椎体動脈症候群

синдром позвоночной артерии 椎骨動脈の症候群 - 両椎骨動脈または1つの椎骨動脈における血流の違反、脳への血液供給の貧困をもたらす。 この症候群は、1925年にDr. Lieu and Barreによって最初に報告されました。 議論される内容をより明確に理解するためには、頭部の血液供給について学ぶことが少なくとも必要です

頭部への血液供給

脳には、頸動脈と脊椎動物の2つの盆地から血液が供給されます。 頚動脈盆には、頸動脈が含まれ、より正確には、内頸動脈が含まれ、血流の70〜85%を提供し、実質的に全ての主要な脳循環障害(最初の脳卒中)に関与する。 したがって、検査中、それらは常に特別な注意を払われ、そのアテローム性動脈硬化病変およびその後の合併症は、血管外科医、神経科医および心臓専門医の注目を集める目的である。

脊椎骨叢は、左右の椎骨動脈を含み、脳の後部に血液を供給し、血流の15〜30%を提供するので、その敗北は、患者の完全な人生に重大な損害を与え、彼の身体障害者。

脊椎動脈の敗北は、視覚および聴覚障害、協調障害、意識喪失、頭痛および重度のめまいの形態で現れる

脊椎動脈症候群の原因

脊椎動脈の病変の原因は、非脊椎動物性および脊椎動物性の2つの群に分けられる。

非脊椎動物の病変(脊椎とは関係ない)は、動脈の経過およびサイズの先天性異常、またはそれほど一般的ではない - アテローム性動脈硬化症によるものである。 ほとんどの場合、これらの異常は独立した意味を持たないが、動脈の圧縮の他の原因の追加により、むしろ不利な背景が現れる。

脊椎の病変は、脊椎の様々な病気によって引き起こされる。 当初、これらの病変は、頚椎の外傷後および形成不良の不安定性を伴う青年期(小児期)においてさえも観察され得る。 しかし、最も顕著な変化は、 骨軟骨症の発症により成人に現れる

椎体動脈症状および徴候の症候群

この病気の最も特徴的な症状は、後頭部で観察される拍動性の頭痛を伴う十分な痛みを伴う、時々突発的に悪化する、一定である。 攻撃中の痛みを伴う感覚は頭の他の領域に広がり、鼻橋や眼窩(頚椎偏頭)、耳、額、頭頂 - 頭部領域に照射されることが最も多い。 痛みを伴う感覚は、永続的または発作的であり、しばしば片側に局在する。 頭皮の痛みがしばしばあり、櫛を切ったり軽く触ったりしても現れます。 ヘッドを傾けたり回したりすると、特徴的な「クランチ」がしばしば聞こえ、時には灼熱感を感じることがある。 いくつかのケースでは、椎骨動脈症候群の患者は吐き気または嘔吐、鳴りまたは耳鳴り、難聴、様々な視覚障害(二重視力、眼の前のかぶれ、視力の低下、シュラウドなど)を伴う眩暈を経験する。 まれに、咽喉に異物が存在する感覚(咽頭片頭痛)や嚥下障害があります。 喉の渇き、短期間の飢餓、寒さや熱などの栄養障害があるかもしれません。

主が交感神経叢の敗北であった場合 синдром позвоночной артерии 異常痛や痛みの感覚が最も頻繁に片側の刺激的な舌、歯、硬口蓋、顔面、咽頭(異物の存在感、燃焼、チクチク)であるバーナード - ホルナー症候群がある。 さらに、耳や嘔吐に伴う騒音/鳴りを伴う、失敗、驚愕、めまいの形の前庭障害がある。 頭痛の発作の間、寒さ、発汗、効率の低下、疲労の増加、視力の低下、いわゆる「目の前でのちらつき」があります。 頭の位置の変化は頭痛の著しい増加につながるが、頭痛が減少するかまたは完全に消滅する最適な位置を依然として見つけることができることがある。

椎骨動脈症候群を診断するための主な方法は超音波ドプラ法(UZDG)である。 また、診断時には、椎骨動脈症候群と片頭痛を区別することが必要である(症状の有意な類似性のため)

椎体動脈症候群

複雑なアプローチが、患者の年齢、彼の現在の状態の重症度および生物の個々の特徴に応じて、椎骨動脈の症候群を治療するために使用される。 この病気に罹患している人は卒中の危険性があるため、治療は主に痙攣の原因や血管の循環障害の除去、ならびに血液循環の迅速な正常化を目的としています。

複雑な治療には、真空療法、反射療法、薬力学および血管療法が含まれる。 さらに、抗炎症薬および軽度の抗うつ薬による薬物治療が規定されている。 シンナリジン(Cinnarizine)、アミノフィリン(Aminophylline)、キャビントン(Cavinton)などの血管拡張剤; めまいで - Betagistin。

検査で脊髄または脳の循環の急激な中断が明らかになった場合、病院内での治療のための患者の入院が示される。

入院を急ぐ必要がない場合、主治医は、特別な整形外科用コルセット(シャンツ襟)を一時的に着用することができます。これは、頸椎への負担を軽減するために使用されます。

脊椎動脈症候群では、手動治療、鍼治療、および理学療法(磁気療法、二動態電流、ヒドロ​​コルチゾンを用いたフォノフォレシス、鎮痛薬を用いた電気泳動)のセッションがしばしば処方される。