妊娠の温度

температура при беременности фото あなたが妊娠していて、熱がある場合は、理由がありそうです。 この原因は、妊娠そのものへの反応のために、ホルモンの背景と体温調節の変化として役立ちます。 この温度上昇は、興味深い状況の兆候であり、亜熱分解条件の限界内に位置する。 妊娠中の体温は非常に長い間低下することはありません。増加の理由が分かっていない場合は、心配する必要はありません。

妊娠中の女性の体内では、炎症プロセスが始まった。 女性の登録時に、この問題を明らかにするのに役立つ様々な分析を女性が手渡す。

ほとんどの場合、妊娠中の温度上昇はARIの症状であり、正確な診断を行い、治療を処方する専門医であるため、医師の診察が必要です。 妊娠中に薬物が極端に作用するのはその時です。 温度が低い場合は、家庭治療を完全に適用することが可能です。

非薬物治療は、妊娠中に最も適切な選択肢です。

低温では、民間療法を使用してください。 豊富な飲酒のための最も重要な条件ですが、過剰な液体が腫れを引き起こす可能性があるため、非常に注意深く飲んでください。 最初の妊娠では、自分を飲酒に制限する証拠はありません。 第2、第3期には、消費される液体の量を制御する必要があります。

飲むために、レモン、カモミールのスープ、フルーツドリンク、ライム、ラズベリー、バターとミルクのミルクを使ってお茶を使うことができます。 主なことは、飲み物は暖かく、あまり熱くないはずであるということです。

温度を38度に上げるときは、ラズベリー、母と義母の葉、プランテインからハーブティーを準備する必要があります。 私たちは1日4回大さじ1杯を取る。

もう一つのレシピが注目されます:スライスされた白い皮の不完全なスプーン1本に沸騰した水を1杯入れて冷ますと、大さじ1日4回摂取します。

針葉樹のカクテルは、喉の病気や妊娠中の高熱にも役立ちます。 私たちはこの方法で料理します:最も若いフェンネルシュート100グラム、ラズベリーのルーツ50グラム、マツの芽を切ります。 私たちはガラスの瓶にすべてを入れ、あらかじめ砂糖(100グラム)を注ぐ。 私たちは沸騰した水の大さじを加えて、私たちは1日以上を言います、そして私たちは水浴で最大8時間持ちます。 2日間放置して、明るいクリムゾンジュースをマージしてください。 私たちは最も暗くて涼しい場所に1日に5回服用し続けます。

妊娠中の基礎温度は、冷たい水で拭くことによって、額に冷たい圧縮を使用することによってよく倒されます。 この場合、ラップすることは推奨されません。

妊娠中の体温が37度の場合はどうすればいいですか?

もちろん、この病気の他の症状がない場合、この温度は女性を怖がらせるべきではありません。

妊娠中に発熱した場合は、ARVIなどの寒さがあります。 このようなウイルスとの戦いは非常に注意深くなければなりません。 温度は37.8度に下げてはいけません。 これは、身体が病気の原因物質と戦う機会を作り出すでしょう。 また、38度以上のマークに達しても、医者に急いで行く必要があります。

妊娠中の咽頭痛の治療は温かい水でスポンジで拭くことですが、38度以上の温度で直ちに医師に相談してください。 あなたがこれをしないと、赤ちゃんの先天性奇形を引き起こす危険性があります。 あなたはアスピリンを将来の母親に高温で服用することはできません!

妊娠初期の37.4℃までの上昇した温度は重要ではない。 これは原則として、早期妊娠では正常です。 卵の成熟期間中の基礎温度の上昇も、妊娠初期の兆候を決定するための基礎として役立つ。

妊娠中の体温は非常に頻繁に監視する必要があります。 それは多くの影響を与えます。 特定の値では、温度が将来の子供にとって強い脅威になる可能性があるため、薬効の低下は望ましくありません。

気温があまり上がらない場合は、上記の資金で十分でしょう。 低温は赤ちゃんの生命と発育に脅威を与えません。 したがって、伝統的な治療法を管理することは可能です。 赤ちゃんと1.5度の非常に短い上昇に影響しません。 しかし、しばしば、時間を無駄にすることができず、積極的に行動する必要がある状況があります

妊娠中の体温を下げることはどのような状況下で必要ですか?

長期的に人々の方法を下げることができないとき。 投薬なしで温度を下げる試みがすべて急上昇したとき。 熱が狭心症によって引き起こされたとき; 妊娠中の体温が38℃に達したとき。 妊娠が第3妊娠に達したとき、それが37.5℃に達するときに温度を下げる必要がある。

妊娠中の高温は危険ですか? はい、心血管系の仕事に深刻な侵害をもたらす有害物質による母親と子供の生物の中毒があるかもしれません。 タンパク質合成の変化に影響を与える。 早産に寄与する可能性があります。 器官の発達および胎児系の種々の障害を引き起こす。

妊娠中に非常に危険なのは、37.8℃以上の温度です。 この臨界温度の後、温度は子供の神経系に影響を及ぼし、精神活動に大きく影響する

妊娠中の体温を正しくノックする方法は?

事実、妊娠中の体温は落とすことができません。 このポジションのアスピリンは禁忌で、特にこれは第1および第3妊娠に当てはまります。 最も早い段階でアスピリン(アセチルサリチル酸)は中絶によって危険であり、そして後の用語では出血(出産の遅延)が長引いている。 このアスピリンの副作用は終わらない、それは胎児の奇形を引き起こす可能性があります。 それにもかかわらず、急性の必要があった場合は、タイセノール、パナドール、エファランガン、パラセトのいくつかのパラセタモールから何かを受け取ります。 多くのインドメタシンも認められている:Vramed、Metindol、Indomethacin-Darnitsa。 必要な場合には、半分の用量で、次に非常に多くの用量をアドバイスしてください。

パラセタモールの絶え間ない使用が肝臓や腎臓の機能に影響するという医療データがあります。 したがって、一度だけ薬を服用したり、医師から追加の技術の許可を受けてください。

だから、妊娠中の体温が38度に達したら、パラセタモールの半分をとり、医者が帰宅するのを待ちます

このトピックの他の記事:

1. 妊娠中の風邪

妊娠中の寒さの治療