頻脈性不整脈

тахиаритмия фото 頻脈性不整脈は心周期の病理学的障害であり、心周期の著しい増加を特徴とし、周期性の同時侵害を特徴とする。 頻脈性不整脈では、心拍数 毎分100から400ビートまで変動し、心臓の下部チャンバー( 心室細動 )と上部チャンバー(心房細動)の両方において、病理学的に速い心拍数が観察され得る。

頻脈性不整脈の原因

病理学的に速い心調律は、様々な心疾患のために発症することがある。 この病態の最も一般的な発達は、 心筋心筋症 、心不全、 アテローム性動脈硬化症 (冠状動脈疾患)、高血圧および弁膜性心疾患の感染病変および腫瘍病変を引き起こす。

さらに、頻脈性不整脈の発症の理由のいくつかには、肺疾患、甲状腺疾患、 甲状腺中毒症 、電解質不均衡、先天性WPW症候群、心臓手術、薬物およびアルコール使用がある。

頻脈性不整脈は、心筋を減少させる脈拍が正常な心臓リズムより早く到着する場合に現れる。 心臓のリズムのこの病理学的違反は、心臓の下部および上部の両方で始まる可能性がある。

頻脈性不整脈の症状

この状態は、通常、慢性および発作性に分けられ、慢性頻拍性不整脈は永続的かつ連続的に再発する可能性がある。 臨床像は、わずかな動悸から、重度の衰弱、窒息、失神、失神、不整脈、 肺水腫までかなり変化する。 息切れやめまいがしばしばあります。

さらに、頻脈性不整脈は、いわゆる「栄養嵐」の症状を特徴とし、頻繁に振戦、悪寒、排尿が必要とされ、十分に大量の尿が配分される。

副鼻腔頻脈性不整脈

心臓不整脈の最も一般的なタイプの1つは、洞性頻脈性不整脈である。 この状態は、毎分80ビートを超える急速な心拍数によって特徴付けられる。

身体活動、不安、ストレス、かき混ぜの間に、このような心拍数の増加が観察されると、これは正常とみなされます。 しかし、このような状況が休息状態で現れた場合は、警告する必要があります。 多くの場合、これは副鼻腔頻脈性不整脈の最初の症状である。

ほとんどの場合、このような不整脈は甲状腺、自律神経系、血液循環に問題があることを示しています。 この場合、急速な心拍の出現で、必要な研究を行った後、適切な治療を処方するか、別の狭い専門医(内分泌学者、静脈学者など)に送付する心臓専門医の助けを求める必要があります。

副作用が頻発すると心臓は心臓筋肉自体や他の臓器や組織への血液供給を低下させるので、心臓は苦労して正しい量の血液で満たされないため、非常に危険です。 結果として、心筋虚血が最初に発症し 、続いて心筋梗塞が発症することがある

小児における頻拍性不整脈は、発作性で発作性でない頻脈であることが最も多い。 これらの状態は、強制的な治療または場合によっては緊急治療を必要とする。 発作性頻脈性不整脈は、前興奮症候群または期外収縮後に突然始まる。 ほとんどの場合、攻撃は数秒間続きますが、2〜3時間遅れることもありますが、その後も突然終了します。 攻撃の間、心拍数は通常2倍を超えています。

小児における非発作型頻脈性不整脈は、自動化の異種病巣の活動のために発生する。 病気のこのフォームでの攻撃は、十分に長い時間遅れ、その発症が遅い、ハートビートの数は1分あたり160ビートに達することができます、最後に補償休止はありません。 頻繁な発作の場合、 心不全が発症することがあります。

頻脈性不整脈治療

頻脈性不整脈の診断およびその後の治療は、心臓病専門医によって行われる。 治療の戦術は、診断された根底にある病理に直接依存し、これが心調律の乱れを引き起こした。

頻脈性不整脈が急性循環障害を引き起こさず、即時にその兆候が現れない場合、緊急の抗不整脈治療は行われず、 そのような場合、緊急リズムの正常化の試みは、不整脈そのものよりもはるかに危険です。