同性愛者の泌尿生殖器シゲラ症


урогенитальный шигеллез гомосексуалистов 同性愛者の泌尿生殖器のシゲラ症は、シゲラによって引き起こされるかなりまれな性感染症です(自然界に約50種あります)。 赤痢菌(Shigella) - ヒトの直腸および大腸に生息する微生物であり、何ら特別な不安を引き起こすことはない。 口や血液に入って、赤痢や他の毒性感染症のような一般的な病気の発症につながります。

同性愛者の尿生殖器のシゲラ症は、性行為が同性愛者の性交の間にパートナーの直腸に現れる人々(より頻繁に同性愛者、女性と肛門性交を行う男性は少ない)にのみ発症する可能性があります。

感染から1〜2週間後、尿道からの活発な性的パートナー(男性)は、貧弱な化膿性の排出物に見える。 場合によっては、排出がない可能性がありますが、代わりに尿道に不快感や軽いかゆみがあります。 (характеризуется болезненными частыми мочеиспусканиями, тяжестью в промежности и пр.).泌尿生殖器のシゲレザの非常にわずかな発現の観点から、病気の人は、尿道の炎症が前立腺炎 (痛みを伴う頻繁な排尿、会陰部の重いことなどを特徴とする)によって既に複雑になっているときに、

同性愛者の泌尿生殖器シゲラ症を診断するために、PCR法、尿道からのスメア顕微鏡法、免疫蛍光法、血清学的方法および細菌学的方法の診断法が使用される。

同性愛者の泌尿生殖器シゲラ症の治療は、ニトロフランおよび広域抗生物質によって行われます。 さらに、局所的、理学的および免疫刺激処置が行われる。 セックスパートナーの治療は必須です。

この病気の予防として、肛門 - 生殖器の接触では、コンドームを使用する必要があります。