出産後の便秘


запор после родов фото 待望の新生児はすでに終わっており、赤ちゃんのすべてを自分自身に捧げたいという希望がありますが、健康はより良くなることを望んでいません。 多くの母親は、胃腸管の不快な病気、すなわち便秘に心配しています。 出産後の便秘はどうすればいいですか? どのようにこのような微妙なトラブルを取り除くには? これらの質問は若いミイラを苦しめる。 この問題は、産後期間によく発生します。 通常、この現象は妊娠中に起こり、その後、産褥期に円滑に流れる。 したがって、それは分娩後便秘と呼ばれ、母親の3分の1

女性の便秘の原因

вызывается рядом причин у кормящих женщин: изменением гормонального фона;出生後の便秘は、女性を授乳する際のいくつかの理由によって引き起こされます:ホルモンの背景の変化; 会陰部の筋肉を弱体化させ、腹部の圧迫や出産の鈍化を招く。 腸の子宮内圧; 帝王切開による子どもの誕生; 痔核の出現; 間違ったアプローチの栄養; 心理的な過剰ひずみ; 先天性腸の異常。

通常、子宮は6週間以内に返されます。 産後の期間中、授乳中の女性は腸の蠕動を害しているので、糞便の腫瘤ははるかにゆっくりと動きます

出産後の便秘 - 種類と段階

看護における便秘は消化、教育、腸からの糞の移動に起因する。 この疾患は、腸内または直腸内での消化廃液の停滞現象を特徴とする。 病因に応じて病気の種類のいくつかの変種を区別して区別する - 病原性

возникает при нарушении пищевого режима, при неполноценном рационе и малом потреблении жидкости 出産後の消化閉塞は、食事が不十分で、食事が不十分で摂取量が少ない場合に発生します

возникает при стойких нарушениях моторики толстой кишки. 出産後の泌尿生殖器の便秘は、結腸の運動性の持続的な違反で起こる。 このような便秘の原因は、低緊張性、高張性、および痙性性である

появляется по причине различных пороков, опухолей спинного мозга, наличии рубцов в заднем проходе 出産後の有機性便秘は、様々な欠陥、脊髄の腫瘍、肛門の瘢痕の存在のために現れる

характерно постоянное подавление позывов на дефекацию. 出産後のコンディショニング・レフレックス便秘は 、排便を促す絶え間のない抑制によって特徴付けられる。 原因はストレスの多い状況であり、直腸裂孔を伴う女性および口唇周囲炎に発症する

возникает в случае интоксикации ядами, а также медикаментами毒物中毒の場合や出産後の便秘

образуются из-за нервных окончаний кишечника, которые слабо раздражены или теряют возможность воспринимать раздражение 出産後の睡眠時の便秘は、腸の神経終末のために形成され、わずかに刺激されるか、または刺激を知覚する能力を失う

: 診療所は便秘の3つの段階を区別します

- 補償されたステージは、便秘を患う女性が腸の完全な浄化を感じる2-3日後に排便によって特徴付けられる。 産後期の補償された段階の女性のほとんどは鼓腸に苦しんでいる

- 補助的な段階では、便は5日間まで遅延され、下剤および措置(浣腸)の使用後に排便が可能である。 患者は鼓腸を経験し、排便の痛みの時に

- 代償不全のステージの場合、便は10日まで存在しない。 排便行為は、高血圧の浣腸とサイホンの後にのみ行われます。 患者は糞便で中毒の徴候をすべて示し、触診「糞便石」を感じると、

重度労働後の女性(帝王切開、多発破裂、重ね合わされた縫い目)では、トイレは恐怖と大きな困難を引き起こす。 これらの恐怖と出産後のトイレへの恐怖のために、全体の問題に変わります。 このトラブルには、出生後の痔と出会う。 出産後の女性よりも頻繁に、無食欲および痙性便秘によって邪魔される

出産後の便秘 - 症状

無症候性便秘の症状は、腹部の痛み、ガス形成、粘液および血液による便、吐き気である。 痙攣状態では、発作性感覚が発作する。 患者は、鼓腸症状、食欲不振、吐き気の欠如、排便を伴って腸が部分的に空になることが心配されている

出産後の便秘

出産後に便秘を取り除く方法は? 腸粘膜の刺激や神経終末の刺激による腸の蠕動運動を強化する下剤のすべての種類をあなたの注意を引く:

→覚せい剤 - アントラキノン(カボチャン樹皮、センナ抽出物、カスカラ植物由来の医薬品 - カサントラノール)

→刺激性ジフェニルメタン(フェノールフタレイン、ビサコジルを含む)

→腸の内腔に液体を保持する浸透圧下鎮静薬(ノルマゼ、デュファラク、ソルビトール70%)

→マグネシウム塩:クエン酸ナトリウムナトリウムリン酸塩、水酸化物、下剤塩(経口投与、浣腸剤の形で投与)

→下剤(ナトリウムドセセートまたはジオクチルスルホスクシネート、カルシウムドキュマート

→オイル下剤、グリセロールを含む坐剤

→セロトニンを刺激する薬物、ヒドロキシトリプタミン(5HT4)受容体(プルカロプリドおよびテガセロド)。

→併用下剤(その組成には、Dokyusatおよびアントラキノン(Peri-Colace、Senekot-S)が含まれる)。

長期間にわたる下剤の使用は、中毒性があることを覚えておくことが重要です。

授乳中は、いくつかの下剤は禁忌ですので、指示を慎重にお読みください。 ForlaxおよびFortransの泌乳時およびラクツロースの調製時に有効 - Normate、Portalalac、Dufalac。

痔核を伴う便秘の治療についての良いレビューは、グリセリンキャンドルとロウソクのキャンドルについて、母親によって残されています。 女性が痙攣性便秘に悩まされている場合、彼女はセナで治療することはできません。 これらの下剤を使用すると、子供の腸の痛みを引き起こします

伝統的な便秘の治療法

下剤に加えて、セルロース(リンゴ、ニンジン、ビート、お粥、カボチャ、ケフィア、植物油、黒パン、ドライフルーツ)を含むあなたのメニュー(ダイエットナンバー3、テーブルナンバー3)を改訂する必要があります。 新鮮なグースベリーのコンポートの処理に効果的です。 食べ物から強い茶、米スープ、マンゴー、ブルーベリー、マメ科、ナシ、クルミ、ハードチーズ、白パンを除外する必要があります。 食事には十分な量の液体を入れてください。

出産後の繊細な問題の強制治療には、ハーブアニス、マウンテンアッシュ、オレガノ、フェンネル、バレリアンルート、イラクサ、ミント、イチゴ、クミン、カモミール、亜麻の種子(1日に1本のガラスをとる)の煎じ薬が含まれます。 この方法を取る:食べる前に半分の水でポテトジュースの新鮮なガラスの四分の一。 このレシピは効果的です:1杯の水やミルクに2杯のイチジクを沸騰させます。 食べる前にスプーンで飲む。

予防保守のために、効果的な身体的、呼吸訓練、そしてマッサージ - 腹部を撫でることが効果的です。 これはすべて横たわって行うことができます。 これらの勧告に従えば、微妙な問題に適切に対処します

このトピックの他の記事:

1. 便秘と№3、テーブル№3の食事

2. 妊娠中の痔核

3. 妊娠中のツグミ

4. 妊娠中の過食症

5. 産後期間