脂肪肝症


жировой гепатоз фото 脂肪性肝炎(脂肪変性、または肝臓の肥満)は、多数の脂質の蓄積によって引き起こされる可逆性のジストロフィー性の慢性肝疾患の群である。 現在、この急速な成長があります 栄養の体系的障害による障害、ならびに人の不正な生活様式。 脂肪肝の発症に影響を及ぼす要因を明らかにすることによって、疾患の発症を止めることが可能です。 改善のための変更は、適時の治療を受けて1ヶ月後に観察される

原因の脂肪肝炎

脂肪性肝炎の原因は多いが、主なものは過剰アルコール摂取と肥満である。 驚くべきことに、脂肪の多い菜食主義者の食事は脂肪変性につながる可能性があります。 原因は食事中のタンパク質の欠乏による炭水化物代謝の侵害です。 文明の成果とその利点は、多くの人々の生活の仕方を変えました。 それは、カーシートとコンピュータチェア、居心地の良い家のソファーです。 この行動は、体液の停滞および脂肪性肝炎の発生をもたらした。 過体重、メタボリックシンドローム、過食、絶食、急速な体重減少、完全な非経口栄養、薬物過剰、薬物、毒素、工業用農薬、ガソリン、土壌細菌Bacillus cereusである。 高血糖、高尿酸血症、高トリグリセリド血症、 肝炎 (脂肪性肝炎)、高血圧、および低レベルのリポタンパク質のような疾患を有する人々は危険にさらされている。 ウェーバー・クリセン病、ライ症候群、コノバロフ・ウィルソン病、ウォルマン病、吻合部、胃炎、憩室、ヒトパピローマウイルス、アルファ-1アンチトリプシン欠損症などが脂肪肝性肝炎の発症要因である。 脂肪性肝炎の病因の基礎は、脂肪の代謝に違反している。 その理由は、インスリン抵抗性にあり、その結果、肝臓への脂肪酸の輸送が増加します。 並行して、脂肪肝症の発生には、受容体の阻害が関与していた。 毒素、アルコール、薬物は、細胞性ミトコンドリアに損傷を与え、脂肪酸の利用につながります

脂肪肝炎の程度

脂肪肝炎の程度は4段階あります。 ゼロ度では、脂肪の小滴は個々の肝細胞群を攻撃する。 I-st等級では、適度に発現され、肝細胞の大滴の肥満が観察される。 II型肝脂肪肝では、小滴、中滴、大滴の細胞内肥満が観察される。 3度目の脂肪肝の肝炎では、細胞外肥満を伴った拡散した大滴の肥満だけでなく脂肪嚢胞の形成も観察される

脂肪肝症の症状

この疾患は無症状で進行する特異性を有し、超音波によって確実に決定される。 肝酵素(ALT、AST)のレベルは、50%の症例で常に変動し、上昇し、疾患の診断が困難になる。 ).肝臓における炎症過程の延長は、肝硬変または肝細胞癌( 肝臓癌 )の新たな疾患を引き起こす可能性がある。

脂肪肝症の重度の症候学では、患者は右上腹部の不快感と同様に重症を感じる。 肋骨の下の肝臓から5μMまでは適度に増加し、米国では増加した肝臓肥大を伴う肝臓の浄化が示される。 肝臓のドプラグラフィは血流の減少を示す。 コンピュータ断層撮影は、脾臓よりも密度が低いことがあります。 進行性疾患の症状は、吐き気、上腹部の痛み、右上腹部の痛み、鼓腸現象

脂肪肝症治療

脂肪肝肝炎の治療は、脂肪肝ジストロフィーを引き起こす因子の排除、代謝の補正、解毒および肝臓修復を含む。 投薬とともに、重要な役割は、病人の生活様式、ならびに彼の食行動の矯正によって演じられる。

脂肪性肝炎の治療には、膜安定化剤および抗酸化剤が含まれ、それらは3つのグループに分けられる:

- 第1群は必須リン脂質を含み、その役割は肝細胞を保護することである。 これらには、エッセンシャル・フォルテ、ホスホグルー、エッセリバ・フォルテ、ベリション

- 第2の群はスルホアミノ酸を含む。 このメチオニン、タウリン、アデメチオニン

- 第3のグループには野菜原料が含まれています。 彼らは、Liv、Karsil

约300mg(1表)の用量で1日2回から2ヶ月までの処刑。 重度の動態では、Berlitionは2週間600mgまで静脈内投与され、続いて1日300-600mgへの移行が錠剤で行われる。

Essentialeは1日3回、2カプセル(600mg)を服用します。 治療期間は最大3ヶ月です。 徐々に投与量を1カプセル3回に1回減らす。

効果的な膜安定化薬は、アーティチョーク - ホフィトールである。 3錠の錠剤は3週間の食事の前に割り当てます(1日3回)。

脂肪肝炎タウリンの治療が特に重要である。 内容はDibikor、Taufonです。 これらの薬物は、膜安定化剤および抗酸化剤といういくつかのメカニズムを有する点で有益である。

抗酸化ビタミンE、ビタミンC、セレンが有用ですが、少量です。 ナイアシン、リボボラビンは肝臓の解毒に役立ちます

脂肪性肝炎のフォークトリートメント

あなたはハーブCurcuma(Turceric)、ウコン(ウコン)で治療に頼ることができます。 ジンジャーファミリーには抗酸化作用があり、砂糖のレベルを下げます。 それはChagololの薬学的製剤として入手可能である。 6週間、1日3回、食事の前に10滴を(砂糖に)割り付ける。

効果的なミルクシッスル(ミルクシッスル)。 シスルオイルとゲパベンの形で入手できます。 薬物はカプセルに1日3回与えられ、痛みを伴うと、投与量は4カプセルに増加する。

ソレルは、肝臓の脂肪量を減らすために中括弧で結ばれています。 スープを準備し、主食に大さじを取る

脂肪性肝炎の予防

予防には、生活の正しい方法、超ダイナミックス(筋肉の活動)、毎日実行可能な30分のトレーニング、ウォーキングツアー、階段を登る、食べ物の摂取を監視する、過食を避けるなどがあります。 体重を500グラム/週に減らすことをお勧めします

脂肪肝炎の食事療法

患者は、ソビエト栄養士M.I.によって開発された特別な食事療法を遵守することが推奨される。 Pevzner。 これには、ダイエットナンバー5、テ​​ーブルナンバー5およびダイエットナンバー5a、ダイエットナンバー8、テーブルナンバー8が含まれます。 これらの食事は、病気の悪化を和らげ、完全な治癒を目的としています。 食事は、コテージチーズ、そば、オートミール、小麦穀物、玄米、野菜、アーティチョーク、果物、魚、海産物を含む必要があります。 製品は好ましくは蒸し、焼き、または煮沸される。 1日に消費される液体は2リットルに達するはずです。 脂肪族乳製品、砂糖、甘いレモネード、脂肪、白身ペストリー、既製品の穀物、マーガリン、ジャムからの朝食を制限する必要がありますが、アルコールは完全に排除されているか、少なくとも水で洗い流されていなければなりません。 ふすまが豊富な食物繊維、全身のパンを使用してみてください。

あなたの病気を実行しないでください努力と脂肪肝炎は必然的に後退しますが、習慣的な生活様式の再開ですべてがその場所に戻ることを忘れないでください。 この病気は、自分の過ちのために起こることに注意する必要があります。 この病気は「文明の達成」のために現れた。 これらは、着色料、香料Eサプリメントです。 製品を選ぶときは気をつけ、自然を優先してください。 すべてのステップで、ベーキング、お菓子、洗練された炭水化物に誘惑され、結果として身体には代謝障害とそれに伴う疾患があります。 アルコールの宣伝、コカコーラの飲み物、肝臓を破壊して薬物中毒を引き起こす。 薬効のある肝炎は、細身で運動能力の高い人々を追い抜くことができます。 すべての欠点は、肝臓を毒する医学的合成薬物の使用である。 特に危険な抗生物質は、テトラサイクリンおよびホルモン薬である。 料理を準備するときは、私たちが料理する料理を検討することが重要です。 テフロン(Teflon)、電子レンジ、およびアルミニウム料理からは、拒否する方が良いです。