人間のためのワームからの錠剤

таблетки от глистов для человека фото ヒト用ワームの錠剤は、合成起源のアンチゲルミンツー錠であり、蠕虫を治療するために医薬品に有効に使用されている。 どんな薬と同様、 人間のための虫の強力な錠剤は、薬理効果の広い範囲と狭い薬物に分かれています。 最近では、ヒトの蠕虫侵襲の治療において、寄生虫学者は、カボチャの種子、ニンニク、ヘノポジックオイル、オスのシダの抽出物の形で植物ベースの製品のみを使用した。 現在、医薬品業界の専門家によって毎年開発されている抗ヘルムスタチン錠剤は、抗ヘルニア活性が高いために「伝統医学」に取って代わっています。

抗ヘルムスタチン錠剤の異なるカテゴリーは、それらの比活性が異なり、したがって、薬学的駆虫剤療法は主治医の監督下でのみ実施されるべきである。 今までの寄生虫学者は、人体に病原性のある数百種のワームを発見した。 彼らの毎日の練習では、寄生虫学者は人に最も効果的なワームを使用しています。その数は20の名前を超えています。

蠕虫の侵襲に苦しんでいる患者に駆虫薬を処方する際には、急性の腸内感染、妊娠および重度の体性病変の徴候が完全にないことが考慮されるべきである。 これに対する感受性または駆虫剤の準備に応じて、人体に寄生するすべてのワームはカテゴリに分類されます。 特定の医薬品製剤を指定するために、義務的な状態は、特定の患者において寄生虫性である蠕虫の同定である。 さらに、抗高血圧薬を処方する際には、患者の年齢、前病気の背景、構成成分に対する個々の感受性を考慮する必要があります。

ほぼすべてのタイプの蠕虫侵襲が自己感染を発症する危険性が高いという事実を考慮して、寄生虫学者は、蠕虫治療の2回のコースを使用することを推奨する。 ワームを人体から除去するプロセスをスピードアップするために、ワームの錠剤の使用は、清潔な浣腸の設定と下剤の使用と組み合わされるべきです。

残念ながら、すべての駆虫薬が毒性が高いと分類されていることを考慮すると、処方箋がなくても、薬局の誰かのためにワームから錠剤を購入することが可能になり、重大な結果を招く危険性があります。

ヒトの虫の強力な錠剤は、有害な副作用の発症を避けるための計算方法によって決定される投薬量に明確な遵守を適用しなければならない。

人間のための最良の丸薬

現時点では、製薬業界は積極的に拡大しており、ヒトの虫を治療するための新薬が開発されており、その有効性は数多くの大規模なランダム化試験によって確認されています。

ワームのVermox

バーモックス(Vermox)は、薬理作用の広いスペクトルを有する抗体力薬であり、腸球菌および三頭頭脊柱蠕動の侵襲で最大の効果を有する。 薬物療法「獣毛」は、蠕虫におけるグリコーゲン蓄積の枯渇およびATP合成の阻害を引き起こす、グルコース利用の不可逆的な違反を引き起こす能力に起因する。

この薬剤の特徴は、腸内で吸収される可能性がなく、脂肪組織、肝実質、および虫の幼虫における活性物質の蓄積を引き起こすことである。 実際には用量の90%が変わらない組成で糞便で排泄される。

バーモックスの推奨治療レジメンは、100mgの用量で1回服用する必要があり、2週間後に同じ用量で薬剤を再服用する必要があることです。

患者の強直症候群、 三頭麻痺 、混合蠕虫症の兆候で、成人治療コースは3日間であり、1日の摂取量は200mgである。

あらゆる駆虫薬と同様に、バーモックスは、 めまい 、吐き気、腹痛症候群によって示される有害反応のスペクトルを有する。 Vermoxは、胎児の発育にマイナスの影響を及ぼす可能性があるため、妊婦への入院に推奨すべきではありません。 蠕虫侵襲の治療におけるバーモックスの使用に関する絶対禁忌には、潰瘍性大腸炎、 クローン病肝不全 、ならびに幼児期から2年間の患者徴候の存在とみなすべきである。

薬物の推奨投与量が観察されず、過量の徴候が現れる場合は、緊急の順序で胃を洗浄し、吸着剤を服用する必要があります。

ワームからのピランテル

ピランテル(Pirantel) - ヒトの虫の安価な錠剤であり、その薬理学的効果は、腸内寄生虫の筋肉および運動神経終末の閉塞に有害な影響を与えることを意味する。 ピランテルの駆虫効力の最大値は、成虫の段階と同様に、虫の発生初期にも認められています。

ピラントールの適用領域は、カブリドーシス、腸球菌、強直性蠕虫の侵襲と診断されている。 薬物の使用は、錠剤またはシロップの単回経口摂取量を、患者の体重1kg当たり薬物10mgの計算用量で意味する。 最大治療期間は3日間です。 ピラントールの特徴は、患者による薬物の良好な忍容性および禁忌の欠如であり、この薬物を使用して、子供および妊婦でさえもワームを排除することが可能になる。

ワームからのデカリス

デカリスは、薬理作用の広いスペクトルを有する非常に有効な駆虫薬である。 薬物の一回適用でも、99%の虫の解糖を抑制することができ、これは寄生虫の筋肉の完全な麻痺およびその後の死によって現れる。

この薬は、腸壁、虫垂および吸虫の粘膜にしっかりと固定されている蠕虫を除き、ほぼすべての種類の虫に有効な駆虫作用を有する。

この治療法は、夕方に単一の経口錠剤(150mg)である。 小児科におけるデカリスの有効用量の決定は、計算によって行われる(2.5 mg / kg体重)。

ヒトにおける蠕虫侵襲の治療におけるデカリスの広範な使用は、患者に対する薬物の良好な耐容性およびその高い駆虫活性に起因する。

ワームから襲われる

Vormilはまた、広範囲の薬理作用を有する駆虫薬を指し、その主な有効成分はアルベンダゾールである。 この薬剤は、組織および腸の形態の蠕虫侵襲に対して最大の駆虫活性を示す。 Vormilの特徴は、卵から成人まで、虫の発生のすべての段階で害虫駆除効果を発揮する能力です。 ワームに対する抗腫瘍効果Vormilは、チューブリンの重合を抑制し、その後にワームの代謝を破壊し、その大量死を引き起こす。

Vormil適用の領域は、腸管蠕虫侵入(線虫、腺腫、 蠕虫 )および組織蠕虫症(腸球菌、肺胞嚢胞性蠕虫侵襲)の診断である。 適時にVormilを適用することにより、顆粒状エキノコックス嚢胞の発生を減少させることができる。 代謝産物の排泄体からのワルミラは、胆汁と一緒に、そして部分的に尿とともに行われます。

Vormilの任命は、この薬剤が正確に投与されるべきであるので、寄生虫学者によってのみ行われるべきである。 帯状疱疹、腸閉塞症、腸閉塞症、非カタル性、旋毛虫性蠕虫侵襲におけるWormilの通常の投与量は、1日当たり400mgで3日間である。

患者が混合蠕虫侵襲を有する状況では、Vormilの1日量は800mgであり、治療期間は3日間である。

エキノコックス症は、通常の投与量で28日間、抗ヘルムス療法Wormilの長期使用を示しているとき。

特に長期のコースでVormilを服用すると、嘔吐、口渇、口内炎、胸やけ、鼓腸、吐き気、腹痛、下痢、便秘、頭痛、眠気、失見当識、痙攣発作の増加、視力低下、アレルギー外傷および血液の定量的組成の変化が含まれる。

ヒトの虫の治療におけるWormilの使用は、妊娠および授乳期には絶対に禁忌である。

ワームからのメベンダゾール

メベンダゾール(Mebendazole)は、種々の抗蠕虫効力を有する合成駆虫薬の代表例である。 ワームに対する薬剤の効果は、蠕虫細胞質のエネルギー変性過程を変化させ、グルコース取り込みの違反を引き起こし、ACEの合成を遅らせることによるものである。

最も効果的なメベンダゾールは腸線虫に対して有しているが、この薬剤は他の蠕虫侵襲に広く使用されている。 注目すべき事実は、経口摂取で全身血流にメベンダゾールが吸収される可能性がなく、基本代謝過程が肝臓で起こることです。 メベンダゾールの分解産物の最大蓄積は、肝臓の脂肪組織に認められる。 吸収されなかったメベンダゾールの排泄は、子牛と一緒に行われる。

メベンダゾールを取る好ましい方法は経口であり、他の駆虫錠とは異なり、メベンダゾールは噛んだり粉砕してはならない。 さらに、メベンダゾールの予約は、下剤の併用を必要としない。

メベンダゾールによる駆虫治療の期間は、広範囲に変わり得る。 従って、腸内細菌蠕虫の侵襲は、100mgの用量での薬物の単回投与の指標であり、三頭頭脊髄炎、孤立性鼻炎、鼻炎および混合蠕虫侵襲の場合、治療の経過は200mgの1日用量で3日間である。 成人における孤立性および強直性蠕虫性の侵襲では、メベンダゾールの推奨1日量は400mgです。

蠕虫侵襲での患者によるメベンダゾールの使用は、めったに副作用の進行を伴わず、一般に、この薬物は患者によって十分に耐容される。 メベンダゾールの過剰摂取の徴候としては、 脱毛症好中球減少症白血球減少症好酸球増加症貧血 、肝機能低下、血尿および耳下腺炎が挙げられる。

メベンダゾールの使用に対する絶対禁忌には、肝臓、潰瘍性大腸炎およびクローン病の重大な違反が含まれる。 蠕虫侵襲児の治療に関しては、メベンダゾールは実際には使用されていない。

主要な活性物質は胎児毒性および催奇性作用を有するので、メベンダゾールは、いかなるトリメスターにおいても妊婦の治療のために絶対に禁忌である。 授乳期にメベンダゾールを使用することは、乳児への毒性作用の発症を避けるために母乳育児を中断させるための基礎となる。

メベンダゾールの応用の特質には、アルコール性飲料、シメチジン、カルバマゼピンおよびフェニトインの使用との絶対的な非相溶性を特徴付けることも必要である。

ワームからのZentel

ヒトのための蠕虫からのCentel - 安価な錠剤は、抗けいれん性だけでなく、抗原虫の効果も有する。 ヒトにおける虫の治療におけるZentelの頻繁な使用は、薬剤が、チューブリンの重合の阻害および虫の代謝の妨害およびその後の死により、蠕虫の発生の様々な形態および段階に影響を及ぼすことができるという事実による。

Zentelの活性は、線虫、茎、虫および原生動物との関連で明らかになる。 さらに、その高い駆虫活性により、嚢胞性および肺胞のエキノコックス症の治療にZentelを使用することができます。

Zentelaの経口投与後、活性物質はわずかに吸収され、主要な代謝プロセスが肝実質で起こる。

嚢胞性腸球菌症におけるZentelaの使用の適応症は、外科的介入、薬物術前準備の必要性を使用することの不可能性である。 肺胞エキノコックス症では、Centelは術後期間の原則として使用される。

寄生虫学者は、駆虫療法Zentelomの長期コースを3週間推奨します。 この薬剤の1日量は400mgである。 小児練習では、Zentelは、患者の状態の年齢および重症度に応じて、2歳からの懸濁液の形態で、経口的に、5-10mlの用量で使用される。 Zentelは尿中に排泄されないので、腎不全の徴候が患者に存在することは薬物中止の徴候ではない。

大人と子供のためのワームのための効果的な錠剤

成人と幼児の両方に使用される虫の有効な錠剤の効果は、卵、幼虫から成虫まで、蠕虫侵襲の体を任意の形で発達させなければなりません。 まず第一に、ワームの有効な錠剤は、医療薬理治療だけでなく、疫学的および消費者基準にも対応する必要があります。

ほとんどの専門家は、駆虫薬の有効性は、その薬理学的駆虫作用の多様性に直接依存すると考えている。 効果的な駆虫剤を選択するときには、人が居住する疫学的状況を考慮する必要があります。 したがって、ほとんどのヨーロッパ諸国では​​、腹水症および腸炎症の蠕虫侵襲が優勢であるため、バーモックスおよびデカリスは、これらの地域に住む人々にとって選択される薬物である。

すべての駆虫薬はほとんどの国で処方薬のカテゴリーに属しているため、患者の客観的な検査を受けた後、寄生虫学者によって任命された場合にのみ有効です。

駆虫薬の有効性は製薬会社の能力に直接依存するため、薬剤を選択する際には、評判が良く、現代技術のみを使用する生産者を優先する必要があります。

抗虫薬は、子供の人口のカテゴリーに関連して最も頻繁に使用されるため、有効であるだけでなく、使いやすいものでなければなりません。 現代の効果的な駆虫剤の錠剤は、クレンジング用の浣腸剤および下剤用の調製剤の追加の任命を必要としない。なぜなら、それらはワームに対する萎縮作用のほかに蠕虫作用を有するからである。 駆虫薬の有効性はそのコストには影響しないので、使いやすく、抗蠕虫活性の高い多くの安価な薬剤がある。

効果的な駆虫錠剤の各々の作用機序は、有効成分に応じてかなり変化し得る。 ワームに由来する錠剤の大多数は、ワームの筋肉筋肉の麻痺の発症を誘発し、それによってそれらの運動性を制限する。 ワームの移動は不可能であり、移動や栄養の長期的な混乱のために、ワームの大量死が起こります。その後、人体は自然分泌物と共に残されます。 この行動の薬物には、Decaris、Albendazole、Piperazineが含まれます。

薬理学的影響に基づく有効な駆虫薬タブレットの別のグループは、グルコース取り込みを妨害し、その結果死に至るワームの代謝障害を引き起こす能力を有する。 Albendazole、Mebendazole、Praziquantelの特徴的な特徴。 このカテゴリの薬の主な特徴は、虫が体内から取り除かれる前に、腸の破壊と消化が起こることです。

予防のための人間のためのワームからの錠剤

誰にとっても、それを治療するよりも蠕虫侵襲を防ぐ方がはるかに簡単であるということは秘密ではありません。 ヒトにおける蠕虫侵襲の防止は、最近、様々な種の蠕虫を有する集団の侵襲レベルが著しく増加しているため、医療および社会の緊急課題である。

現時点では、ヒトの虫から錠剤を購入することは困難ではないという事実を考慮して、寄生虫学者は、使用の証拠がないとしても、個人による合成薬物の制御されない摂取のリスクを恐れている。 ヒトにおける蠕虫侵襲の薬物予防に関する意見は、このグループの薬物の高い毒性によって説明される寄生虫学者に分けられる。 大多数の専門家は、予防目的のために駆虫用錠剤を使用する可能性を否定的に否定し、不特定のワームの予防に対する集団の注目を集めるために全力を尽くして努力している。 しかしながら、非特異的予防は、その方法が定期的に人によって使用される場合にのみ有効であると考えることができる。

対照的に、蠕虫侵襲の薬物予防の支持者は、駆虫薬錠剤の制御された使用の条件下で、ヒトの健康に重大な障害を引き起こすことができないと主張している。 予防目的のために虫から錠剤を使用すべきである場合、実験的蠕虫感染が確認されている人と健康な人との接触を長期にわたって継続することが検討される。

人が蠕虫侵襲の病理学的な臨床マーカーを有し、人体に虫が存在することを確認する実験的兆候さえない状況では、抗蠕虫療法の予防コースを用いることが推奨される。 寄生虫学者は、駆虫剤の予防的使用を絶対的に示し、家畜、農業労働者、旅行者、ハンター、漁師と接触している人からなる、蠕虫侵襲の発生のためのいわゆるリスクグループを選んだ。

抗喘息治療に使用される全ての丸剤は、特定の(狭く集中した)非特異的(広範な抗ヘルニア活動を伴う)に分けられる。 狭窄した駆虫薬は、原則として、高い毒性のために予防目的のために寄生虫学者によって使用されない。 Pirantel、DecarisおよびEmponat perviniaのような抗ヘルムスタチン錠剤は、単回投与中に副作用の発症を引き起こすことはめったになく、人間の虫を予防するためにこれらの医薬品を使用することができます。

ワームを防ぐためのピランテル

ワームで身体に侵入する危険性が高いこの抗虫薬は、この薬理学的グループの薬剤の最も無害な代表です。 人体に対する最小限の影響は、活性物質がヒトの総血流には入り込まないが、腸の管腔内の虫に対しては阻害作用を有するためである。 ワームがヒトの腸で発生した状況では、それらは固定され、続いて子ウシと干渉しないように解放されるが、この合成薬物の摂取は人体における新しいワームの出現を妨げることはできない。

ピランテルの予防的単回計算投与量は、体重1kg当たり10mgである。 いかなる状況下でも、ピランテルは、妊婦および肝不全に苦しむ患者のような人々の蠕虫侵襲を防ぐために使用されるべきではない。

ワームの予防のためのバーモックス

抗ヘルムス活性の広いスペクトルのために、バーモックスは、様々なタイプの蠕虫侵襲の活動的な臨床症状の発症を予防する予防剤として使用することができる。 Pirantelaのような活性物質Vermoxがヒトの血流に入っていないにもかかわらず、この薬物は人体の様々な構造に蓄積し、中毒を引き起こし、蠕虫侵襲の予防の範囲を制限するという性質があります。

単回投与でも体の感作や免疫系の破壊を引き起こす可能性があるため、小児練習における蠕虫の侵襲を防ぐためにバーモックスを使用しないでください。

ワームの防止のためのDecaris

デカリスは、異国の国を訪問したときに起こる、ヒトにおける複合的な蠕虫侵襲を発症するリスクのために選択される薬物として使用されるべきである。 この薬物の作用は、虫の呼吸筋肉の麻痺であり、従って、その後の死である。

デカリスの予防的使用の領域は、この薬物の活性物質が蠕虫侵襲を阻害するだけでなく、免疫を刺激することもできるので、免疫装置を破壊する人々である。

大人のためのデカリスの予防単回用量は150mgであるが、子供は2.5mg / kgの割合で体重に応じて用量を計算する必要がある。

ワームの予防のための一次エンボタ

この合成薬物は、活性物質の一次エモータが回虫(ピンワーム)に対する選択的効果を有するため、腸内蠕虫侵襲を発症する危険性がある小児への予防的投与のために示される。

原虫の塞栓症には、ワームに対する悲惨な影響に加えて、蠕虫作用もある。すなわち、その予防的方法は、下剤の予約と必ずしも組み合わせない。 この駆虫剤を一回予防しても、活性物質の代謝産物が蓄積するため、糞便が明るい赤色に染まることがあります。