アレルギー検査


тест на аллергию фото 各人の免疫系の作用は、病原性ウイルスおよび細菌から身体を保護することを目的としている。 さらに、免疫系の細胞は癌細胞を認識して破壊することができる。 しかし、場合によっては、この非常に複雑な防衛システム 動物に髪の毛や花粉など様々な植物の花粉など絶対に無害な物質に過敏に反応し始めますが、これらの刺激物質のほとんどは危険ではありませんが、免疫反応が非常に深刻です、時には人の人生。

アレルギーテストは 、アレルギーを引き起こすアレルギー物質を検出するように設計されています。 誘発するアレルゲンが最終的に確立された後でなければ、医師は適切な適切な治療を処方することができます。 今日は完全にアレルギーを治すことができないとすぐに予約したいと思いますが、特定の薬を服用すれば、スポーツやスポーツをすれば、かなり長い間アレルギーを忘れることができます。 治療は通常、冬に始まります。この病気の主な挑発者は、「冬眠中」のように、

アレルギー検査の原因

アレルギーテストでは、100%の保証と非常に迅速なアレルギー誘発性のアレルゲンが明らかになりました。 これにより、処方された治療が適切かつ効果的になります。 しかし、以下に挙げる他の理由があります。

•この検査は、以前にも疑わないアレルギーの病原体を特定するのに役立ちます

•身体が家庭用粉塵などに適切に反応しないという確かな信頼は、特に、抗ヒスタミン薬の服用を開始したり、アレルゲン特異的免疫療法を行うために、

•アレルギーの性質を確認しない場合、アレルギー検査は他の疾患を検出することができます。例えば、酵素が不足している場合、乳製品はアレルギーのような発疹を発症することがあります。 外的徴候によれば、アレルギーは、しばしば、膵臓疾患、真菌性皮膚感染症、 慢性気管支炎 、乾癬などの疾患に類似している。

•検査がなければ、薬物アレルギーと偽アレルギーを区別することは不可能です。 これは、薬物不耐性が両方の場合に観察されるという事実による

アレルギー検査は、医師の疑惑を否定するか、確認するためのものです。

最も一般的な検査は皮膚検査とイムノグロブリンEの血液検査です。これらの検査は相互補完であるため互換性はありません。 血液およびいくつかのサンプルの分析は、原則として、アレルゲン誘発疾患を同定するのに十分である。 例外的な場合には、健康状態の悪さを判断することはすぐには不可能です。 そのような場合、様々な挑発者の混合物に対して試験を行い、その後、排除することによって、疑わしいアレルゲンの範囲が狭まり、プロボーカーが確立される。

皮膚試験は、試験物質が皮膚の厚さに直接落ちなければならないことを意味し、そのために表面的注射が通常行われる。 最初に、最も一般的なアレルゲン(ハウスダスト、植物の花粉など)が調査され、そのために、サンプル用に選択されたアレルゲン溶液の数滴が適用される特別な針の皮膚に小さな穿孔が施される。 したがって、少量の試験物質が皮膚の表層に垂れ下がる。 通常、15〜20分で結果を評価することができます。 被験者が投与された物質に対するアレルギーを有する場合、穿刺部位で腫脹および発赤が生じる。

皮膚検査と並行して、挑発的な検査が行われることが多い。 これらのサンプルは、この疾患で最も頻繁に冒される組織または器官に誘発性のアレルゲンを導入することによるアレルギー反応の再現に基づく。 挑発的な検査は、吸入、鼻および結膜に分けられる。 特定の食物に対するアレルギーを確立し、気管支喘息を診断するために、吸入誘発試験が行われる。 結膜検査は、選択したアレルゲンを鼻または下部結膜嚢に注入することからなる。 かゆみ、発赤または涙液の場合、反応は陽性と考えられる。 кожная проба фото

テストは危険ですか? アレルギー検査が資格のある職員によってこのポリクリン条件に対して特別に訓練されて実施される場合、合併症の可能性は極めて低い。 それにもかかわらず、微量の物質でさえ導入することは、生命の危機まで深刻な結果につながる可能性がある、アレルゲンに対するそのような強い反応を有する人々がいる。 この点で、挑発的な検査は最も危険で強力であり、窒息と広範な皮膚の発疹が現れる可能性があります。 このような場合には、アレルギー治療薬は常にアレルギー抑制の必須薬

アレルギー検査 - 間違いはありますか?

誤答の確率は約10%であり、これらのミスは通常、診断の誤りまたは試験前に薬物がすぐに服用された場合に起こる。 テストの数分前に、エラーを除外するために、皮膚に追加の液滴が適用され、そのうちの1つは必然的にr-rヒスタミンでなければならない。 反応がない場合、皮膚検査は100%保証を与えません。 第2の液滴は、希釈されたアレルゲンを含む対照液体を含有する。 論理に反するこのrrへの反応は、

アレルギーの迅速検査

あまりにもずっと前、世界で初めてアレルギーの家庭検査が行われました。一度にいくつかのアレルゲンを検出できるImutestが一般に公開されました。 この場合、この試験の結果は、外来患者の設定で実施された試験の結果と変わらない。 アプリケーションでは、独立した家庭用に設計されているため、Imutestは非常に簡単です。

彼の研究の基礎は、特定の免疫グロブリンクラスEの血液中で同定することです。皮膚検査と並行して、このタイプの試験は世界中で "ゴールドスタンダード"とされています。

統計によると、10のうち、アレルギーのある10人の人々は、猫の上皮、植物の花粉、または家庭の塵に敏感です。 Imutestは、鼻炎、湿疹および喘息の症状を引き起こす重要なアレルギー性トリガーのこの三連の感受性を決定する。 これら3つのアレルゲンについて陰性の結果が得られた場合、観察された症候はアレルギーに起因しない可能性があると推定される。

Imutestは非常に簡単に動作します。 分析のために、一滴の血液を自動ディスポーザブルランセットを用いて採取し、これを次に試験装置に添加し、緩衝液で希釈する。 30分間、試験結果は1 /数本の赤線の形で試験装置上に現れる。

アレルギーの有無を検査する。 その臨床試験は、結果と皮膚試験および放射性免疫吸着試験(RAST)との完全な一致を示した。