野菜 - 血管性ジストニー


вегето сосудистая дистония фото 植物性血管性筋ジストニアは、自律神経系の障害によって引き起こされる臨床症状の多型を特徴とするかなり広範な症状の複合体である。 この多肢性症候群は体細胞型 自律神経機能障害。

ICD-10によれば、栄養血管性ジストニアは、心原性神経症、神経循環無力症およびジストニア、栄養性起源の神経症および精神栄養性症状複合体のような診断を組み合わせた病的状態として分類される。 この病理学的現象によって引き起こされる外乱は、体細胞傷害と組み合わされることが多い。

野菜血管筋ジストニアの原因

栄養血管性ジストニアの発症および進行の前提条件は多数ある。 最も重要な値は、自律神経系の特定の部分の構造および機能における偏差に属する。 これらの偏差は遺伝的要因に起因し、しばしば患者の母親の線に沿って追跡される。 残りの要素は、ほとんどの場合、ANSにおける潜在的な潜在的障害の現れに寄与する。

栄養血管性ジストニアの発症は、新生児期の神経系の損傷によって引き起こされる。なぜなら、それらが脳血管の機能障害および脳脊髄液の運動を引き起こすからである。 周産期における中枢神経系の損傷は、子供の神経系の顕著な感情的不安定性、急性精神病および神経症の発症を引き起こし、ストレス耐性を低下させる。 これらのすべてが栄養血管性ジストニアの形成に寄与し、その発達を促進する。

神経ショック(親との喧嘩、幼稚園や学校の仲間との競合、自由の制限と世話の増加、両親の不在)を経験する子どもの栄養血管性ジストニアの発症の可能性は著しく増加する。 この病気の形成における主要な役割は、慢性的な精神的過剰ストレスによって演じられる。

栄養血管のジストニア神経疾患、内分泌系の病理学、 アレルギー 、気候条件の頻繁な変化、不利な気象条件、生長体への過度の身体ストレス、逆に、運動活動の低下、食事障害、思春期に起こる身体の変化。

野菜血管筋ジストニア症状

栄養血管性ジストニアの場合、様々な徴候が本来備わっている。 この疾患は、様々な臓器および系統からの多数の愁訴、症状の多型および症状複合体が存在し、それは明らかな理由なしに現れ、痕跡なしに消失することが特徴である。 このような徴候は、プロセスにおける視床下部領域の関与に関連する栄養血管ジストニアの経過の特定の特徴によって説明することができる。

多くの場合、この病因は、心臓の投影における痛み、断続的な頭痛、めまい、心臓リズム障害、上肢の振戦、身体の震え、過敏症、様々な強度の関節痛、より頻繁に大きな関節、筋肉の痛みおよび痛み、 栄養血管性ジストニアの患者では、 亜熱帯状態 、失神状態および起立性崩壊が特徴的である。

野菜 - 血管性ジストニア徴候

栄養血管性ジストニアの最も持続的で一般的な兆候には、心筋梗塞、自律神経機能障害、神経障害、血管ジストニア、頻脈および頻脈性不整脈が含まれる。

栄養血管性ジストニアに罹患している人々の心臓麻痺は、心臓の領域で突然発生する圧痛の痛みを伴う感覚によって現れる。 痛みは、強度および持続時間が変化し得る。 場合によっては、それは突き刺さることがあり、圧縮性であり、十分に発音されることがある。 植物機能不全は、身体位置の急激な変化、失神、顔面および頸部の皮膚の熱感を感じる起立性低血圧を感じさせる。 神経性障害は、栄養血管発作、心臓病および頭痛の発生である。 血管ジストニアは、上肢および下肢の寒さ、皮膚および粘膜の蒼白、内部の震えの感覚によって現れる。

VSDを用いると、尿石症の発症に寄与する排尿障害の症状を発症させ、増加させることが可能である。

栄養血管性ジストニアの症状は、所与の患者にどのような栄養障害が存在するか(迷走神経または交感神経萎縮)に直接依存する。

不快感を訴える人は、パフォーマンスの低下、重大な記憶障害、身体的および精神的な仕事中の疲労、日中の一定の眠気、夜間の頻繁な不眠症、低気分および全般的な情緒的背景、うつ病、長期のうつ病 、恐怖感、 そのような患者は、寒さと熱、詰まった部屋には耐え難いです。 彼らは食欲不振と頻繁な悪心のためにほとんど食べませんが、一貫して身体に加えられ、しばしば喉の昏睡の感覚、ふくらはぎの筋肉の痛み、主に夜間、腹部の突然の痛みに悩まされます。

検査中には、不自然な顔をした人の皮膚に大理石模様があり、上肢と下肢の両方に軽度のアクロシア症が見られ、一定の体液保持のためにまぶたがペストースであることがわかります。 迷走神経の優性を伴う栄養血管性ジストニアの皮膚造影は非常に赤い。 この病理では、汗や皮脂の分泌が増加し、 過覚醒が特徴です。

疾患が進行するにつれて、心筋の収縮性の低下により心臓のサイズが増大し始め、徐脈性不整脈および心筋梗塞がしばしば現れる。 心電図は洞静脈を決定し、時には - 期外収縮期、歯PとQとの間の間隔が大きく増加し、セグメントSTがアイソリンを超えて変位し、歯Tが振幅を増加させる。

交感神経麻痺の子供は熱い気分にされ、痛みに非常に敏感であり、神経症や気分の急激な変化、不注意で気質の悪い傾向があります。 最も一般的な苦情は、身体の熱感と心臓の動悸です。 交感神経緊張型の子供はしばしば優れた食欲で体重が不足します。 そのような患者は薄く見え、皮膚は触診で乾燥しており、黒皮症は白く発音されている。 彼らはしばしば朝の手足のしびれ、夕方の亜熱帯状態、寒い四肢、高い気温の忍耐力に注意を喚起する。 泌尿生殖器系および胃腸管からの障害:尿排泄の増加および頻繁な萎縮性便秘 。 vagotoniaの場合のように、呼吸器系および前庭装置の障害は存在しない。

青年期の野菜血管筋ジストニアは、リズムの増加および周期性動脈性高血圧などの心臓血管障害によって特徴付けられる。 ECG上には洞性頻脈が見られ、歯Pと歯Qとの間の距離が短縮され、歯Tが平坦化され、歯STが下方にシフトする。

自律神経障害の障害が心血管系において一般的である場合、用語「神経循環性ジストニア」が適用可能である。

野菜 - 血管ジストニア型

栄養血管性ジストニアの品種は、多数によって区別される。 患者の心臓血管系の反応の性質に応じてVSDの分類に特別な注意を払うことは価値がある。 従って、栄養血管性ジストニアの高血圧、低血圧および心臓タイプが区別される。

高血圧タイプの栄養血管性ジストニアでは、頻繁な圧迫頭痛の愁訴、合理的な運動による急速な疲労、記憶障害および急速な心拍数が一般的である。 収縮期血圧(上限)は、140mmHgを超えると突然上昇することがあります。 アート。 意外なことに増加が起こり、短期的であり、実際には健康に影響しません。

心臓型の栄養血管性ジストニアの場合、最も特徴的なことは、心臓の「退色」、仕事の中断、頻脈、空気不足感に関する愁訴である。 心電図上には、複数の心室期外収縮および洞性頻拍が見られる。

降圧型の栄養血管性ジストニアの特徴は、上部動脈圧指標が80〜100mmHgに低下することである。 アート。 そのような人は一定の疲労と衰弱を感じ、活力の低下を感じます。 淡水化、午前中や寝たきりの部屋での眠気、手のひらや足の寒さやしびれ、頭痛、気分の悪い状態、一般的な情緒的背景など、肌は涼しく淡いです。

純粋な形態では、そのタイプは非常にまれであり、混合栄養血管性ジストニア(心臓の低血圧または心臓の高血圧)がより頻繁に診断される。

栄養血管性ジストニアでは、軽度、中等度および重度の3段階の重症度が区別される。

緩やかな程度は、悪化する時間と寛解の長期間(疾患のすべての兆候がない)の波状の経過を特徴とする。 栄養血管性ジストニアの攻撃は、感情的ショック、ストレスの多い状況または長期の精神的または肉体的ストレスの後に起こる。 彼らはまれにしか起こらず(年に2回以上はない)、弱い強さの軽い神経変性症状の中心に痛みを伴う感覚を特徴とする。 患者は完全に機能する。

中程度の重症度については、症状および症状複合体の多型が特徴的であり、より顕著である。 コースも波状ですが、悪化の期間は長くなり(数ヶ月まで)、寛解は短命です。 危機の間に、患者の身体的および精神的なパフォーマンスを大幅に低下させるかまたは完全に失うことができる。

重度の栄養血管性ジストニアは、心臓の領域においてほぼ一定の疼痛症状、心臓リズムにおける安定した違反を特徴とする。 抗高血圧型の人は動脈性低血圧が持続し、頻繁に頻繁に起こり、困難です。 攻撃の間、患者は心臓の仕事における重度の混乱のために死の恐怖を経験する。 危機は頻繁に起こり、呼吸行為の違反を伴う。 悪化の期間中、身体的能力はほとんど失われます。 特殊なケースでは、患者に病棟が必要です。

小児における野菜 - 血管性ジストニア

ほとんどの場合、栄養血管筋ジストニアは、若年および中学生(6〜13歳)で最初に現れる。 子供は、一定の弱さ、身体運動中の息切れ(特に体育授業中または庭での遊び中)、手足の寒さ、激しい発汗および熱感、心臓および肋軟骨の痛みを訴える。

特徴的な症状は、目が暗くなる、無意識の状態です。 病気の子供の食欲は、断固として食べることを拒否するまで減少し、不安定に眠り、眠りに落ち、朝に起きます。

菜種血管性ジストニアは、慢性呼吸器および心血管疾患の子供だけでなく、寒冷を伴うことが多い胎児低酸素症または外傷(特に頭蓋脳症)と診断された子供の罹患状態にある。 上記のすべてに加えて、栄養血管性ジストニアの発達は、頻繁なストレスや感情的過体制、家族やチームの不穏な状態、積極的な環境条件、気候条件の悪い習慣や悪い習慣によって促進されます。

(急性呼吸器感染症、インフルエンザ、季節性ショック症候群の間)、負荷の急激な増加(競技前の訓練、競技前の訓練)、ストレスの多い状況(悪い兆候、友人)、ホルモンの変化(思春期の年齢、ホルモン不全)。

小児期および青年期の野菜血管性ジストニアは本質的に一時的であり、慢性的な長期の経過に変わる可能性があります。 重大な結果を招かないようにするためには、家族やチームで静かな環境を子供に提供し、ワークロードをコントロールし、地区小児科医との予防検査を時間通りに行う必要があります。

野菜血管筋ジストニア治療

所望の結果を与える栄養血管ジストニアの正しい処置を割り当てるためには、内部器官の病理を排除するために徹底的な診断を行うことが必要である。 患者が不平を言う器官から検査を開始する。 一般的な臨床分析で検査を開始することが最善であり、詳細な解釈の後に、自律神経系の機能不全、心エコーおよびECG、様々な呼吸検査を検出するためにサンプルを割り当てる。

胃腸管の器官に愁訴がある場合は、必ず超音波検査を行う必要があります。 これらの方法は中枢神経系の働きを十分に理解することができるので、エコーセンテグラフィと脳波記録は余分になることはない。 非常に重要な項目は、人生の不幸の収集です。 ジストニアに苦しんでいたかどうか、近くの親戚に何が傷ついたのかについての情報を見つける必要があります。 vagotonicsの親は、しばしば神経皮膚炎、 消化性潰瘍喘息 、および交感神経 - 糖尿病 、高血圧に遭遇する。 栄養血管性ジストニアでは、耳鼻科医、神経科医、内分泌科医、眼科医、心理療法士の助言を受けることを強く推奨します。

完全な健康診断の結果、有機病理が発見されず、自律神経系機能不全の検査が肯定的な結果を示した場合、コースのタイプと重症度を示す「栄養血管性ジストニア」の最終診断を行った。

栄養血管性ジストニアの治療は、長期間の、複雑で純粋な個体である。 アドバイスや処方薬を提供する際には、疾患の病因およびANSの異常の性質を考慮する必要があります。 主な方法は非医薬品です。 これらには、睡眠と覚醒の正常化、身体的および精神的負荷の減少、すべての精神的外傷性因子の排除、定期的で高級で健康的な栄養の供給が含まれる。 感情的な領域でのテレビ放送とコンピュータゲームの影響を制限する必要があります。 治療の最適な効果を得るには、既存の悪い習慣(喫煙とアルコール)を放棄する必要があります。

広範な使用は、水の手順(円形とコントラストのシャワー、精油と真珠のバス、プール)、マッサージをリラックスとして栄養血管のジストニアの治療のような方法を受けています。 理学療法のうち、最良の結果は、磁気およびレーザーの穿刺、電気刺激および真空療法によって示された。 レーザー治療の有効性は、鎮静および鎮痙効果だけでなく、静穏および血管拡張効果に起因する。 Magnetopunctureは、中程度および重度の重度の栄養血管性ジストニアに伴う慢性疼痛症状を十分に排除し、心理精神的因子に長期間暴露した後に身体を回復させるのに役立つ。

真空療法は胸部領域で処方される。 それは鎮痛作用と鎮静作用をもたらし、障害のある血液循環を回復させるのに役立ちます。 これは、低血圧および低血圧 - 心臓型の中等度および重度の栄養血管性ジストニアにおいて特に有効である。

電気刺激の方法は、手足の寒さおよび無感覚を伴う上肢および下肢の循環の違反について示される。 この方法には独自の禁忌があります。 電気刺激は、血圧の低い血小板(小血管の破裂、広範囲の挫傷のリスク)、体に大きな潰瘍や創傷、慢性疾患や体温の悪化を伴う高血圧の危機につながる可能性があるため、高血圧の人は禁忌である。 禁忌は慢性関節リウマチの活動期である。

栄養血管性ジストニアの治療において、確立された鍼治療と鍼治療。 それは頭痛に対処し、壊れた血行動態を活性化するのに役立ちます。 さらに、タバコや精神の渇望を減らし、病気の治療にはこれらの有害物質の拒否が不可欠です。

患者のために、栄養血管ジストニアは呼吸運動を行う。 それは非常に簡単で便利です:深くて遅い吸入(呼吸は約6〜7秒間持続する)を必要とし、呼吸を同じにして発音を発音する必要があります:and、e、o、y、ah、w。 運動は、少なくとも5分、少なくとも10回、20日に行う方がよい。

理学療法と画像矯正の方法が所望の結果をもたらさなかった場合、投薬による治療が処方される。 栄養血管ジストニアの治療目的は、鎮静剤、神経弛緩剤、脳への血液の流れを改善する薬物、ビタミンおよびミネラルの複合体を処方することである。 場合によっては、抗うつ薬と精神安定薬を処方する必要があるかもしれません。 治療は最小用量で始まり、緩徐に増加して治療になる。

鎮静剤の中でも、栄養血管性ジストニアの治療に最も安全で有効なものは、薬草療法である。 バレリアンのチンキは、大人の場合は6〜12時間ごとに20〜25滴、子供の場合は1年間、1滴が処方されます。 子供の入院の多重度は同じです。 母乳のチンキは、8時間ごとに半分の水に30〜40滴を使用した。 子供は、バレリアンと全く同じ方法で投与されます(1ドロップ - 1年)。 適切な投与量では、これらの薬物は望ましくない効果を与えないであろう。

非常に有効な薬剤はノボパーシットです。 草創脈ジストニアを抗不安薬および鎮静薬として治療するために使用される。 用法用量:8時間ごとに5-10mg。 穏やかな準備№2-3は、お湯のガラスのためのハーブの10グラムの注入を最初に準備することによって消費されます。 1日に1〜2回食べた後、ガラスの4番目の部分を飲む。

治療計画では、医師は覚醒剤を含む。 それらの中で、栄養血管ジストニアの治療に最も一般的な薬剤は、Aminalon、Pikamilon、Nootropil(Pyracetam)、Glycid(Glycine)である。

入院アミナロン成人は12時間ごとに0.5gから始まります。 治療の最初の週の終わりまでに、線量を2倍にし、受信の頻度を同じに保つ必要があります。 3歳未満の子供は0.5gを1日2回服用しますが、用量は増加しません。 4歳から6歳までの子供は、1日に1日半半かかるでしょう。 薬の投与量は2回に分けられます。 7歳以上の患者は、1日当り2グラムのアミナロンを摂取する(朝と夕に1g)。 治療コースは個別に任命されます。

ピカミロンは40-80 mgの1日用量で処方されています。 2-3回のレセプションで分けます。 薬物の投与量は、栄養血管性ジストニアの症状の重症度およびその経過の重症度に依存する。 コースの期間は平均4〜8週間です。

Nootropilは、患者の体重1kgあたり30〜160mgの割合で処方される。 受け取られた1日量はいくつかのレセプションに分割され、より多くの場合4つに分割されます。 薬は食物と一緒に摂取され、水で洗われます。 腎疾患に罹患している人々にこの治療法を処方する際には、特別な注意が必要である。 この場合、治療はクレアチニンの一定の厳密な制御下で行われる。 クリアランスが60秒で20ml未満の場合、Nootropilは禁忌である。

グリシドは舌の下にある。 投薬量および治療は、栄養血管性ジストニアの経過の個々の特徴に直接依存する。 したがって、軽度の症状(緊張、記憶障害)で、患者は8時間ごとに1錠を飲む。 無症候性症候群が発現される場合、用量は倍増する。 この場合の治療期間は4-6週間です。 主な症状が不能である場合は、就寝前に15-20分1錠を飲むべきです。 グリシセドムを用いた反復治療コースは、1年に2〜4回適応症の存在下で行われる。 例外的なケースでは、軽度の悪心、腹部の不快な感覚、 蕁麻疹などがあります。

重度の栄養血管性ジストニアでは、抗うつ薬が必要になることがあります。 BetholとPirazidolは非常に成功しています。 Befolは1日あたり100〜300 mgを任命し、用量を2〜3回分に分けます。 ピラジドールは、8〜12時間ごとに100mg投与される。 セラピストだけが抗うつ薬を処方することができることを知っておくことが重要です。これらの薬物による自己投薬は容認できません。

重度の精神感情障害では、精神安定剤が処方される。 選択の薬剤はAtaraxです。 彼は強い菜食主義者であり、中毒を起こさず、耐容性が高い。 これは、無力症、恐怖症、発汗の増加および熱感、息切れ、神経原性の悪心の治療に使用されます。 投薬量は個体であり、1日当たり25〜100mgである。 重度の栄養血管性ジストニアでは、高血圧型はオキシリジンである。 それは圧力を減少させ、抗不安薬と鎮静薬として作用し、眠りの困難を解消し、脳の血行力学を改善する。 薬物は8時間ごとに0.02mg摂取する。 この薬剤による治療は、治療医の厳格な監督下で行われます。 治療期間は通常3〜8週間を超えない。

野菜 - 血管ジストニアの結果

この病気の不快な徴候および症状の大量にもかかわらず、栄養血管性ジストニアの予後は陽性であり、その日の正しい体制、覚醒および休息の交替、有害な習慣の放棄、主治医によって処方された薬剤の正しい摂取は最小限である。

栄養血管性ジストニアに対する重大ではない態度で、適切な治療を無視すると、多くの問題に直面する可能性があります。 第一に、心血管系の違反:心臓の境界の増加、頻脈性不整脈、血圧の持続的上昇、これは投薬によってほとんど止まらない。 この病気に罹っている人は、自分の感情を注意深く監視し、集中してコントロールする必要があります。卒中や心臓発作のリスクや幼い時に他の人よりもそうである可能性が高いからです。 そういうわけで、葛藤やストレスの多い状況を避けることは、これらの病気の発症を防ぐ主要な方法です。

栄養血管性ジストニアを有する人々は、免疫性および感染性疾患に対する耐性が低下する可能性がより高い。 そして、私たちがすでに知っているように、身体が最も疲れて弱いカタラーム病の間に、栄養血管性ジストニアの発作がしばしば起こる。 この場合、悪循環があります。 したがって、そのような人々は自分自身を守る必要があります:病気の人々との接触を制限し、低体温症と過熱を避けるために天候で服を着る、秋と春にビタミン、microelementsとimmunostimulantsを取る。

急性呼吸器疾患の予防は、栄養血管性ジストニーの進行を防ぎ、その徴候を最小限に抑えるのに役立ちます。 上記のすべてに加えて、飲酒や喫煙を断念したくない患者の方がはるかに深刻で数多くあります。症状はより明るくなり、危機は何度も頻繁に起こり、薬物療法と理学療法は望ましい効果をもたらさないでしょう。 さらに、悪い習慣の背景に対して、栄養血管性ジストニアの経過を複雑にする呼吸器系および心臓血管系の慢性疾患は、その発症を触媒する。