ワームの手段

средства от глистов фото ワームの救済策は、その作用によって蠕虫寄生虫を駆除する医薬品です。 異なる薬物群は、異なる作用機序を有する 虫や幼虫の幼虫や幼虫には、虫の治療法は、それを受けている人のためにできるだけ安全なはずです。 最良の効果は、寄生虫の種が決定される条件、すなわち、患者の虫の卵についての微生物学的検査の後にのみ達成され得る。

人間に見られる蠕虫の種類は非常に多く、300以上もあります。 しかし、全体として、線虫(回虫)、吸虫(虫よけ)、腺腫(虫垂)の3つの主な寄生虫群を区別することができる。 したがって、ワームの治療法を選択するには、患者に明らかにされた蠕虫症(またはいくつかのタイプの寄生虫の組み合わせ)の特定の特徴を考慮する必要がありますが、この方法では最も安全な手段がワームから処方されることになります。

子供のためのワームの手段

寄生虫感染は非常に一般的であるため、蠕虫侵襲から子供を守ることは非常に困難です。 寄生虫学者の主張は、ある種の蠕虫症が常に傷ついていても、あまりにも過言ではありません。 多くの場合、ワームに感染した人はそれについて知りませんし、痛い感覚を経験せず、活発で働くことができます。無症候性の寄生虫は何年も何十年も続くことがあります。 しかし、通常、症状が消えたのは成人であり、小児ではその症状はより顕著である。

健康的な子供が急に気分が悪くなり、食べて寝るのが悪くなったら、すぐに疲れて夜に目を覚ますと、それはワームの感染を疑うには十分です。 臍や肋骨の下の痛みは注意を喚起し、両親に専門家に相談しなければなりません。 非常に多くの場合、蠕虫症では、子供はアレルギー症状がありますので、皮膚や痒みの苦情、肌のあらゆる種類の発疹などがあります。これは赤ちゃんを調べる兆候と機会です。 もちろん、ベビーポット内の虫の検出は、蠕虫感染の確かな確認である。

ワームの治療法は、通常、1つのグループの寄生虫に対して直接的な効果があることを覚えておく必要があります。蠕虫種を選択することなく、選択することは望ましくなく、場合によっては非常に危険です。 2〜数種のワームが子供の体内に住んでいる場合、これはほぼ3分の1の感染した子供の中で起こる、組み合わされた侵略について知ることも重要です。 治療に成功するためには、ワームの治療法は、子供に見られるすべての種類のワームに悪影響を与えるはずです。

子供の他の蠕虫よりもしばしば、虫食きがあり、 腸内細菌を発症する。 これらの小さな白っぽい虫は小腸に定着し、消化不良、鼓脹、痛み、悪心、吐き気の原因となります。 寄生虫毒素の胆管への刺激作用のため、胆汁の流出または胆道のジスキネジーに障害が存在する可能性がある。 蠕虫症の診断を容易にする糞便には、しばしば小さな虫が見られることがあります。

腸球菌症の場合、ワームの普遍的な救済措置を探すべきではありません。子供にとって大変危険です。一方、小腸に寄生する回虫に影響を及ぼす薬 - 駆虫剤。

AscariasisTrichocephalosis鉤虫症Trichinosisもまた線虫に属し、小児期に頻発し、これらの蠕虫は腸内細菌腸内浸潤との組み合わせとして見出される。

いくつかの寄生虫病の治療には、ワームの有毒廃棄物の有害な影響を減らすための予備訓練が必要です。 これを行うために、腸溶性物質(活性炭、Enterosgel)が使用される。 場合によっては、より効果的な治療のためのcholeretic、下剤。

大人のためのワームケア

触知不能な倦怠感、様々な筋肉群の痛み、体温の上昇、中毒の徴候などにより、成人の寄生虫感染は非常にまれである。 より多くの場合、彼らの健康に関する人の心配を引き起こすことなく、密かに発生するそれらの蠕虫症。 軽度の症状は、周期的な膨満感、軽度の悪心、上腹部の不快な感覚、または短期間の腹痛、疲労感、過敏性によって現れる。 寄生虫は何十年もの間、非常に長い間人体に生息することができるため、これらの兆候は日々の問題や栄養失調、虫や思考のために書き留められることは容易に理解できます。

成人における蠕虫病における正常な健康状態からの著しい偏差は、通常、数種の寄生虫の体内での大規模な感染または存在を示している。 両方の場合の自己治療は、合併症の可能性があるため望ましくない。 それらは、寄生虫抗原の放出を伴う多数の死滅した虫の消化管における分解によって引き起こされる。 これは、アレルギー症状、消化不良症状、肝臓への重大な負荷および他の望ましくない反応を引き起こす可能性がある。

豚の連鎖によって引き起こされる蠕虫病では、腸の管腔内での虫の死は、生存可能な幼虫を含む寄生虫のかなりの数の卵の放出を脅かす。 彼らは血流に浸透して内臓に定着し、フィンランドになり、非常に危険な病気である嚢胞症を引き起こすことができます。 脳の敗北に伴い、 水頭症 、痙攣症候群、さらにはヒトの死を生じる可能性があり、眼球の沈降が完全な失明につながる可能性があります。 このような合併症を避けるためには、蠕虫症の治療に関するすべての質問を医師と調整する方がよい。

ワームの治療法を選択すると、専門医はその症状を考慮に入れ、患者の便の寄生虫の卵を検出するなど、検査を処方する。 時には検査室の分析を何度も繰り返さなければならない場合もありますが、蠕虫を特定せずに無作為に虫から治療薬を購入することで、危険に身をさらすよりも少し早く治療を開始する方が良いでしょう。

ワームの広範な救済策

ヒトに寄生する様々なタイプのワームに対する広範な影響は、ワームの体内のさまざまな代謝過程をある方法または別の方法で阻止する、抗ヘルペス薬を有する。 このグループの薬物のほとんどは、グルコースの正常な利用を妨げ、蠕虫グリコーゲンの寿命にとって非常に重要なものになります。 グリコーゲン貯蔵の枯渇は、成虫の寄生虫だけでなく、幼虫の虫の急速な死を招く。 数多くの薬剤が細胞膜に影響を及ぼし、その透過性を増加させ、結果として細胞質中に微量元素のみが蓄積し、他のものは不完全であり、このような不均衡は多くの種の蠕虫に対しても破壊的である。 アデノシン三リン酸(ATP)の合成に違反する薬で、それがなければワームはなしではできません。 最大の抗寄生虫効果は、蠕虫の作用の記載された方法を組み合わせた薬物を有する。

駆虫剤は、ワームの強力な治療法ですが、蠕虫に対する強力な効果は、ヒトに対する特定の毒性を意味することを忘れてはいけません。したがって、多くの種類のワームに及ぼす影響が大きいワクチンは、ワームの普遍的な治療法ではありません。

例えば、線虫(腸球菌症、鼻汁症、トリコセファロス、トキソコロシス)の場合、ピペラジン、ピランテル、ヘルミントックス、ネモキシドを使用すれば十分であるため、患者に広範囲の作用を有する虫の治療法を処方する必要はない。 必要に応じて、列挙された蠕虫は、この群の蠕虫感染症の治療に必要な、より効果的な医薬品 - Dekaris(Levamisol、Ketraks、Askaridil)およびNaftamon(Alkopar、Debefenie)で処理することができます。

ワームの普遍的な救済策は、すべての種類の寄生虫に悪影響を与えるような薬物が1つもないため、全く存在しないと言えるでしょう。 ワームの強力な治療法は、特定の蠕虫に対して最大の作用をする薬です。そのため、その病気を引き起こしたワームの種類を特定することが望ましい理由です。

1つの患者に複数のヘルミチナーゼが混在している大規模な感染の場合、また虫や腸外の寄生虫の幼虫形態が破壊される場合にも、幅広い効果を持つ駆虫薬の使用が正当化されます。

広いスペクトルの手段には、Mebendazole-Vermox、Wormin、Mebex、Mebendalol-veroの誘導体が含まれる。 このシリーズのワームの治療法は、三頭筋症、鉤虫症、三頭麻痺、 強直症候群に有効です。 メベンダゾール(Mebendazole)は、束縛蠕虫によって引き起こされる蠕虫侵襲であり、その幼虫は多くの内臓器官に浸透することができる。 したがって、メベンダゾールは、保守的な治療を与えることは非常に困難な、エキノコックス症の選択薬と考えられています。

ワイドスペクトラムワームの効果的な治療法は、プラジカンテルまたはその類似物Baltricide、Zestocs、Cesol、Cystricideです。 蠕虫の代謝に有害な影響を及ぼすが、これらの薬物は、最も優れた抑制剤である外来種の寄生虫である。 プラジカンテルの誘導体は、混合蠕虫においてもしばしば使用される。 ただし、広範囲の医薬品はワームにとって最も安全な治療法ではなく、医師の処方箋に従ってのみ使用することが許されています。

ワームのための最も効果的な治療法

ワームの効果的な治療法を選択する最も信頼性の高い方法は、各患者の病気を引き起こした寄生虫の種類を決定することです。 数百種のワームが人体を寄生することができるため、それぞれのワームに対する救済策を作り、必要とさえすることは不可能です。 ほとんどの蠕虫は、それらの病原性の影響に従って群に分けることができる。

それらの最初のもの - 線虫、または丸い虫。選択的に消化管に定着します。 腸内細菌症につながる虫垂および鉤​​虫症および非頚動脈炎を引き起こす鉤虫が最も一般的な線虫である。 この群の蠕虫症には、迷走神経の侵襲、トキソカリ症、旋毛虫および他の多くの線虫から生じるトリコセファルスが含まれる。 従って、列挙された寄生虫感染に有効なワームの治療法は、抗線虫薬と呼ばれる。

このグループのすべての薬物は、寄生虫にも同様の効果をもたらします。虫の筋線維に麻痺や拘縮を引き起こし、その結果、虫は腸粘膜に留まらず、糞便で内腔から除去されます。

Piperazin、Helminthox、Vankvin、Naftamon、Alkoparなどは、抗線虫作用を有する。 さまざまな種類の蠕虫では、ワームに対するすべての治療法に同じ効果がないため、より良い治療効果を得るためには、医薬品の選択は医師が行うべきです。

このグループには、蠕虫のフィラリア症 - 腸内寄生虫感染が含まれ、蠕虫の幼虫は皮下組織に、時には眼球に浸透し、成熟し、何十年も生きることができる。 このようなタイプの感染を伴うワームの有効な治療法は、イベルメクチンです。

第2のグループのワームは、肺、肝臓、腸、膵臓に生息する虫、すなわち吸虫または胞子である。 これらの寄生虫の排除のために、ワームからの薬剤は、抗精神病薬剤形がうまく対処するのに必要な濃度で蠕虫沈降の場所に浸透するために血流中で十分に長く循環しなければならない。 甲状腺機能亢進症およびクローン病の一般的な治療はクロクシル(Chloksil)によって行われ、ファシオリーシスに最も効果的であるのはビチオノール(Bithionol)である。

第3群の寄生虫には、扁平な(虫食いの)虫が感染していると考えられており 、これにはtanjirinhozadiphyllobrotriasisteniosisなどがあります。 これらの種のワームに対する最良の治療法は、通常、ニクロサミド(Cestocide、Devermine、Grandal)の誘導体から選択されるが、重篤な副作用の可能性があるため、病院内の医師の監督下にあるべきである。

したがって、蠕虫侵襲における最良の効果は、普遍的な薬物ではなく、蠕虫の特定の種に対して最も有効な虫の治療法である。

予防のためのワーム

蠕虫症の予防については書かれているが、多くは書かれているが、研究者たちは満場一致で解決しなかった。 さらに、この陳述は互いに矛盾している。 個々の科学校は、駆虫薬を服用する予防目的で1年に1回または2回使用すべきであると主張しています。これはワームの侵入を防ぎます。 抗寄生虫薬の作用は短期間であり、予防後数日では感染から守られないことを反対する人々もいるので、意味をなさない。

大人との関係では、状況は多かれ少なかれ明らかである。なぜなら、蠕虫感染の徴候がない場合、人は決して起こり得ない何かを防ぐための虫の治療法を考えないためである。 誰かが消化器系疾患、腹腔内の痛み、会陰部の皮膚のかゆみ 、吐き気、体重減少を邪魔した場合、そのような症状が現れると専門家が検査を行い、卵が検出されたら寄生虫は最も有効な駆虫薬手段。

しかし、蠕虫病の予防は、特に子供が幼稚園に通う場合、親が最も心配しています。 不安は理解可能であり、主に正当化されているが、子どものグループにおける寄生虫感染は非常に迅速に広がっている。 まず、児童施設における疫学的状況を知っている地区の小児科医に相談する必要があります。特定の子供が予防治療を必要としているかどうかを判断するのにも役立ちます。 小児における蠕虫症の疑わしい兆候の存在は、虫の卵のための糞便の実験室(微生物学的)検査を受け、寄生虫侵入において規範からの逸脱が明らかになる全体的な血液検査を行う機会である。

予防的抗悪寒治療の必要性は、腸内細菌症の発生時に発生する腸内細菌症のみに疑念を生じさせません。この蠕虫症は家族全員の回復を必要とします。 通常、ピペラジンまたはピランテルが処方されていますが、医師がその症状の大規模な侵襲を疑う場合は、別のワーム治療薬または2種類の薬の併用療法を選択することができます。

職業上の任務のため寄生虫や幼虫の卵と頻繁に接触する危険性がある者は、鉱夫・鉱夫、現場作業員、草刈り機、ハーブ・ベリーハーベスター、屠殺場の労働者、収集家の構造、下水道サービス。 予防措置を講じる必要がないと考えられる人は、毎年、蠕虫卵の便の質量を調べることが望ましい。

もちろん、個人衛生、住宅のきれいさ、内野区域の整備、トイレの適切な維持、セスプールは、寄生虫病の予防において非常に重要です。 飲料水の純度を監視するために、食品を適切に処理して調製することも同様に重要です。 蠕虫疾患のリスクを低減することは、家畜の定期的な抗寄生虫処理を可能にする。

子供の環境での説明作業は、間違いなく蠕虫病の発生率を減らすのに役立ちます。 赤ちゃんはできるだけ早く衛生技術を習得する必要があり、そのような訓練は、父親や母親の個人的な例で最もよく同化されます。