腱炎

тендинит фото 腱炎は、腱組織の炎症であり、通常、腱の骨への付着領域に見られる。 この病気は腱鞘または腱嚢の炎症性病変と組み合わされ、しばしば過労から現れる通常の軽い痛みの形で現れることがあります。 しかし、腱炎とは異なり、単純な筋肉の痛みはかなり一時的な現象ですが、これに伴う痛みを伴う症状 この病気は非常に抵抗性であり、長期間観察することができる。 腱炎は職業性、性別、年齢にかかわらず人々に影響を及ぼしますが、40歳以上の人や手作業やスポーツに従事している人は、腱組織の年齢に関連した変化に対して最も脆弱であり、

腱炎の原因

腱炎の最も一般的な原因は、微小外傷および身体活動の増加です。 身体作業では、筋肉が骨の骨格に付着する場所はかなり重い負荷を受ける。 このような負荷が過度で規則的である場合、付着部位の軟骨および腱組織は、しばしば、小さな組織壊死(壊死)、カルシウム塩の沈着、軟骨組織および腱の脂肪変性領域として現れる変性変化を受ける。 カルシウム塩は、何らかの理由により、腱の微小亀裂が発生した場所に最も頻繁に沈着する。 カルシウム塩は十分に固体であるため、周囲の組織を容易に傷つけることがあります。

長期間の身体運動のために、腱繊維の間に位置する軟骨組織は変性し、骨化し、骨棘、骨棘および棘のような骨成長が存在する。 これらのプロセスはまた、腱炎の発生のための触媒でもある。 さらに、腱炎は、 反応性関節炎 、慢性関節リウマチおよび痛風のようなリウマチ性疾患のヒトへの存在の結果として発展し得る

腱炎の最も一般的な原因: фото тендинита

- 特定のジョイントに大きな物理的負荷がかかる

- 傷害および細菌感染( 淋病など)

- リウマチ性疾患( 関節炎 、痛風など)

- 特定の薬剤に対する様々なアレルギー反応

- 体の非対称構造(長さの異なる下肢の場合、膝関節の腱炎が発症する可能性があります)

- 正しい姿勢を守らない

- 腱の不適切な発達または弱化

発生した腱炎は、腱がある人体のほぼどこでも観察することができます。 かなりの頻度で、腱炎は肩の基部、手の親指、大腿部、膝および肘の関節、踵腱に発生します。 青少年および小児において、膝の最も一般的な腱炎は、脛骨の骨棘の炎症性病変に直接関連する

腱炎 - 症状

腱炎の最も顕著な症状は、可動性および痛みの制限であり、炎症プロセスが進行するにつれて突然現れるかまたは増加する可能性がある。 炎症の場所の痛みを伴う感覚やそれに隣接する領域はかなり頑固で、長い間持続しません。 罹患腱の感覚は感受性を増加させる

: болевые ощущения; 腱炎の主な症状 :痛み; 貧血は罹患腱上で観察される; 腱が動いたときには、内腔を通して、または遠く離れていても、音が聞こえます。 この病気の経過は、弱くなるカルシウム塩の腱および関節嚢の沈着の場合には、かなり複雑である。 тендинит бицепса фото

肩関節の腱炎は、肩の可動性の低下および運動の振幅の減少によって示される。 無負荷状態では、肩の痛みを伴う感覚は全くない。 夜間までに成長すると、痛みを伴う感覚は腱炎の重大な症状ではなく、睡眠中の体の強制的な位置のために驚くべき症状です。

膝関節の腱炎は、下降するか、階段を上げる、走ったり歩いたりすることが困難であることによって現れる。 前腕の炎症性腱の病変の場合、患者は様々な行動を行い、対象物を手で保持することに問題がある

腱炎 - 治療

腱炎の治療の第一の任務は、患部の完全な休息を確保することです。 これらの目的のために、下肢を痛めつけることによって、松葉杖または杖が優れている。 肩関節の腱炎 - ラゲット、タイヤまたは包帯。 肘関節の腱炎 - 硬い包帯。 これと並行して、鎮痛剤および抗炎症剤の投与が処方され、局所的に、同様の軟膏を使用することが可能である。

コルチコステロイドの病変部に注射後に腱炎の治療における陽性動態が観察され、痛みを迅速に除去し、炎症過程の減弱に寄与する。 主な治療法の追加は理学療法です。

強い炎症過程がある場合、または標準治療の無効の場合、抗生物質が示され、特に重度の症例では外科的介入が示される。

腱炎の治療は、患者が例外なく患肢を休息させるためのすべての勧告に従う場合にのみ有効である。 前の体制と仕事のリズムが継続すれば、自信を持って病気のさらなる発展を保証することができます。

腱炎の予防は、その後の治療よりもずっと簡単です。 次回の身体活動にかかわらず、小さなワークアウトを事前に行う必要があります。 負荷自体の速度は、その力の限界で作業することなく、徐々に増加させる必要があります。 わずかな痛みの兆候が現れる場合は、職業を変えなければなりません。 行動の遂行中に痛みを伴う感覚が現れ続けている場合、将来的には彼らに戻らない方が良いでしょう。 肩関節の腱炎の予防は、手で行わなければならない作業を避けることです。 専門的な特性のために不可能な場合、上肢は定期的に完全に休むべきである。