重度の動悸

сильное сердцебиение фото 強い心拍は心臓の加速されたリズムの個々の感覚であり、その原因は心筋の早期、時には追加の収縮性衝動の発生であり得る。 注目すべき事実は、 洞性頻拍症でさえも、必ずしも健康状態に反映されず、人は健康状態の変化を完全に無視することができる。 同時に、強い動悸の感覚は、心臓の収縮の頻度が適度に増加したとしても、人を邪魔することがあります。

重度の動悸の原因

強い動悸の感覚の原因の中には、心臓の有機病理に必ずしも関連しない様々な病的状態がある。 例えば、神経系の興奮性が高い人は、完全な幸福の背景にもかかわらず、ほとんどの場合、鎮静剤を服用した後に、または鎮静剤を服用した後に強い動悸が現れることに気付くことがある。

強い動悸の場合の誘発因子の解明は主治医の最も重要な仕事である。なぜなら、ほとんどの場合、この症状を排除することは、その発生原因を排除するのに十分であるからである。 心臓病に罹患していない健康な人でさえも、強い身体活動、隆起上昇、環境の高温高湿の状態、恐怖の形での鋭敏な心理的反応、カフェイン含有大量の飲料および食品、ならびに腸の過剰な腫脹を含む。

頻脈では、患者の排他的主観的感覚である「急速な心拍」とは対照的に、心筋のより速い収縮性の客観的徴候があるので、多くの患者は「強い動悸」および「 頻脈 」の概念を特定する。

心筋の収縮性への影響の重要性は、カリウムまたはマグネシウムの乏しい欠乏でさえ強い心拍の発達を引き起こす可能性があるので、体内の微小要素のバランスをとる。 心筋の収縮に対する刺激効果は、人体の体温によっても影響される。なぜなら、1度上昇すると心臓の仕事が増加し、温熱症患者の動悸が現れるからである。

なぜ、いくつかの状況で強い動悸が患者の生命や健康に危険なものになることがありますか? 事実、強い動悸の感覚は、緊急の医学的介入を必要とする生命を脅かす状態の唯一の臨床兆候として作用し、その中に心臓過速症、テタニー、甲状腺機能亢進症および重度の不整脈の症候群が存在する。 このような場合、急速な心拍は、1日のいつでも、完全な幸福の背景に対して起こり、非常に攻撃的である可能性がある。

心拍数の上昇と血圧の上昇との間に明確な病因論的関係があり、動脈血管の二次的な圧力勾配の増加、すなわち増加した心筋の働きに対する代償反応であり、その逆ではないため、強い心拍を有することは極めてまれである。 しかし、 動脈高血圧は患者の状態を著しく悪化させる可能性があることを念頭に置く必要があります。したがって、強い動悸を排除するための治療措置を講じるには、正しい血圧の手段を使用する必要があります。

アナフィラキシー反応または異なる性質のショックは、血圧の急激な低下にもかかわらず、強い心拍を伴うことがある。 対照的に、この状況では、心拍の強化は、大口径の動脈の圧力勾配を増加させるための補償メカニズムとして働く。

急性の動悸が急激に発生した場合、患者はそれを「胸部の破裂、首や胸部の痙攣、または拍手」と表現します。 心臓不整脈の一定の形態に苦しんでいる患者は、徐々にこの状態に慣れますが、非常に強い心拍で、心理感情成分の活性化に気付き、易刺激性、急速な疲労から成ります。

原則として、非常に強い動悸は、 めまい 、呼吸困難、脈動性の頭痛 、皮膚発汗および蒼白のような他の臨床症状の出現を伴う。 これらの臨床基準の出現は、同時に、最寄りの医療機関への医療援助の即時適用の基礎となります。 朝は強い心拍が不整脈の徴候であることが多いため、この病理に苦しんでいる人はさらに検査する必要があります。

強力な動悸の発作の存在を観察する患者を検査する場合、この臨床症状が心臓の重度の病理、例えば発作の発作の形態を隠すことができるので、完全な検査が行われるべきである 。 この病理では、患者は夜間に攻撃の様子に気づき、「激しい動悸から目を覚ます」と同じように症状を説明します。 患者におけるこのような苦情の発生は、主治医からの注意深い態度を必要とする。

妊娠中の重度の心拍

妊娠は、すべての重要な機能が加速されたペースで行われる女性の体にとってストレスの多い状態です。激しい心臓の仕事も例外ではないので、強い鼓動の感覚が妊婦のもっとも頻繁な苦情です。 急速な心拍に伴う症状は、心臓活動のリズム(呼吸障害、心臓の不快感、めまい)に違反して観察されたものと同様である。

心拍数の上昇のリスクグループは、妊娠中の貧血女性であるため、このカテゴリでは、強い動悸の発作には、しばしば、意識消失の短期間のエピソードが伴う。 強い心拍の出現の理由の中で、まず、妊娠中の女性のホルモンの背景の変化、心理的感情の不安定さ、および身体的労作の忍耐がないことを考慮する必要があります。 妊娠中の女性の中にはビタミン剤をたくさん摂取しているものもありますが、高ビタミン症は心臓の機能に非常に悪影響を及ぼし、強い心拍の発症につながる可能性があります。

産科医の大半 - 婦人科医は、女性の身体の正常な反応として、妊娠中の動悸の増加を考慮しているにもかかわらず、この状態には動的な観察と、必要であればタイムリーな薬物の使用が必要です。 心臓の動悸が軽度の形態で起こるのはなぜ妊娠中に正常と考えられるのですか? 実際、この状態は女性の体の代償反応であり、その結果、子宮が充分に血液で満たされているので、胎児は必要量の栄養素を豊富にしています。

強いハートビートが発症する最も重要な時期は、女性のホルモン状態の最大活性化と体内のすべての代謝過程の促進が観察されるのがこの期間中であるため、妊娠の第1期である。 この状態の発症の予測要因は、ビタミンやマグネシウムの欠乏であり、強力な心拍動の誘発者の役割においては、過度の身体的または感情的感情活動が最も頻繁に現れる。

妊娠第2期では、妊娠中の女性の体重増加が始まり、心血管系の負荷が増加するので、心臓の非特異的疼痛症候群を伴う急速な心拍の訴えが徐々に高まっています。

重度の心悸亢進の発生を排除することができる摂食行動を改善するための推奨事項を考慮すると、カフェイン含有飲料の排除と飲酒規制の正常化に限定されています。

子供の強い心拍

どんな年齢の子供でも強いまたは急速な心拍の出現は好ましくない兆候であるため、このカテゴリーの子供はこの状態の根本原因を見つけるためにフォローアップが必要です。 子供の小児における心拍数のわずかな変化は病理とはみなされないが、すべての器官およびシステムの増加した成長および発達に関連する身体の必要性の増加に応答する代償機構であることに留意すべきである。 心拍の加速または減速のプロセスは、子供の体の健康状態(身体活動のレベル、体温)および環境(温度、湿度、季節)の両方によって影響される。

子供に "強い動悸"の結論を確立するには、まず、各年齢カテゴリの心拍数の規範的パラメータを考慮する必要があります。 例えば、新生児の場合、毎分180カットの脈拍数は正常ですが、1年以上の子供の場合、この指標は好ましくありません。

小児における強い動悸の最も一般的な病因の変種は洞性頻拍症であり、その原因は必ずしも重篤な心臓病変ではない。 副鼻腔頻脈を伴う重度の動悸の短期エピソードは、生物の過熱または子供の過度の身体活動によってさえも誘発され得る。 小児の洞性頻脈を発症する傾向は、薬物治療の使用の指標ではありませんが、この小児のカテゴリーは、小児心臓病専門医からの必須の動的観察の対象となります。

子供の健康状態への影響に関してより深刻なのは、発作性頻拍の発症によって引き起こされる心拍数の増加である。 名前に基づいて、この形式の心機能不全は急性であり、即時投薬が必要です。 発作性頻拍における強い動悸の特異性は、この病的状態の進行を著しく悪化させる臨床症状および付随する呼吸器疾患の突然のデビューである。

心臓の先天性奇形の存在により、小児は慢性頻拍症を有することがあり、これは臨床症状の強度が低く、この状態の治療は主な先天性病理の排除を意味する。

強いハートビートで何をすべきか

診断の正確な検証と最も適切で適切な治療レジメンの任命の目的で、心臓病学者を参照する絶対的な指標である臨床基準の全範囲があります。 そのような基準の役割は、過度に強くて長時間の心拍、誘発因子の最小限の効果または安静時の心拍数増加の発症、この症候群の経過の不均一または衝動的な性質である。

緊急のケアではなく、長期間にわたる心肺蘇生を考慮すると、まず喫煙や飲酒のような有害な習慣を制限し、精神的情動を正常化し、十分な安静と睡眠を提供するという患者のライフスタイルを変更する必要があります。

強い動悸の発作の場合、主な行動は、精神矯正(呼吸運動、自己催眠)の様々な方法を使用することが可能な心理的感情緩和だけでなく、患者による快適な位置の受け入れである。 重度の動悸を有する患者の大部分は、深い吸気段階の間に呼吸遅延技術を使用し、数分後に心臓リズム障害の除去に関して良好な効果を記録する。 これらの方法が所望の効果をもたらさない状況では、植物ベース(Valerianaチンキ - 20滴)で作られた鎮静剤を摂取する必要があります。

心臓の心臓の動悸の治療に使用される薬物の中で、植物性および合成性の両方の抗不整脈薬および鎮静剤が単離される(Sedasen 1カプセルを1日2回、Adaptol 500mgを1日2回)。 強力な動悸の阻止または長期治療の目的で使用される抗不整脈薬は非常に多様であり、特定の薬物群の選択は、不整脈の病因形態に直接依存する。 例えば、心室性頻拍では、選択される薬物はObsidanであり、1日用量60mgである。

いくつかの病気もあり、臨床症状の1つは強い動悸であり、外科的治療法(心臓手術、甲状腺または褐色細胞腫の容積形成の除去)のみを必要とする。

? 強力な心拍 - どの医師が助けますか? 強い動悸の発症や疑いがある場合は、心臓専門医や神経科医などの医師からアドバイスを受けてください。