坐骨神経の刺し傷

защемление нерва фото 坐骨神経のステッチング - 坐骨神経の経過で観察される長期の重度の痛み。 2つの坐骨神経は、人体の最大の神経で、骨盤腔から出て、太ももの後ろを下って、脛骨と腓骨神経の2つの枝に分かれています。 このため、痛みを伴う感情がしばしば全体に広がります 下肢。 太もも、臀部、下肢、足の後ろに痛みを引く場合は、坐骨神経炎の最初の信号である可能性があるため、注意する必要があります。 原則として、一方の側で妨害が起こり(二国間の敗北は非常にまれである)、処置中に服用しないと、痛みは徐々に増加し始め、鋭く、強く、耐え難くなる

坐骨神経のピンチ - 原因

坐骨神経を挟む最も一般的な原因は、椎間板ヘルニアである。 参考までに:椎間板ヘルニア - 脊柱を越えた弾性椎間腔の裏打ちは正常であり、互いに擦れて脊椎を傷つけることはできません。 しかし、一定の身体的努力の結果、または年齢とともに、椎間板(椎間板)はそのクッション性を失い、その弾力性は低下し、軽い傷害の網で覆われる。 時折、椎間板から離れるディスクの不連続性がある。 このすべては、脊髄から離れた脊髄神経の根の侵害につながる可能性があります。 坐骨神経は上部仙骨神経および下部腰神経から形成されるため、侵害されると坐骨神経自体の痛み感覚が現れる。

坐骨神経のピンチの第2の共通原因は骨軟骨症であり、これは椎骨の骨組織に生じる代謝障害の結果として生じる。 年齢とともに、椎骨の骨の血液供給が著しく悪化し、骨組織の成長をもたらす。 外観のこれらの成長(骨棘)は、棘に似ており、脊髄神経を傷つける。

さらに、坐骨神経の炎症および侵害は、様々な脊髄損傷、身体活動の増加、仙骨および腰部領域の低体温、組織腫瘍から発生した神経の圧迫、様々な疾患(膿瘍、 糖尿病など)によって引き起こされ得る。

高齢者では、この疾患は女性にとって最も典型的であり、これは閉経の発症に関連する(この期間にはしばしば過剰体重があり、それによって脊柱の負担が増す)。 男性の坐骨神経のピンチは十分な場合が多く、 前立腺炎のマスクになり、大腿部の後ろに重い感じがあり、同様の痛みを感じます。

また、坐骨神経の刺激は、身体によって生成される種々の化学物質を引き起こすことがあり、単純なディップを含む腰の外傷に対する独自の応答である защемление седалищного нерва фото

坐骨神経のピンチ - 症状

坐骨神経のピンチの症状は、その重症度が非常に多様であり得る。 一部の人々では、この病気は、強度の低い痛みで起こり、漸進的な症状の増悪および合併症を伴います。 逆に他の人々では、この症候群は非常に重度の痛みで起こる。 ほとんどの場合、坐骨神経を挟むときの痛みが主に片側で観察されます。 また、腰神経叢の神経根の損傷の程度に基づいて、痛みは臀部に局在し、指、足または脛に与えることができる。 痛みに加えて、しみやしびれがしばしば発生することがあります。

坐骨神経のピンチの主な症状:

- 患脚の後ろに座った痛み

- 足の底に火傷やかゆみがある

- 合併症または石灰化、脚の動きの圧痛

- 実際には足の裏全体に痛みを渡さない

- 垂直位置にあることを複雑にする、射撃キャラクターの苦痛

さらに、私は坐骨神経が挟んでいる場合、背中の痛みは足に痛みを伴うことがありますが、本質的にはそれほど激しくないことに注意したい。 また、この病気の症状は、神経根病変の現段階に直接依存している。

坐骨神経の挟み込みを有する患者の圧倒的多数は、脚の痛みが笑い、くしゃみ、咳で著しく増強されることに注目している。 さらに、この病気では、下肢の筋肉の大部分が坐骨神経従順になるため、筋肉の衰弱が観察される диагностика ишиаса фото

坐骨神経のピンチ - 治療

ほとんどの他の病気のように坐骨神経のピンチを治療することは、保守的かつ手術的な2つの方法で可能である。

保守的な治療の方向は薬物の使用である。 休息の遵守(できるだけ運動を制限する必要がある)。 患部の熱と寒さの交互作用。 手動療法および他の代替療法の使用。

坐骨神経のピンチの治療の最も一般的に使用される方法は、鎮痛薬の助けを借りて患部の薬物遮断であり、抗炎症薬のさらなる投与がある。

この病気の治療では、まあまあ、様々な理学療法であることが実証されています。 電気泳動および薬物療法による電気泳動; UHF療法; パラフィンを使用したアプリケーション。 理学療法は痛みを軽減し、血液循環を改善し、浮腫を軽減し、患部の温暖化を促進する。 上記のすべての手順の後に、痛みは、短期コース、ステロイドホルモン(プレドニゾンなど)、神経の腫れおよびその炎症を十分に迅速に除去する除去の除去のために成長し、衰弱することはありませんが可能です。

坐骨神経のピンチの発生の原因が脊椎の神経根の圧力にある場合、患者は特別な支持コルセットを着用して示され、そのため背骨の負荷が軽減される。

重要! 坐骨神経をつまむときは、厳重に禁忌のマッサージと手作業をすると、これが深刻に悪化する可能性があるので、非常に幸せな状況ではありません。

保守的方法の治療においてポジティブな動力学がない場合、外科的介入に頼らなければならず、その間に坐骨神経を挟む原因は根本的に排除される

坐骨神経を挟む際の練習

回復後、身体の両側に負荷が均等に分散されているもの(軽いジョギング、ウォーキング、水泳、ゆっくりとスキー)が必要なのは、特に有用な身体運動です。 さらに、寛解期にあるすべての患者に理想的に適した特別な練習があります。 しかし、坐骨神経のピンチが椎間板ヘルニアによって引き起こされた場合、運動療法の組み合わせを医師と一緒に選択すべきであることを知る必要があります лечебная физкультура при ишиасе

坐骨神経のピンチのフォークトリートメント

伝統的な医学は、坐骨神経のピンチをうまく治療するための独自のレシピを提供しています。

- 湾の葉からのチンキ。 中型のローレルの葉18枚をとり、200mlの良いウォッカを注ぎ、暗い涼しい場所で3日間主張する必要があります。 この期間の終わりに、得られた注入物は、マッサージ運動をして仙骨領域に擦り込まなければならない。 第4の処置の後には、好ましい効果がある

- ジャガイモの芽からのチンキ。 中空の200グラムのジャガイモ芽の入ったガラスをとり、500 mlの良いウォッカで注ぎ、少なくとも2週間は暗い場所に置くことが必要です。 この期間の満了後、得られたチンキは毎朝病的な領域に擦り込まれ、その後それは暖かい布で上に重ね合わされ、従って夕方まで

- 蜂蜜のペレット。 蜂蜜の大さじと200gの小麦粉を(水を加えずに)混ぜ合わせてケーキを作る。 寝る前にケーキを仙骨の上に重ね、セロハンで覆い、毛糸のスカーフで強化する。 朝までに痛みは通り過ぎます

- ユーカリの葉からのチンキ。 2大さじが必要です。 乾燥粉砕したユーカリ葉のスプーンは、200mlの良いウォッカを注ぎ、暗い場所で7日間主張し、ひずみをかけて擦る

坐骨神経のピンチを治療するための民間療法および方法は多くあるが、主治医との協議の後にのみ使用しなければならない。