子供の豚インフルエンザ

子供の豚インフルエンザは、伝染性プロフィールの病理であり、その主な違いは、高いレベルの伝染性および例外的に急性の臨床症状の経過である。 子供の豚インフルエンザ 感染した人からの身体へのH1N1型インフルエンザウイルスのパンデミック株の摂取によって誘発され、そしてたぶん動物からのものではありません。

子供の豚インフルエンザの特徴は、子供の病原体に対する感受性のレベルが非常に高いため、雷の広がりの傾向です。

子供の豚インフルエンザの最初の兆候は、猛烈なタイプの発熱、さらには致命的な結果を引き起こす可能性のある激しい進行性呼吸器疾患の発症です。

「子供の豚インフルエンザ」というような特異な病態の最初の言及は、1930年に始まり、アメリカのウイルス学者Richard Shoupが病原体の一次同定を行った時にさかのぼります。 子供および成人の両方に影響を与える豚インフルエンザの大規模なパンデミックは、2009年にカリフォルニアで最大の病気の集中を開始しました。 その後、豚インフルエンザの原因物質が分離された地域に広がり、世界の子供の人口に影響を与えます。 当時の小児の豚インフルエンザの結果は、致死率が80%に達し、このタイプの病原体に対する抗ウイルス薬の有効性に関する診断が不十分であり、データがないために致命的であった。 他の急性呼吸器ウイルス性疾患と同様に、小児の豚インフルエンザは急性であり、健康に非常に悪影響を及ぼします。

子供の豚インフルエンザの最初の徴候は、病態学だけでなく強度も変化する可能性があることを考えると、病原体の変異株の分布について疫学的データが入手可能である場合に限り、病気の早期診断が可能である。 今日まで、様々な突然変異の形成に関する病原体の特異性を考えると、専門家は特定の予防の効果的な尺度を開発することができなかった。

具体的に言えば、感染症は小児の豚インフルエンザに分けられており、それぞれが流行の広がりを引き起こす能力のために特に危険な感染症である。 したがって、小児における豚インフルエンザの最も疫学的に重要な変異体は、サブタイプH1N1であり、同時に、病原体の他の臨床的に攻撃的な変異体の発生率が毎年観察される。

子供の豚インフルエンザの原因

小児における豚インフルエンザの臨床的および病態学的発現は、病原性および病原性の程度が異なるウイルス - 原因物質の変異体の体内に導入されたときにデビューする。 したがって、インフルエンザウイルスの複数の突然変異の結果として形成されたサブタイプH1N1によって、子供における豚インフルエンザの極めて負の結果が引き起こされる。 子供の豚インフルエンザウイルスのタンパク質成分は、一般的なインフルエンザウイルスの構造と変わらない。 組成物中に含まれる赤血球凝集素は、病原体の感受性上皮細胞への付着を促進し、ノイラミニダーゼは、ウイルス部分の上皮細胞の内部へのさらなる浸透をもたらす。

小児における豚インフルエンザの流行は、この病理を有する人々との接触の結果として観察される。 感染した動物からの豚インフルエンザウイルスによる子供の感染はほとんど不可能です。 したがって、感染した子供は、インキュベーション期間の初めから、病気の臨床的に活性な期間を通して潜在的なウイルスリリーサーになる。 病気の子供は、たとえ抗ウイルス薬を服用しても、ウイルス興奮剤を環境に短時間排泄する能力を失うことはないことを覚えておく必要があります。

感染した唾液のエアロゾルのように、豚インフルエンザのウイルス原因物質は、ウイルスとの浮遊接触中に子供の体内に侵入します。多数のウイルス粒子が濃縮されています。 小児診療では、感染症もまた、このタイプの病原体が外部環境において2時間存続可能であるため、豚インフルエンザウイルスの接触型家庭感染モードに直面する。

小児における豚インフルエンザの病原菌の病原性および病原性の程度は、構成粒子(エチオチョープ)の特定のセットによって予め決定される。 したがって、たとえ子どもの体内の免疫機構が一定のエチオトープに対して発達したとしても、エチオトープの別のセットを含む病原体の別の変異体で生物を感染させることが可能になる。 最近子供に正常なインフルエンザが発症した場合、鳥インフルエンザウイルスに対する抗ウイルス活性を有する短期間の免疫機構が、体内で産生されることを覚えておく必要があります。

子供の豚インフルエンザの症状と徴候

小児における豚インフルエンザの経過は、常に重篤であり、これは、一般的な毒素症候群の症状の最大重症度、ならびに中枢神経系、特に脳に対する毒性損傷の早期発生によるものである。 臨床症状のデビューは、大量の炎症プロセスの小児の肺組織における発達の結果として急速に発達し、その結果、細菌成分の付着のような一次ウイルス病変からあまり生じない。

小児における豚インフルエンザの発症を示す最初の病理学的臨床徴候は、2日目に現れ、頻呼吸、鼻内咳、 無呼吸およびびまん性チアノーゼを含む進行性進行性呼吸困難の形態の顕著な呼吸器疾患によって表される。

子供の豚インフルエンザは、中枢部の最大濃度の散在した小さな泡立つ湿った喘鳴の多くを聴いたり、患部に打撃音を鈍らせたりするという形で活発な聴診データによって示される。 この場合、子供の豚インフルエンザが致死的結果の原因である肺胞肺水腫の発症を引き起こすため、抗ウイルス治療の診断と開始のわずかな遅延は、乳児の生命にとって危険です。

二次的な細菌性肺炎としての小児におけるこのような豚インフルエンザの合併症は、肺炎球菌、ブドウ球菌属の細​​菌叢によるものである。

細菌成分によって複雑にされる子供の豚インフルエンザの温度は、常に急激に上昇し、喀痰を伴わない咳の強さの増加と結びついている。 小児における豚インフルエンザの高温は、体の中毒を増やすための臨床基準の一種であるため、この病的状態は即時の医学的矯正を必要とする。

炎症過程が肺実質から内臓胸膜の表面まで広がる場合、痛みを伴う子供は胸にわずかな身体活動および呼吸運動を伴う重度の痛みを発症する。 小児における豚インフルエンザの特徴は、豊富な量の膿性痰の咳であり、これは二次的細菌感染の徴候である。 小児の豚インフルエンザでのこのようなウイルス性肺炎の経過は、1ヶ月より長く、使用されている治療に耐性があります。 ウイルス性の複雑な肺炎の結果は、ほとんどの場合、豚インフルエンザの場合には、肺実質の膿瘍の形成である。

小児における豚インフルエンザの経過は、心膜炎、毒性心筋炎および重症出血性症候群の形で起こりうる合併症の幅広い範囲を有する。 小児におけるこの疾患の特徴的な臨床基準は、中枢神経系の構造に対する毒性障害によって複雑化し、呼吸機能障害、びらん性チアノーゼ、多発性嘔吐、嗜眠、眠気、および意識の短期間の障害の増加である。

子供の豚インフルエンザの診断

中毒発症の有病率は患者の状態を複雑にし、すべての臨床データを慎重に評価することができないため、臨床症状のみに基づく「豚インフルエンザ」の診断の早期発見は事実上不可能である。 小児における豚インフルエンザの特徴は、他の急性呼吸器感染症とは区別され、ウイルスの潜伏期は2日以内です。

臨床症状の診断特徴は、中毒症状複合体の強度の雷の増加である。 小児における豚インフルエンザの猛暑は、特徴的な特徴であり、食事に関連しない重度の衰弱、筋肉痛、悪心および嘔吐を伴う。

小児における豚インフルエンザの発症に伴い、病態の変化は主に気道の最初の部分に局在し、体内のウイルス病原体の最大濃度では、肺実質の多数の炎症病巣が認められる。 この病気の初期の臨床徴候には、咽頭後壁の領域における乾燥した咳および不快感の子供の愁訴の出現が含まれる。 そのような病態学的特徴は、咽頭および喉頭の粘膜におけるウイルス粒子の直接的複製によるものである。 季節性インフルエンザと区別する子供の豚インフルエンザの特異的な臨床マーカーは、消化不良症状(悪心、反復嘔吐、腸機能不全)の鮮明な発現である。

追加の診断手段に関しては、病原体を同定し、患者の体内でのその濃度の程度を評価し、特異的免疫防御の機能の活性をチェックすることを可能にするウイルス検査技法が使用される。 小児における豚インフルエンザの原因物質の実験的検証の定性的方法は、鼻咽頭粘液の形で患者の生物学的物質を採取することが必要なPCR診断である。 したがって、 H1N1インフルエンザウイルスの遺伝子型の1つの断片の視覚化は、「子供の豚インフルエンザ」の診断を確認するための基礎となります。

小児における豚インフルエンザの診断のためのウイルス検査室の方法は、特別な栄養培地での材料の生物学的培養の実施を意味する。 これらの方法は、それらの実施には長い時間と高コストが必要であり、臨床症状は急速に増加するため、ほとんど使用されていない。

子供の豚インフルエンザの診断のための良いツールは、放射線の調査方法(標準的なラジオグラフィー、コンピュータ断層撮影法)の形で器具のイメージング方法です。 この病気の病理学的な病態学的基準は、広範かつ広範囲にわたる両国性の浸潤の視覚化である。

子供の豚インフルエンザの治療

豚インフルエンザを患っている子供の治療法を決定する上での主な目的は、病気の病原体を広げる可能性を最小限に抑え、パンデミックの流行を防ぐことです。 小児診療における豚インフルエンザの流行を排除するために、様々な抗ウイルス薬および薬理薬の他の群が広く使用されている。 豚インフルエンザの病態生理学的変化を止めるうえで成功を収めるには、組織や検疫措置が認められている場合に限り可能です。

小児における豚インフルエンザの診断のすべての症例は、病院の病院前の段階であっても、感染病院における入院の基礎となります。 子供の生物の様々な構造に有害な損傷を引き起こす可能性を排除するためには、活発な発熱期の間に厳重なベッドレストを観察する必要がある。

急性期に活発な臨床像に苦しむ子供は、大量の食物の使用を除外することを勧められますが、単に水と飲み物の体制を拡大してください。 ビタミン化飲料の過度の消費とアルカリ溶液は、身体に重大な栄養素を飽和させるだけでなく、乳児の身体への毒性負荷を軽減するのに役立ちます。

子供の豚インフルエンザ発現の特異的な薬理学的補正は、影響を受けた上皮細胞をウイルス粒子から放出し、ウイルス増殖のプロセスを阻害する能力によって区別される、タミフルのような高度に活性な抗ウイルス性合成薬物の使用にある。 実験室または臨床検査で「豚インフルエンザ」と診断されたすべての子供は、直ちに抗ウイルス薬を少なくとも5日間服用しなければなりません。

子供のカテゴリーの軽い豚インフルエンザはほとんど観察されないので、インターフェロン誘導物質のグループの薬物の活性は、主な抗ウィルス療法の補足としてのみ使用することができる。

子供の豚インフルエンザの経過は通常細菌成分の添加によって複雑になるという事実を考えると、ほとんどの練習感染症の方は、セファロスポリン剤を併用した抗菌抗ウィルス療法を併用することをお勧めします。

臨床像の最初の日から子供の豚インフルエンザは、中毒発現の急速な増加によってマークされているので、病院前段階で増加した量の結晶質溶液の能動的注入を開始することが必要である。 小児科の診療における炎症症状を迅速に停止させるために、短期間のグルココルチコステロイド療法が用いられる。 小児における豚インフルエンザの対症療法の原則は、他の種類の呼吸器ウイルス感染と異ならず、パラセタモールの温度上昇が定期的に減少し、鼻内に血管収縮薬を使用し、咽頭脱感作薬の表面に消毒スプレーを使用する。

子供の豚インフルエンザの予防

様々なWHO専門家の共同の努力は、小児および成人集団における豚インフルエンザの効果的な予防のための様々な方向性を開発してきた。 だから、非特異的な方向性は予防的に、赤ちゃんを大切にしている子どもや大人が衛生的で衛生的な基準を定期的に実施することになっています。 したがって、子供の日常生活では、定期的に石鹸溶液で皮膚を浄化し、潜在的に感染した人々との接触を避け、豚インフルエンザの流行過程での子供の動きを制限する必要があります。 子供がARVIの最初の臨床的兆候を見いだした場合、それぞれが潜在的に豚インフルエンザになる可能性があるため、両親はこの重症疾患を排除するために直ちにアドバイスを求めるべきである。

一部の専門家は、抗ウイルス薬の予防的使用を効果的と考えるが、豚インフルエンザの病原体に対するこの薬またはその薬理学的作用の根拠はない。 予防は間接的な性質のため、抗ウィルス薬を服用した場合、子供の体の免疫調節機能が増加する(少なくとも1ヶ月間、1日1回、プロフェラジド1滴)。 この薬理学的グループの薬剤の大部分は植物ベースであり、長期間の使用によるアレルギー反応を引き起こす可能性があり、これは治療を行う医師によって考慮されるべきである。

原因物質に対する高度の特許ワクチンが合成されたため、最新の科学的ランダム化研究(豚インフルエンザの特異的予防法の開発である)が成功しました。 豚インフルエンザに対するワクチン中のいわゆる活性成分は、ウイルス粒子の表面抗原であるため、それを使用すると、積極的に臨床症状を発症する可能性が完全に排除される。 残念なことに、ワクチン接種後に子供の体内で産生される免疫応答は短期的な性質を有するため、毎年免疫を行うべきである。

この病理の病原体は非常に伝染性が高く、ウイルスに対する人体の個々の感受性も高いため、子供の豚インフルエンザに対する検疫対策には特別な注意を払う必要があります。

? 子供の豚インフルエンザ - どの医者が助ける ? 病気の発症または疑いがある場合は、感染症専門医、疫学者、免疫学者、小児科医などの医師に直ちに助言を求める必要があります。