アレルギーのための温度


температура при аллергии фото アレルギーのために温度が上昇すると、医師はこの疾患にはまれな症状であり、通常は発生しないため、混合反応を引き起こします。 ほとんどの場合、アレルギーが起こると、温度が上昇します それに付随する炎症プロセスが存在する場合、炎症はアレルギー自体によって直接引き起こされる可能性がある。

多くの人々が自分自身に尋ねます:アレルギーのための温度はありますか? だからこそ、ほとんどありません。 以下では、アレルゲンが身体に浸透している期間にタラの温度が上昇することによって何が起こるのかを検討します。

アレルギーの場合の発熱の場合、アレルゲン自体が通常同じ咽喉で炎症プロセスを引き起こさないため、身体に付着したウイルス感染または一般的な風邪としばしば混同される。

小児および成人におけるアレルギーのための温度は 、以下のアレルギープロセスによって引き起こされる可能性があります:

薬に対するアレルギー 。 通常、この種のアレルギー反応は、粘液の炎症、重度のかゆみ、著しい温度への急激な上昇および十分に強い中毒

食物アレルギー 。 その発現は、動脈圧および広範囲の発疹の低下から、リンパ球増加症、「急性腹部」および重度の熱

タンパク質に対するアレルギー 。 外来タンパク質、血漿物質および種々の血清に対する生物のアレルギー反応は非常に多様であり得る。 大きな値への温度の上昇は、いわゆる「血清病」を示唆しています。すでに38℃までの指標が急上昇する可能性があります。 この病気の4つの段階の最後は、しばしばアナフィラキシーショックと死をもたらす

•植物の動物のや花粉に対するアレルギーは時々わずかな温度上昇を伴います。 また、これらのアレルギー反応は、通常、眼の炎症および付随するコリザによって示される

•いくつかの昆虫に噛まれた後、体に入る毒は通常、炎症過程の発達を誘発する。 病変の場所で赤く腫れて見え、局所的、時には全体の体温を上昇させる。 重度の症例では、血圧が著しく上昇し、肺水腫が発生する可能性がある

アレルギーの温度 - 行動は何ですか?

ほとんどの医師は38℃に達しない温度をノックダウンすることはお勧めしませんが、これはアレルギー反応が原因ではなく内部の病気によるものである場合にのみ適用されます。 温度がアレルギーによって引き起こされた場合、温度が感染またはウイルスによって引き起こされる可能性があるので、医療機関からの医学的アドバイスを求める必要があります。

アレルギー症状が軽度に上昇した場合、クラリチン、スペプスチンなどの従来の抗アレルギー薬も是正することができます。また、アレルギー症状が軽快した後もコルチコステロイドを使用して炎症を緩和することがよくあります。 しかし、これらの薬剤には血圧や体重増加などの副作用があることに注意してください。

アレルギーのための温度の上昇が薬を服用することによって引き起こされた場合、薬を服用することは、たとえ温度を下げることであっても状況を悪化させるだけです。 また、様々な加温チンキでボディーグラインド(スチーミング後)を完全になくす必要があります。これは寒さに対しても効果的ですが、アレルギー反応の場合は非常に有害です。

温度を下げるために最も安全で推奨される方法は、豊富な頻繁な飲み物です(ハチミツの温かいミルク、ハーブティー、ミルク、ハチミツ、ラズベリー、レモンなど)。 しかし、温度の上昇が食物アレルギーに起因する場合、アレルゲンは飲み物に加えられた食品の1つになる可能性があるので、飲酒にも細心の注意を払って処置する必要があります。

上記の結果、アレルギーの通常の症状は温度ではなく、任意の病気やウイルスによるアレルギー反応の悪化の場合に観察されます。 したがって、アレルギー単独のために体温を下げる前に、必ずアレルギー児に相談してください。