大人の赤ちゃんの熱

скарлатина у взрослых фото 成人における紅斑熱は、主に口腔咽頭であり、かなり一般的な細菌性疾患である。 成人の紅斑の診断を提示すると、より多くの人々が確信しているので、患者を困惑させる可能性があり、 この病気は幼児期の感染症にのみ関連し、いかなる場合でも高齢者の身体に影響を与える可能性があるとは言えませんが、この神話を払拭する必要があります。 小児のように成人も紅斑熱を発症することがありますが、病気の発症の条件の1つはヒト免疫の著しい枯渇であり、この病気に感染した子供と接触するべきです。

成人における紅斑熱の原因物質は、β-溶血性連鎖球菌であり、その伝達経路は、通常、空気または接触であり、人体に特徴的な発疹、中毒および口腔咽頭関与を引き起こす。 成人の紅斑熱を治療するために使用される基本的な薬は抗菌剤です。 成人における紅斑熱の結果は、紅斑熱が時間内に診断されず、治療の正しい戦術が割り当てられていない場合、かなり深刻であり(リウマチ性合併症、肺炎、耳炎の発症) 紅斑熱を患っている患者では、すべての人生に対する免疫が形成される。

成人の紅斑熱の原因

この病気の原因は病気の人(子供または成人)だけでなく、このウイルスのキャリアです。 溶血性連鎖球菌はヒトの生物に侵入し、鼻咽頭、喉の粘膜に活発に定着し、増殖する。 開いた傷からの分離、耳炎、副鼻腔炎および他の疾患の発症中の化膿性排出からの分離のケースもある。 原因物質は高温の影響をよく受け、凍結に強い。 この病気の主な特徴は、それが毒素媒介性であること、すなわち感染および病気の進行過程において病原体が病原体によって産生される毒素の人体への影響に直接基づいていることであり、結果としてそれはかなり重度の中毒を伴う。 連鎖球菌によって合成された鱗状毒素Dikaは、高い細胞傷害性および発熱性を特徴とし、あらゆる種類の細胞変化および温度上昇としての病原体に対する身体応答の発達をもたらす。 また、病原体は強く十分に活性化され、人の免疫に影響を及ぼし、生物の免疫に対するかなりの圧迫を引き起こす。

病原体がそれに対して好都合な状態になると、それは外毒素を能動的に抽出し広範囲に増殖し始める。 病原体の浸透に対する成体生物の反応の病因の中心には、自己免疫プロセスとアレルギー性プロセスの両方がある。 成人の紅斑熱は、重度の合併症を伴う軽度および重度の形態で起こり得ることに留意すべきである。

通常、成人における紅斑熱は、あらゆる種類の慢性または急性疾患、過度の衰弱性ストレス、および利用可能なヒト免疫不全を伴う身体の著しい弱化が生じたときに発症する。 大人が子供のように連鎖球菌のような微生物に遭遇したことがない場合、彼の免疫システムは単にどのように反応するのか、この感染に対処する方法が分からないので、彼の病気の可能性は非常に高い。 そして、ここで重要な役割は、症状が非常に悪く表現されているか全く示されていないときに、軽度で疲れた状態で起こる病気のキャリアである患者との接触の可能性にある。この診断が行われるとき、患者は必然的に、大量感染を避ける。 また、科学的データによると、ミルク、サワークリーム、コテージチーズなどの病原体に侵されたそのような食品を食べると、緋色の熱が出る可能性があることが証明されています。

上記のように、病原体は気道を通って体内に侵入するが、開放創、熱傷表面に連鎖球菌を摂取した結果としての感染のケースは珍しいことではない。 このタイプの紅斑熱は頬側外と呼ばれます。

скарлатина у взрослого человека

大人の赤ちゃん:写真

大人の紅斑熱の症状と徴候

成人では、紅斑熱のような感染症は2つの主要な形態で起こり得る:咽頭および外顆粒(頬側外)。 咽頭の形態では、感染の入口ゲートは口腔咽頭の粘膜であり、外顆状または頬側外形の場合、入り口ゲートは皮膚または粘膜上の任意の創傷表面である。

成人における紅斑熱は、典型的かつ非典型的に起こり得る。 典型的な経過は、消去された臨床像によって特徴づけられる。この形態の顕著な例は、発疹のない成人における紅斑熱である。 典型的な形態は、軽度、中等度または重度である。 最も危険な経過は、敗血性、敗血症および有毒であり得る最後の重度の紅斑熱で起こる。

成人における紅斑熱の潜伏期間は短く、1〜3の範囲であり、まれに12日間である。 この疾患は、 頭痛 、衰弱などの症状が現れて急激に急激に始まり、汗や喉の痛みを和らげ始め、しばらくして体温が上昇して39℃以上に達するが、時には軽い流れ、温度は亜熱分解を超えない。

検査では、咽頭粘膜は充血性であり、下顎リンパ節は拡大され、触診時に痛みを伴う。 この病気の1つおよび徴候は、約1.5cmの大きさの多数の赤色小結節の軟口蓋における形成であり、これはリンパ球のクラスターによって表される。 その後、患者の体の6~12時間は、紅斑熱の特徴的な病理学的症状を見つけることができます - これらはhyperemic皮膚、融合する傾向にあるexanthemaの要素であり、最初に上肢の上半身、近位部に現れ、徐々に胃の下、内側の太もも。 成人における紅斑熱を伴う鼻三角形の三角形は、常に、発疹および明るい発疹の背景に対して薄くない。

発疹のない成人の紅斑熱もよく記録され、疾患の軽度の経過によるものであり、しばしば診断を困難にする。 透明な内容の小さい泡の形の非定型発疹の症例もある。 成人の紅潮の発疹には常に痒みが伴い、最初の3日間は病変の特徴である身体のすべての部分をつかみ、徐々に退色し、身体にはひだの特徴を獲得し、手のひらと足 - 層状になる剥離の症状を伴う。 大人の赤ちゃんの発疹の発疹は、他の皮膚の発疹と区別する必要があります。検査し軽く押すと、 発疹が消えます。 また、緋色の熱については、白い表層写真の症状です。

大人の紅斑熱の2番目に重要な症状は、患者の喉を調べることによって見つけることができます:それは明るい赤色になり、光る咽頭の名前を持っています。 また、扁桃、口蓋弓および口腔の口腔内の腫れがあり、患部と健常口腔粘膜とを明確に区別している。 扁桃腺の淡蒼球の稀な症例はほとんど記録されませんが、成人の紅斑熱は口腔咽頭のカタランの変化を特徴とします。 この感染性疾患の別の重要な診断上の特徴は、病変の発症から約1週間登録することができる、いわゆるクリンソン・タング(crimson tongue)である。 言語は特徴的な粒状の表面を獲得し、明るい赤色にもなります。

上記の症状および徴候はすべて、穏やかまたは中等度で起こる紅斑熱の特徴である。 しかしながら、患者の状態が重い場合、上記の徴候はすべて、髄膜症状の発現、阻害の発生、逆に興奮、心拍数の上昇および動脈圧の低下、最終的には感染性毒性を引き起こす膿性扁桃炎の発症ショック

成人と目に見える粘膜の体に多数の出血を特徴とする紅斑熱の出血性形態を診断することはまれであり、これも診断の困難さにつながる。

成人における恥骨熱の恥骨下の形態は、通常、口腔咽頭の関与の徴候を伴わないが、他のすべての症状はこの形態で生じる。 このような感染形態では、患者は浮遊液滴によって病原体を環境に分離せず、従って重要ではない。

成人の紅斑熱の診断

時期尚知に正確にこの病気を診断することは、不必要に検出された場合、人体の多くのシステムからの重篤な合併症が起こる可能性があるため、非常に重要です。

成人における紅斑熱の影響は、耳炎、副鼻腔炎、心血管疾患、腎障害、腎炎発症、および連鎖球菌敗血症の重症症例の形で現れる。 したがって、診断は、患者の徹底的な身体検査を行い、検査室のデータに基づいて行う必要があります。

検査中、成人における紅斑熱を示す徴候は、口腔内の特徴的なカタラーレス現象、皮膚の外傷性の発疹、真紅の舌の存在および罹患していない鼻三角形の存在、および中毒の症状を伴う。

実験室のデータは、血液の一般的および臨床的分析を考慮して、体内の炎症過程の存在を示している(赤血球沈降率の増加、白血球の数の増加、白血球の式の左へのシフト)。 トロポニン、MB-CKなどの酵素の指標の研究により、血液の生化学的分析; 体の泌尿器系に対する病原体の有害な影響(タンパク質の存在、赤血球数、白血球数)を排除するために指定された尿の一般的分析。 連鎖球菌の存在および種類、および異なるタイプの抗菌薬に対する感受性を決定するために、分離した咽喉の微生物学的播種。

また、診断の重要な段階は、成人における紅斑熱の病原体である溶血性連鎖球菌の抗原に対する特異的抗体、すなわち抗ストレプトリジンOの特異的抗体の患者体内における存在を決定する血清学的検査である。この研究によれば、感染の血液中のその含有量は、それから徐々に減少していきます。 しかし、このインジケーターは、以前の感染症を示している可能性があり、その原因物質は連鎖球菌であったことに留意すべきである。 また、抗ストレプトリジンOは、糸球体腎炎、扁桃炎などの体内の慢性過程の存在下で血液中で診断される。 必要に応じて患者の状態を必要とする場合は、心電図を取り出し、腎臓および心臓の超音波検査を実施することが必須です。 ほとんどの場合、正しい診断を示す患者の検査を適切かつ慎重に行うことで、成人の緋色の熱について、上記で詳細に説明した特徴的な症状および徴候が困難であることはない。

患者がsc紅熱などの病気にかかっているかどうかを判断する際の重要な点は、他の病理との鑑別診断を行うことです。 皮膚の発疹などの徴候は、風疹、麻しん、結核の1つの形態(淡紅熱とも呼ばれる)、ならびにアレルギー反応のための特徴である。 この疾患の症状の兆候は、 感染性単核症 、扁桃炎、急性呼吸器感染症に類似している。 大人の紅斑の特徴的な兆候をはっきりと覚えておく必要があります。そのため、他の感染と容易に識別でき、混同しないようにしてください。

成人における紅斑熱の治療

成人における紅斑熱の治療は、必然的に包括的であり、関連するすべての症状および愁訴を緩和することを目的とする。 最も重要な側面の1つは、紅斑熱を診断する際に患者を他者から適時に隔離することであり、まだこの感染症を転移していない就学前または学齢の子供との同居に従うことが特に重要です。 病院での医療処置の全体を行うことが推奨されます。 これを観察することは、疾患の平均的または重篤な経過を観察することが特に重要です。 1日に数回、部屋を換気し、紅斑熱の患者がいる部屋に換気する必要があります。 病院での患者の平均滞在時間は、回復の際に7-10日以内に異なります。 ベッドレストの遵守は必須です。

また、拭いたり、飲んだときに粘液の喉の刺激に役立ちません液体の、沸騰したフォームで食べ物を食べると穏やかな食事を維持するために、少し痛みを軽減することをお勧めします。 辛い食べ物、調味料、漬物の使用を禁じる。 人体から毒素を除去するプロセスを加速し、中毒症候群および付随する症状を軽減するために、野生バラ、無糖茶のスープの形で多くの液体を摂取する必要があります。 しかし、成人における紅斑熱の治療における主薬は抗生物質であり、原則として10日間処方されるペニシリン系の薬物である。 患者が病院にいる​​場合、注射剤の形での抗生物質の好ましい投与は、家庭で治療される場合、錠剤を服用することが推奨される。 ペニシリン群に対する不耐性またはアレルギー反応の場合、選択される薬物はマクロライド群、ならびに第1世代のセファロスポリンおよびリンコサミドである。 また、フリュイリン、カモミールブロス、カレンデュラハーブを用いた能動的なすすぎは処方されています。 発疹の要素の表現されたかゆみは、草の注入を拭く、抗ヒスタミン製剤の中に任命または指名されています。 合併症の発症を疑って治療の戦術を変えるためには、患者を時間通りに慎重に監視する必要があります。

成人における紅斑熱の有毒な形態の発生および患者の状態の急激な悪化により、瘢痕性の血清を60,000 AEの投与量で投与することが推奨される。 発生の開始から最初の48時間に導入された場合、良好な予後が観察される。 この血清を繰り返し、時には初期血清の半分に等しい量で導入することがしばしば必要である。 この血清は、敗血症の形態に関しては、瘢痕発熱のこの形態の発達のみに正の効果を与え、この場合、その投与からの肯定的な効果はないことに留意すべきである。

妊娠中の女性の紅斑熱の場合は、ペニシリンまたはマクロライドを投与することが推奨されます。 一般的に、予後は通常、胎児にとって好ましい。 妊娠の初期段階で感染が起こった場合、自発的な中断が非常に頻繁に起こります。

医療従事者への助言や支援の迅速な参照、最終的な診断と治療の予定の正しい処方、成人におけるこの疾患の予後は好都合である。

成人における紅斑熱の予防

紅斑熱を予防する最も重要かつ主要な方法の1つは、扁桃炎および他の感染症、連鎖球菌の性質を有する集団の罹患率を慎重に監視し、人体の呼吸部門に影響を及ぼすことに基づく、直接疫学サーベイランスである。 連鎖球菌は本質的に非常に揮発性であり、慎重な追跡および検出によって集団における感染の広がりを防ぐのに役立つことを覚えておくことは非常に重要です。

特定された患者に適用される基本的な規則を忘れないでください:彼を医療機関の感染部門に入れたり、あらゆる種類の接触、特に赤ちゃんや赤ちゃんとの接触を制限して厳密に国内制度を任命することによって、 患者の位置で毎日の消毒を行う必要があり、迅速な回復のための最適な条件を提供します。 医療機関からの抽出物は、発症から10日以内に、そして完全に回復した状態で可能である。 紅斑の転移後、成人は1ヶ月分の診療記録を残すべきです。 回復または病院からの退院の10日後、主な血液および尿検査を監視する必要があり、可能であれば心臓の心電図を作成することが望ましい。 アッセイで偏差が検出されない場合、3週間後に再度対照を行い、さらに陽性結果で成人を登録簿から取り除く。

今日まで、成人一人ひとりが行うことができる紅斑熱の主な予防は、免疫を強化し、体内の慢性感染症の病原体と闘うことであり、タイムリーな治療と治療によって発達を妨げることです。 以前は紅斑熱感染症の予防手段として使用されていたワクチンは、アレルギー誘発性が高く、人体に多くの合併症を引き起こす可能性があるという研究結果の研究のために、もはや使用されていない。

? 大人の赤ちゃん - 医者は助けますか? 成人で紅斑熱の発症があったり、疑わしい場合は、直ちに感染症専門医のような医師からアドバイスを受けてください。