副鼻腔頻脈

синусовая тахикардия фото 副鼻腔頻脈は、毎分130ビートまでの90以上の心拍の加速リズムによって特徴付けられる特定の状態である。 本質的に、これは内因性または外因性の生理学的CAの細胞応答である 精神的過体重、怒り、痛み、不安、喜び、発熱、感染、貧血などの影響を受けます。

ニコチン、アルコール、およびこれらのすべての因子が組み合わされたときに、交感神経賦活システムの活動が増大し、さまよう性格の神経緊張が低下する洞結節(SU)の自動増加の結果として、洞房頻脈が発症する。

原則として、洞性頻拍は、健康な心臓を有する人々ではより一般的であるが、 栄養血管性ジストニア伴う 。 さらに、心不全の急性および慢性形態の発現を指し、これは、心臓の微小体積を増加させる過程に関与する唯一の重要な生理学的メカニズムである。

心不全の背景に対する心臓の右心房の心房における増加した圧力の結果として、副鼻腔頻脈(Bainbridge反射)が発生する。 いずれの心臓病変の存在下でも、心臓の活性化のメカニズムとして現れるこの心拍数の増加は、心臓および冠状動脈の両方の既存の機能不全を悪化させるのみである。

副鼻腔頻脈は、神経栄養作用に対するSU感受性の保存によって特徴付けられる。 洞反応は、体の位置の変化、深いインスピレーションを伴い、硫酸アトロピン、バルサルバの投与などによって起こり得る。

副静脈瘤の原因

このような状態は、心拍数の増加の形で、任意の年齢層において、そして主に心臓および他の病状を有する者の間で同様に健康な半分に生じる。

洞性頻拍の形成は、心臓(心臓内)および心外膜(心外膜)の原因因子によって直接影響される。

CSF疾患に罹患している患者では、洞性頻拍の発症は心不全またはLV機能不全の最も早期の症状の1つである。 心臓内の理由には、OCHおよびCHF、 心筋梗塞 種々の病因の心筋炎 、重症狭心症、心不全、 心筋 硬化 、細菌性心内膜炎心筋症および心膜炎が含まれる

しかし心外膜性の洞性頻脈の発症の理由は、情緒的および身体的、ならびに遺伝的素因のような異なる種類のストレスである。 さらに、神経原性のほとんどの不整脈は、脳および自律神経系における主に発症する障害(神経循環ジストニア、 神経症および情動精神 )の結果として形成される。 基本的に、この病的状態の神経原性形態は、不安定な神経系を有する若年世代に影響を及ぼす。

頻繁な心拍数の特徴的な病因は、 褐色細胞腫の背景である甲状腺中毒症に対するアドレナリン産生の増加の形での内分泌系の侵害である。 失神、失神、圧迫の急激な低下、ショック、痛みの発作および低酸素症が挙げられる。

場合によっては、心臓のリズムのこの増加は、敗血症、 扁桃炎結核および肺炎などの感染症および炎症の背景に対する発熱状態によって引き起こされ得る。 したがって、1度の温度上昇で、心拍数は、子供の場合は1分あたり10または15拍、成人の場合は8または9拍子まで増加する可能性があります。

洞結節への影響の結果として、その発生の原因が薬物および化学物質とみなされる毒性および薬用洞性頻拍も存在する。 その中には、アドレナリン、ノルエピネフリン、利尿薬、アトロピン、降圧薬、ユーフィリン、甲状腺刺激ホルモン、コルチコステロイド、 コーヒー、紅茶、アルコール、硝酸塩、ニコチン。 しかし、何らかの物質がSUに直接影響を及ぼさないため、交感神経系の緊張が高まる結果、反射性頻拍が発症する。

心拍数が適切で不十分な場合もあります。 それらの発生の理由は、非常にまれであるため、あまり理解されていません。 それらがCSの原発性病変の結果として発症すると推定される。

副静脈瘤の症状

洞性頻拍症の症状は、他の頻脈とはかなり緩やかな経過によって異なり、患者からの苦情のない写真によって特徴づけることができる。 まれなケースでは、患者は心拍の出現と疲労の増加とに一定の不快感を経験する。

洞性頻拍症を診断するには、最初に、このような病理で毎分百ビート以上のパルスを計算し、次にECG調査を行う必要があります。 機能的病理を特徴とする軽度または中等度の形態では、原則として洞性頻拍症の治療は規定されていない。

しかし、注意が払われるべき心拍数の増加のわずかな兆候、および加速された心臓減少を引き起こした既存の病​​態を除外または確認するための適切な検査が依然として存在する。

洞性頻拍の特徴的な臨床症状は、夜間の心拍数を80ストロークの標準に下げることができるが、絶対的に落ち着いた状態であっても毎分百ビート以上の心拍数の増加である。

不安と不快感を引き起こす第2の症状は、患者自身が感じる胸の強い心拍である。 場合によっては、この病的状態を有する患者はめまいになり、失神(患者は意識を失う)になる。

さらに、加速された心拍数は、時には非常に鋭く、人が自由に呼吸することを妨げる周期的な胸部の痛みの出現を特徴とするため、患者は胸骨の後ろの緊張感を感じる。 将来的には息切れがあり、不安の状態になります。 患者は疲れていて、身体活動を容認することができず、彼の人生について非常に心配しています。

原則として、重度の心拍の発作は、突然開始し、突然停止することがあります。 また、洞性頻拍症では、新鮮な空気の不足のために人が吐き気を経験することがあります。 この状態が生理的要因によって引き起こされる場合、それらを除去する必要があり、心拍数自体は正常に戻る。 しかし、そのような状態の発生を引き起こした心臓または他の病理では、根底にある病気の悪化を防ぐために医療が必要です。

基本的には、任意の病因の結果として、副鼻腔頻拍発作の開始時には、落ち着いてから鎮静薬を服用し、主な症状がなくなるまで心地よいポジションを選ぶ必要があります(頻脈)。

小児の副鼻腔頻脈

この状態は、今日、子供の副鼻腔の加速されたリズムのかなり広範かつ特徴的な発現と考えられ、心臓収縮の数の増加によって明らかにされるが、正常な機能からの特別な偏差はない。 小児では、情緒的および肉体的にいずれかの種類の過剰なひずみがある場合、心拍数の増加の徴候が生じる可能性がある。 それが洞房結節(SU)が自動的に増加する理由です。 新生児では、このような診断は、毎分1660回を超える心拍数を超える場合に行われる。 副鼻腔頻脈は子供の約40%に発生します。

新たに生まれた子供のこの病気の発症の主な理由は、 貧血 、アシドーシス、 低血糖症および健康診断、不安、おむつ、痛み発作、過熱の形態の生理学的原因、ならびに心不全に関連するCSFにおける病理学的過程。 そのような簡単な形態のこの状態は、基本的にそれ自体、医学的介入を用いることなく、子供の生後1年を過ぎます。

小児における洞調律の変化の疑いは、毎分100ビートから160ルーメンの心拍数であり得る。 しかし、そのような変動は、子供の熱狂的な状態の時、集中的な運動、長時間の持続的な歩行、息苦しさのために呼吸が困難な部屋、転送されたストレス。 さらに、5分以内に心拍のリズムが正常になり、気絶状態、息切れ、心臓の痛みを伴わない場合、子供は非常に健康であると考えられます。

青少年の副鼻腔頻脈は、内分泌変化、貧血、ストレス、身体的および感情的過労の結果として非常にしばしば発症する。 原則として、病的な頻脈を避けるために、小児および青年における疾患発症のそのような原因因子を緊急に排除しなければならない。 小児におけるこの状態は非常に危険であり、さらに高張型の栄養血管性ジストニアを引き起こし、心不全などの心臓病を引き起こすことも理解されるべきである。

したがって、この病理の症状が現れたときに、その病気の悪化を防ぐために、そのような子供を注意深く監視することは非常に重要である。 この状態は、未熟な心臓血管系によって引き起こされる子供の生理学的現象であり得ることも考慮する必要があるが、

それにもかかわらず、子供が副鼻腔炎の発作を起こしたときには、新鮮な空気に触れて、窮屈な服から子供の首を解放し、額の部分を冷やして、それを落ち着かせるために必要なものを赤ちゃんに提供する必要があります。 その後、医療の手助けを求め、徹底した検査を行い、急速な心拍の発症の原因を調べます。

妊婦の虚血性頻脈

現在、妊娠期間には不快な性質の様々な症状が伴われることが多いため、健康状態のために医師のすべての必要条件を満たす妊婦を満たすことはむしろ困難です。 まず、妊娠中の女性の健康を直接脅かすことはなく、第二に、いつもうまく感じられるとは限らず、時には忍耐強いことさえありません。

この状態になると、洞性頻拍は妊娠中に起こり、心拍の加速リズムが特徴であり、病的心疾患を罹患していない妊婦にも起こり得る。

その発生の原因は、特定の臓器の伝導系における拡散励起を変化させることなく心拍数を引き起こす様々な要因であり得る。 これは、洞の頻脈の生理学的経過が、女性の妊娠中にどのように特徴付けられるかである。 このような理由から、ホルモンの影響下での妊娠期間中の女性生物の全体系の一般的な再編成を行うことが可能である。 CNシステムの負荷も増加します。 女性と将来の子ども、この場合は胎児の必要性​​を確実にすることを目的とした身体器官の集中的な仕事。 特定の器官の位置および子宮の増加の結果としての圧迫に関連する変化。

婦人科医は、病的疾患、急性または慢性失血、不安定嘔吐、水分障害および電解質代謝の負荷を増加させるだけでなく、病理学的疾患に対して肯定的結果をもたらさない完全で包括的な検査の後で、妊娠中の洞性頻拍状態を生理学的状態として診断することができるS.S.S. さらに、小さな亜熱症状態でさえ、妊婦における頻繁な心収縮の発生を引き起こすことができ、この場合、代償反応の機能を果たし、任意の生物に固有のものである。

したがって、洞性頻拍は、心拍数が毎分100ビートの限界を超えたとき、妊婦の状態と全く同じとみなすことができます。 そのため、妊婦の洞調律の加速を診断する際には、包括的な検査を行い、その原因を特定し、心臓専門医、血管外科医、肺専門医、内分泌専門医(必要に応じて)などの妊婦に相談することが重要です。 これは心臓血管系の疾患がある妊娠中の女性にとって特に重要です。

それに付随するこの状態の症状だけでなく、妊娠している女性の期間についても注意を払うことは非常に重要です。 胎児の妊娠期間が短ければ短いほど、心調律の頻度が増加するにつれて注意が払われなければならない。 しかし、妊娠の後期段階では、心臓が胎児の大きさを増やして横隔膜に収縮する結果、生理的な洞性頻脈の出現のための前提条件がすべてあります。 この時点で、ペースメーカーが配置されている心房のわずかな刺激があります。 したがって、妊娠中に有意でない心拍数は正常な代償現象であり、その結果、妊婦の体および胎児は栄養素および酸素の必要性が増す。 したがって、心臓リズムの形態の心収縮の増加は、110-115 ud以上である。 第3妊娠で発見された1分あたりの量は、正常な状態を指し、この場合、治療を処方する必要はない。

また、副鼻腔頻脈は、生物の適応反応のメカニズムとして、追加の身体活動にさらされたときに起こり得る。 負荷の終了時には、健康な妊婦の心拍数は正常でなければならず、このためには少し休息するだけで十分です。 逆の場合、洞性頻拍症の発症時の妊婦の状態が正常に戻らない場合は、心臓病科の直接カウンセリングと入院が必要です。

洞性頻拍の症状を有する妊婦を診断する場合、検索の必須成分が使用される。 まず第一に、これは、妊娠の確定とその期間、およびそれに伴う婦人科病理の事実についての婦人科医の診察である。 その後、心血管病変がなくても貧血が心拍数を上昇させる可能性があるため、ヘモグロビンと赤血球数を決定する臨床および生化学的分析を行うための実験研究が行われる。

さらに、甲状腺ホルモンの分析を処方する必要があります。 また、重要な診断面は心臓のリズムを検査し、頻脈(この場合は洞)のタイプを決定する心電図である。 将来的には、心臓病専門医、内分泌専門医などの徴候についての相談が行われたり、別の病態が確認されたりします。重篤なケースでは、心臓の心エコー検査が使用され、心臓病の疑いがあるドップラーグラフィが使用されます。

S.S.S.の状態 妊娠中の女性は担当医師のみによって評価されるべきであり、特定の検査の後に副鼻腔頻脈の原因を取り除くための特別な治療を処方する。

神経系の正常な活動の変化が心拍数の急速な原因である場合、医師は鎮静剤、ヨード、リン、ナトリウム、鉄などを含む必要量のマルチビタミンを処方する。妊娠中の女性の体を保護し、安全な心臓鼓動を排除します。 そして、ここで、検査中に医者が心臓、甲状腺または妊婦の洞性頻脈を引き起こした他の器官から病理を発見した場合、適切な治療が可能であり、これは女性の妊娠期間中に可能です。 さらに、専門医の任命なしに、単独の投薬の投与は、病理学的プロセスの悪化を招く可能性があるため、受け入れられない。

ECG上の副鼻腔頻脈

副鼻腔頻脈は、ペースメーカー細胞に対する神経的効果の結果であり、副鼻腔の形態学的変化である。 偏差がない場合、心電図上の洞歯Pは12本のリード線に記録され、鉛aVRではI、II、aVFおよびネガティブで陽性と見える。 原則として、歯Pの軸線は、0度とプラス90度との間で正面平面内に位置し、水平面内では、軸線は、左および前方に向けられる。 そのため、ECG上のこの歯は、V 1およびV 2、ならびにV 3 -V 6陽性で陰性である。 P波の振幅が増加すると、それは指向されるようになる。 副鼻腔頻脈は非発作性であり、他の再入院から特徴付けられる。

この不整脈は、心機能リズムの向知性および異所性障害を含む自動機能障害の結果として形成される。 基本的には、「副鼻腔頻脈」のようなものは、年齢指数を超える洞調律の増加である。 臨床的に、この状態は、毎分90拍を超えるノモトピッチリズムの増加によって明らかになる。 洞性頻拍を伴う上心拍数の境界は異なりますが、基本的にこの数のカットは160ビートを超えませんが、まれにルールの例外として、毎分190-200ビートに達することがあります。

洞性頻脈の診断は、正常な形状および正確な速いリズムを有するP歯の心電図の決定に基づいており、すなわち、PとPとの間の間隔は、ECG全体で同じである。 さらに、心臓リズムの他の病理学的障害、ならびに伝導性の出席なしでは、PとQとの間の間隔も許容基準であり、RとRの間隔は等しい。 したがって、洞性頻拍を伴う心電図は、正常なECGと比較して、実質的に(加速されたリズムを除いて)変化がないと結論付けることができる。

重度の洞頻脈を伴ういくつかの症例では、前の複合体におけるT波へのP波の積層プロセスと同様に、STセグメントの中程度の上向き抑制が決定され得る。 病気の診断を複雑にするのはこの事実です。

ECG上の洞房頻脈は、周波数が徐々に増加し、次にリズムが減少することを特徴とする。 これは、電気生理学的性質を調べることなく、他のECG徴候によって洞房頻脈と区別することができない発作性および洞性心房性のような頻脈の特徴である。

偽性頻脈治療

副鼻腔頻拍の治療法は主に原因に依存し、SSの急速なリズムの出現を引き起こした。 心拍数の増加が身体的ストレスまたはストレスの多い状況に関連する場合、刺激の排除は問題を正のチャネルに変え、心拍数はそれ自体で正常に戻り、場合によってはいくつかのリラックス・エクササイズまたはマッサージによって肯定的な結果が得られる。

重度の洞房頻脈では、鎮静剤を処方するか、または伝統的な薬、すなわちハーブで治療することを推奨します。 さらに、患者はニコチン、アルコール、コーヒー、紅茶をあきらめ、食事と食事を標準化する必要があります。 感情的、精神的、および身体的な努力から患者を保護することが望ましい。 これは、主に副鼻腔頻脈の生理学的形態に適用される。

原則として、病的状態の主な治療は、他の専門医と相談するときに心臓専門医によって行われる。 これは、付随する疾患の存在に依存する。 まず第一に、治療は包括的な検査の後に診断される基礎病理の治療から始まる。

神経原性の心臓外の性質の洞性頻拍を有する患者には、この種の治療のために、精神療法および精神安定剤、神経遮断薬(Seduxen、Relanium、Tranquilan)およびルミナールの形態の鎮静剤を処方する神経病理学者の相談が割り当てられる。

血液量減少に対する反射性洞頻拍の治療、ならびに甲状腺機能亢進症または貧血における補償型の頻脈の治療のためには、まず、病的状態の主な原因を取り除く。 それ以外の場合、心拍数の低下を伴う治療を開始すると、血圧が急激に低下し、将来的に患者の血行動態が悪化する可能性があります。

その原因は甲状腺中毒症であった洞性頻脈の治療は、β遮断薬と組み合わせて内分泌術医による甲状腺静止薬剤の投与から始まる。 好ましいβ遮断薬群は、Prindolol、Praxtolol、Oxyprenololである。 β-アデノノックロッカーの禁忌の場合、以前のものに代わる薬物、Diltiazem、Verapamilが用いられる。 それらはCa非ヒドロピリジン系のアンタゴニストである。

洞性頻拍症を引き起こした心不全では、β-ブロッカーと組み合わせて、強心配糖体のジゴキシンが使用される。

心拍数の正規化は厳密に個別に選択する必要があります。 これは、患者自身の状態および病的な病的状態に依存する。 アンギナの目標心拍数は、個々の忍容性に応じて毎分約60ビート、神経循環ジストニアは60〜90であるべきである。

アドレノロッカーが効果的でない場合、患者の状態が著しく悪化する場合には、心臓の経静脈RFAが指定され、副鼻腔頻脈の不十分な形態を治療する。 このようにして、心臓の正常なリズムを回復させ、患部を治癒させる。 しかし、以前のすべての方法および治療処置の効果がないため、心臓リズムの人為的な駆動装置と考えられる心電図刺激装置の植え込みの形態で外科手術が行われる。

LV機能不全または心不全の患者では、心拍数の病理学的増加が最も起こります。 そのような場合、結果を予測することは非常に困難であるため、難しいです。 そして、これは、原則的に、副鼻腔頻脈は心臓血管系の縮小反応と心臓内の血行動態の変化に対する反射反応であるという事実に起因する。 しかし、生理学的形態の病理学的状態では、主観的性質の利用可能な発現であっても、予測はほとんど有利である。

加速された心調律の重要な瞬間は、心臓病の早期診断およびタイムリーな処置、心拍数の変化およびCSの機能の発達に寄与するすべての非心臓因子の除去による予防手段である。

さらに、重大な違反や結果を避けるために、専門家の勧告に沿って、相対的な生活や健康の方法に従うことが賢明です。