洞結節の衰弱症候群

синдром слабости синусового узла фото 洞結節の衰弱症候群は、リズム障害によって特徴付けられ、心房および洞結節の自動操作の減少または絶対停止によって引き起こされる一般的な概念である。 洞結節の弱さの症候群では、あるプロセスが起こり、そこでは、SUからのインパルスと伝導が 徐脈の形態の心房、ならびに異所性の不整脈を伴う。 洞結節の弱い症候群を有するそのような患者では、突然の心停止が起こることがある。

基本的に、この異常は60年後には性的関係の恩恵なしに診断されることが多い。 しかし、この疾患は、小児および青年のような患者の間で時折見られる。

CS機能不全は、有機病変の結果として形成され、また、心機能を回復するために必要な薬剤を処方することによって、またはインパルス教育およびその行動に参加することによって特徴付けられる薬物を取り除くことによって排除される、自動および薬剤の自発性障害の結果として形成される。 洞結節の衰弱の症候群は、心臓のリズムの形成における基本的位置の喪失とともに発生する。

原因の洞結節の弱さの症候群

原発性異常の発生に影響を及ぼす病因因子の中には、洞房障害の領域の有機病変の結果として機能障害が注目されている。 まず、心臓病 - 高血圧、心臓病、心筋症、 虚血性心疾患 、心筋炎、外科病因学的外傷および心臓移植。 原因には、変性および浸潤性の疾患、 甲状腺機能低下症 、骨および筋肉の変化、老人病のアミロイドーシス、 悪性心臓腫瘍 、強皮症心臓、 サルコイドーシスも含まれる

洞結節の衰弱症候群は、動脈狭窄を引き起こす虚血によって誘発され得、これは次にSSおよび洞房結石の領域に給餌する。 また、様々な炎症プロセスおよび浸潤、ジストロフィー、出血、硬化症および壊死もこの症候群の原因と考えられている。

副鼻腔症候群衰弱症候群の副次的原因は、SSに直接影響を与える外因性因子と関連している。 その中にはSU(Clofelin、Verapamil、Dopegit、b-adrenoblockers、Cordarone、強心配糖体)の働きを減らす高カルシウム血症、高カリウム血症、薬物療法などの要因があります。

洞結節の衰弱の症候群の形成に影響を及ぼす外部因子には、WDS(栄養機能障害SU)が含まれる。 徐脈を引き起こす神経の放浪特性の過活動化およびこの節の耐火性を延ばすプロセスにしばしば留意されたい。 放浪している神経は、睡眠中、排尿中、消化不良、嚥下中および咳中、ならびにヴァルサバ(Valsava)試験中に増加した調子を得ることができる。 この神経の病理学的活性の出現は、豊富な神経支配の存在が異なる咽頭、消化管および泌尿生殖器系における炎症過程によって誘発され得る。 このすべては、温度および頭蓋内圧の上昇、敗血症および高カリウム血症で起こり得る。

さらに、プロスポーツに従事する人々における洞結節弱化症候群の真の形態は、心筋ジストロフィーの結果としての不整脈の他の病理と組み合わせることができる。

洞結節の衰弱症候群症状

副鼻腔の弱化症候群は、潜在的な心房不整脈を伴う潜在的な、補償された、代償不全の、およびbradiscystolicタイプの、コースのいくつかの変形からなる。

洞結節の弱い症候群の潜在的な変種は、臨床症状および心電図の症状がないことを特徴とする。 しかし、この節の機能不全は、電気生理学的検査によって決定される。 また、働く能力に制限はなく、この形態の症候群では、ペースメーカを植え込む必要はない。

洞結節の衰弱の症候群の補償されたバージョンは、2つの亜種に分類される:脈管収縮期および腕時計不安症。 第1の症例では、患者は、衰弱感および眩暈感の愁訴の形で強い臨床症状を有する。 同時に、職業能力の部分的な制限があるが、ペースメーカの植え込みのための手術介入はまだ行われていない。 第2の場合、braditahisistoliiでは、発作性の頻脈性不整脈が第2の変法の臨床症状に加わる。 ペースメーカーは、抗不整脈治療の任命とともに疾患の代償不全の間に埋め込まれる。

洞結節の衰弱の症候群の非代償版もまた、脈管収縮および冠動脈拡張術を伴う経路に細分される。 第1の形態は、持続性の重度のSB( 洞性徐行 )および脳循環障害、徐脈性不整脈による心臓の不十分な働きの形態の症状を特徴とする。 この場合、患者は仕事の能力に限界があり、ペースメーカの植え込みは収縮不全および回復活動のために3秒以上指示される。 第2の形態(ショート症候群)は、上室性頻脈、フラッターおよび心房細動の付加を伴う洞結節弱化症候群の以前の形態のすべての症状を特徴とする。 この場合、患者は完全に機能する能力がなくなり、従って、代償不全型の筋ジストロシス型と同じ適応症で移植が処方される。

一定のbradisystolia心房細動では、頻拍動症状およびbradisystolic症状が特徴的です。 第1の変形例では、作業能力が限られており、迅速な介入の明確な兆候はない。 第2の変形例では、ペースメーカに脳性状および心不全の症状が植え込まれる。

洞結節症候群の場合、衰弱は、起こりうる再発を伴う疾患の急性および慢性経過を特徴とする。 急性形態は、心筋梗塞の結果として発症する。 洞結節の衰弱症候群の再発は、安定したまたは遅い形態の漸進的経過を有することができる。

洞結節の衰弱の症候群の一次形態の形成の原因は、洞および心房帯の病変であり、二次的 - 栄養システムの規制違反である。

この症候群の症状のある変異型は、様々な臨床症状を特徴とする。 患者の特定の偶発事例では、洞結節の衰弱症候群の症状が長時間現れないことがあり、他の患者では頭部の痛み、モルガン・アダムス・ストークスの発作およびめまいに伴う心調律の違反によって表される。 さらに、喘息は心臓型、肺水腫および狭心症を発症し 、そしてまれに - 心筋梗塞を発症する

基本的に、洞結節の衰弱症候群の診療所全体は、脳および心臓の症状に基づいている。 第1の選択肢は、患者の疲労、過敏性、覚醒および感情の不安定さ、および高齢の患者の知性および記憶低下で表される。 病理学の進展とともに、すべての脳性徴候が徐々に増え始める。 この場合、斑状の症状があり、皮膚が薄くなり、寒くなり、汗で覆われ、圧力が急激に低下する。

気絶の様子を促進するには、タイトな襟、突然の頭の動きと咳。 原則として、これらの失神は医学的援助なしではあるが、長期にわたる形態では、緊急援助は必要である。

徐脈の顕著な徴候では、 めまいが増え、記憶低下、過敏性、麻痺、不眠症および言葉の嚥下が現れる。

心臓症状の徴候は、冠動脈循環の不十分な機能によって説明される胸の背後の痛みと同様に、遅延または不規則な充満を伴う脈感覚の出現と関連している。 後の不整脈は、呼吸困難、心臓の機能不全、鼓動、衰弱、および不十分な心臓活動の慢性形態の発生の形で加えられる。

洞結節の衰弱の症候群が進行する時に、心室頻脈または細動があり、BCC(突然の心臓死)の危険性が増大する。 また、疾患乏尿、 断続的跛行 、胃腸管の異常、およびそれらの酸素供給の結果としての筋肉の衰弱の他の有機的兆候もある。

客観的検査では、夜間に徐脈が検出され、物理的負荷の下で起こり得る。 洞房結石の封鎖または異所性のリズムである。

小児における洞結節の衰弱症候群

これは、複雑な状態であり、SSの様々な変形を実行する能力の低下を含む。 小児におけるそのような病状は、心拍数を低下させるCSおよびその下に横たわる中心の病変の不可逆的な過程である。 洞結節の衰弱症候群は、CS障害の有機的性質によって明らかにされ、BC病変(突然死)を予防するために、この病理およびタイムリーな外科的介入を有する患者の早期発見が必要である。 これを行うには、将来の異なる年齢の子供の間で死亡を防ぐために生まれた子供のみをスクリーニングする必要があります。

小児の洞結節症候群は、一過性(心筋の炎症性疾患の背景)、一定(心不全)または進行性(Romano-Ward症候群)のような形態を特徴とするが、導電性システムはほとんどの場合影響を受ける。

小児における洞結節の衰弱の症候群を診断することの難しさは、病気の無症候性症例であり、FFまたは収縮不全に起因するVSが病理学的過程の唯一の徴候になり得る。 したがって、小児における疾患のデビューの症状およびその検出の特徴の分析は、すべて緊急のままである。

子供の50%において、この病状は症状なしで進行し、その兆候は事故によって非常に検出される。 残りの病気の子供たちは、失神発作、頭痛、衰弱、心臓の不規則なリズム、めまいに悩まされています。 このような心電図上の子供は、静脈徐脈またはペースメーカーの移動を見つける。 治療の不在の場合、40%の症例で麻酔薬の封鎖が発生し、SUを完全に拒絶する。 しかし、無症候性の経過を経ても、この症候群は徐々に進行する。

病気の子供の心電図では、徐脈、リズムの移動、上室性頻脈、スリップリズムが注目される。

心臓の洞結節の衰弱の症候群の最初のバージョンでは、失神または前代未聞の状態がある。 病理学の第2の変種は、単一の子供の特定の電気生理学的状況に依存して発生する。 さらなる特性の既存の潜在経路では、徐脈を伴う頻脈の症候群によって特徴付けられる第3の変種が形成される。 しかし、洞結節の衰弱の症候群の第4版では、顕著な持続性徐脈および収縮失調が観察される。 この場合、徐脈および心房粗動の形で徐脈様式も認められる。

小規模な患者の約40%がめまい、重度の衰弱、意識の衰え、50%の脳循環障害を抱えています。 そのような子供たちは突然薄くなり、突然呼吸を止めて発作を起こすことがあります。 したがって、非常にしばしば、病理学的プロセスの第4の変種は、カルジオニューロパシーと呼ばれる。

洞結節治療の弱さの症候群

洞結節の衰弱の症候群の治療尺度は、SUの導電率の障害の程度、病因、疾患の症候像の重症度に依存する。

洞結節の衰弱症候群の軽度の症状を伴い、原発性疾患の治療的処置および心臓病学者による監督が規定されている。 しかし、薬物の使用は、軽度の徐脈性不整脈および頻脈性不整脈の出現のために使用されるが、この場合には有意な効果はない。

洞結節の衰弱を治療する主かつ有効な方法は、心電図刺激装置の植え込みである。 特徴的な病理の表現された臨床表示において、最低のパラメータまで下降心拍数で特別なパルスを発生させる装置の移植が費やされる。

ペースメーカーの植え込みのために、単一のMorgany-Edessa-Stokes発作の存在、心拍数が1分あたり40未満の徐脈、めまい、前胎生状態、不十分な冠動脈循環、高血圧および徐脈が他の不整脈と組み合わされて考慮される。

したがって、洞結節の弱い症候群の適切な治療がない場合、患者は平均して数週間生存することができ、これは疾患の程度に依存することを常に覚えておく必要があります。 一般的に、この病理は、1週間から10年間の治療を受けずに生存し、ある場合にはそれ以上のものを特徴とする重要な変動性を有する。