先天性心疾患

врожденный порок сердца фото 先天性心疾患は心臓の欠損であり、本来の起源である。 基本的に、この病理は心臓の中隔に影響し、動脈に影響を与え、動脈は動脈系の主要血管の一つである肺または大動脈に静脈血を送達する Botallovダクト(OAP)が増加しています。 先天性心疾患では、大循環の血液循環(BPC)および小循環(ICC)における血液の動きが中断される。

心不全は、心臓の心房または心室の間の区画の成長だけでなく、心臓弁装置またはその最大の血管の解剖学的構造の変化が主な好みである特定の心疾患を結びつける用語である。

先天性心疾患の原因

先天性心疾患の主な原因は、染色体の障害です。これはほぼ5%です。 遺伝子の変異(2〜3%); アルコール依存症および親の薬物依存症などの様々な要因; 妊娠の3分の1(風疹、 肝炎 )、投薬(1-2%)、および遺伝的素因(90%)の感染症。

さまざまな染色体の歪みによって、それらの突然変異は定量的かつ構造的な形で現れる。 大または中型の染色体の異常が生じた場合、これは基本的に致命的な結果につながる。 しかし、生活の両立性に歪みが生じると、様々な種類の先天性疾患が存在することになります。 第3の染色体が染色体セットに現れると、心房および心室中隔の弁の弁またはそれらの組み合わせの間に欠陥が生じる。

性染色体の変化を伴う先天性心疾患は、三染色体常染色体よりもあまり一般的ではない。

1つの遺伝子の突然変異は、先天性心疾患だけでなく、他の器官の異常の発生につながる。 CVS(心臓血管系)の発達上の欠陥は、常染色体優性型および常染色体劣性の症候群と関連している。 これらの症候群は、軽度または重度の重症度における系の損傷のパターンによって特徴付けられる。

先天性心疾患の形成は、心臓血管系を損傷する様々な環境要因に寄与し得る。 その中で、女性が妊娠前半に受けることができるX線放射を特定することができます。 イオン化粒子による放射線; いくつかの種類の薬; 感染症およびウイルス感染; アルコール、薬物などが含まれています。したがって、これらの要因の影響下で形成された心臓病は、胚病の名前を受けました。

アルコールの影響下で、最も一般的に形成されるVSD(心室中隔の欠損)、OAP(開放動脈管)、心房中隔の病理。 例えば、抗けいれん薬は、肺動脈および大動脈の狭窄、大動脈の大動脈瘤の形成、OAPの発症をもたらす。

エチルアルコールは毒性物質の中で第一位であり、先天性心不全の発生に寄与する。 アルコールの影響下で生まれた子供は、胎児性アルコール症候群を有する。 アルコール依存症に苦しむ母親は、先天性心疾患の子供の約40%に命を与えます。 アルコールは、妊娠の最初の3分の1では特に危険です。これは胎児発育の最も重要な時期の1つです。

子供の未来にとって非常に危険なのは、妊婦が風疹に苦しんでいるという事実です。 この病気は多くの病状を引き起こす。 心臓の先天性病理も例外ではありません。 風疹後の先天性心疾患の発生率は1〜2.4%である。 心臓病の中で、最も一般的なものが実際に見られる:OAA、AVK、ファローの四徴形、DMZHP、肺動脈の狭窄。

実験のデータは、ほとんどすべての先天性心不全が基本的に遺伝的起源であることを示し、これは多因子性遺伝と一致する。 もちろん、遺伝的性質のヘテロ接合性があり、UPUのある種の形態は1つの遺伝子の突然変異と関連している。

先天性心疾患の原因である病因に加えて、女性が年を取るリスクグループも存在する。 内分泌系に違反している。 妊娠の最初の3ヶ月間の毒物で、 先天的な心臓病を患っている既存の子どもたちと同様に、歴史のなかで未熟児がいる。

先天性心疾患症状

先天性心疾患の臨床像は、欠陥の構造、回復過程および様々な病因から生じる合併症の特徴によって特徴付けられる。 まず、先天性心疾患の症状には、身体活動の低下、心拍数の増加、周期的な衰弱、顔の蒼白またはチアノーゼ、心臓の痛み、腫れおよび失神の背景に対して生じる息切れが含まれる。

先天性心不全は定期的に起こりうるため、3つの主要な段階が区別される。

適応の第一段階では、患者の身体は、発達障害によって引き起こされる循環系の障害に適応しようとする。 結果として、疾患の症状の症状は通常、あまり顕著ではない。 しかし、血行力学の重度の侵害の間に、心臓代償不全が急速に発症する。 先天性心疾患の患者がこの病気の最初の段階で死亡しない場合、約2〜3年後に健康状態およびその発達が改善されるであろう。

第2段階では、相対的な補償と一般的な状態の改善が注目される。 そして第二に必然的に第三が来るのは、最終的に生物のすべての適応能力が心筋および様々な器官の変化のジストロフィーおよび変性の性質を発達させる場合である。 基本的に、終末期は患者の死を招く。

先天性心疾患の最も顕著な症状は、心臓騒音、チアノーゼおよび心不全である。

収縮期の特徴および様々な強度の心臓の騒音は、ほぼすべてのタイプの悪性腫瘍に認められる。 しかし、時には彼らは絶対に不在であるか、または不変として現れることがあります。 原則として、聴覚の最良の騒音は、胸骨の左上部または肺動脈の近くに局在する。 心臓の形状のわずかな増加でさえ、心臓の騒音を聞くことを可能にする。

肺動脈の狭窄およびTMS(主血管の転位)の間に、チアノーゼが急激に現れる。 そして、他のタイプの奇形では、それは完全に欠けているかもしれません。 シヤノーシスは、恒久的な性格を持つこともあり、泣いたり、泣いたり、周期性を持って現れたりすることもあります。 この症状は、指および爪の末端の指節の変化を伴い得る。 時にはそのような症状は、先天性心疾患の患者の蒼白で表されることがある。

いくつかのタイプの悪性腫瘍では、心臓の鈍さが変化する可能性があります。 その増加は、心臓の変化の局在に依存します。 正確な診断を行うために、心臓と心臓の塊状体の形状を確かめるために、アンチグラフィとキモグラフィーの両方を用いてX線に頼ってください。

心不全では、末梢血管の攣縮が発症する可能性があり、これは、肢の先端および鼻の白化、冷却によって特徴付けられる。 痙攣は、患者の身体が心不全に適応することによって明らかになる。

新生児の先天性心疾患

幼児はかなり大きな心臓を有しており、これは重要なバックアップ能力を有する。 先天性心疾患は、通常、妊娠2〜8週間で形成される。 子供の彼の出現の原因は、母親の様々な病気、伝染性とウイルス性です。 有害な生産における未来の母親の仕事、そしてもちろん、遺伝的要因。

新生児の約1%が心臓血管障害を有する。 今、早期に先天性心疾患を正確に診断することは困難ではない。 したがって、医学的および外科的治療を使用して、多くの子供の命を救うことができます。

先天性心疾患は男性の子供で最も頻繁に診断される。 そして、異なる欠陥のために、ある種の性的素因を特徴とする。 例えば、女性ではOADとVSDが、大動脈狭窄、先天性動脈瘤、大動脈の大動脈瘤、ファローとTMAの四徴候が男性にみられる。

子供の心臓部における最も一般的な変化の1つは、中隔の非開口部であり、この穴は異常な性質のものである。 基本的には心臓の上部の部屋の間に位置するVSWです。 赤ちゃんの生涯の最初の1年の期間中、パーティション内のいくつかの軽微な欠陥が自然にシャットダウンし、子供のさらなる発達に悪影響を及ぼさない。 まあ、主要病理では、外科的介入が示されています。

出生前の胎児心臓血管系は、肺をバイパスする循環であり、血液はそこを流れず、動脈管を循環する。 子供が生まれたとき、このダクトは通常数週間以内に閉鎖されます。 しかし、これが起こらなければ、子供はOAUに支持されます。 これは心臓に一定の緊張を生じさせる。

小児における重度のチアノーゼの原因は、肺動脈が左心室に、大動脈が右心室につながる2つの大動脈の転位である。 これは病理と考えられています。 外科的介入がなければ、新生児は人生の最初の日にすぐ死ぬ。 さらに、重度の先天性心臓障害を有する小児はめったに心臓発作を起こさない。

小児の先天性心疾患の特徴的な徴候は、体重の減少、急速な疲労および肌の蒼白である。

先天性心疾患治療

先天性心不全は時には異なる臨床像を有することがある。 したがって、治療およびケアの方法は、疾患の臨床症状の重篤度および複雑さに大きく依存する。 基本的に、患者が傷を完全に補うと、健常人の場合と同様に、生き方は絶対に正常です。 原則として、そのような患者は医者の相談を必要としない。 彼らには、補完的な状態で欠陥を保持することができるようにするための勧告を与えることができます。

まず、先天性心疾患に罹患している患者は、激しい肉体労働に限定されるべきである。 その仕事は、患者の健康に悪影響を及ぼしますが、別のタイプの活動に変更することをお勧めします。

先天的な心臓病を患っている人は、複雑なスポーツに参加して競技に参加することを拒否するべきです。 心臓への負担を軽減するために、患者は約8時間眠るべきです。

先天性心疾患患者の生活には適切な栄養が必要です。 豊富な食物が心血管系にストレスを与えないように、1日3回食べるべきです。 すべての食べ物は塩を含んではいけません。心不全が起こると、塩は5グラムを超えるべきではありません。 消化に適しており、すべての消化器官の負担を大幅に軽減するので、調理された食品だけを食べるべきであることを覚えておく必要があります。 批判的に、心血管系を刺激しないように、喫煙やアルコール飲料を飲むべきではありません。

先天性心疾患を治療する方法の1つは、心臓の収縮機能を増強させ、水 - 塩代謝を調節し、過剰な体液を体内から除去し、心臓の変化したリズムに闘い、心筋の代謝プロセスを改善する必要があるとき、

先天性心疾患の治療は、欠陥の特異性および重症度によって時々変化する。 患者の年齢および全体的な健康状態も考慮されます。 例えば、小児心不全の子供は治療を必要としないことがあります。 場合によっては、幼児期にも外科的介入を即座に行う必要があります。

先天性心疾患の子供の約25%は早急な早期手術が必要です。 生命の最初の日に、欠陥の位置とその重症度を決定するために、子供は心臓にカテーテルを入れます。

先天性心疾患を治療する主な手術方法は、深刻な高血圧の方法であり、そこでは強い風邪が使用される。 この種の外科手術は、クルミのある大きさの心臓を持つ赤ちゃんによって行われます。 この方法を心臓手術に適用すると、外科医は、完全な弛緩の結果として、心臓を回復させる複雑な手術を行う機会を有する。

現時点では、先天性心疾患の他の根本的な治療法が広く使用されている。 そのうち、交絡切開術を区別することができ、変更された僧帽弁または三尖弁房室弁が取り除かれ、次に弁プロテーゼが縫合されるときに、交叉弁および人工器官の解剖が使用される。 このような外科的介入、特に僧帽弁切開術の後、外科的処置の予後は陽性である。

基本的に、手術後の患者は正常な生活様式に戻り、彼らは働くことができます。 子供たちは身体能力に制限されません。 それにもかかわらず、心臓手術を受けたすべての人は、主治医と継続して観察されるべきである。 リウマチ性病因を有する副作用には、繰り返し予防が必要である。