結節性紅斑

узловатая эритема фото 結節性紅斑は、皮下脂肪および皮膚血管の炎症において顕在化する疾患を指す。 女性では、この病気がより頻繁に発生します。 30歳までの病気の年齢。 避妊薬と妊婦を使用するカテゴリは、リスクグループに分類されます。

国内の専門家からの結節性紅斑は、N.F. フィラトフは、病気の「ストッキングでの病気」の正確な定義を与えた。 病気の主な原因は感染症であり、主な症状は赤い斑点である。 彼らは結び目のある編成のように外部から見て、触れたときに不愉快な感覚を引き起こします。 これらの地層は数日後に消滅し、10日まで続きます。

結節性紅斑は皮下脂肪組織および皮膚自体に炎症過程を有する。 ノードは、1〜10センチメートルの異なるサイズであり得る。 足には主に大腿の内側に発疹のデータが集中しています。 上肢はまれです。 発疹の最初の時間は激しいピンク色をし、紫色の色相を獲得し、後で黄色くなる。 だから、徐々に皮下血腫の色を変える。 最初の2週間は斑点が強く着色し、20〜40日後に消えます。 慢性疾患は、ノードが併合され、移行することができるため、短時間で消滅する可能性があります。

結節性紅斑は極めて単純に診断される。 しかし、その難しさはその病気の原因を特定する際に発生します。 それは明らかであるかもしれませんし、それ自体を明らかにすることは全くできません。 病気は不快であるが、患者の生活に脅威ではなく、唯一の病気である。

原因の結節性紅斑

結節性紅斑の発症の原動力は、呼吸器または急性ウイルス性疾患であることが多い。 いくつかの症例は、体温が上昇する斑点の出現、ならびに脚の関節および眼の中で生じる不快な健康および非常に不快な感覚を特徴とする。

結節性紅斑は生理学的であり、皮膚に暴露した後に起こることがある。 これらは、マッサージ、加温クリーム、アルコールチンキで皮膚を擦ることが含まれます。 この病気は投薬治療後に起こるが、より頻繁に、コクサ感染症、結核菌および酵母様病原体を引き起こす。 しかし、強烈で神経質な負荷の後に紅斑の結節が現れることがある。 病気はしばしば重篤な神経サージの後の労働者虐待や人々に付随します。

結節性紅斑症状

この病気は、細菌性、薬性または他のアレルゲンに対する遅延型の胃反応の発生によって引き起こされる。 ローカライゼーションの主な場所は、正面だけでなく、正面の側面です。 扁桃炎、耳炎、歯科疾患、 結核 、その他のウイルス感染など、患者の状態に付随する慢性疾患を悪化させる。 原因を突き止めることが困難な場合、その疾患は独立しているとみなされます。

結節性紅斑はすべての年齢が大好きです。 発疹の出現の前に、倦怠感、衰弱、骨の痛み、亜熱状態、および胃腸障害を特徴とする前駆期がある。 紅斑結節の典型的な症状は、真皮の最下部に位置する密な節である。 それらの上に肌を滑らかに、赤い色相。 疼痛症候群は多少異なり、重症度が異なる。 ノードの触診だけでなく、自発的に、かゆみは特徴的ではないことに留意されたい。 5日目からは、崩壊を伴わずに圧縮に現れるノードの解決があります。 紅斑結節の特殊な特徴は、傷と同じ肌の色の変化です。最初は色が赤、次に茶色、青緑色、緑色と黄色です。 しばしば、ノードの典型的な集中が脛の前面に観察される。 病変の対称性は特徴的であるが、発疹の片側性は排除されない。 紅斑瘤の要素は、前腕、臀部、子牛、臀部、顔などの皮下脂肪層がある場所であればどこでもかまいません。

ほとんどの場合、 結節性紅斑は発熱で急性発症し、 食欲不振 、衰弱、倦怠感、悪寒によって特徴付けられる。 関節症があります:関節痛、痛い触診、朝の硬直。

小児における結節性紅斑

6歳の年齢は結節性紅斑のために好む。 寒い時期に病気の女の子が多い。 この病気の症状は6日目に現れます。 子供には一般的な倦怠感、気分、関節や胃の痛み、 頭痛があります。

その後、正面に位置する熱く、非常に痛いホットノット(接触する)と、脛または側腿、前腕の外側表面がある。 小結節は、ナットサイズ、腫れ、皮膚の表面上の隆起、対称性および境界なしの半球形状によって特徴付けられる。 ノードの特徴は、ジューシーレッドからチアノール、次に黄緑色への色の変化です。 視覚的には傷みのように見えます。 徐々にそれらは平らになる。 子供の半分は関節の損傷に苦しんでいます。 この場合、患部の関節は赤く腫脹し、動くと非常に痛いです。 関節の炎症は数日ですみやかに消えますが、ここで関節痛(関節の痛み)はずっと長く続きます。 十分な6週間、時間が経過したノード。

小児の結節性紅斑には以下の治療が含まれる:寝床、抗炎症薬 - ブルフェン、アスピリン、インドメタシン。 患部に局所的に加温剤(イチチオール溶液、ヘパリン軟膏、コルチコステロイド軟膏)を塗布する。 適時治療を処方する医師に知らせる必要があります。 紅斑は自己投薬を歓迎しません。

結節性紅斑治療

医師への最初の参照で、肺のX線写真を撮り 、結核とサルコイドーシスを排除し、分析をエルシニアに渡し、また連鎖球菌の塗抹標本を渡すよう任命される。 感染を排除するために、様々な血液検査が処方される。 特に注意を要するのは、自己免疫だけでなく腫瘍の病気の疑いがある状況が必要です。 治療の開始前に、精神的平衡を回復させ、否定的な考えを取り除くことが重要です。これは体の破壊の源であるためです。 健康的なライフスタイルを維持し、栄養を調整し、毒素の体を浄化することも重要です。 特に肝臓や腸に注意を払う必要があります。 毎週断食に入る必要があります。 あなたが飢えることができない場合は、体重減少や​​体のクレンジング( 野菜飼料ケフィア飼料フルーツ飼料ベリー飼料そば食 )のために食事を使うことができます。

紅斑瘤の治療法は?

ハーブ(ミント、レモンバーム、カバの葉、不死鳥)を含む効果的な胆汁浄化のコレクション。 悪化する場合は、医師に相談してください。 抗ヒスタミン薬、ビタミン、カルシウム、鎮痛薬、コルチコステロイド、抗生物質、ヨウ素アルカリ、末梢血球減少薬、血管保護薬、アダプトゲン、脱凝集剤が処方されます。 閉鎖的なドレッシングを指定する局所治療では、dimeksidaを使用します。 結節性紅斑は乾熱が好きなので推奨されます。

妊娠中の女性の結節性紅斑は、ほとんどの薬剤が禁忌であるのがこの期間中であるため、ケアおよび治療を提供する上で最大の困難を引き起こす。

妊婦の結節性紅斑は、以前は医師によって否定的に認識されており、中絶が推奨されていた。 現在、母親のリスクは最小限に抑えられています。 付随する疾病を検査し、排除することが必要である。 紅斑の適時治療では、第3妊娠の終わりに向かって結節が消える。

結節性紅斑はIndovazineでうまく治療され、内部には少量のParacetamolでCurrantilを投与する必要があります。 炎症はアスピリンを取り除きますが、最小限の量だけでなく、軟膏の逃げを軽減します。 また、頻繁に休むことの必要性と体制への遵守の重要性を忘れないでください。

このトピックの他の記事:

過剰紅斑多型紅斑