに似ており、皮膚の充血領域に位置する。 偽結核外傷の期間は3〜7日である。

いくつかの患者は、関節周囲軟部組織の腫脹を伴って、疾患の発症のピーク時に関節痛の出現を記録する。 病的プロセスの局在化は、しばしば手足の小さな関節で起こる。 腸活動の障害は非恒久的な性質であり、便が完全に保存されている限り、便の頻度および希釈がわずかに増加するだけである。

肝細胞肥大はすべての偽結核の症例で観察されないが、その発症に伴って、皮膚および強膜の付随した腸症が存在する。 この状況での偽結核の非特異的検査室診断は、血清中で直接ビリルビンの量の増加および肝細胞酵素の活性の増加を検出することを可能にする。

偽結核における心血管系の器官に対する中毒の影響は、相対的な徐脈 、心音の聴覚障害、 動脈低血圧によって現れる。

偽結核の典型的な古典的な変異体では、この病理に特徴的な臨床症状の完全または部分的な組み合わせが存在する。 さらに、瘢痕様、腹部、全身、関節痙攣、混合および敗血症の偽結核が観察され得る。 偽結核の経過の最も一般的な変形は、組み合わせたものである。

無症候性の偽結核の経過が、無症候性、消去されたおよびカタラーレスの変異体で観察される。 ほとんどの場合、偽結核は良好な経過を有し、その結果、内臓器官の正常な機能の回復を伴う患者の完全な回復をもたらす。 一部の患者は、以前は局在化していた外傷部位において、層状皮膚剥離の形で偽結核の影響を発症する。 再発しない限り、偽結核の臨床経過の平均期間は45日間である。

小児における偽結核

偽結核に感染した子供の感染は、感染した食べ物を通じて最も頻繁に起こり、水を介した感染は少なくなります。 最大発症率は、春期に観察されます。 子供の体内に直接、病原体は胃腸管を通って入り、病原体の増殖は腸間膜のリンパ節で起こる。

新生児期の子供は、授乳勧告によれば乳児の飼料には母乳または特別な牛乳の処方を含める必要があるため、偽結核の発症の影響を受けません。 1歳の子供は、まだ十分な免疫系反応を形成していないので、偽結核の原因物質に非常に感受性が高くなります。

小児における偽結核の特徴は、1ヶ月以上の成人と比較して潜伏期間が長くなることであり、その間にいわゆる病気の前駆症状がしばしば観察される。 小児における偽結核の初期症状は極めて特異的であり、これは「急性呼吸器感染症」の誤った診断につながる。

首や顔の皮膚の赤く腫れて、広範囲に広がった小規模な発疹、下痢の形の胃腸管の活動障害、汗腺炎や肝腫大の出現、肝臓の拡大、微小膿瘍の出現のみで、子供の偽結核の存在を疑うことができる。

子供を観察する際には、赤ちゃんに存在する臨床症状が他の病気(紅斑、狭心症、ウイルス性肝炎、胃腸炎、虫垂炎、急性リウマチ、多発性関節炎)の症状である可能性があることを考慮する必要がある。 小児における偽結核の最も一般的な臨床形態は、胃腸障害が最前線にある診療所の腹部である。

小児における偽結核症のすべての症例は、感染症病院における患者の入院の基礎であり、複雑な治療の使用である。 小児の偽結核の抗菌療法として、選択された薬剤はレボマイセチン125mgを1日3回経口投与する。 小児における偽結核の重度の経過は、短時間のグルココルチコステロイド療法の予定の基礎となる。

成人偽結核

病因学的特徴、病因、病理学的変化、疫学および臨床症状についての成人カテゴリーの偽結核は 、腸管の黄疸症に類似しているので、多くの感染症がこの概念を特定している。

偽結核症の原因物質は1883年に初めて発見されたが、40年後には腸黄疸症の原因物質が発見された。 1953年に登録されたこの病理の最初の臨床形態は、V. MasshoffとV. Knappによって記述された膿瘍性髄膜炎であった。 成人人口の中で唯一の大規模な偽結核の流行は、1959年の極東でした。

現在、成人の偽結核の発生はほとんど記録されておらず、汚染された生野菜を食べる時に散発的な症例が観察される。 成人集団カテゴリーにおける偽結核とエルベナ症の主な違いは、パーコレーションの潜在的な性質である。

成人における偽結核の再発経過は8%の症例で観察され、慢性経過は3〜10%の症例で起こる。 臨床症状の発症から3週目の初めに早期再発のリスクが高いことと関連して、回復期の病院からの抽出物は、発病後21日以内に実施されるべきである。 再発の発生は、感染病院からの早期退院と同様に、抗生物質療法の不適切な計画の使用の結果としてしばしば生じる。 偽結核の再発は、軽度の形態で起こる同様の臨床症状の発現を伴う。

成人における偽結核の結果は一般的に好ましいが、50%の死亡率がある一般的な敗血症変異体を除き、 偽結核症の臨床像の平均所要時間は1.5ヶ月を超えないが、この感染病変は慢性過程の発症の可能性があることに留意すべきである。 いくつかの状況では、成人の偽結核は、免疫装置の機能に悪影響を与えるため、自己免疫疾患の発症の証拠となることさえある。

偽結核の診断と解析

いくつかの状況では、「偽結核」の診断は、歴史的データだけでなく、臨床徴候の急性の衰弱、一般的な毒素症候群、高熱、特定の外傷、口腔粘膜の炎症、臓器損傷の兆候の形での特定の愁訴および客観的検査データ消化管、関節症、アレルギー症状。

偽結核の診断における補助的な役割は、疫学的な異常の評価である。 しかし、細菌学的検査および血清学的検査の形での偽結核の検査室診断は、診断の検証に関して最大​​の情報性を有する。

偽結核の急性臨床像の段階では、特定の原因物質を生体液(咽頭からの糞便、尿、粘液)から分離することが可能であり、遠隔の虫垂および腸間膜リンパ節群の研究も可能である。 細菌学的解析として、Y. pseudotuberculosisが、滅菌リン酸緩衝生理食塩水(pH 7.4)、Serova培地の形で豊富な栄養培地で低温条件下で安全に増殖するという事実に基づいて、PattersonおよびCook法が最も頻繁に使用される。 栄養培地に直接播種するためには、偽結核症のために血液を摂取すべきではありません。ほとんどの場合、血液培養を受けることはできません。

凝集検査(診断力価1:200)や間接血球凝集反応(診断力価1:100)などの偽結核症の血清学的検査法として使用されている。 「偽結核」の診断を確実に確認するために、義務的な基準は、対になった血清を分析する場合に4回以上抗体力価が動的に増加することである。 偽結核の検査診断のための血清学的方法の実施における広範な使用の制限は、この方法の特異性が低く、研究が面倒である。

近年、偽結核の迅速診断として間接免疫蛍光法、ラテックス凝集法、酵素イムノアッセイが広く用いられており、精製された偽結核高免疫血清を診断対象としている。 これらの技術は、患者の様々な生物学的単離における病原体の抗原の検出を意味するので、好ましくは、疾患の臨床像の初期段階で使用される。

偽結核の他の感染病理学のための最も有益な検査方法はイムノブロッティングとPCR診断であり、調査中の物質中の病原菌のいくつかのDNA分子を検出するのに十分である。

偽結核の治療

多数の症例における偽結核が良好な経過を有するという事実を考慮すると、患者の治療は外来患者に許容され、厳重な睡眠および患者の摂食行動の合理化を伴う。

エストロトロピック薬物療法の基本要素は、疾患の初期段階における抗菌薬の使用である。 必要とされる抗菌薬の選択は、偽結核の臨床形態およびこれまたはその抗生物質に対する病原体の感受性に関する分析データに直接依存する。

したがって、偽結核性髄膜炎の場合、選択される薬物は1日4回クロラムフェニコール1gである。 ほとんどの場合、腹腔内の偽結核症は外科的介入が必要であり、セフォタキシム0.5mgを1日2回非経口投与、ドキシサイクリンを1日200mg、テトラサイクリン0.25mgを1日6回、ゲンタマイシンを5mg患者の体重1kg当たり、セファゾリンは最大1日量4gで投与する。

一般化された偽結核は、患者のセフォペラゾンを毎日2gの用量で処方するための基礎であり、ペフロキサシンは最大1日量1.2gである。

病理学的に正当化された偽結核治療剤には、コロイド溶液(レポリグリキキン400ミリリットルの非経口投与)、抗ヒスタミン薬(1日1錠のセトリン)、非ステロイド系抗炎症薬(1日1回のイブフェン1カプセル)、免疫調整剤中毒症候群を止めることを目的としたものである。

偽結核の医療的矯正が完全に欠如している場合、感染性毒性ショック状態、心筋炎、 川崎症候群 、癒着または麻痺性腸閉塞、腸重積症、腸壁の穿孔、髄膜脳炎、腎盂腎炎および肺炎として示される種々の器官からの合併症の発症の好都合な背景が生じる。

偽結核の予防

偽結核の予防の基礎として、標的とされた衛生、抗流行および衛生手段が用いられる。 まず第一に、食品、特にフルーツ作物の消毒を確実にし、それらを野菜店に保管するための基本的な衛生規則を守り、食品が保管されている部屋の温度および湿度の管理を維持することが必要です。

成人カテゴリーは、特に春の期間に予備加熱処理なしで野菜や果物作物の消費を急激に制限するべきである。 家畜の偽結核感染の可能性を制限することは、動物を保護するための最も好都合な条件を作り出すことを目的とした動物衛生基準を厳格に遵守し、環境要因による感染を防ぐことを可能にする。

偽結核の予防における重要な有利な役割は、食品産業に関与する企業における逸脱、ならびにこれらの企業およびそれ以降の活動的な衛生教育である。 毎月、細菌学的および血清学的分析は、各野菜の店舗で必須です。 偽結核の特定の予防は、流行の広がりの傾向がないために適用されない。

疫学上の活動の観点からは、感染症病院の保留者の退院条件の遵守状況を監視すべきであるが、偽結核のすべての症例が入院の基礎となるわけではないことに留意すべきである。 偽結核のための血液は、腸の形態の場合にのみ排出前に与えられる。

患者が重度の偽結核を経験した場合、このカテゴリーの人のフォローアップ健康診断を3ヶ月間確立することが義務付けられています。 小児に偽結核病が登録されている場合は、家族全員の細菌検査を実施する必要があり、病人の自然配分は1時間暴露して塩素石灰で消毒する必要があります。

? 偽結核 - 私は医者に行くべきですか? 偽結核の発症が疑われる場合や疑われる場合は、感染症専門医のセラピストとして、直ちにその医師にアドバイスを求める必要があります。