頭蓋内圧

внутричерепная гипертензия фото 頭蓋内圧は、脳脊髄液が伝導経路に沿って動く圧力勾配の増加によって引き起こされる脳の病理学的変化である。 頭蓋内圧は広範囲に及んでおり、すべての脳構造に非常に悪影響を及ぼします。 通常、この病理は、いくつかの因子の影響のバックグラウンドに対して生じる二次的な症候群である 外傷性の性質。 神経学的性質の病理学の世界統計によると、頭蓋内圧は男性によってより影響を受けているが、小児期にはこの病理が両性の代表者の間で同じように頻繁に生じる。

頭蓋内高血圧の病態形態の基質は、大脳内液だけでなく、血液、組織液、さらには腫瘍基質にも作用することを覚えておく必要があります。

頭蓋内圧の原因

頭蓋内圧の上昇の理由を理解する前に、脳脊髄液の動きの正常な生理を考慮する必要があります。 正常な状態では、脳組織全体が脳脊髄液に囲まれており、脳脊髄液は一定の圧力下で閉鎖された空間(頭蓋骨)にある。 脳内流体または脳脊髄液は、常に動いている状態にあり、その動きは一定の速度で起こる。 脳脊髄液の再生過程は、その産生、循環および血流への吸収であり、これらの過程は一定の規則性で常に起こる。

脳脊髄液の吸収が阻害されるか、またはその産物の活性の増加とは対照的に脳脊髄液が過剰に蓄積する状況では、脳脊髄液が脳の構造に及ぼす圧力勾配が増加する。 さらに、頭蓋内液の循環の可能性を侵害する頭蓋内圧の発生のための別の病因機構が存在するが、これは非常にまれである。

残念なことに、すべての状況ではなく、発現した頭蓋内圧は明白な原因を明らかにする要因であり、治療する医師は頭蓋内圧の上昇の原因をより慎重に検証しなければならない。 これが引き起こす有害な影響、あるいはその要因のせいで、頭蓋内圧の発生メカニズムが大きく異なる可能性があります。 したがって、出血後の血腫または腫瘍の集合体として役立ちうる脳の容積教育が利用可能であるとすれば、脳の構造に対する圧縮効果が発達する。 この状況における代償機構として、進行性の経過によって区別される、重度または中程度の頭蓋内圧がある。

乳児の頭蓋内圧上昇は、様々な理由(胎児の長期の子宮内低酸素症、胎児の神経グループの感染性病原体による子宮内感染)によって生じる水頭症の結果として最も頻繁に発症する。 この病理は、予想される時期より前に生まれた新生児に大きな影響を及ぼす。

成人カテゴリーの患者では、頭蓋内圧は脳組織の最小限の浮腫、例えば外傷後の効果、髄膜の感染などを伴う殆どあらゆる病的状態で発症する。

鬱血性心不全および心膜嚢内への滲出液の存在の中で、頭蓋内高血圧の兆候の発症の背景となることができる慢性疾患の全範囲が存在する。 脳内流体の圧力勾配の増加が長く顕著な特徴を有する状況では、脳の流体腔の補償的拡張があり、これは「 水頭症 」と呼ばれる。 もちろん、この状態は、頭蓋内圧の発現を排除する時間を可能にするが、脳腔の拡張は脳の主塊の萎縮と同時に起こり、その機能に非常に悪影響を与えることを念頭に置いておくべきである。

頭蓋内圧の症状および徴候

頭蓋内高血圧症の症状複合体は、かなり広い範囲の臨床症状を含み、したがって、各患者において、この病状は全く異なって進行し得る。 さらに、頭蓋内の圧力勾配の増加の程度は、臨床症状の発症に関して非常に重要である。 頭蓋内圧の最も一般的な症状は、強度の異なる程度の頭部領域における疼痛症候群である。 頭痛の兆候は、重度の症状であり、夜間の頭の中の広範な性格の重度の疼痛症候群の出現であり、それはそれ自体の病因論的説明を有する(仰臥位では、脳脊髄液の吸収の減速を伴う脳脊髄液の強力な発生が観察される)。

頭蓋内圧の上昇のピーク時に、患者は重度の吐き気と嘔吐を心配しており、これらの病的状態は前日の食事とは関係ありません。 嘔吐しても、患者の状態は良好に変化せず、これも頭蓋内圧の病理学的徴候である。

軽度の頭蓋内圧は、長期にわたる状態の下では、人の心理的感情のバランスに反し、興奮性が高まり、重度の物理的激しい運動がなくても興奮性が強く、疲労が早くなる。

神経系の専門家は、頭蓋内圧を有する患者にとって、 栄養血管性ジストニアに特徴的な愁訴の提示が現れ、血圧の急激な変化、発汗の増加、急速な心拍の感覚および短期間の意識喪失の形で現れることに留意する。

頭蓋内圧の顕著な客観的臨床基準は、美容的手段によって排除されない、眼窩領域の投影における「打撲傷」の出現である。 まぶた領域の皮膚は非常に薄いので、拡大した静脈網がその中に現れ、これは美容上の欠陥であり、女性の代表者に不快感をもたらす。

頭蓋内圧上昇の期間は、この病態に罹患している人がいる環境の気象条件の変化に明確な相関関係を有する。 この事実に関連して、頭蓋内圧は、気象病理のカテゴリーに起因する可能性がある。

いくつかの状況では、患者の慢性頭蓋内圧は、異性に対する性的欲求の急激な低下を示し、この病態の臨床的マーカーと見なすこともでき、診断を正しく検証することができる。

乳児における頭蓋内圧の経過の特異性は長い潜伏期であり、その間、両親は子供の病理の存在を疑うような症状の存在を気付かない。 この特徴は、子供の頭蓋骨が不完全であることによる(縫合糸および腱の非治癒)。 しかし、頭蓋内圧の勾配が著しく増加すると、子供は穿孔叫び、特徴的な脈動を伴う脈絡膜の上の皮膚の急激な腫脹、痙攣の準備、嘔吐および様々な程度の衰弱した意識の形で特定の臨床徴候の全範囲の出現を観察する。 注意深い頭蓋内圧の期間中の注意深い親は、幼児の行動反応の変化を記録し、これは嗜眠および可動性の不安に対する表現された不安の急速な変化に現れる。

脳内高血圧症の多様性および病理学的な臨床症状のすべてにかかわらず、患者研究の道具的方法を使用した後でのみ、神経学者に正確な診断を確実に確立することが可能である。 現在、患者の研究にとって最も信頼性が高く、かつ同時に安全であり、頭蓋内圧の発生の初期段階においても診断を確立することが可能であり、磁気共鳴画像法である。 しかし、低侵襲手術の全範囲があり、頭蓋内圧の間接的基準(眼底検査、脳血管の超音波ドプラー研究および脳波記録を含む)を認識することが可能である。

眼底を検査する際の頭蓋内圧の臨床基準は、病理学的拡大の検出および顕著な圧迫静脈血管である。 頭蓋内圧を有する患者において磁気共鳴イメージングを行う場合、ほぼ100%の症例において、基礎となる大脳物質の同時薄化または希釈を伴う脳の流体空洞の拡張が検出される。 頭蓋内静脈高血圧は、静脈血流の有意な減少がある脳血管のドップラー研究を用いてよく診断される。

良性頭蓋内圧

実際の活動では、神経科医だけでなく、他のプロフィールの専門家も、疾患ではなく、異なる生理学的状態で観察される代償機構である良性頭蓋内圧症の症例にしばしば遭遇する。 いくつかの神経学的援助において、頭蓋内圧のこの変種は「偽脳腫瘍」として扱われる。 良性頭蓋内圧のリスクグループは、体重超過の若い女性で構成されています。

この病的形態の頭蓋内圧の特徴は、潜在的な好都合な経過とともに、その発現の可逆性である。 典型的には、頭蓋内圧の良性または特発性形態の確立は、専門家も患者自身も、彼女の発達を引き起こした病因因子を認識できないときに生じる。 小児の年齢カテゴリーでは、良性頭蓋内圧は、グルココルチコステロイド薬の廃止後に最も頻繁に発現し、テトラサイクリン群の抗菌薬の長期使用の副作用として発現する。

良性頭蓋内圧のデビューは頭部の軽度の疼痛症候群の周期的な出現であり、これは鎮痛薬の投与によって速やかに停止されるか、それだけで行われる。 この段階では、患者は医学的助けを求めることはほとんどありません。

時間が経つにつれて、頭部の疼痛症候群の形の臨床症状がより積極的になり、そのような痛みの発作はますますヒトの健康状態の長期にわたる障害を引き起こしている。 頭蓋内高血圧症の良性の変異体を有する頭痛の特徴は、傍脊椎および前頭部における最大濃度の頭部における拡散「破裂」として患者によって記載される。 疼痛症候群の特徴は、頭部の傾きと横隔膜の咳の動きとの強度の強さである。 宇宙での身体の位置の急激な変化によって、患者はしばしばめまい 、吐き気、さらには嘔吐に気付くことがあります。

良性の頭蓋内圧症の患者を管理および治療するためのプログラムの開発における基本的なつながりは、体重を減らす個々の食事を開発することにある彼のライフスタイルの変更です。 利尿剤シリーズの薬物は、頭蓋内圧の著しい上昇の場合にのみ使用され、この状況で選択される薬物は、Diacarbであり、250mgの単回投与である。

頭蓋内圧の治療

頭蓋内圧の上昇は、患者の健康に非常に悪影響を与える明るい臨床症状の発生を引き起こすだけでなく、致命的な結果に至るまで深刻な合併症の発症を引き起こす可能性もある。 この点に関して、薬学的および非治療的尺度の使用は、頭蓋内圧の主要な課題である。 治療手段の完全な欠如を条件として、頭蓋内圧の結果は、知的・健聴能力の低下、内臓の神経調節、ホルモン不均衡の侵害の形で最も重篤であり得る。

診断の不完全な検証の段階でも、治療法は使用できず、飲酒療法の正常化、理学療法練習の特別練習の演習、理学療法技法の使用などである。

頭蓋内圧の治療法の病原性の基礎は、その効果が脳脊髄液の産生の減少と脳脊髄液の吸収過程の強化に向けられている薬剤からなる。 この役割のゴールドスタンダードは、利尿治療に使用されるレジメンです。 水頭症の発症段階で頭蓋内圧の兆候を排除するために選択される薬物は、薬理学的作用が脳脊髄液の生成を減少させることを目的とした有効な治療用量250mgでDiacarbである。

薬物利尿薬理学的シリーズの長期間の使用でさえ、臨床症状の緩和および器械検査方法の指標の正常化の形で適切な効果がない状況では、グルココルチコステロイド製剤(デキサメタゾンを最初の12mgの用量で処方することが望ましい)。 重度の頭蓋内圧では、神経科医は、1日当たり1000mgのメチルプレドニゾロンを5日間非経口投与し、続いて経口形態で薬物を服用することからなるパルス療法を使用する。 原則として、この計画は、通常の治療用量でDiacarbの任命によって補完される。

静脈内頭蓋高血圧症の矯正の目的で、トロキエバンジンが属する脳からの静脈血の流出を平均日用量600mgで改善する医薬品が使用される。 頭部の重度の痛みの対症療法として、非ステロイド系抗炎症薬(Nimidは最大許容用量400mg)と抗片頭痛薬(Antimigreneは1日量200mg以下)の併用が可能です。

頭蓋内圧の著しい上昇により、高浸透圧溶液(20%マンニトール溶液400ml)の非経口投与が許容され、その脱水効果は脳物質の脱水方法によって実現され、その使用が制限される。

その発生が脳神経外科手術の実施と明確に関連している急性頭蓋内圧症では、バルビツレート群の薬物の使用が示されている(350mgの用量のチオペンタールナトリウムの単回静脈内注射)。

頭蓋内圧が進行性の悪性経過を特徴とし、いずれの投薬によっても止まらない場合、患者はこの病理学的状態の外科的矯正を適用すべきである。 いずれかの病因の頭蓋内圧を伴う外科的処置の最も一般的な緩和的方法は、腰椎穿刺であり、少量の脳脊髄液を機械的に除去する(1回の操作につき30mlを超えない)。 いくつかの状況では、腰椎穿刺は、最初の適用後に顕著な陽性効果を有するが、寛解の多くは、2日間で1回の多重度で実施されるいくつかの操作後にのみ生じる。

徴候だけでなく、頭蓋内圧上昇の発症機序も平滑化する上でより長くかつより顕著な効果が、手術マニュアル「腰腹腔シャント」によってもたらされる。 頭蓋内圧の後期に生じる視覚障害の手術的処置として、視神経殻の減圧が適用される。

? 頭蓋内圧 - 医者は助けますか? 頭蓋内圧の発生や疑いがある場合は、直ちにそのような医師から神経病理学者やセラピストとして助言を求めるべきです。