母親の病気

Рожа Erysipelas(丹毒)は、炎症性皮膚病変および全身の中毒によって引き起こされるかなり重大な感染症である。

丹毒の原因物質は、人体の外側で安定した丹毒菌連鎖球菌である(低温と乾燥にかなりよく耐え、30分〜56℃で加熱すると死ぬ)。

20〜30歳で、紅斑は、主に、プロの活動​​が皮膚の汚染および微小外傷(ビルダー、ドライバー、ローダーなど)に関連している男性に苦しんでいる。 しかし、高齢群(40年後)では、大部分の丹毒患者は女性である

原因

この病気の主な原因は、損傷した皮膚(擦り傷、絡み合い、傷、擦り傷)による連鎖球菌感染の浸透である。 統計データによれば、約15%の人々がこの感染症のキャリアですが、病気になることはありません。淋病の発症は、特定の要因またはこれらの疾患の素因に惹起されるべきです。

ロジャースの登場を引き起こす要因:

- 体温の急激な変化(過熱および低体温)

- 皮膚の完全性の侵害(亀裂、絡み合い、傷、擦り傷、擦り傷、ナイキスト)

- 打撲傷

- 日焼け

ロジャー病の出現を予知する:

- 真性糖尿病

- 静脈瘤

- リンパ節の病気

- 足カビ

- 身体全体の免疫力を低下させる慢性身体疾患

, кариес, синусит, тонзиллит, отит – при Роже лица; трофические язвы и тромбофлебит – при Роже конечностей) - 慢性連鎖球菌感染症の病巣( 歯周炎 、う食、副鼻腔炎、扁桃炎、耳炎 - 顔面ざ瘡の場合、栄養性潰瘍および血栓性静脈炎 - ロジャーの四肢)

症状

ほとんどの場合、この病気は激しく始まります:

- 体の一般的な弱点がある Рожа1

- 筋肉や頭痛があります

- しばしば吐き気や嘔吐があります

- 体温が39 * -40 * Cに上昇する

- 震えが現れる

重度の病変の場合、痙攣、せん妄、髄膜の炎症があります。

病気の最初の兆候後1日以内に、局所症状も加わります:発赤、発赤、腫れ、痛みが皮膚の患部にあります。

七面鳥の敗北の性質によって、胚珠は細分化される:

- 紅斑の形態(皮膚の赤みと腫れ)

- 出血性形態(血管の浸透性および出血)

- 水疱性形態(罹患した皮膚上に水疱が滲出した水疱が浮腫しているように見える)

中毒の度合いによって、丹毒は軽度、中等度および重度に細分される。

紅斑の発生の多重度により、一次、再発および反復に細分される。

局所病変の有病率によれば、紅斑は以下のように分類される:

- ローカライズ(頭、後ろ、顔など)

- 放浪(ある場所から別の場所への移動)

- 転移性

紅斑の紅斑型

皮膚の患部は、赤み(紅斑)、痛みおよび腫脹によって特徴付けられる。 この場合の赤化は、均一な明るい色合い、明確な境界を有し、周辺播種を受けやすい。 患部は皮膚の上に浮き上がり、不規則な形状のエッジを有する

紅斑の出血性出血性形態

この病気の形態は、紅斑の部位にある場合には、皮膚の患部に出血があることを除いて、紅斑形態とほぼ同じ症状を伴って生じる

紅斑性の水疱性形態

この病気の形態は、紅斑のように始まりますが、病変の3日以内に紅斑の場所で皮膚の上層の剥離が起こり、この時点で泡は様々な大きさの透明な内容物で満たされます。 その後、これらの気泡は破裂し、褐色の茶色が見つかった場所に現れます。 いくつかのケースでは、びらんの場所でびらんが起こり、その後水疱性潰瘍に変わる可能性があります

水疱の出血性形態

この症状は、紅斑性疱疹とほぼ完全に似ていますが、紅斑の場所にある水疱は、透明な内容ではなく血まみれ(出血性)で満たされているという唯一の違いがあります

原発性髄鞘は、しばしば顔面に局在化し、下肢に再発する。

再発紅斑は、最初の敗北地で2年間に繰り返し発生した場合に考慮される。 , синуситы, варикозная болезнь вен, хронические тонзиллиты и пр.).これは、副作用(真菌症、 真性糖尿病 、副鼻腔炎、静脈瘤、慢性扁桃炎など)の身体における不適切な治療または存在のために生じる。

反復淋菌は、以前の疾患の2年後(またはそれ以上)に発症する

治療

この疾患の治療は、疾患の形態および多様性、中毒の程度および合併症の存在に直接依存する。 軽度および中等度の形態の丹毒患者のほとんどは、外来患者の治療を受けています。 感染症部門の義務的な入院では、そのような適応症を有する患者は、

- 子供または高齢者

- 付随する重篤な疾患の存在

- 病気の深刻な経過

- 頻繁な再発

患者の複雑な治療において、紅斑の診断における最も重要な場所は抗菌療法である。 ポリクリン状態での治療では、錠剤化された抗生物質が処方される:

- オレトレイン、ドキシサイクリン、スピラマイシン、エリスロマイシン(コースは7〜10日)

- シプロフロキサシン(5から7日間コース)

- アジスロマイシン

- リファンピシン(7〜10日コース)

入院時には、ベンゼニシリンで7〜10日間、丹毒治療を行う。 重篤な疾患の進行および合併症の発症の場合、ベンジルペニシリンとゲンタマイシンの組み合わせ、ならびにセファロスポリンの任命が可能であり得る。

淋病患者は、2〜4週間、複雑なビタミン摂取が処方されています。 重度の病気の場合、解毒静脈内治療が行われる(生理食塩水+血漿+ 5%グルコース溶液+レオポルギルスチン+ 5-10mlアスコルビン酸の5%溶液)。 また、解熱剤、心血管および利尿剤を処方する。

急性期の間に、UFOおよびUHFは、ナフタレンまたはパラフィン(オゾケライト)が続く炎症の影響を受けた部位に割り当てられる。

局所治療は、水疱の形態の疱疹でのみ行われる。 雄牛の縁の1つを切開し、フラシリンまたはリバノールの溶液を用いた包帯を炎症の焦点に適用する。 将来的には、マンガン - ワセリンドレッシング、Shostakovskiのバームやエクテリシンを使用した包帯が予定されています。 局所療法は、理学療法と交互に行うべきである。